HOME > アワガミファクトリーだより

【ご案内】木パネで写真を飾ろうセミナー at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

 

定期的にエプソンイメージングギャラリーエプサイトにてセミナー&ワークショップをさせて頂いていますが、

 

アワガミファクトリー

「和紙プリントの基礎と手軽で楽しい和紙プリントの飾り方」 

(写真が大きくてかなり恥ずかしいのですが...)

 

毎回好評でエントリー開始後すぐに満席を頂いていますが、次回7/21と9/1に若干名の空席があるとのことで、こちらでもご案内させて頂きますキラキラ

ここで何をしているかと言いますと、

 

【座学】

旗和紙について、そしてAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)とは?

旗AIJPにはどんなイメージが向いているのか

旗様々な写真家の方にお使い頂きましたという展示例

....な感じで約30分聴講頂き、

 

【ワークショップ】

旗「楮(厚口)白」と「楮(厚口)生成」のプリント比べ(A4サイズ、各1枚)

紙色が変わることで作品画像の見え方や印象もまた変わりますよね、という実践ですびっくり

 

旗水切りをしてみましょう。「楮(厚口)白」または「「楮(厚口)生成」いずれか1枚

手漉き紙特有の四方の「耳」を、手ちぎりでそれっぽく作ることが出来ます。

見る人が見たら手漉きの耳ではないというのは判りますが、パッと見の印象で和の演出効果があります手

 

旗A4サイズの木製パネルに、自分の作品を水貼りしてみましょう

木製パネルを使って、手軽に、そして見栄え良く作品を気軽に飾れる方法のひとつですきらきら

 

作り方はとっても簡単。覚えて、ぜひカスタマイズして写真作品を身近に飾って楽しんで頂きたいですにっこり

私は個人的にもちょこちょこ作って飾って楽しんでいますが、隣のお家のわんちゃんを撮ったものをパネルにして差し上げて喜んでもらったりちゅん

 

先日エプサイトでの荒木経惟写真展「花遊園」でアワガミコーナーを作ってもらったので、こちらでも調子にのってたくさん作りましたえへ

 

これは「水切り」を加えてアレンジしたパネルエリザベス

 

と、ワークショップだけでもけっこう盛りだくさん!!

 

【お申し込みはこちらから】

アワガミファクトリー

「和紙プリントの基礎と手軽で楽しい和紙プリントの飾り方」 

 

 

この「木製パネルで水貼り」のHow Toムービー、実は(今日から!)公開しているのですが、一度一緒にやってみないと心配な方も少なくないと思います。

まずは一度、ワークショップで一緒に作られてみることをおススメしますエリザベス

これまで参加された方や器用な皆さま、復習としてもどうぞーキラキラ

 

手はワタクシです。音声使わないというからボソボソしゃべってたら「やっぱり音声入れました」と..._| ̄|○

 

以上、ご案内でした!!

 


【ご案内】片岡和志写真展「つむぐ」at SPACE K 代官山

こんにちは、クドウですエリザベス

ご案内遅れてしまいましたが、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお使い頂いた写真展をご案内しますキラキラ

 

片岡和志写真展「つむぐ」

http://kataokakazushi.com/photo/2017-tsumugu/

 

会期:2017年6月23日(金)〜7月2日(日)11:00〜19:00

会場:SPACE K 代官山  http://www.space-k.info

 

写真で残すことで、命の大切さをもっと伝えたい」
人生の始まりと終わりを捉えた写真展。
これはよくあるものがたり。
いのちが生まれ。いのちが還る。
誰もがとおるものがたり。
当たり前ではないとても大切なものがたり。
いのちの糸。今日もまたつむがれていけ。

 

 

ぜひ会場でご覧頂きたいのですが、展示風景を一部ご紹介させていただきますにっこり

今回、用紙は手漉き紙びざん 純白のA4サイズをお使い頂いています。

IMG_0732.JPG

 

狎犬了呂泙蠅判わりを捉えた写真展

 

IMG_0730.JPG

 

新しい家族の誕生を迎える、ある家族と

逝く家族を見送るある家族のをとらえた、いのちの風景です。

 

IMG_0735.JPG

 

