HOME > アワガミファクトリーだより

A.A.I.R.P.2016後期まとめ(その3)

アーティストの到着から1週間、怒涛といえば怒涛でしたが、

彼らと私たち、お互いはじめの一歩を測りかねているような空気がありました。

 

葉書サイズの紙を漉き、半紙判にサイズアップし、

色柄をつけたり、紙の厚い薄いを試したり、

ベーシックな和紙の作り方を紹介するものの

たぶん知りたいのはこれじゃないんだろうなぁというモヤモヤ。

 

これじゃいかん拍手

 

袋小路に入りそうになったときは話し合うに限ります。

10/25、3人一緒にミーティングをしました。

 

ナスまず、和紙の見本帳を広げ、自分の目指す作品にどんな素材が必要なのか、彼らに見当してもらう。

 

Wayneはインクジェットの紙に興味があるようで、

1×1mほどの紙を自作し、それにインクジェットプリントをしたい

 

Maraは自然な色(生成り)の紙に天然の素材(藍や柿渋)を加えたい、

こちらも1×2mという大判の和紙を自作するよう

 

Yukiは白鳳や竹和紙など版画ドンピシャの紙をセレクト、

版画から入って、ドローイングやペインティングにもつなげるふう

 

紙の決定は私たちにとって大きなヒントになりますき

 

乱暴な表現をすれば、WayneやMaraの言ってることはわからないけど、

あの紙を選ぶってことはこういう方向に行きたいんだろうなぁという筋が見える。

 

 

ナス次に、これまでアワガミがサポートしたアーティストのスライドをもとに、

 理事長の藤森が和紙の歴史や特性、道具・作業方法の変遷などをレクチャーしました。

 

夏の研修会などでも登場するこのスライド、私はすごく好きですハート

このブログにもアーティストとのやりとりが大量にストックされていますが、

どれも「へぇーびっくり」連発します。(皆様たまに過去記事も掘り返してね・∀・

 

 

曰く、「最初の日にこのレクチャーをしてほしかった」

そうよね、そうよね。。

 

 

やっぱりアワガミがレジデンスをする以上、

紙を端に置いて話を進めることはできないと痛感。

 

アーティストの人選をするにあたり

「紙にはこだわらない」というひねた心構えをしていたのですが、

エントリーする方からすれば、アワガミ=和紙なもので、

山川に来てダンスして帰るとかいうプランはありえない。

 

アワガミレジデンスは和紙を使ってこそびっくり

 

次回いよいよ和紙ラッシュが始まります。

本日はこのへんで。

 

 

【 11/22 AIR展覧会まで あと3日 】 

 

 

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(その2)

イベントはさくさくっと。

 

【表敬訪問:10/18@吉野川市教育委員会・鴨島ロータリークラブ】

 AIR(アーティストインレジデンス)は今、日本全国で行われています(参照:http://air-j.info

 地方創生、アートで町おこし、田舎へ移住、サテライトオフィス。。

 新聞には聞こえの良い言葉が載りますが、

 「はて、10年後山川はどうなってるのか」と思いを巡らせると、

 モーレツな危機感に襲われます。

 

 山川でAIRを行う意義を言葉にできなければ、打ち上げ花火で終わってしまう。

 

 考えなければならないこと、たくさんあります。

 

 

 吉野川市教育委員会

 

 

 

 鴨島ロータリークラブ

 

 

 

 

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(その1)

Facebookやブログで断続的にレポートしてますA.A.I.R.P.2016、

10月に3人のアーティストが到着してから「あっ!」という間に1ヶ月が過ぎました。

 

日々の活動を写真に撮るものの整理が追いつかず泣き

まとまった読み物が書けてない泣き泣き

11/22から始まる展覧会に向けて今日から連続更新します〜ァンパンマン

 

 

【アーティスト到着:10/15.16】

 国内外からの様々なアーティストをお迎えにあがりますが、

 毎度心の中で「ようこそ辺鄙な山川へあ」と思っています。

 海を越えて関空へ、電車を乗り継ぎ、バスでまた海を渡って渡って、

 やっと徳島到着かと思えばローカル線に50分揺られる、

 皆様、山川は遠いです。

 

 今回はハプニングも。。

 

 Maraが着かない。

 10月15日13時、JR阿波山川駅に大きな荷物を抱えた女の子はいない。

 

