HOME > アワガミファクトリーだより

インクジェット用和紙に「筆文字描き」で裏打ち要らず!

オンラインストアの山岡です。

 

インクジェット用和紙を使って「筆文字」を描いている、という橋本 恵子さまに、AIJPに筆文字で描いた

場合、どのようになるのだろう、、、とお伺いしました♪

 

「実を言いますと、プリンタで印刷する目的で購入したのではないのです。

半紙に筆で書くと裏打ちしなければならないので、気軽に筆文字を楽しむため、

安価でしっかりした和紙はないかと探して見つけたのが御社の紙でした。

とても書きやすく、風合いも良く、私のような「なんちゃって筆文字描き」にはありがたい品です。」

 

「AIJPシリーズ」を使っていただいたそうですが、お使いいただいた感想をお聞きしました。

 

「横置きで描いた2枚は、群雲こうぞ(晒)を使用しました。
筆と墨汁で描きましたが、にじみはほとんど出ませんでした。色づけは顔彩です。

 

 

 

「大当袋」は以前、AIJPサンプルパック等を試しに購入していましたので、
その中の一枚を使いました。

 


購入した宝くじをしまっておくために袋状にして絵を描いたものです。
確か、こちらは筆ペンで輪郭を描き、色は顔彩だったと思います。」

 

AIJPを、インクジェットプリント以外に使うという発想がありませんでしたが、筆描きにも向くという

ことがわかりました。

 

橋本さんは「なんちゃって筆文字描き」とおっしゃってましたが、味のある文字と絵に落款、、、。

とても、温かみが伝わってくる作品を、ありがとうございます♪

 

また、新作をお待ちしています!

 

 


【ご案内】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

 

楽しみにしていた展示が6月に開催されますエリザベス

 

荒木経惟写真展『花遊園』

http://www.epson.jp/osirase/2017/170421.htm


荒木経惟氏は、"アラーキー"の愛称でも親しまれる世界で最も著名な写真家のひとりです。ここ10年、愛猫チロを喪い、いくつもの病魔に襲われながらも、その全てを写真へと向かう原動力に変え、今年5月の喜寿を目前に、凄まじいほどの写欲で撮影を続けています。

今回エプサイトで開催する写真展『花遊園』は、ここ数年、荒木氏の新たな作品群に加わった、自室の一角に花と人形で創り出す「楽園」シリーズのひとつです。

本展のために撮り下ろされた新作では、絢爛に咲く絶頂期から徐々に枯れゆく<花の時間>、荒木氏によって改造されペイントを施されたりしながら姿を移ろわせていく人形や怪獣などの<フィギュアたちの時間>、窓から差し込む自然光がもたらす<太陽の時間>、そしてそれらを呼吸するように写真を撮る<荒木氏本人の時間>が溶けあい、濃厚な物語を生み出します。

 


■会期:2017年6月10日(土)〜6月29日(木)10:30〜18:30 最終日は14:00まで(日曜休館 祝日は開館)
          ※本展覧会期間中は、通常よりエプサイト開館時間を30分延長いたします。

■会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト    http://www.epson.jp/epsite/

 

本展のプリント制作には、最新の大判プリンターSC-P2005PS、用紙にはAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)より「楮( 厚口) 白」が用いられましたちゅん

 

荒木氏には昨年9月、こちらの展示企画でも同素材をお使い頂いておりますキラキラ

【ご案内】荒木経惟展「淫秋 般若心經惟」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1250

 

そしてそしてエリザベスきらきら

嬉しいことに、会期中には様々なイベントが予定されています!!

