HOME > アワガミファクトリーだより

理事長を祝う会レポート

こんにちは、クドウですエリザベス

昨年、我らが理事長におめでたいことが続きました!!

 

▼阿波手漉き和紙製造技法 県の無形文化財指定

http://www.awagami.or.jp/info/mukeibunkazai.html

 

▼県卓越技能者「阿波の名工」に

http://www.awagami.or.jp/info/awanomeiko.html

 

 

遅ればせながら、アワガミ従業員一同でお祝いの席を設けさせて頂きましたエリザベス

本当にささやかではありましたが、笑いの多い楽しい席でしたのでちょこっとお届けしまーすキラキラ

 

アワガミが休みの土曜日の夕刻より、徳島市内のホテルにて。

 

アルバイト時代から途中インターバルを経て現在オンラインストア担当の20年選手の山岡、神戸より駆けつけました走れー!

道中のバスで乾杯の挨拶をメールで指名されて怒りながらたどり着いたものの、笑いも取る安定のベテランスタートちゅん

P2110117.JPG

(理事長の悪口を私と2人で言い合いながら「明日もがんばろうねっ!」と支え合ってきたという、アワガミが縁でできた固い絆も披露するという・・・

 

上板風神太鼓の皆さんによるお祝いらしい賑やかな演奏をいただきましたわーい

P2110152.JPG

 

私から、和紙会館で探したり奥さんに提供してもらった昔の写真から、現在の理事長の活動までを集めたスライドをエリザベス

タイトルは「藤森洋一の歩み」キラキラ

ちょっとだけ披露しますちゅん

 

子供時代の理事長。映ってる男児は1人なのでお分かりですねにっこり

IMG_2084.JPG

 

家族旅行の風景とか。

おじいさん、おばあさん、若いゆう★

IMG_2082.jpg

 

昔の工場の風景もありました。

P2090073.JPG

 

P2090068.JPG

 

今の機械抄きの工場の基礎を鉄骨で作っている光景だとか。

IMG_2086.JPG

 

P2090050.JPG

 

海外でも何度も手漉き和紙研修を開催してきました。

この時からの活動が、今の海外販売のきっかけになっているのは間違いありません。

P2090005.JPG

 

かなり時代や内容が偏ってしまったのですが、従業員の多くは見たことがない写真ばかりなので、新鮮で楽しめたのではないでしょうかにっこり

まだまだこれからも集めていきたいと思いますエリザベス

 

あいにく都合が付かないメンバーもいましたが、参加出来たみんなの顔をお届けしまーす手

P2110165.JPG

 

P2110169.JPG

 

P2110170.JPG

 

P2110176.JPG

 

P2110181.JPG

 

P2110218.JPG

 

P2110221.JPG

 

理事長の長女の静ちゃんからの心のこもった電報披露に続き、記念品は出荷場チームの小野君より。

いい笑顔ですねー笑

P2110185.JPG

 

最後に理事長より一言頂きました。

P2110196.JPG

 

万歳三唱は機械抄きチームの下(しも)君、本日司会進行は営業の中島君が担当。

滞り無い進行で、帰路のバスの時間が迫っていた山岡もギリギリおさまることが出来ました手

P2110216.JPG

 

次女の彩ちゃんとだんなさんのCraigよりお花も。

笑顔がいっぱいだった宴席にぴったりの明るいお花でしたねーきらきら

P2110223.JPG

 

理事長の歩み、まだまだ続きます!!

 

アワガミスタッフ一堂も、共に歩んでいきますDocomo119Docomo119Docomo119

これからの活動にもぜひご支援、そしてご期待下さい筋肉

 


よんかいめのひな祭り展が始まります!