片岡さんは今年のCP+2017でアワガミブースに展示のパノラマびざんを使った川野恭子さんの作品をご覧下さった後、3月にイタリアでの展示ですぐにお使い下さったというところでご縁ができ、今回も手漉き紙びざんを展示でご利用下さいましたちゅん

 

【レポート】CP+2017  展示作品より  http://awagami.jugem.jp/?eid=1326

 

IMG_0737.JPG

 

作品の出力は全てご自分でされたとのことですが、キヤノン PIXUS TS8030を使われたとのこと。

びざんは複合機タイプは苦手だと思っていたのですが、なかなかやってくれます...ゆう★

 

今週末、7/2(日)まで。

ぜひお立ち寄り下さい!!


【開催中】第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」 at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよはじまりましたちゅん

 

第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」

 

この地球に暮らす動物たちを、ぬくもりのあるアワガミの和紙で展示いたします。
動物たちの息遣いまでも感じさせる数々の作品を、ぜひご覧ください。

 

会期:2017年6月11日(日)〜18日(日) 13:00〜19:00 (会期中無休/最終日は18時終了)
会場:
写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5−2−10 

 

ひらめき展示詳細

http://fotori.net/?p=14691

 

今年で3回目!!

今回のテーマは動物ですうさぎリラックマVer.2

 

22名の応募者、そしてゲスト作家の香川美穂さん&ホトリ室長のsaorinさん、総勢24名の皆さまによる作品が展示されておりますキラキラ

 

P6110064.JPG

 

動物がテーマということで予想していた、ちまたで人気の猫写真はなんと0!!

 

 

様々な生き物の作品が集まりましたレッドきらきら

 

P6110068.JPG

 

「へぇぇー」とか「ほぉー」言いながらじっくり拝見しましたちゅん

 

 

木パネを使った展示作品の制作をホトリで承った方はいくつかパターンが選べました。

ご自分で一度体験されたい方、ぜひ会期中のワークショップをご利用下さいキラキラ

 

旗ワークショップ「水張りパネルor水切りパネル」

6/15(木)、16(金)18(日)

http://fotori.net/?p=14933

 

P6110078.JPG

 

ご自分で額をご用意された方は作品に合わせた創意で感心させられますゆう★

 

 

そして、ゲスト作家の香川美穂さんコーナーエリザベス

 

厳選の4点を、手漉き紙びざんをA2サイズでプリントされております手

 

 

写真集や、香川さん自作のプリント作品も即売していますわーい

 

P6110062.JPG

 

香川さんは6/17(土)に上京され、ギャラリートーク&懇親パーティーに参加されますキラキラ

撮影時のいろいろなお話が聞けるかもしれませんよ〜ちゅん

 

詳細こちらー!!

http://fotori.net/?p=14688

 

そして、6/17(土)はエプソンのカラリオプリンターで、ポストカードサイズ、2Lサイズのアワガミプリントをお試し頂けます!

旗プリント体験『アワガミ プリントコンシェルジュ』

http://fotori.net/?p=14696

 

このイベント中は私も在廊していますので、アワガミに関するご質問なども承りますエリザベス

ぜひお立ち寄り下さいさようなら


【開催中】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

連日投稿でしつこいですが、今週、ブログの数だけ通っていますのでお付き合い下さいちゅん

IMG_0679.JPG

 

いよいよ始まりましたキラキラ

 

P6090031.JPG

 

もちろん会場で作品を直にご覧頂きたいのですが、その魅力をわずかながらご案内しますエリザベス

 

P6090012.JPG

 

ファインダーの中は、いつでも楽園。

人形やさまざまなフィギュアが花と戯れる、魅惑的な世界。

作家自身が心躍らせながら構築し撮影した「遊びの園」が和紙の豊穣なテクスチャーの醸し出すやわらかな空気を帯びてカラフルな色彩の艶やかさ、水墨画のような静寂、対極の中に浮かび上がります。

 

P6090028.JPG

 

77歳を迎えたという荒木氏、1970年以降約500冊の著作を発表され、今年は10数本の個展が次々と予定されているとのことで、精力的に活動を継続されていますゆう★

 

P6090023.JPG

 

