HOME > アワガミファクトリーだより

ウィスコンシン大学手漉き和紙研修会(2日目)

ウィスコンシン大学、元気に2日目です。

 

午前中はちりとり(煮込んで一晩おいた楮の皮を水に晒しながら、皮の硬い部分や黒く色づいている部分を取り除く)

これも根気の仕事。

 

DSC01452.JPG

 

DSC01454.JPG

 

午後からは楮打ち。

砧(きぬた)という言葉を知ってますか?

布を棒で打って生地を柔らかくしたり、シワを伸ばしたりする行為ですが、楮打ちも正にこれです。

(楮の白皮を棒でコンコンコンと叩いて、繊維をバラバラにしていく・・)

 

 

単調なリズムほど病みつきになるもので、

こういう生活習慣が民族音楽に繋がってるんじゃないかと思いますむっつり

 

そしていよいよ紙漉き。

藤森のデモンストレーションのあと、今日は10人かわりばんこで1枚ずつ漉きました。

 

DSC01474.JPG

 

DSC01489.JPG

 

DSC01498.JPG

 

DSC01501.JPG

 

DSC01508.JPG

 

DSC01514.JPG

 

DSC01525.JPG

 

DSC01528.JPG

 

DSC01540.JPG

 

DSC01545.JPG

 

DSC01555.JPG

 

熱心にメモを取る子、踊りながら動作を覚える子、手より口が動く子・・

10人いれば性格もスピードも色々で本当に面白い。

 

明日からは真剣勝負あ

 

 


ウィスコンシン大学手漉き和紙研修会(1日目)

2015年に続き2回目、アメリカのウィスコンシン大学より11名が到着。

6/20から6/24までの5日間で阿波和紙を一気にマスターします!

 

朝10時からオリエンテーションや自己紹介。

引率の小野寺先生がジュエリーデザインを教えていることもあり、学生の専攻も金工や立体造形が多い。

 

まずは紙の歴史や原料について理事長の藤森より説明。

毎度通訳泣かせのお話だけど、今回は(なぜか)すごく盛り上がった。

日本の神事にまで話は膨らみ、時折学生からの質問も飛ぶ。

 

 

このままではお昼に流れ込む。。と思いながらも、

和紙会館ギャラリーにて写真展開催中の阿部和剛さん在廊につき、インクジェット談義。

 

 

今年の徳島は雨知ラズ。

和紙作りの第1工程、黒皮剥きは屋外で決行!

一晩水に浸けておいた楮の皮(黒皮、青皮、白皮の3層構造)をナイフで削り「白皮」だけ残す。

 

DSC01390.JPG

真剣そのものに見えるけど、

DSC01393.JPG

good musicが流れ、

DSC01402.JPG 

笑い声が絶えず、

DSC01404.JPG

今回もまた時間切れか!?

DSC01408.JPG

と思わせるスローペース。

DSC01409.JPG

オリエンテーションのときに、

DSC01410.JPG

この作業をテキトーにやったら後悔するよふふっ。

DSC01411.JPG

と、牽制球を投げたことも相まってか

DSC01412.JPG

慎重。

DSC01414.JPG

慎重。

DSC01401.JPG

みんな丁寧。

そして16時にフィニッシュonpu03

剥いた白皮を束にしてささーっと水洗い、

沸騰したアルカリ水の中に放り込んで2時間ほど煮込む。(過去の研修会参照泣き

 

その間「藍」めぐりへ。

 

 

今年は自社の畑で藍を育てているアワガミ。

ついこないだも、成長した藍葉を刈り取って「生葉染め」をしたとこ。

(幼稚園児のおままごとのようにミキサーで藍の青汁を作ってそのジュースで布を染めた)

 

ところがこの藍染、とてもロジカルな理屈で成り立っていて、

「なぜ染まるのか?」のアンサーがややこしい。

 

DSC01438.JPG

 

DSC01436.JPG

 

一回聞いただけではわかったようなわからんような。

キーワードは「酸化」と「還元」

 

DSC01442.JPG

 

DSC01439.JPG

 

DSC01450.JPG

 

藍染の原理をモヤモヤさせたまま、第1日目は終了。

藍畑で草取りに精を出してもらったり、

隣の田んぼのタニシは not エスカルゴだと説明したり、

藍の葉っぱをむしって潰して wow indigo!と手を染めたり、

 

DSC01449.JPG

 

当然石原さんも混じりながら、楽しい時間が過ぎた。

 

明日は大雨だとかガーンネコ

 

 

 


阿部和剛「風と共に」出版記念写真展

ただいま和紙会館では

阿部和剛「風と共に」出版記念写真展

開催中です!!