 

旗その1:ギャラリートーク
本写真展のキュレーター本尾久子氏によるギャラリートークを予定しています。
6月10日(土)1回目14:00〜、 2回目16:00〜(各回20〜30分程度を予定)

【詳細はこちらから】

 

旗その2:ワークショップ

【詳細はこちらから】

http://www.epson.jp/ec/event/epsite_awagami/index.htm

 

ひらめきワークショップその1:「いろいろな和紙を体験しよう」

....ということで、「手漉き紙びざん」「楮(薄口)白」「竹和紙 170g」(いずれもA4サイズ)の3種類のプリント体験をして頂ける講座と、

 

ひらめきワークショップその2:「和紙を使って和綴じ本を作ってみよう」

という講座の2本立てですゆう★

 

和綴じ本講座はA4サイズの和紙を使って和綴じ本の製本方法を学んでもらう企画です。

時間の都合上プリントは本紙2枚分のみとなりますが、しっかり覚えて頂き、お家でぜひ応用をきかせ、写真集づくり等にお役立て頂きたいです手

 

■応募期間:2017年5月26日(金)10:00〜6月4日(日)24:00

    (上記詳細のリンク先よりご応募頂き、応募人数が定員を上回った場合は抽選)

 

 

皆さまのご来場、ご応募をお待ちしていますさようなら


【メディア掲載のお知らせ】「CAPA(2017年6月号)」 - 和紙プリントで作品づくり -

こんにちは、クドウですエリザベス

メディア掲載のお知らせです手


「CAPA」(学研)の6月号にて5Pに渡る特集記事、

 

プリントが一層楽しくなる!

和紙プリントで作品づくり

にて、鹿野貴司さんによる解説でAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)も取り上げて頂きました ゆう★

 

 

ありがとうございまーすわーいわーいわーい!!

 

 

鹿野さんとはいくつかの展示でご縁が続いておりまして、その発端のアイアイエーギャラリーでの「楮(厚口)白」のロールによる展示風景もチラっと映っておりますが、「この展示良かったなぁ...」と今でもしみじみエリザベス

 

▼【好評開催中】「アワガミによる写真表現展」(2015年9月)

http://awagami.jugem.jp/?eid=1174

 

 

その後も「CP+」などの作例でもご協力頂いたり、

▼CP+2016

http://awagami.jugem.jp/?eid=1214

 

▼CP+2017

http://awagami.jugem.jp/?eid=1326

 

昨年のこちらの展示では全面的にAIJPをお使い頂いたのは記憶に新しいですねキラキラ

 

▼【ご案内】鹿野貴司写真展「山梨県早川町 日本一小さな町の写真館」(2016年11月)

http://awagami.jugem.jp/?eid=1272

 

 

どれも魅力的な作品で、嬉しくて記事にも気合いが入っております筋肉

...というご縁続きの鹿野さんによる解説なので再び気合いを入れて当ブログでご案内しておりますが、ぜひぜひ本紙にてしっかりご覧頂きたいです!!

 

様々なイベントでプリンタユーザーさんとのお話の中で「和紙ってムツカシイんだよねー」と言われる事がよくあるのですが、どこがムツカシイのかとお尋ねすると、先入観でそう思われていて実際はプリントされたことがない方、とっても多いのです。

確かに光沢紙と比べるとデータの再現域は少し狭いのですが、平面としての作品に空気感や奥行き感、特にポートレートや動物など触れてみたくなるような質感が感じられるところが大きな魅力のひとつなのですちゅん

 

 

そういえば!!

ただいま、種類限定ですがポイント2倍キャンペーンの実施中でした!!!!

 

そして、お試し頂いた方はアンケートにご協力頂きましたら、アワガミオンラインストアのポイントを500ポイント差し上げるレビューもしておりますちゅん

こちらは今後の改良や開発の参考にもさせて頂いておりますので、ぜひご協力頂き、そしてポイントもご活用頂きたいですおじぎ

http://www.awagami.jp/service/review/

 

いずれも宜しくお願いいたしますさようなら

 


【ご案内】ファインアートプリント体験会 at ヨドバシ新宿西口本店

こんにちは、クドウですエリザベス

 

今週末に開催のイベントのご案内です!!