本展では「楮 厚口 白」の1118mmのロール幅をめいっぱい使われ、余白もたっぷり取られて自然に垂らしたシンプルな展示方法を取られています。

 

素材の物質感と作品との一体感、圧巻の構成が見所のひとつではないでしょうか。

 

P6090049.JPG

 

作品はフィルムで撮られており、プリントにあたり画像の修正はほとんどされていないとの事。

花とフィギュアによる豊かな色彩に囲まれると、まさに魅惑的な世界に這入り込んだような気にすらなります。

 

P6090053.JPG

 

荒木氏のインクジェットによる作品出力は、キューレーターの本尾さんが、荒木氏より絶大の信頼を得てプリントをされているとのこと!!

 

和紙をお使い頂いているのは昨年の「淫秋—般若心經惟」からとのことですが、本展示でも続けて表現の素材にお選び頂けたことに嬉しい限りですちゅん

 

P6090013.JPG

 

会期は6月29日まで。

本展会期中は、通常より30分延長して開催しております。

 

2017年6月10日(土)〜6月29日(木)10:30〜18:30
(最終日は14:00まで)

 

ぜひ多くの方に会場にてご覧頂きたいです!!

お待ちしています手

 


【開催前日レポート】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ開催致しますキラキラ

 

荒木経惟写真展『花遊園』

http://www.epson.jp/osirase/2017/170421.htm

 

ありがたいことに本展でAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお使い頂いていることから、開催前日の内覧会でも本品の紹介タイムを頂き、ショールーム内ではAIJPコーナーも持たせて頂くことが出来ましたちゅん

 

ちょこっとチラ見せちゅん

SC-PX3Vで出力したAIJPの見本やチラシを置かせて頂いたり

P6090036.JPG

 

作例展示コーナー手

P6090038.JPG

 

私が作った新作もこそっと紛れ込ませておりますえへ

P6090037.JPG

 

和帳仕立ての写真集では、ここ数年で逢った猫を綴じましたエリザベス

P6080007.JPG

 

横位置でA4サイズの写真集を作りたかったので、紙はA2サイズの「楮 薄口 白」を。

プリントはSC-PX3Vを利用しました手

P6080001.JPG

 

雑な作りで少々お恥ずかしいですが、楽しみながら作りましたので、来場の折りにはぜひお手にとって頂きたいですエリザベス

P6090042.JPG

 

安くて軽い木パネ大好きハート

レシピも置かせて頂いていますで、こちらもぜひ活用頂きたいですキラキラ

P6090039.JPG

 

P6090040.JPG

 

エプソンプロセレクションブログでは、搬入の様子がチラ見えできますので、こちらもぜひ!!

ひらめきhttp://proselection.lekumo.biz/epson_proselection_blog/2017/06/610-e2a5.html

 

そして初日、10日(土)は14時〜、16時〜の2回、本展のキューレーターであり、作品プリントも担われた本尾久子さんによるギャラリーが予定されていますので、ぜひ足をお運び頂きたいです手

 

お待ちしていますさようなら


【ご案内】第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」 at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

今週、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)関連の企画が続きますキラキラ

 

第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」

 

この地球に暮らす動物たちを、ぬくもりのあるアワガミの和紙で展示いたします。
動物たちの息遣いまでも感じさせる数々の作品を、ぜひご覧ください。

 

会期:2017年6月11日(日)〜18日(日) 13:00〜19:00 (会期中無休/最終日は18時終了)
会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5−2−10 

 

【出展者一覧】
いしい めぐみ / 海老原 健吾 / 河原 英子 / 菊地 達治 / 木全 裕美 / 大木 基弘 / 小林 真佐子 /
zaki@仙台人 / すんこ / sumi / 高橋 みどり / Chika Matsumaru* / 長谷川 泰子 / 原田 佳実 /
Hitomi.I / Makiko Mizuno / 三嶋 裕子 / 八木 かおり / 結 / 吉沢 佐知子 / 渡邉 菜穂子 / corgi-love
香川美穂(ゲスト作家) / saorin

(敬称略)

 

ひらめき展示詳細

http://fotori.net/?p=14691

 

うーん、もう3回目なんですねちゅん

 

去年の2回目、テーマが「百花繚乱」のギャラリーの様子はこちらから再びどうぞーびっくり

http://awagami.jugem.jp/?eid=1239

 

 

そして今回、テーマは動物たち!!

