HOME > アワガミファクトリーだより

【ご案内】KOUGEI-EXPO『全国くらしの工芸展』in 福井

こんにちは、クドウですエリザベス

 

みなさん!!

「伝統的工芸品」という言葉は聞いた事があると思いますが、その意味についてご存知でしたか!?

 

一般の「伝統工芸」などの呼び方とは別に、「伝統的工芸品」という呼称は、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」で定められました。「的」とは、「工芸品の特長となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、さらに、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされている工芸品」という意味です。

(伝統的工芸品産業振興協会 webより http://kougeihin.jp/association/about/

 

小学校では5年生が伝統的工芸品を学ぶ学年として、近くに工芸品産地がある場合は見学や体験実習などが授業の一環に取り込まれる場合もありますね手

そして今月、11月は伝統的工芸品月間で、その振興を目的とした一大イベントが開催されますビックリ!

 

伝統的工芸品月間国民会議全国大会は、伝統的工芸品に対する国民の理解とその一層の普及を目指して、昭和59年から毎年11月を伝統的工芸品月間と定め、毎年開催地を変えて、記念式典、全国伝統工芸士大会、伝統工芸ふれあい広場等の事業を全国規模で開催しています。

 

http://kougei-expo.com

 

会場:サンドーム福井  福井県越前市瓜生町5-1-1  http://www.sankan.jp/sundome/

会期:2017年11月25日(木)〜27日(日) 10:00〜17:00(最終日16:00まで) 

 

体験が楽しめる「伝統工芸ふれあい広場」、そして工芸品をお求め頂ける「全国くらしの工芸展」、伝統的工芸品の展示やステージイベント、福井のグルメコーナーなどなど、様々な趣向でお楽しみ頂けるイベントとなっていますちゅん


 

阿波和紙からはワタクシが出張し、「全国くらしの工芸展」にて阿波和紙製品の展示即売を行いますエリザベス

http://kougei-expo.com/33/list?genre=kurashino

 

お馴染みの他の工芸品産地の方々に会えたり、お客様が途切れた合間でダッシュで会場廻りも楽しみなところですが、今年の個人的な注目は26日(土)のステージイベントひらめき

「湯島のこばやし」の折り紙様こと小林社長の折り紙講座や、越前和紙による書道パフォーマンス、くまモンによる熊本PR、などなどなどちゅん

(ステージ、うちのブースから近いといいな...)

 

ほかにも日替わりで各種イベントが予定されていますきらきら

ご近在の方、今週末、サンドーム福井にてお待ちしています手

 


【ご案内】『JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK』with コンランショップ東京本店

こんにちは、クドウですエリザベス

 

本日より2週間、こちらのイベントに出品しますキラキラ

「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK」

ホームページhttp://jtcw.jp

 

「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK」は、東京・名古屋・大阪の衣食住を扱うライフスタイルショップが各々の個性でセレクトした日本各地の伝統的工芸品を展示販売するイベントです。



開催期間中、東京・名古屋・大阪のインテリアショップ、ファッション店、専門店等が伝統的工芸品の産地とコラボレーション。

伝統的工芸品の展示販売や実演等を行います
また、各店舗を巡るスタンプラリーの実施や、各メイン会場やサテライト会場において製作実演やワークショップ等を実施する予定です。
 

 

こちらの企画でアワガミファクトリーは、「ザ・コンランショップ新宿本店」とコラボレーションし、藍染め和紙を用いた提灯を同店にて展示販売致しますちゅん

 

設営を終えられたコンランショップさんのTwitterに早速掲載されていましたのでご紹介させて頂きますちゅん

https://twitter.com/ConranShopTokyo

 

今回の提灯に使用したのは、ぼかし染めを凝らした藍染め和紙。

その製造風景をお届けしますエリザベス

 

何事も下ごしらえが肝要です。

藍染めをする和紙は、あらかじめこんにゃく糊を両面に塗布して乾燥させます。

それにより、紙に耐水性を持たせることが出来ます。

P9300193.JPG

 