アワガミファクトリーはFine Art Print JPというグループでインクジェットプリントに関する活動を行っていますが、うち4メーカーによるファインアート・プリント体験会を行いますキラキラ

アワガミからはAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお試し頂きますちゅん

  

■会期:

2017年5月12日(金)14:00〜19:00
2017年5月13日(土)12:00〜20:00

■会場:ヨドバシカメラ 新宿西口本店 カメラ総合館6F イベントスペース 
          
■内容:ご持参いただいた画像を参加用紙メーカーのお好きな用紙で1枚プリントいたします(A4サイズ)

・プリントしたい画像をUSBメモリやSDカード、スマートフォンなどに入れてお持ち下さい。
・データはJPEGデータ(またはtiff)をお持ち下さい。他のファイル形式の場合プリントできないことがあります。
・バックアップをとったデータをお持ち下さい。
・スマートフォンの場合、機種によってはプリントできないことがあります。
・使用プリンターはEPSON SC-PX5V供CANON PRO-1000を予定しています。混雑時は1枚ずつ交代でご案内いたしますのでご了承下さい。

 

【こんな人にお勧めキラキラ
ひらめきファインアート紙(和紙、バライタ、コットン、光沢など)をいろいろ試してみたい。
ひらめき用紙の違いや特徴について学びたい。
ひらめき自分の写真や表現に適した用紙についてアドバイスが欲しい。

作品のプリントに興味がある方どなたでも無料でご参加いただけます。

各用紙メーカーのスタッフが対応しますので、普段プリントをしていて疑問に思うことや用紙購入前のご質問など、お気軽にご相談くださいエリザベス

 

■参加企業(用紙ブランド)

アガイ商事(フルボ、シール)

アワガミファクトリー(AIJP)

中外写真薬品(イルフォード、ハーネミューレ)

大豐和紙工業(伊勢和紙)

 

アワガミファクトリーからのサービスはこちらー!!

今回会場でお試し頂けるのは、こちらの4種類をご用意する予定です↓

旗楮(厚口)白:爐呂犬瓩討離▲錺ミ瓩諒はベーシックなこちらから。
旗プレミオ雲流:楮(こうぞ)の繊維の素材感を活かした作品作りに。
旗竹和紙170g:色が素直に出やすく、しっかりとした厚みが魅力で人気です。
旗竹和紙220g:四方耳付で、170gの竹和紙よりふんわりとした質感が感じられます。

 

その他、印字見本の展示や、ご来場頂けた方へはご自宅でお試し頂けるサンプルのご用意もちゅん

 

皆さまのご来場をお待ちしています手


【ご案内】第三回アワガミ公募展『生きとし生けるもの』at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ4月目前ですきらきら

 

そして、なんとこれが今月1本目の(そして今月最後の)ブログとは・・・

(弱いんです、年度末...._| ̄|○ )

桜もちらほら咲きだし、そろそろ気を取り直しかけていますエリザベス春

 

ではでは、早速ご案内!!

今年も開催いたします手

 

第三回アワガミ公募展

『生きとし生けるもの』

会期:2017年6月11日〜18日

会場:写真企画室ホトリ http://fotori.net

主催:写真企画室ホトリ

 

応募についての詳細はこちらをご覧下さい

ひらめきhttp://fotori.net/?p=14061

 

応募条件はいたってシンプルにっこり

 

アワガミファクトリーの和紙を使用し、かつ動物が被写体の写真作品であること。
※人間、魚類は不可。哺乳類、鳥類、爬虫類、虫はOK

 

いいですねぇ動物ちゅん

10数年前に1人暮らしをしている時に猫を飼いだしてから、全ての動物は皆家族か友達になりましたえへ

どんな作品が揃うのか、今からとっても楽しみですわーい

 

そして今年のスペシャルは、写真家の香川美穂さんがゲスト作家として出展することゆう★ ビックリ!