 食事にご招待とかホテルにご案内とかスケジュールが積んでれば青ざめるけれど、 

 レジデンスは何となくスロースタート(今後の反省課題)だから

 「まいっか、たぶん明日着くよな」で退散。

 

 10/16、無事全員揃いました。

 

 

【ウェルカムパーティー:10/16@アメニティセンター】

 3人それぞれの自己紹介、プレゼン。

 

 Wayne Montecalvo(ウェイン モンテキャルボ)

 アメリカ出身・1953年生まれの男性

 http://waynemontecalvo.com/index.html

 

 今フォーカスしているのはインクジェットプリントやコラージュだけど、

 彼の興味は写真だったり、造形だったり、音楽だったり、広い意味でのアートのよう。

 けれども、主題は人物・人の顔に一貫している。

 生まれ育った街の劇場にいた「ピエロ」が自分の表現の原点だとも言っていた。

 

 「教会の中、大人数で壊れたオルガンパイプを口々に吹き、

 のこぎりと鉄板をすり合わせてキーキー唖然音を鳴らし陽気に踊っている」

 奇天烈なインスタレーション映像が流れ、山川一行、一瞬不安の色。

 

 

 

 Mara Tegethoff(マラ テゲスオフ)

 アメリカ出身・1987年生まれの女性

 http://marajoy.weebly.com

 

 毎年1月にアワガミで紙漉き研修を行うRISD(アメリカの芸大)卒業とのことで

 初めてなのに初めてな気がしない彼女。

 建築や環境デザインを学んだあとアートの道に。

 「ステッチ:縫う・紡ぐ」が大きなテーマで、

 天然の素材(炭、藍、柿渋 etc / SUAIKAゆう★ )を使った創作を望んでいる。

 

 ここに来る前は韓国のレジデンスに参加していたらしく、

 韓国の紙づくりやクラフトにも強い刺激を受けたよう。

 

 

 

 長嶋 由季(ナガシマ ユキ)

 東京都出身・1989年生まれの女性

 https://www.facebook.com/yuki.nagashima.526

 

 今回のAIRはエントリー開始から締切が約1ヶ月とタイトで

 日本人アーティストからの応募が鈍いなか、

 締切日直前に彼女からのエントリーが届いた。

 カーボンランダムという聞きなれない版画技法と不思議なラフスケッチ、

 「面白そうDocomo_kao12」と鶴の一声で山川にお招きした。

 

 多摩美では銅版画を中心に制作していたとのことだけど、

 スペインのレジデンスで習得したカーボンランダム技法や、

 現在京都で学んでいるノンケミカル技法(銅版画には多くの薬剤を使うが、それらを使わない技法)など

 いろいろな道を広げているよう。

 

 「自と他の関係性」がモチーフ。

 できる限り大きな作品を作りたいとの意気込み。

 

  

ひとまず最初の2日間終わり。

スピードアップしないと書ききれん。。

 

【 11/22 AIR展覧会まで あと4日 】 

 

 

 


【ご案内】「Multiply それぞれの地点より燐光する視点」

こんにちは、クドウですエリザベス

 

2014年、2015年と京都精華大の版画コースに関わる皆さんによる、アワガミファクトリーの素材を用いたプリント作品やZIN(少部数の小冊子)の制作と展示公開を「PRINT / ZIN展」として開催されてきました。

 

過去の記録はこちらでも↓

▼【会場風景】2014「PRINT / ZIN展」より

http://awagami.jugem.jp/?eid=1002

 

▼【ご案内】京都精華大 版画コースによる「PRINT & ZINE 210*297*058」展

http://awagami.jugem.jp/?eid=1154

 

3年目の今回、東京藝術大学、京都市立芸術大学の各版画専攻が加わり、3校の学生56名と教員10名による交流展が開催されます!!