楽しみ倍増なのは私だけではないはず...ゆう★

 

そして楽しみなのは公募作品だけではありませんエリザベス

香川美穂さんによる動物たち、4点が改めて公開されますキラキラ

 

香川さんといえば、去年のエプサイトでの展示でその作品に魅了された方も少なくありません手

今回は、AIJPより「手漉き紙びざん」はA2サイズに出力された作品4点を併せてご覧頂きますちゅん

 

香川さんは6/17(土)に上京され、ギャラリートーク&懇親パーティーに参加されますキラキラ

詳細こちらー!!

http://fotori.net/?p=14688

 

そして会期中にはイベントが目白押し!!!!

 

旗ワークショップ「水張りパネルor水切りパネル」

6/15(木)、16(金)18(日)

http://fotori.net/?p=14933

 

旗プリント体験『アワガミプリントコンシェルジュ』

6/17(土)

http://fotori.net/?p=14696

 

いろいろ楽しめる1週間ですちゅん

ぜひご来場下さいさようなら


【準備中】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ今週10日(土)より開催です。

 

荒木経惟写真展『花遊園』

http://www.epson.jp/osirase/2017/170421.htm


■会期:2017年6月10日(土)〜6月29日(木)10:30〜18:30 最終日は14:00まで(日曜休館 祝日は開館)
          ※本展覧会期間中は、通常よりエプサイト開館時間を30分延長いたします。

■会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト    http://www.epson.jp/epsite/

 

 

本展ではAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)より「楮 厚口」を作品制作にご利用頂いておりますキラキラ

 

.....というご縁で、本展会期中、通常プリンター等の機器類の展示コーナーとなっているショールーム内にAIJPスペースが用意されますゆう★!!

印字見本類はアワガミ本社にお願いしているのですが、AIJPを使った制作物を、私がちまちまと準備していますちゅん

 

今日は、木製パネルを使った飾り方の一例を作り直しをしてみましたエリザベス

 

ひらめきまずはプリントした作品を水貼り

参考「パネルに飾る方法」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1015

 

こちらは水に強い顔料インクのプリンターで出力された場合にご利用頂けます。

私はSC-PX3Vを使ってみましたちゅん

P6060001.JPG

 

パネル貼りをする場合、エプソンのプラグインソフト「エプソン プリントレイアウト」の爛ャラリーラップ甬’修便利なので、最近はこちらを利用しています手

P6060003.JPG

 

何が便利って、パネルのサイズや厚みを設定することでパネルの大きさに応じたレイアウトを組んでくれ、端面(パネルの側面)の画像処理方法もいくつか選べるのですきらきら

トンボも付けられるので、位置合わせにも便利!

作品を濡らす時は裏面から刷毛で水を打ちますが、厚すぎない素材を選ぶと、濡れることでうっすら透けるのでトンボも見えるのですびっくり

 

この方法には「楮 厚口」が程良い厚みでおススメしていますにっこり

P6060027.JPG

 

P6060029.JPG

 

ひらめきもうひとつ、木パネを使った方法で、「染料インクのプリンターしか持ってないので水貼り出来ない・・・」方向けに、やはりパネルを使った飾り方をご提案!!

水切りの方法

http://awagami.jugem.jp/?eid=1013

 

上記ブログでは目打ちで筋を付ける方法を書いていますが、こうやって折り曲げた方がしやすいです↓

P6060010.JPG

 

水を含ませた筆で表と裏からなぞって、紙をふやかし、毛羽を出すように裂く、とOK

P6060013.JPG

 

見る人が見たら手千切りの耳というのは判りますが、パッと見で和紙っぽさを感じさせられる演出効果があるのです手

P6060015.JPG

 

木パネの下準備。

紙とか布を貼ってもいいのですが、私は紙を貼った後で、側面をアクリル絵具でペイントしてみましたえへ

木目を活かすのであれば、そのままペイントしなくてもOKきらきら

P6060017.JPG

 

乾いたら、スプレー糊の登場。

染料インクは水で濡れると画面が滲みますので、パネルに貼る時も水っぽい糊を使うのは避けた方がいいのです。

P6060023.JPG

 

で、貼るとこんな感じキラキラ

P6060024.JPG

 

どちらもチラ見せですが、いずれも「花遊園」会期中はエプサイトショールーム内にてご覧頂けますエリザベス

 

とーっても簡単で工夫次第でいろいろ楽しめるので、ぜひぜひお試し頂きたいです!!