今年もひな祭り展を開催しますき

あっという間に4年目。

 

コンクリートグレーに紅白が映えるkyu

 

 

いんべアートスペースで行うイベントの中でも

ミニプリント展やフォトコンテスト展は

ピリッとしたDocomo5

カッコつけて言うならばDocomo5Docomo5

アワガミのコンセプトを具現化させるイベントですが、

ひな祭りは文字通り「お祭り」です♪

 

 

皆様、ぜひ遊びに来て下さいァンパンマン

 

 

「よんかいめのひな祭り展」

  会期:2017年2月11日(土)から3月12日(日)までの土日祝

     朝10時から午後5時まで ※平日入場は要予約

  会場:いんべアートスペース(吉野川市山川町建石116)

 

 


【ご案内】「ツツミアスカ個展」at 十一月画廊

こんにちは、クドウですエリザベス

早速ですがご案内ですひらめき

 

2013年の『阿波紙と版表現展 - 和紙とTechnology - 』より創作の一部にアワガミもご利用頂いておりますツツミアスカさんが、本日より銀座で個展を開催されています。

 

ツツミアスカ個展|The Silent Drama 

会期:2017年2月6日(月)〜2月18日(土)

時間:12:00〜19:00(土曜日/17:00)※日曜日休廊

会場:十一月画廊 http://juichigatsu-g.com

〒104-0061 東京都中央区銀座7-11-11長谷川ビル3階

Tel.03-3289-8880

 

ホームページツツミアスカ web site  

https://www.asuka-tsutsumi.com

 

初日、早速おじゃましてきましたーわーい

IMG_0083.JPG

 

ツツミさんと言えば、何枚もの和紙を重ねられ、木版の拓刷りによる独特の創作手法が際立った個性として知られていますが、イメージのベースとなる部分は写真をインクジェットされたものを使われることが多く、最近ではAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)より竹和紙170gをよくお使い下さっていますおじぎ

IMG_0068.JPG

 

インクジェット層、そして雁皮は二層でこの部分は木版で拓刷り。

そしてパラフィンを塗布することで透明感を出し、パールやパステルなどでによる手彩色も施される等、多様な技法と工夫が凝縮されて、この世界観が生み出されているのです。

 

IMG_0081.JPG

 

『阿波紙と版表現展 - 和紙とTechnology - 』の頃に精力的に制作されていた多肉植物イメージの作品から、屋久島や真鶴などの風景へと展開されていますちゅん

 

IMG_0072.JPG

 

右の作品、パッと見て「ゴッホ風!」と言ったら、関東ではゴッホと言われるけれども、関西ではムンク(の叫び風)と言われるのだとか叫び

IMG_0060.JPG

 

かつての、形があるものから、形が明確ではない空や水の動きを木版で表現する事に試行錯誤をされ、多くの画集なども観ながら研究されたそうです。

水や空の色彩からの情景が新鮮で、何度も見入ってしまいましたびっくり

IMG_0064.JPG

 

ツツミさん、最終日まで長期で東京に滞在されるとのことですキラキラ

(在廊日は毎日ではありません)

IMG_0084.JPG

 

ぜひ会期中、お立ち寄り下さい!!

 

 

過去にツツミさんが登場されているブログちゅん

こちらもどうぞーきらきら

 

▼『阿波紙と版表現展2013 - 和紙とTechnology - 』at 和紙会館

http://awagami.jugem.jp/?eid=912

 

▼ギャラリートーク2本開催☆「阿波紙と版表現展」&「ミニプリント展」

http://awagami.jugem.jp/?eid=913


【1/28 トークイベントレポート】「阿波紙と版表現展2016」

こんにちは、クドウですエリザベス

先週開催していました「阿波紙と版表現展2016」、1/28(土)をもちまして終了いたしましたキラキラ

徳島展に続きましての開催でしたが、ご来場頂きました皆さま、ありがとうございましたお願い

 

最終日の1/28は出展の皆さまによるアーティストトークも開催させて頂きました手

タイムリーに来日されていたRISDのダニエル先生とWei-Ming-Leongさんもお越し頂け、Wei-Ming-Leongさんは

なんとシンガポールからご両親も来場!!