 

「Multiply それぞれの地点より燐光する視点」

https://www.kyoto-seika.ac.jp/fleur/past/2016/1101multiply

 

会期:2016年11月1日(火)〜10日(木)
休館日:11月6日(日)
開館時間:10:00〜18:00
入館料:無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
協賛:村越画廊、(有)画箋堂、(株)萩原一蔵商店、(株)不二家商事、(株)ムツミ
後援:京都市立芸術大学
主催:京都精華大学 芸術学部 メディア造形学科 版画コース

 

本展覧会は1300年の歴史をもつ阿波和紙のブランド総称であるアワガミファクトリーと、京都精華大学 版画コースによって、版画芸術/プリントアートの新たな価値創造へ向けた発信を行うことを目的に、産学連携プロジェクトとして「PRINT/ZINE」展と題し2014年3月のグループ展から毎年、京都と徳島で展覧会を開催してきました。

3年目となる今年は東京藝術大学、京都市立芸術大学の各版画専攻に参加頂き、3校の学生56名と教員10名による交流展として企画しました。

版画やZINEという表現方法を用い、日本の伝統技術に支えられている和紙を素材として扱った作品発表となります。

本展覧会を通して、それぞれが抱いている絵画や他の表現手段では得られない版表現特有の表情や質感の再認識、多様な版画の可能性を探求し、考察した視点からのアプローチを目指します。そして異なる環境における差異なども含め、新たなプリントメディアの一面をお見せできればと思います。

 

3校の学生56名と教員10名による.....。

かなり規模が拡大しておりますが、果たしてどのような作品と構成となるのでしょうかちゅん

竹和紙、アワガミエディショニングペーパー、AIJPを中心とした創作が展開される予定ですキラキラ
 

ぜひご高覧ください!!

 

ひらめきこちらでも様子が垣間見れますエリザベス

▼「Multiply」 Facebookページ  https://www.facebook.com/Multiply1101

▼「Multiply」 Twitterページ  https://twitter.com/multiply1101   

【ご案内】日暮雄一犁Г蠅ら生まれた土の造形at 越後妻有 大地の芸術祭の里

こんにちは、クドウですエリザベス



一度は行ってみたい、越後妻有の大地の芸術祭の里 キラキラ




http://www.echigo-tsumari.jp


 

「大地の芸術祭の里」とは

3年に1度の世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台となる、越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)を「大地の芸術祭の里」と呼んでいます。ここでは、1年を通して、地域に内在するさまざまな価値をアートを媒介として掘り起こし、その魅力を高め、世界に発信し、地域再生の道筋を築くことを目指しています。その成果発表の場となるのが、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」です。




いいーーところですねぇ...エリザベス






ただいま開催中のこの芸術祭に、ご縁のある写真家 日暮 雄一さんが作品を出展されております!!



前回、日暮さんにはこちらでAIJPをお使い頂きましたおじぎ

日暮雄一写真展 「長崎の協会群とキリスト教関連遺産」 
http://awagami.jugem.jp/?search=%C6%FC%CA%EB



今回、土のかまくらのような空間にAIJPびざんによる、A1サイズでプリントされた作品を展示されているとのことです。
場所が「もぐらの館」という廃校になった小学校とのことで、会場イメージと日暮さんのマリの土の造形の写真作品とはなんだか非常にしっくりくるのですが.... 
ちゅん




祈りから生まれた土の造形

日干しレンガを積み上げた後、表面を泥で塗り仕上げたアフリカ・マリ共和国のモスク。
自然がつくりだしたかのような土の造形の中で、人々は祈りを捧げる。
マリの土の造形を写真で見せる。





会場:もぐらの館(新潟県十日町市東下組1368)内



ひらめきアーティストページ:日暮雄一
http://www.echigo-tsumari.jp/artwork/earthworks_born_from_prayer



会期中、ご来場の折にはぜひお立ち寄りください
手
 

【ご案内】松山裕一 版画展 at 巷房

こんにちは、クドウですエリザベス


本日から開催の展示会をご紹介しますキラキラ



松山裕一 版画展 〜 Plant 〜




会期:2015年7月20日(月)〜25日(土) 12:00〜19:00(最終日17:00)
会場:巷房・1(3階)
   中央区銀座1-9-8 奥野ビル3F
   
http://gallerykobo.web.fc2.com




奥野ビルはアワガミから徒歩ほぼ1分という素晴らしい立地なんですねー 走れー!