何回思い起こしてもいい展示だったなぁ...としみじみの展覧会レポートはこちらー↓

 

▼香川美穂写真展「Polar Smile」at エプサイト

http://awagami.jugem.jp/?eid=1233

 

今度は何をどう見せてくれるでしょうかちゅん

 

そして(私の独断で決定する)爛▲錺ミファクトリー賞瓩發△蝓△海舛蕕砲AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)製品があたりますキラキラ

皆さま、こぞってご参加ください!!

 

昨年の第二回アワガミ公募展の様子はこちらからどうぞーさようなら

http://awagami.jugem.jp/?eid=1239


【来場御礼】「CP+2017」終了しました。

こんにちは、クドウですエリザベス

本日、「CP+2017」、4日の開催が終了しましたキラキラ

ご来場頂きました多くの皆さま、ありがとうございました!!

 

また、展示構成にご協力下さった写真家の皆さまのおかげをもちまして、ブースにお寄り頂いた皆さまに楽しんで頂き、喜んで頂くことが出来ました。

改めまして御礼申し上げます。

 

目当ての写真家さんの作品めがけて寄って下さったり、通りがかりに目を向けられて吸い寄せられるようにブースに足を入れて下さったり。

先のブログにも書きましたが、本当に多くの方が作品にカメラを向けて下さいました。

 

「へぇー、知らなかった」な方も、毎年寄って下さる嬉しい方々も。

いろんなお声をかけて下さり、ありがとうございましたエリザベス

 

そうそう、こちらは「去年徳島のアワガミに行ったんです」なワタナベさんご夫婦。

新婚旅行でお越し下さったとかハート

円満なご様子、嬉しいですきらきら

 

そしてひらめき

会場ではアンケートにご協力下さった方にサンプルをお渡しさせて頂きましたが、ぜひたくさんの資料に埋もれさせてしまわずにテストプリントして頂きたいですちゅん

 

「和紙って難しいよねー」と幾度となく言われるのですが、どう難しいですか?とお尋ねすると、実はご本人では試したことはないという場合が少なくありません。

ぜひ、自分でお試し頂き、忌憚ないご意見を頂きたいと思っています。

 

そしてこちらからぜひレビューを頂くと、アワガミオンラインショップで使えるポイントを進呈キラキラ

ぜひ便利にご活用頂きたいです手

 

期間限定のキャンペーンもご利用ください!!

 

旗AIJPサンプラーを50%OFF(3/12まで)

旗AIJPのA4サイズ、A3・A3ノビサイズ、パノラマサイズが20%OFF(3/20まで)

 

たくさんのご意見を伺いながら、まだまだ精進していきたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い致しますおじぎ


【レポート】CP+2017 展示作品より

こんにちは、クドウですエリザベス

 

開催中の「CP+2017」3日目終えましたキラキラ

土曜日ということもあり、多くの方にお越し頂きました。

ありがとうございますおじぎ

 

終りきる前に、今日はアワガミブースで展示させて頂いている作品を個々にご紹介します!!

 

旗中村恵美さん http://www.eminakamura.jp

今年のメインビジュアルを担当したのはこちらー↓

P2240002.JPG

 

約B0サイズ(別注サイズ)の手漉き紙びざん

びざんは定型のA1サイズを超えると、面質が極端にラフになるのです。

その風合い、象には合うというのはプリント前からイメージ出来ていたのですが...ちゅん

 

P2240004.JPG

 

イメージ以上がライオンでしたゆう★

毛並みの立体感が相成ったリアルさに多くの方が立ち止って下さっていますエリザベス

P2240006.JPG

 

ブース内ではA1サイズをまずは4点キラキラ

P2240048.JPG

 

旗MOTOKIさん http://www.k-motoki.com

MOTOKIさんには「楮(厚口)生成」を。

 

余白部分の生成の色味と画面の組合せから感じる情景、イメージ通りの仕上がりです手

MOTOKIさんの作品は「絵みたい」と言われる方が多い、独特の存在感があります。

 

 

 