 

準備はまだまだ続きますビックリ!

「花遊園」にお越しになったら、ぜひショールームにもお寄り下さいわーい

 

お待ちしていますさようなら

 


インクジェット用和紙に「筆文字描き」で裏打ち要らず!

オンラインストアの山岡です。

 

インクジェット用和紙を使って「筆文字」を描いている、という橋本 恵子さまに、AIJPに筆文字で描いた

場合、どのようになるのだろう、、、とお伺いしました♪

 

「実を言いますと、プリンタで印刷する目的で購入したのではないのです。

半紙に筆で書くと裏打ちしなければならないので、気軽に筆文字を楽しむため、

安価でしっかりした和紙はないかと探して見つけたのが御社の紙でした。

とても書きやすく、風合いも良く、私のような「なんちゃって筆文字描き」にはありがたい品です。」

 

「AIJPシリーズ」を使っていただいたそうですが、お使いいただいた感想をお聞きしました。

 

「横置きで描いた2枚は、群雲こうぞ(晒)を使用しました。
筆と墨汁で描きましたが、にじみはほとんど出ませんでした。色づけは顔彩です。

 

 

 

「大当袋」は以前、AIJPサンプルパック等を試しに購入していましたので、
その中の一枚を使いました。

 


購入した宝くじをしまっておくために袋状にして絵を描いたものです。
確か、こちらは筆ペンで輪郭を描き、色は顔彩だったと思います。」

 

AIJPを、インクジェットプリント以外に使うという発想がありませんでしたが、筆描きにも向くという

ことがわかりました。

 

橋本さんは「なんちゃって筆文字描き」とおっしゃってましたが、味のある文字と絵に落款、、、。

とても、温かみが伝わってくる作品を、ありがとうございます♪

 

また、新作をお待ちしています!

 

 


【ご案内】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

 

楽しみにしていた展示が6月に開催されますエリザベス

 

荒木経惟写真展『花遊園』

http://www.epson.jp/osirase/2017/170421.htm


荒木経惟氏は、"アラーキー"の愛称でも親しまれる世界で最も著名な写真家のひとりです。ここ10年、愛猫チロを喪い、いくつもの病魔に襲われながらも、その全てを写真へと向かう原動力に変え、今年5月の喜寿を目前に、凄まじいほどの写欲で撮影を続けています。

今回エプサイトで開催する写真展『花遊園』は、ここ数年、荒木氏の新たな作品群に加わった、自室の一角に花と人形で創り出す「楽園」シリーズのひとつです。

本展のために撮り下ろされた新作では、絢爛に咲く絶頂期から徐々に枯れゆく<花の時間>、荒木氏によって改造されペイントを施されたりしながら姿を移ろわせていく人形や怪獣などの<フィギュアたちの時間>、窓から差し込む自然光がもたらす<太陽の時間>、そしてそれらを呼吸するように写真を撮る<荒木氏本人の時間>が溶けあい、濃厚な物語を生み出します。

 


■会期:2017年6月10日(土)〜6月29日(木)10:30〜18:30 最終日は14:00まで(日曜休館 祝日は開館)
          ※本展覧会期間中は、通常よりエプサイト開館時間を30分延長いたします。

■会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト    http://www.epson.jp/epsite/

 

本展のプリント制作には、最新の大判プリンターSC-P2005PS、用紙にはAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)より「楮( 厚口) 白」が用いられましたちゅん

 

荒木氏には昨年9月、こちらの展示企画でも同素材をお使い頂いておりますキラキラ

【ご案内】荒木経惟展「淫秋 般若心經惟」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1250

 

そしてそしてエリザベスきらきら

嬉しいことに、会期中には様々なイベントが予定されています!!