 

お集りの作家の皆さんより、各作品についてをお話頂きましたエリザベス

P1280106.JPG

 

生嶋先生とダニエル先生には、ご不在の皆さんの創作について知り得る部分をコメント頂きましたちゅん

P1280131.JPG

 

ダニエル先生は1月初旬からの長旅の最終日でかなりお疲れのご様子でしたが、たくさんのフォローを頂きました。

作品は犲由に感じてくれればいい瓩箸い作家さんも多いですが、やはり背景などを伺うと、より深く感じ入りながら鑑賞することが出来ますよねエリザベス

P1280119.JPG

過去の「阿波紙と版表現展」に2回ご参加頂いた湯浅克俊さん(左)に、通訳をお手伝い頂きましたおじぎ

 

ダニエル先生の作品きらきら

紙は「楮 未晒セレクト」をご自分でドーサ引された水性木版画、もちろんバレン摺り手

P1230144.JPG

 

RISDの出展作品の中で水性木版画が目立ちましたが、ダニエル先生が指導されていらっしゃる影響ですねちゅん

P1280109.JPG

 

ひらめき市野悠さん

P1280121.JPG

 

ひらめき下山健太郎さん

P1280141.JPG

 

ひらめきWei-Ming-Leongさん

もう数日ご両親と日本を旅行され、シンガポールに一度帰国されるそうです。

お母様も絵を描かれるとの事、すてきなご家族でしたにっこり

P1280145.JPG

Wei-Ming-Leongさんのイメージは宇宙。

実は原画が別にあり、それはカラーでの作品とのことでした。

原画も見てみたかったなエリザベス

P1280099.JPG

 

今回参加して頂いた出展者の皆さまわーい

時期的に本当に多忙な中でのお繰り合わせをありがとうございました!!

実は風邪が蔓延していまして、何名かの方には大事を取って頂きました汗

(皆さん、回復に向かっているでしょうか...)

P1280147.JPG

 

最後までお付き合い下さった皆さまとご一緒にDocomo68

(本当はもっといらっしゃいました!

P1280151.JPG

長時間お付き合い頂きましてありがとうございましたわーいわーいわーい

 

 

そーしーてー...。

しつこいですが、只今、この「アワガミエディショニングペーパーシリーズをオンラインストアにて20%引きキャンペーンをしています!!

2月15日までゆう★

ご覧頂いて、良さそうなものがあればぜひご利用下さいキラキラ

http://www.awagami.jp/products/fine/editioning.html

 

 

そうそう、個々の作品のご案内が出来ていませんでした・・・

遅ればせながら、続けて改めてご紹介しますので乞うご期待手


28回小学生デザインはがき展 上位受賞者発表!

今週半ばからはじまりました、和紙会館展示、

今年もこの季節がやってきましたきらきら
第28回小学生によるデザインはがき展

先日審査があり、上位受賞者が決定!

今年も審査員はお馴染みの藤原さん(和紙会館理事会)と平木美鶴先生(版画家)です!

毎年ながら、時間をかけて一枚一枚じっくり見て審査してくださいました。

 

 

審査員の先生方のコメントを交えながら、

さっそく今年の上位受賞者を発表メガホン

 

徳島県知事賞 

川田中小学校6年 佐藤 優さん

IMG_1238.jpg

やさしい顔のおんなの子はトナカイさんで、

角を木の枝に見立てたかのように小鳥がとまっています。

トナカイさんの毛並み、角に毛糸を使用していてとても温かみのある作品です。

また、この毛糸が奥行きをだしていて、手描きのイラストもぐっと前に出て見えます。

この手法は面白い!と審査員の先生絶賛でした^^

 

 

徳島県教育委員会教育長賞

久勝小学校2年  市原 颯さん

IMG_1239.jpg

みかんの皮や、木の実など自然の素材で鳥を描いた力作!