藍染め和紙の染色は、通称「奥さん」の藤森美恵子が担当しています。

ムラなく中まで染料液を浸透させるため、染色前に和紙を充分に水に浸しておきます。

P9300215.JPG

 

藍瓶の染料液の水面の様子。

猴の花(藍の泡)瓩見られると、藍の状態がいい証拠です。

P9300140.JPG

 

吊り具に紙を吊るし、ロープで昇降させながら藍瓶に紙を浸して染色をします。

P9300217.JPG

 

ぼかし染めは、濃色から淡色、そして白に向かう自然なグラデーションが魅力の染め方ですが、どこかで手を止めてしまうと線状の柄がついてしまいますので、本当にゆっくりゆっくりとロープをたぐっているのです。

P9300228.JPG

 

藍は染料の状態では緑がかった感じの色味ですレッド

染料液に浸した後、空気に触れる事の繰り返しで濃度を調整していきます。

P9300241.JPG

 

染め上がったら、流水でアクを落としていきます。

まだちょっと緑っぽいですが、

P9300149.JPG

 

液が流し落とされると、藍の彩りが現れてきますビックリ!

P9300154.JPG

 

そして紙に残るアクを充分に落とすため、水槽で更に数十分・・・

P9300271.JPG

 

水から引き上げたら脱水を行い、

P9300267.JPG

P9300160.JPG

 

もみシワを美しく残すため、台の上に広げて自然乾燥で仕上げます。

P9300189.JPG

 

こうやって出来た藍染めのぼかし染め和紙は、岐阜の提灯屋さんでペンダントライトに仕立てられましたひらめき

φ45cm、φ60cm、φ75cmの3サイズご用意しています手

 

「JAPAN BLUE」と称される藍の色。

ザ・コンランショップでは、この『美しい藍和紙と、海に囲まれた美しい阿波の風土を、ライフスタイルの中に取り入れる」をコンセプトに、瀬戸内海のような透明感、浮遊感を感じることのできる照明を、私たちと一緒に製作下さいました。

 

10月22日(土)〜11月3日(木)の期間、ザ・コンランショップ新宿本店にて展示販売致しますきらきら

 

▼ザ・コンランショップ新宿本店

ぜひお立ち寄り下さい手


【ご案内】阿波和紙と和紙人形展 at 伝統工芸青山スクエア

こんにちは、クドウですエリザベス

 

○○の秋...と言いますが、アワガミではイベントが続いています!!

 

 

「伝統工芸阿波和紙と和紙人形展」

■会期:2016年10月14日(金)〜19日(水)(11〜19時、最終日17時まで)

■会場:伝統工芸青山スクエア  http://kougeihin.jp

    港区赤坂8-1-22 赤坂王子ビル1F  03-5785-1301

 

 

店内、バーーーンびっくりと看板出ていますが、今回は和紙人形が主役にて...ちゅん

IMG_0018.JPG

 

阿波和紙はこのくらいで失礼しております・・・

 

IMG_0017.JPG

 

和紙人形作りなど手工芸の方によく使って頂いている強制紙板締紙キラキラ

 

昨年好評につき、今年は縦長の半裁で作った金銀箔入りの手漉き紙をご用意しましたエリザベス

 

IMG_0014.JPG

 

和紙人形は、「おりがみ会館」の運営をされるゆしまの小林さんの協力のもと、全日本紙人形協会の皆さまの出品にて店内を彩っていますキラキラ

 

IMG_0019.JPG

 

こちらの会場、伝統工芸青山スクエアは、常設でも全国の伝統的工芸品が一堂にご覧頂けるスペースになっています。

こだわりの一品や上質な贈答を探される際にはぜひ覗いて頂きたいですちゅん

 

IMG_0027.JPG

 

そうそう、明日14日(金)の14時から、ゆしまの小林の社長、通称おりがみ様によるトークイベントが開催とのことゆう★

ぜひお立ち寄り下さいビックリ!