会場風景、ちょこっとご案内しますエリザベス




松山さんは2008年からAIJPでジクレー版画を制作されているとのことで、今回はアワガミ出力サービスにて竹和紙をご利用頂きました
ちゅん






一見、銅版画を思わせられるような作風でもあります。


松山さんの本業はデザイナーですが、その合間で描画された作品をデジタル化しフォトショップで更に仕上げられているとのことです
手






本日、丁度在廊されていらっしゃいました
ちゅん



松山さんには、徳島にもお越しいただいたことがございます。


いつも有難うございます 
おじぎ





会期は25日まで
!!


ぜひお立ち寄り下さい手
 

【行ってきました】《写真》見えるもの / 見えないもの #2 at 東京芸術大学美術館 陳列館

こんにちは、クドウですエリザベス


7/13から開催の展覧会レポートですキラキラ



【ご案内】《写真》見えるもの / 見えないもの #2
http://awagami.jugem.jp/?eid=1151



《写真》見えるもの / 見えないもの #02
The Photograph : What You See & What You Don't #2




 
■会期:2015年7月13日(月)〜8月1日(土)10:00〜18:00(最終日17:00)
■会場:東京藝術大学大学美術館陳列館
http://www.mierumienai02.com

■出展作家(順不同、敬称略)
Area Park ・ Osamu James Nakagawa ・ 今 義典 ・ 佐藤 時啓 ・ 佐野 陽一 ・ 下村 千成 
鈴木 理策 ・ 塚田 史子 ・永井 文仁 ・ 野村 浩 ・ 村上 友重 ・ 安田 暁 ・ 榮榮&映里 





本展では、 Osamu James Nakagawa氏の全作品、村上友重氏のサイアノタイプ作品にアワガミの和紙をお使い頂いています。


ひらめきOsamu James Nakagawa
 http://www.mierumienai02.com/artist-nakagawa.html


JamesさんはAIJP楮 厚口 白をベースに、カーボンインクによるインクジェットプリント、そして錆による表現を展開されています。



昨年にパリフォトで発表されたシリーズの展開ですが、やっと拝見することが出来ました
ちゅん
http://sepiaeye.com/Atelier-Boba_ParisPhoto_OsamuJamesNakagawa


P7140059.JPG



会場の陳列館に入ってすぐ右手の1コーナー。

(写真は実際より少し明るく撮れています)


P7140047.JPG



この質感、空気感、本当に会場でご覧頂きたいです
!!


P7140042.JPG


Jamesさんのプリントは、パリのAtelie Bobaにてされたとのこと。

http://www.atelierboba.com


P7140064.JPG

P7140053.JPG





そして村上友重さんには、サイアノタイプによる創作に典具帳ロール(9g/屐をお使い頂きました。



ひらめき村上友重
 http://www.mierumienai02.com/artist-murakami.html


P7140074.JPG


P7140068.JPG



この紙は比較的水には強いのですが、それでも水洗を伴うプリント技法であるため、作業での扱いは慎重になるかと思います。


村上さんには以前も同素材をお使い頂いた事がありましたので、安心して拝見させて頂きました
エリザベス


P7140066.JPG



薄さを活かし、幾層にも重ねた表現を興味深く拝見しました
ちゅん



P7140072.JPG



アワガミをお使い頂いた作品だけご紹介させて頂きましたが、展覧会全体として見応えのある内容と構成です
手


会期は8/1まで!


ぜひ足をお運び頂きたいですDocomo119




《関連企画》
 
シンポジウム「《写真》3カ国協議」
日時:7月25日(土)14:00〜15:30
会場:中央棟第三講義室 
司会:丹羽晴美(東京都写真美術館 学芸員)
出演:Area Park、Osamu James Nakagawa、佐藤時啓
 
クロージングイベント シンポジウム「《写真》の今日、《写真》の明日」
日時:8月1日(土)16:00〜18:00
会場:音楽学部講義室5-109 
司会:飯沢耕太郎(写真評論家)
出演:出展作家

 

Ms.Laura Steenbergeレクチャー

こんにちは。

11月5日〜9日、ビジティングアーティストとして滞在しているローラさん。
本日は、ローラさんのレクチャーがありました。

ローラさんの専門は音楽。
アワガミは紙。
音と紙の関係性とは!?