羽の部分もなん枚にも重ねられています。

みかんの色も効いていて、なんとも元気のある作品。

特に平木先生のお気に入りでした。

 

 

 

吉野川市長賞(3名)

山瀬小学校4年 枝澤 澄空さん

IMG_1240.jpg

今年は人気者のピコ太郎にかけて、ピヨ太郎もたくさん見受けられました。

その中でもひときわ目立ったのがこちらの作品。

その迫力は審査員の目にもしっかり飛び込んできました。

 

 

藍畑小学校6年 安井 大晟さん

IMG_1241.jpg

ハガキ全体をトリの体として使っているところ、くちばしに羽と、トリの要素をしぼって

素材を貼付けているデザイン性が評価されました。

また、鋭い目つきの表情が他になく、審査員の目にとまりました。

 

 

 

論田小学校4年 貝島 光美さん

IMG_1242.jpg

様々なリボンやレースを使ってトリが描かれています。

背景の赤も効いています!こちらも沢山のトリの中から

他にない表情が出ていると好評でした。

 

 

 

 

山川郵便局長賞(3名)

高川原小学校 3年 勝間 慎さん

IMG_1245.JPG

実は、手形のトリさんは何点か作品があったのですが、その中でも

こちらの作品は奇麗に手形が出ている所が評価されました!

 

 

 

 

森山小学校4年 大石 陽輝さん

IMG_1244.JPG

切り絵のような手法、他に見ない表現作品であったことが好評でした。

切り絵の背景に使われた様々な模様の和紙が夜空に浮かび上がる花火みたいにきれいに浮かび出ている作品です。

 

 

久勝小学校6年 藤本 玖流樹さん 

IMG_1243.jpg

紙粘土をキレイに貼付けています。

ビビットな赤や黄色、背景に少しグレートーンの落ち着いた色。

配色センスがとても目引きました!

 

 

和紙会館賞(3名)

鴨島小学校4年 大石 拓海さん

IMG_1246.jpg

和紙をふんだんに使っていて、色使いもユニークで

目を引きました。羽や尾っぽに柄ものの和紙を使ってるのがまたよいですね!

 

 

 

三庄小学校6年 丹田 友弥さん

IMG_1247.jpg

真っ青な青を背景に存在感のある兜がとにかく目立ち

審査員の心をがっちりつかみました!

 

 

 

鷲敷小学校4年 板垣 亭さん

IMG_1248.jpg

鷲の鳴き声が聞こえてくるほどの画力と、

器用に折られた折り紙のトリが審査員お気に入りの作品です。

 

 

以上11名が今年の上位賞です!

おめでとうございます!

 

この他にも素敵な作品をたくさん展示しております!

1点1点みていて面白く、本当に毎回、審査員は絞り込むのに悩まされているのです。。


展示期間は3/4(土)17:00まで
※月曜日は休館日です

是非、和紙会館まで足をお運びください^^

 

 

 


【開催中】「阿波紙と版表現展2016」at 文房堂ギャラリー

こんにちは、クドウですエリザベス

 

ただいま開催中の「阿波紙と版表現展2016   - 東京造形大学×RISD - 」

http://printshow.awagami.jp

 

今日は会場風景をちょこっとご案内しまーすキラキラ

 

会期:2017年1月23日(月)〜1月28日(土) 10:00〜18:30(最終日 17:00)

会場:文房堂ギャラリー  101-0051 千代田区神田神保町1-21-1
http://www.bumpodo.co.jp

P1230130.JPG

 

会期半ばに差し掛かりましたが、最終日の1/28(土)は、出展アーティストによるトークイベントを予定していますキラキラ
 

旗1/28(土)15:00〜16:30:出展アーティストによるゲストトーク

出展者の皆さんによるギャラリートークに続けて、東京造形大学の生嶋先生、RISDのダニエル先生を中心にトークセッションを予定していますわーい

 

タイムリーに来日されているRISDのダニエル先生(写真右)とWei-Ming-Leongさん(写真中央)が参加予定ですちゅん

 

今回、素材としてご利用頂いた「アワガミエディショニングペーパーは小振りな紙なのですが、出展者も作品点数も多かったので、広い会場にも程良くおさまりました手

P1230120.JPG

 

P1230129.JPG

 

素材紹介コーナーもご用意させて頂きましたえへ

ぜひ触れに来て下さい手

P1230119.JPG

 

只今、この「アワガミエディショニングペーパーシリーズをオンラインストアにて20%引きキャンペーンをしています!!