旗鹿野貴司さん http://blog.tokyo-03.jp

鹿野さんには、去年の「山梨県早川町 日本一小さい町の写真館」でも竹和紙をお使い頂きましたが、ちょっと触れてみたくなるような肌の質感をその竹和紙でCP+でも再現させて頂きたくて、女性でということでお願いしましたきらきら

P2240014.JPG

 

候補をいろいろ見せて頂いた中で選ばせて頂いたのがこちらです。

静かなインパクトのある表情に目を向ける人が多かったですにっこり

 

P2240015.JPG

 

 

旗中西敏貴さん http://toshikinakanishi.com

A1で4点の作品のセレクトで、中西さんの作品は一番最後に選ばせてもらいました。

素材は、「手漉き紙びざん」

はじめは、雪景色と和紙って合うなぁと思ってサンピラーのシリーズから選ばせてもらおうと思っていたのですが、最後の最後にずいぶん考えて、並びの作品群とのバランスでやっぱり赤でビックリ!

P2240016.JPG

 

「手漉き紙びざん」は長繊維である楮が主原料のひとつなのですが、その楮繊維の質感と、作品の色彩が映えました

この感じ、ぜひ会場でご覧頂きたいです!

 

P2240018.JPG

 

 

旗内田民子さん http://arietta25.com

内田さんの作品には、雲流系で楮繊維の小筋が大きな特徴の素材のひとつでもあるプレミオ雲流を。

P2240019.JPG

 

人物の顔が入る作品ではその小筋があることで使いにくいと思われがちなのですが、A1くらい大きい画面だと気にならず、返って効果としてお使い頂けるというところを見て頂きたいです!!

 

P2240021.JPG

 

 

旗吉住 志穂さん http://www.geocities.jp/shihoyoshizumi/

オリンパスギャラリーで開催された展覧会で出品されていた作品がとてもすてきだったので、そのままお借りしてしまいましたおじぎ

P2240043.JPG

 

楮二層紙をお使い頂き、軸層をされています。

この2点の組合せ、個人的にとてもツボでちゅん

 

P2240044.JPG

 

吉住さんの布と作品との組合せは絶妙で、いいセンスをお持ちなんだなぁとエリザベス

 

P2240046.JPG

 

 

旗川野 恭子さん http://camera.na-watashi.com

手漉き紙びざんのパノラマサイズMで、4点の作品を組写真風に手

P2240034.JPG

 

イメージの上下の余白部分を黒で仕立てました。

パノラマの構図ではない作品でも、こうすることで無理なくお使い頂けます。

何より格好良く仕上がりましたちゅん

 

P2240036.JPG

 

 

旗清家正信さん

こちらだけはインクジェットではなく、プラチナプリントにて制作されております。

 

用紙は、「アワガミプラチナペーパー」

雁皮、そして三椏の繊維の艶やかさと肌理の細かさを活かした素材の持ち味が、すてきな作品のおかげで存分にご覧頂くことができましたきらきら

特に清家ファンが身悶えて喜んで下さいましてちゅん

 

P2240029.JPG

 

見事なプリント制作は田村写真さんにご協力頂きました。

 

 

嬉しいのが、展示風景を多くの方が撮っていって下さるのです手

心にずっと留め置いて頂きたい、すてきな作品ばかりということでエリザベス

 

いよいよあと1日ですね。

 

ひらめきアワガミブースでは、アンケートにご協力頂いた方へ、A4サイズの和紙のサンプルを差し上げています。

そして、お試し後にレビュー頂くと、今度はアワガミオンラインストアでご利用頂けるポイントが500ポイント(500円分)ビックリ!