彼女が研究しているのは、音のビジュアル化。
作曲を含め、音の視覚化を研究していくその中で、
「紙」の重要性を見つけます。

そして、アワガミにも紙を学びに来てくださいました。

通訳を達人のボランティアさんにお願いして、レクチャーの打合せからスタート。


そして夕方レクチャーがスタート。


過去の活動映像や、今日アワガミで作成した映像をまじえてのレクチャー。


自分の声(音)を紙で視覚化、と表現すればよいのでしょうか。
上の映像は、紙です。
二つの丸い紙が、音にあわせて動きます。

最後は質問コーナー。みなさんからさまざまな質問がありました。

ローラさん、通訳さん、皆様、ありがとうございました!


 

「四国遍路展」トークのご案内

こんにちは、クドウですエリザベス


先般にご案内させて頂きました「四国遍路展」、今週末は三好和義さんによるスペシャルトークが開催されるそうですビックリ!



【ご案内】三好和義写真展「空海の足音 四国遍路展[徳島編]」
http://awagami.jugem.jp/?eid=1086


空海の足音 四国遍路展[徳島編]





http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/kikakuten/2014/03henro/henroten.html

会期: 2014年10月25日〜11月30日
会場:徳島県立博物館 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内




【三好和義 スペシャルトーク
■日時:11月2日(日)、3日(月・祝) 両日とも11:00〜12:00、13:00〜14:00
■会場:四国へんろ展第6幕会場(イベントホール)  ※観覧券が必要です




会場の風景を三好さんの事務所「楽園」より送って頂きましたのでご紹介させて頂きますキラキラ



パネル貼りされた作品群。

舞台中央にあるのは襖のように仕立てられています。





秘仏本尊の写真にびざんをお使い頂きました
キラキラ









国宝や重要文化財なども多数展示されており、見応えたっぷりの展示になっているそうです
エリザベス


この週末、ぜひお出かけ下さい手



*****


オンラインストアでは毎月1種類のAIJPのマンスリーキャンペーン(10%OFF)を行っていますが、今月のキャンペーンはこの「びざん」です 
わーい

こちらもぜひご利用下さい 手
 

【ご案内】小野知美 石版画展 at ギャラリーびー玉

こんにちは、クドウですエリザベス


今日はご縁のあるアーティストの個展のご案内ですキラキラ



小野知美 石版画展



■会期:2014年8月21日(木)〜8月28日(木)※月曜休み
    火〜土   12:30〜19:30、日・最終  12:30〜17:00      
■会場:ギャラリーびー玉   
    〒530-0038 大阪市北区紅梅町2−6 昭和ビル206号室
    Tel 06-6881-2818

ホームページ http://www2.odn.ne.jp/bi-damas/



小野さんはNY在住で、アワガミスタッフの藤森彩とのご縁があったのですが、そのつながりで2012年には「阿波紙と版表現展2012」にも出展頂きました。


ひらめき「阿波紙と版表現展2012」at 文房堂ギャラリー
 http://awagami.jugem.jp/?eid=663


何度かメールのやりとりをさせてもらったのですが、実は私はお会いするのは初めてなんですねー
エリザベス


この度、大阪で個展をされて帰国されているというご案内を頂き、ものすごくタイムリーに関西出張が出来たのでおじゃましてきましたーわーい



では会場をちょこっとどうぞー !!




今回もたくさんのアワガミを使って頂いていたのですが、私が好きな「白峰」づくしちゅん





この強めの線は表から摺られていますが、影の淡い部分は裏からの摺りだとか
びっくり








こちらも白峰 
手

石版画独特の、微妙で繊細なタッチで、小野さんの「空」の世界観を表現されていますちゅん





写真で判りにくいですよねー。。


ぜひ会場で作品を直接ご覧頂きたいです
ちゅん







こちらは、なんとアクリルに摺ったものとか
きらきら





写真では判らないですが、2枚のアクリルの層による立体感も相まって、空を通して宇宙を感じさせられます。








アクリルプレートに作品を合わせたペーパーウェイトも
!

こちらは兵庫県の泥入り紙を使われたとか。






今回は、2週間と短い帰国だそうです
飛行機






本当にお会い出来て良かったー
!!


会期中の在廊は不定期とのことですので、ぜひギャラリーにお問い合わせの上、お立ち寄り下さい手



次回をまた楽しみにしていますさようなら



ひらめき 2011年11月のNYでの個展、「Day Sky / Night Sky」の様子もどうぞビックリ!
  http://awagami.jugem.jp/?eid=626

<< | 2/13PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

検索する