ご覧頂いて、良さそうなものがあればぜひご利用下さいキラキラ

http://www.awagami.jp/products/fine/editioning.html

 

 

続きまして、作品より一部をチラ見せレッド

 

水性木版画に

P1230144.JPG

 

シルクスクリーン

P1230189.JPG

 

和紙という制限があったからか、RISDの出展者の方に木版画が多かったのが逆に新鮮だったりゆう★

 

水性モノタイプ

 

最近の学生さんの制作では大きなサイズで製作される方が多いと聞きますが、大きさとして制約がある中での創作にも目を向けて頂きたいな、と。

組作品としての構成も魅力的ですちゅん

P1230185.JPG

 

インクジェットプリントに刺繍きらきら

P1230221.JPG

 

技法はリノカットとされていますが、作品はロー引きをされている感じですびっくり

写真で素材感が判りにくいのが残念残念

P1230167.JPG
 

 

まだまだありますちゅん

ぜひぜひ会場にてご覧頂きたいですエリザベス

 

お待ちしています手


新商品!和紙の名刺入れ

みなさまこんにちは、高田です。

きのうは寒波が到来、朝起きたら車に10cmくらい雪が積もっていました。

スタッドレスタイヤは冬の必需品。

 

さて、今日は新商品のご紹介!

和紙の名刺入れです。

 

手染めして「しわ加工」をほどこした強制紙を、軽くてかさばらない名刺入れに仕立てました。

一方に少量用のマチなしポケットが一つ、もう一方にはマチ付きポケットが二つあり、まとめて収納が可能です。

使うほどに、紙がやわらかくなり、手になじみます。

 

左から、栗梅(くりうめ)、納戸色(なんどいろ)、臙脂色(えんじいろ)。

ならぶとかわいい!

 

中はこのようになっています。

左側にマチ付きのポケットがふたつ、右側はマチなしのポケットがひとつ。

自分の名刺といただいた名刺とを、分けて入れられます。

 

 

名刺を入れてみました。

和紙の柔らかい風合いが手になじみます。

 

アワガミ若手の制作チームで頭をひねりながら作った名刺入れ。

何度もなんどもそれは何度も試作を重ね、細かい形や風合い、構造を改良して仕上げました。

ぜひ手にとってみてください。オンラインストアの限定販売です。

 

ご購入はこちらから!

http://washi.awagami.or.jp/online/products/stationery/recordlist.php

 

(私もどれか欲しい、、色、迷う、、)

 

 


2017三椏刈り取り十字軍 2日目

2017三椏刈り取り十字軍

2日目レポートです!

 

本日は9時に会館集合!

でしたが、みなさん8時半頃にはほとんど揃っていただいて…

昨日から誰一人欠けることなく、

むしろ取材に来てくださった記者さんも交えての9名でスタート!

 

本日は、現場の職人さんの作業を一通り見学してから、

昨日の楮の黒皮をナイフで削る白皮づくりを理事長よりレクチャー。

みんなで丸くなり談笑しながら一時間ちょっと。

 

IMG_1253_2.JPG

 

時間も限られているので、まだまだ黒皮は残ってはいますがこの辺で…

 

お昼まで1時間半ほどですが、さっそく紙漉きに入ることに。

白皮づくりが終わってからも、参加者からは質問が飛び交います。

阿波和紙の歴史、忌部のこと…

懸命にメモをとられる参加者の方も。。

 

 

そして、お待ちかねの紙漉です!

今年は、1人にひと舟(青ボックス)専用の漉き場を用意き

午前中は会館スタッフが、”溜め漉き”をレクチャーさせていただきました。

 

 

色づけや、模様づけしながらも何枚か漉いていき、

いつのまにかお昼の12時!!