和紙ちぎり絵展 華・そして明日へ

和紙ちぎり絵展
【 華・そして明日へ 】



本日5月21日(土)〜6月9日(木)まで開催します。

ちぎり絵しゅんこう特待講師松島敬子先生主宰
ちぎり絵教室の皆さんによる作品展です。

作品点数125点を和紙会館2階ギャラリーで展示しております。
展示の様子を少しだご紹介します!









一見絵画と見間違えるほどの作品です!
近くで作品をじっくり見ると和紙の繊維を生かしていたり
貼り重ねた色合いなど、和紙の風合いがとても出ています。




私が一番好きな作品です♪( ´θ`)ノ



こちらの作品は講師の松島先生の作品
本当に最初、写真と間違う程の作品でした。



こちらも松島先生の作品「渦潮」
先生にお話を聞くと、この作品の渦の中にひらがなで「うず」と
和紙で書いてあるそうです!作品に遊び心を入れるのも楽しみなんだとか!
私、探しましたが全く見つけられませんでした。。。
皆さんも会場にお越しの際は是非、お探しください笑



ガラスケースの中にも可愛い作品が並んでいます!


ちぎり絵、私もやってみたい!そんな方に朗報です!!!
ちぎり絵ワークショップ
和紙でかっこいい「かぶと」を作ろう
とても簡単なので初心者、お子さんでもご参加いただけます。


↑実際に作るかぶとです。

日時:5月29日(日)13:30〜15:00
参加費:1,000円(材料費・入館料込み)
持参物:ハサミ・おしぼり


お問い合わせ・お申し込みは阿波和紙伝統産業会館まで
0883−42−6120

皆様のご参加おまちしております!
 

和紙会館5月のイベント情報☆

こんにちは、会館スタッフ佐野ですペコちゃん
もうすぐGW(ゴールデンウィーク)ですね〜♪
会館は2日月曜日以外休ます開館しております!

GWにも楽しいイベント用意しております手
5月の会館イベントのお知らせです!


第①弾
【お母さんありがとう、母の日の感謝状作り】
5月8日は母の日です。日頃の「ありがとう」を感謝状に込めて
プレゼントしてみませんか?心を込めて作った手作り感謝状で
お母さんをびっくりさせましょう♪

※半紙サイズの和紙が2枚漉けます。



第②弾
【手漉き体験でカンタン鯉のぼりハガキ】
5月5日は「こどもの日」にちなみ、鯉のぼりの手漉きハガキを作ろう!
鯉のぼりのイラストを準備しておきますので、紙に漉き込んで
カンタンに「こどもの日の手漉きハガキが完成!!」
小さいお子様にもおすすめの体験です。

※ハガキサイズの和紙が3枚漉けます。


第①弾、第2弾、開催日4/29〜5/5まで(2日は休館日です)
所要時間:1時間半程度(個人差あります。)12時〜13時はお昼休憩です。
参加費:500円(入場料別途/大人300円/高校大学200円/小中150円/それ以下無料)


第③弾
 \親子で参加大歓迎!みんなで描く/
【色えんぴつ画ワークショップ】

色えんぴつ・パステルを使って動物や草花を書きましょう!
講師はイラストレーターでお馴染みの
にしやま きんこ先生 です!

  • 開催日:5月22日(日曜日)
  • 時 間:13;30〜15;30
  • 参加費:ペアで1,500円(1人追加毎に+500円/一人で参加なら1,000円)
  • 定 員:15名(5/20までに要予約)
  • 持ち物:色えんぴつ(あれば持ってきてください。)

★お問合せ・お申し込みは、阿波和紙伝統産業会館まで tel 0883-42-6120
 

寄り合い作品展スタートしました

こんにちは〜!!!
登場回数が増えてきました、、笑
会館スタッフ佐野ですぷぷ

『寄り合い作品展』スタートしました

今回、前回の作品展より、開催日を早めたせいか
皆さんに、、、
『今回はどしてこんなに早いん〜』
『他の展覧会とかぶって作品がないでわ〜』
と言われながらも無理を言いまして参加して頂きました!

皆様、誠にありがとうございますおじぎ

ギャラリーの様子を少しご紹介します!