ぜひ記憶の新しいうちにお試し頂きたいですわーい

 

ブースへのお越しも、皆さまのレビューもお待ちしていますさようなら

 


【開催しました】CP+2017

こんにちは、クドウですエリザベス

 

「CP+2017」スタートしましたゆう★

アワガミファクトリーは「フォトプリントメディアゾーン」のM-04に位置していますわーい

P2230010.JPG

 

作品詳細は後日。

今日はざーっとご紹介しますちゅん

 

ブースでの展示にご協力頂いた作家の皆さんはこちらですおじぎ

http://awagami.jugem.jp/?eid=1321

 

B0サイズでつくった手漉き紙びざんでは、中村恵美さんのアフリカで撮影された作品をキラキラ

ぜひ近くでご覧頂きたい一点ですレッド

P2230009.JPG

 

A1サイズの額装4点。

この作品だからこの紙で、との思いを込めていますちゅん

P2230008.JPG

 

パノラマサイズのびざん(右)と、プラチナプリント(左)の個性派コーナー。

写真を向けて下さる方が多いのですカメラにっこり

FullSizeRender.jpg

 

こちらのパノラマびざんとプラチナプリント用の和紙は新製品でもあります。

製品詳細はぜひこちらもご覧下さい

bana_panorama.png

 

bana_plutinum.png

 

吉住志穂さんによる軸層は、軽やかでモダンで、1点でももちろんですが組作品として並べてもいい感じですちゅんきらきら

P2230007.JPG

 

個々の作品の魅力はまた次号にて手

 

さて、ブースではアンケートにご協力下さった方へ、A4サイズの和紙(楮 厚口 白×2枚、楮 薄口 生成×2枚)をお試しサンプルとして差し上げています!!

そして、お試し頂いた方でレビューにご協力下さった方へは、アワガミのオンラインストアでご利用頂けるポイント500点(500円分)もOK ビックリ!

ぜひご活用下さい手

 

 

そしてそして、連動企画でキャンペーンも実施中エリザベス!!

 

旗AIJPサンプラーを50%OFF(3/12まで)

旗AIJPのA4サイズ、A3・A3ノビサイズ、パノラマサイズが20%OFF(3/20まで)

 

ぜひこの機会にご活用下さい!

(実はサンプラーが常に好評で品薄につき、ただいまお届けまで少しお時間頂くかもしれませんがご容赦下さい・・・

 

 

それでは、まずはレポート第一弾でした

会場にて皆さまのご来場をお待ちしていますさようなら


【ご案内】「CP+2017」で見られるアワガミ情報 その2

こんにちは、クドウですエリザベス

 

「いよいよ迫ってきましたゆう★

(準備は大丈夫でしょうか...)

 

「CP+2017」

http://www.cpplus.jp

会期:2016年2月23日(木)〜26日(日)10:00〜18:00(最終日のみ17:00)

   ※2/23(木)10:00〜12:00はプレスタイム(特別招待者・プレス関係者・プレスタイム招待券持参者のみ)
会場:パシフィコ横浜
入場料:1,500円(税込)※ウェブ事前登録で無料

 

 

続けて、アワガミブース以外でアワガミが見られる情報をお届けします!!

 

旗その1

キヤノンさんのブース、右側のライトゾーン(ポートレート・スナップ)において、A2サイズのプレミオ楮を使われた作品が展示されますキラキラ

 

http://canon.jp/event/exhibition/cp2017/zoning.html

 

紙選びのご相談を受けて、被写体がポートレートエリザベスだということをお伺いして、では人肌をより美しく魅せてくれる(...と個人的に強く思っている)プレミオ楮をおススメさせて頂きましたちゅん

果たしてどんな感じに仕上げられているでしょうかきらきら


 

旗その2

前のブログでご紹介しましたSAMURAI FOTOのディレクターでもある写真家の吉田繁さんがSAMURAI FOTOメンバーと一緒にエプソンブースにて23日、24日とセミナーを開催されます!

 

▼セミナースケジュール

http://www.samurai-foto.jp/events/eve170220/pdf/2017schedule.pdf

 

セミナー中で、AIJPも作例として登場する予定です筋肉

両日ねらって頂きたいですひらめき

 

 

そして、もうひとつエプソンブースにてご案内手

 

アワガミファクトリーも参加しているFine Art Print JPのメンバーによるプリントセミナーが予定されていますちゅん

こちらもぜひご参加下さい!!