「みなさんそろそろお昼にしましょー!」とスタッフが声をかけるまで

みなさん時間に気がつかなかったほど夢中でしたkyu

 

 

そして午後からは、職人、さとみさんによる”流し漉き”のレクチャー。

 

流し漉きは一回すくった水を、自分の反対側へと投げるように捨てます。

この動きが、繊維を複雑に絡み合わせて薄い紙が漉けます。

 

溜め漉きはすくった水を左右に揺すりながら水をそのまま下へ落とします。

 

実際にさとみさんが両方の漉き方を見せて、

午前中にやった溜め漉きと午後の流し漉きとの違いを説明してくれました。

 

画像右側が流し漉き、左が溜め漉き。パッと見はわかりませんが…

乾かす時に、流し漉きでは薄くても丈夫なことに気がつくはずkyu

 

流し漉きは修得するのにちょっぴし苦労のようす。。

さとみ先生がしばらくは見て廻ってくれましたkyu

IMG_1262.JPG

 

でも皆さん、3枚ほど漉くと結構手慣れてきました手

 

IMG_1265.JPG

 

さあ、後は時間まで、溜め漉き・流し漉きを駆使して

好きなだけ漉いてください〜!!

 

ハガキサイズの簀桁も用意して、時間まで目一杯漉いていただきましたkyu

 

途中、雪がちらつき始めましたが、みなさんが帰られる頃には小雨、ちょっと夕日もさすくらいに。

空気は寒かったけれど、雪も積もることなく無事終了です!

 

参加者のみなさま、2日間お疲れさまでした^^

 

 

 

 

 


2017三椏刈り取り十字軍 1日目

先日8日間のRISD研修会が終わったばかりですが、

1/21(土)・22(日)にもうひとつ研修会がありました!

 

恒例の夏の研修会(前回の様子はこちらからhttp://awagami.jugem.jp/?eid=1245)

のように、数日間もお休みが取れない方へ、

和紙の原料である楮(こうぞ)と三椏(みつまた)の刈取りが行われる、

1月の終わりから3月初旬にかけて

毎年恒例で2日間の研修会をおこなっています。

 

二日間なので駆け足ではありますが、和紙の原料を刈り取りからはじめる研修会で、

和紙のつくりかたがイチからわかります。

 

そんな冬の講習会のレポート1日目をお届けします!

 

一年で一番寒い大寒も迎え、

水がとても綺麗なこの時期は一番いい紙すきができると言われています。

 

前日の天気はとても悪く、去年と同様今年も雪の中での作業かと思いきや、

とてもいい天気に見舞われ、作業中暑くなり半袖で作業される方もいらっしゃいました!笑

(前日まで天候雪が心配されていたため、何名か泣く泣くキャンセルされた方もおりましたDocomo_kao19

 

今年は徳島、香川の四国を始め、神奈川、京都からと8名に参加いただけました!

 

今年の参加者の方々は、楮の木を切るのがとても早く

みるみるうちに楮畑を一面見渡せるようになりました。

 

IMG_1442.jpg

 

 

IMG_1450.jpg

 

 

 

 

お昼になる前に、早朝から釡で蒸しておいた楮の皮むきスタート!

 

IMG_1474.jpg

 

楮は蒸すとサツマイモのようなすごくいい匂いがして、

お腹をすかせた皆さんの食欲を注いだでしょう。。。

 

 

お昼ご飯をはさみ、皮むき続行

単純な作業に見えますが、結構体力がいる作業。。

 

IMG_1493.jpg

 

枝の端を雑巾を絞るように握ると、つるっと皮がむけ

むけた部分を掴み引っ張ります。

 

 

ある程度剥げたら、その部分を鉄の棒にかけて

自分の方に引き、枝の芯からはいでいきます。

 

芯からはいだ皮を、お風呂で背中をゴシゴシ洗うように

仕上げていきます。

 

綺麗になったものは、竹の竿でほします。

最初の方は皆さん夢中でやられてましたが、楮刈りの疲れが見え始め。。。

『明日紙すきだけど、休んじゃうかも。。』などと冗談を言われる方もいらっしゃいました。

皆さんのおかげで、たくさんの楮の皮がむけました!