どの作品も手が込んでいて、素敵な作品ばかりです
この作品の中には販売可能な商品もあるので
気に入った作品が手に入るかも、、、ハナ💛

展示期間は5月17日(火)までです!
皆さん是非お越し下さい。

寄り合い作品展もうすぐ締切。。。

こんにちは。会館スタッフ佐野ですプレイモービル
春めいてきましたね〜さくら

和紙会館、恒例イベント
寄り合い作品展2016
もうすぐ申込み締め切り。。。

 
↑クリックで画像が拡大になります。

で、す、が、!!!

折角だからもう少し募集しよう
ひらめき
と言う事で。。。

開催期間中の持込もOKです〜OK

皆様の素敵な作品で会館ギャラリーを
素敵に飾ってください!

自薦他薦といません!

「あの人の作品綺麗なんじゃけん飾ればええのになぁ〜」
なんて事ありましたら、会館までお知らせ下さい。

スタッフがスカウトに行きます笑にやり♪

詳しい事、もっと詳細が知りたい方
お気軽にお電話ください
電話 0883-42-6120

過去の作品を少しご紹介、、、








写真、絵画、タペストリー、小物、雑貨までいろいろ!
子供たちによる可愛いイラストなども大歓迎ハナ💛

皆様のご参加お待ちしておりますクマ
 

今年も開催【寄り合い作品展2016】

こんにちは〜!会館スタッフ佐野です。
まだまだ寒い日が続いていますね。。。
春が待ち遠しいこの頃です花

さて、今年も開催しますはーと
【寄り合い作品展2016】

恒例イベントとなりました笑
皆さんの作品をギャラリーに展示しませんか?
自分で作って眺めるだけなんてもったいない泣く
是非是非ご参加ください!

 



 

【さんかめのひな祭り展】準備中です,,,

こんにちは〜ウインクハート
今日はなんだかポカポカ陽気でテンションが上がっている佐野です!


さて、今年もこの季節がきました」
【さんかいめのひな祭り展】



アワガミ好きの方ならピンときましたかね!?

今年も華やかなひな人形と共に子供たちの健やかな成長と幸せを
一緒に願いましょう〜ひな人形春

開催日は2月6日(土)10:00〜いんべアートスペースにて(山川町建石116)
開催日にはひな祭りオープンングセレモニーがあります!
■児童合唱(川田学童クラブ)
■キッズダンス(ときめきキッズ吉野川)
■津軽三味線・太鼓(竹繁文章ほか2名)
■いんべマーケット(食品販売)
■甘酒の提供(数量限定)などなど、盛りだくさんです。

みなさまのお越しをお待ちしております!※入場は無料です


開催日まで後2日、、、
今日は準備中の会場の様子をお伝えしますライト



会場に入るとふわりお花の良い香りがします。
会場の準備も終盤にさしかかりましたアセトアミノフェン



今回も近隣のボランティアの方々の協力で
素敵な会場に仕上げて頂きました残念きらきら
理事長も率先して準備をしてくれております!



開催日が楽しみですレッド太陽

イベントのお知らせ「冬休みこども書道教室2015」

書道教室開催します!

「和紙会館 冬休みこども書道教室2015」

冬休みの課題 一緒に書きませんか?
書道の課題や年賀状・・もっとうまく書きたい!
さとう先生がとっておきのコツ教えます♡


日時:2015年12月26日(土)13:30〜15:30
場所:阿波和紙伝統産業会館 図書室(吉野川市山川町川東141)
講師:佐藤 成美(四国大学文学部書道文化学科在籍)
参加費:1,500円 ※入館料別途(一般300円、小学生150円)
定員:6名(小学生対象)
持ち物:書道道具(用紙はこちらで支給します)
注意:―病蠅鮖込む方は課題(内容、用紙サイズ)を事前にお伝えください
    ※下記、和紙会館宛FAXもしくはメールをお願いします
   
汚れてもよい服装でお越し下さい


Fax 0883-42-6085 
お電話でも可0883-42-6120

Mail hall84@awagami.or.jp



<< | 2/22PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

検索する