阿部さんもお仕事の合間を縫って何日か在廊してくださっています。

平日でも、多くのお客さんがこの展示を目当てに足を運ばれています!

 

阿部さんは、普段からよく和紙会館のショップに足を運んで頂き

AIJP(アワガミインクジェットペーパー)を購入いただいているお客様です。

和紙会館のある山川町のすぐ隣、川島町のご出身。

普段はご自身のお店で料理長として、

調理業をされる傍ら写真を撮りつづけておられます。

 

今回の展示作品も全て和紙(AIJP)に印刷していただきました!

 

 

展示のされ方も、吉野川を思わせる藍染めの掛け軸に展示いただいていたり、

どの作品も和紙そのものを時下に感じ取れるような工夫がされています。

 

IMG_2917.jpg

 

和紙への印刷と、クリスタルプリントでの印刷の違いを分かりやすく

見比べできるような作品例も展示いただいています。

IMG_2879.JPG

どちらがよいか?は阿部さんのキャプションからお言葉を

借りると「その違いに好みが分かれるはずです」。

これはぜひ間近でご覧頂きご自身の好みを知っていただくのも楽しいかと思いますちゅん

 

IMG_6367.jpg

個人的にはこの作品のように雪がちらつく景色は特に、和紙表面の凹凸が奥行きを感じさせて、

阿部さんの作品と和紙がしっくり(しっとりと)馴染み、空間が見えてくるように思いますにっこり

あ、こちらも素敵ちゅん

全作品、川島町で撮られたそう!

 

ここで阿部さんのごあいさつ文からお言葉を抜粋…

 

「今回の写真集は生まれ育ったふるさと、

川島町の写真で作り上げることができました。

吉野川市得おテーマに撮影をしております。

今後、今回の川島町の写真集に続き、

美郷、山川町、鴨島町とそれぞれの写真集が作れればと思っております。

すべてそろって吉野川市を誇りに思って頂ける写真集になると思っております。

 

吉野川市は本当に美しいところです。
生まれ育った吉野川市を誇りに思って頂きたい。
その想いだけで写真を撮っております。」

 

写真集、「風と共に」は和紙会館でも取り扱っております!

¥2160(税込)

 

巻末にはそれぞれの撮影場所が地図に記されています。

 

展示は今週の日曜日までです!!

ぜひ川島町にお住まいの方、もちろんそうでなくとも、

日本のふるさとを眺めにいらしてください〜

 

阿部和剛「風と共に」出版記念写真展

日 時:6月9日(金)〜6月25日(日)
場 所:阿波和紙伝統産業会館 2階展示室

入場料:一般300円・高大学200円・小中学生 150円


【開催中】第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」 at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよはじまりましたちゅん

 

第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」

 

この地球に暮らす動物たちを、ぬくもりのあるアワガミの和紙で展示いたします。
動物たちの息遣いまでも感じさせる数々の作品を、ぜひご覧ください。

 

会期:2017年6月11日(日)〜18日(日) 13:00〜19:00 (会期中無休/最終日は18時終了)
会場:
写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5−2−10 

 

ひらめき展示詳細

http://fotori.net/?p=14691

 

今年で3回目!!

今回のテーマは動物ですうさぎリラックマVer.2

 

22名の応募者、そしてゲスト作家の香川美穂さん&ホトリ室長のsaorinさん、総勢24名の皆さまによる作品が展示されておりますキラキラ

 

P6110064.JPG

 

動物がテーマということで予想していた、ちまたで人気の猫写真はなんと0!!