 

旗その1:ギャラリートーク
本写真展のキュレーター本尾久子氏によるギャラリートークを予定しています。
6月10日(土)1回目14:00〜、 2回目16:00〜(各回20〜30分程度を予定)

【詳細はこちらから】

 

旗その2:ワークショップ

【詳細はこちらから】

http://www.epson.jp/ec/event/epsite_awagami/index.htm

 

ひらめきワークショップその1:「いろいろな和紙を体験しよう」

....ということで、「手漉き紙びざん」「楮(薄口)白」「竹和紙 170g」(いずれもA4サイズ)の3種類のプリント体験をして頂ける講座と、

 

ひらめきワークショップその2:「和紙を使って和綴じ本を作ってみよう」

という講座の2本立てですゆう★

 

和綴じ本講座はA4サイズの和紙を使って和綴じ本の製本方法を学んでもらう企画です。

時間の都合上プリントは本紙2枚分のみとなりますが、しっかり覚えて頂き、お家でぜひ応用をきかせ、写真集づくり等にお役立て頂きたいです手

 

■応募期間:2017年5月26日(金)10:00〜6月4日(日)24:00

    (上記詳細のリンク先よりご応募頂き、応募人数が定員を上回った場合は抽選)

 

 

皆さまのご来場、ご応募をお待ちしていますさようなら


【メディア掲載のお知らせ】「CAPA(2017年6月号)」 - 和紙プリントで作品づくり -

こんにちは、クドウですエリザベス

メディア掲載のお知らせです手


「CAPA」(学研)の6月号にて5Pに渡る特集記事、

 

プリントが一層楽しくなる!

和紙プリントで作品づくり

にて、鹿野貴司さんによる解説でAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)も取り上げて頂きました ゆう★

 

 

ありがとうございまーすわーいわーいわーい!!

 

 

鹿野さんとはいくつかの展示でご縁が続いておりまして、その発端のアイアイエーギャラリーでの「楮(厚口)白」のロールによる展示風景もチラっと映っておりますが、「この展示良かったなぁ...」と今でもしみじみエリザベス

 

▼【好評開催中】「アワガミによる写真表現展」(2015年9月)

http://awagami.jugem.jp/?eid=1174

 

 

その後も「CP+」などの作例でもご協力頂いたり、

▼CP+2016

http://awagami.jugem.jp/?eid=1214

 

▼CP+2017

http://awagami.jugem.jp/?eid=1326

 

昨年のこちらの展示では全面的にAIJPをお使い頂いたのは記憶に新しいですねキラキラ

 

▼【ご案内】鹿野貴司写真展「山梨県早川町 日本一小さな町の写真館」(2016年11月)

http://awagami.jugem.jp/?eid=1272

 

 

どれも魅力的な作品で、嬉しくて記事にも気合いが入っております筋肉

...というご縁続きの鹿野さんによる解説なので再び気合いを入れて当ブログでご案内しておりますが、ぜひぜひ本紙にてしっかりご覧頂きたいです!!

 

様々なイベントでプリンタユーザーさんとのお話の中で「和紙ってムツカシイんだよねー」と言われる事がよくあるのですが、どこがムツカシイのかとお尋ねすると、先入観でそう思われていて実際はプリントされたことがない方、とっても多いのです。

確かに光沢紙と比べるとデータの再現域は少し狭いのですが、平面としての作品に空気感や奥行き感、特にポートレートや動物など触れてみたくなるような質感が感じられるところが大きな魅力のひとつなのですちゅん

 

 

そういえば!!

ただいま、種類限定ですがポイント2倍キャンペーンの実施中でした!!!!

 

そして、お試し頂いた方はアンケートにご協力頂きましたら、アワガミオンラインストアのポイントを500ポイント差し上げるレビューもしておりますちゅん

こちらは今後の改良や開発の参考にもさせて頂いておりますので、ぜひご協力頂き、そしてポイントもご活用頂きたいですおじぎ

http://www.awagami.jp/service/review/

 

いずれも宜しくお願いいたしますさようなら

 


<< | 2/32PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

検索する