Fine Art Print JP

ファインアートフォトグラフィーにおいて、紙による多様な表現の可能性を伝えたいとの想いに賛同するメーカーが一つになり活動をするグループです。

年間を通じて、各種セミナーや、プリントイベントを行っています。

https://www.facebook.com/fapjp/


ひらめきEPSONセミナーコーナー(予約不要)
2/25(土)15:00〜15:40 プリントステップアップセミナー
2/26(日)15:00〜15:40 プリントステップアップセミナー
講師:エックスライト社 冨川丈司氏、プリンティングディレクター小島勉氏


【用紙選びの楽しみと作品作りのヒント】
「せっかく撮った写真をプリントして楽しみたいが、どうやって紙を選んだらいいかわからない」
「作品づくりのヒントがほしい」、「カラーマッチングとかいまいちよくわからない」
そんな方々にプロのカラーマネジメントスペシャリストとプリンティング・ディレクターが解説。
あなたの作品づくりのレベルアップに役立つ内容をご紹介します。

 

ホームページ詳細スケジュールはこちらからも!

http://www.epson.jp/ec/event/cpplus/

 

 

お待ちしています手

 


【ご案内】「CP+2017」で見られるアワガミ情報

こんにちは、クドウですエリザベス

「CP+2017」のアワガミ情報を一報しましたが、アワガミブース以外でもAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をご覧頂ける場所をご紹介します!!

 

旗その1

写真で世界のアート市場を目指すSAMURAI FOTOは会長の蓮見浩明さんによる桜の作品が、手漉き紙びざんに出力され、エプソンブースにて展示される予定ですビックリ!

その他、作例としてGANREFユーザーの作品を蓮見さんが加工、そして竹和紙にプリントされた作品展示もちゅん

 

▼エプソン CP+2017出展情報

http://www.epson.jp/ec/event/cpplus/

 

蓮見さんにはアワガミブースでも何度も作品を展示させて頂きましたねお願い

去年は軸層で魅せて下さいましたにっこり

 

SAMURAI FOTOは今週、まさにCP+会期中きらきら会場近くのギャラリーで展示をされますキラキラ

23〜26日は種々のセミナーが予定されているとのこと。

アワガミからも、作例用で素材を出させて頂きましたエリザベス

展示と併せてぜひお集り下さい!!

 

Emerging Visions of Japan 〜日本の写真作品を世界へ〜

会期:2017年2月20日(月)〜26(日) 10:30〜18:30(20日/13:00 open、26日/16:00 close)

会場:サブウェイギャラリーM(「みなとみらい駅」改札口より徒歩1分)

ひらめきhttp://www.samurai-foto.jp/events/eve170220.php

 

 

旗その2

「PHOTO! FUN! ZINE! Vol.5」にて香川美穂さんの、あの子グマとペンギン再び ゆう★きらきら

 

何度かご案内してきましたが昨年、各地での展示で好評を記した香川美穂写真展「Polar Smile」、CP+と連動して開催される「PHOTO! FUN! ZINE! Vol.5」に出展され、こちらで再び数点をご覧頂ける予定ですわーい

スクエアびざんで出力した作品より、子グマと子ペンギンの4枚エリザベス
ポストカード12枚セット、プリント4枚セットでは竹和紙でのプリントをご用意されるとかキラキラ
写真集「北極スマイル・南極スマイル」もご用意されるそうです手

「PHOTO! FUN! ZINE! vol.5」 http://pfzine.com 

会期:2017年2月23日(木)〜26日(日) 10:00〜18:00(最終日のみ〜17:00)

会場:BankART Studio NYK(CP+2017 PHOTO HARBOUR内)


 

いずれも併せてご覧下さいさようなら

 


<< | 2/31PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

検索する