 

おまけは、こちらも毎年恒例の三椏の皮はぎ。

三椏は本当に気持ちがいいほど一皮でむけます!

IMG_1505.jpg

 

皮をはいだ三椏は、真っ暗な夜でも浮かび上がるくらい

きれいな白さなんですよびっくり!!

しかし、和紙に使われるのは、外側の皮のほう。

こちらの白い部分はオブジェ等ご自由にお持ち帰りオッケーオッケー

IMG_1511.jpg

 

さてさて明日は、皆様お楽しみの紙すきです!!!!

 

 

 


【ご案内】「阿波紙と版表現展2016 - 東京造形大学×RISD - 」at 文房堂ギャラリー

こんにちは、クドウですエリザベス

 

今週、始まります!!

 

「阿波紙と版表現展2016   - 東京造形大学×RISD - 」

http://printshow.awagami.jp

 

この度、アワガミファクトリーでは「阿波紙と版表現展2016 — 東京造形大学×RISD」を開催致します。

私共は、アートの素材としての和紙の可能性を探り、より幅広い層、幅広い表現へ向けた素材の開発と周知をひとつの柱としながら、中でも教育機関との連携を通じ、若手アーティストに和紙がより馴染み深い存在となることに期待を込めた活動にも注力してまいりました。

この度は、東京造形大学及びRISD(Rhode Iland School of Design)の関係の気鋭のアーティストによる「アワガミ エディショニングペーパー」を用いた版表現をご覧頂きます。 

 

【第2期】
会期:2017年1月23日(月)〜1月28日(土) 10:00〜18:30(最終日 17:00)

会場:文房堂ギャラリー  101-0051 千代田区神田神保町1-21-1
http://www.bumpodo.co.jp

 

旗会期中イベント:1/28(土)15:00〜16:30:出展アーティストによるゲストトーク

 

先月、徳島の和紙会館で第1期を開催致しましたが、続けて東京での開催となります。

本企画で利用の「アワガミエディショニングペーパー」シリーズは、伝統的な和紙の主原料のほか、竹やコットンなどの非木材繊維も用い、素材の違いによる表情と風合で10種類のラインナップで構成しています。比較的小振りな規格に統一したことで、選びやすさと気軽さイメージし、エディション制作に使われることへの思いから「アワガミエディショニングペーパー」と名付けました。

 

只今、このシリーズをオンラインストアにて20%引きキャンペーンをしています!!

ぜひご利用下さいキラキラ


 

http://www.awagami.jp/products/fine/editioning.html

 

 

そしてゆう★

会期中、会場にてアンケートにご協力頂きました方に本展のカタログを差し上げますので、ぜひご協力下さいませおじぎ

http://printshow.awagami.jp/book/2016/

 

 

そしてそして!!

最終日の1/28(土)は、出展アーティストによるトークイベントを予定していますキラキラ

この日は、タイムリーに来日されているRISDのダニエル先生とWei-Ming-Leongさんも参加予定ですちゅん

 

RISDの皆さんより、本展に参加の3名が先週まで和紙会館で開催の手漉き和紙研修に参加されていました手
右から、ポスターを前に記念撮影のダニエル先生、Wei-Ming-Leongさん、Siyu Chenさん。

 

和紙会館で開催の第1期のレポートもどうぞーちゅん

 

▼【開催中】「阿波紙と版表現展2016 - 東京造形大学×RISD - 」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1288

 

▼【阿波紙と版表現展2016 1期 レポート】オープニングイベント編

http://awagami.jugem.jp/?eid=1291

 

それでは、会場でお待ちしていますさようなら


<< | 2/126PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

検索する