 

 

様々な生き物の作品が集まりましたレッドきらきら

 

P6110068.JPG

 

「へぇぇー」とか「ほぉー」言いながらじっくり拝見しましたちゅん

 

 

木パネを使った展示作品の制作をホトリで承った方はいくつかパターンが選べました。

ご自分で一度体験されたい方、ぜひ会期中のワークショップをご利用下さいキラキラ

 

旗ワークショップ「水張りパネルor水切りパネル」

6/15(木)、16(金)18(日)

http://fotori.net/?p=14933

 

P6110078.JPG

 

ご自分で額をご用意された方は作品に合わせた創意で感心させられますゆう★

 

 

そして、ゲスト作家の香川美穂さんコーナーエリザベス

 

厳選の4点を、手漉き紙びざんをA2サイズでプリントされております手

 

 

写真集や、香川さん自作のプリント作品も即売していますわーい

 

P6110062.JPG

 

香川さんは6/17(土)に上京され、ギャラリートーク&懇親パーティーに参加されますキラキラ

撮影時のいろいろなお話が聞けるかもしれませんよ〜ちゅん

 

詳細こちらー!!

http://fotori.net/?p=14688

 

そして、6/17(土)はエプソンのカラリオプリンターで、ポストカードサイズ、2Lサイズのアワガミプリントをお試し頂けます!

旗プリント体験『アワガミ プリントコンシェルジュ』

http://fotori.net/?p=14696

 

このイベント中は私も在廊していますので、アワガミに関するご質問なども承りますエリザベス

ぜひお立ち寄り下さいさようなら


【開催中】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

連日投稿でしつこいですが、今週、ブログの数だけ通っていますのでお付き合い下さいちゅん

IMG_0679.JPG

 

いよいよ始まりましたキラキラ

 

P6090031.JPG

 

もちろん会場で作品を直にご覧頂きたいのですが、その魅力をわずかながらご案内しますエリザベス

 

P6090012.JPG

 

ファインダーの中は、いつでも楽園。

人形やさまざまなフィギュアが花と戯れる、魅惑的な世界。

作家自身が心躍らせながら構築し撮影した「遊びの園」が和紙の豊穣なテクスチャーの醸し出すやわらかな空気を帯びてカラフルな色彩の艶やかさ、水墨画のような静寂、対極の中に浮かび上がります。

 

P6090028.JPG

 

77歳を迎えたという荒木氏、1970年以降約500冊の著作を発表され、今年は10数本の個展が次々と予定されているとのことで、精力的に活動を継続されていますゆう★

 

P6090023.JPG

 

本展では「楮 厚口 白」の1118mmのロール幅をめいっぱい使われ、余白もたっぷり取られて自然に垂らしたシンプルな展示方法を取られています。

 

素材の物質感と作品との一体感、圧巻の構成が見所のひとつではないでしょうか。

 

P6090049.JPG

 

作品はフィルムで撮られており、プリントにあたり画像の修正はほとんどされていないとの事。

花とフィギュアによる豊かな色彩に囲まれると、まさに魅惑的な世界に這入り込んだような気にすらなります。

 

P6090053.JPG

 

荒木氏のインクジェットによる作品出力は、キューレーターの本尾さんが、荒木氏より絶大の信頼を得てプリントをされているとのこと!!

 

和紙をお使い頂いているのは昨年の「淫秋—般若心經惟」からとのことですが、本展示でも続けて表現の素材にお選び頂けたことに嬉しい限りですちゅん

 

P6090013.JPG

 

会期は6月29日まで。

本展会期中は、通常より30分延長して開催しております。

 

2017年6月10日(土)〜6月29日(木)10:30〜18:30
(最終日は14:00まで)

 

ぜひ多くの方に会場にてご覧頂きたいです!!

お待ちしています手

 


【開催前日レポート】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ開催致しますキラキラ

 

荒木経惟写真展『花遊園』

http://www.epson.jp/osirase/2017/170421.htm

 

ありがたいことに本展でAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお使い頂いていることから、開催前日の内覧会でも本品の紹介タイムを頂き、ショールーム内ではAIJPコーナーも持たせて頂くことが出来ましたちゅん

 

ちょこっとチラ見せちゅん

SC-PX3Vで出力したAIJPの見本やチラシを置かせて頂いたり

P6090036.JPG

 

作例展示コーナー手

P6090038.JPG

 

私が作った新作もこそっと紛れ込ませておりますえへ

P6090037.JPG

 

和帳仕立ての写真集では、ここ数年で逢った猫を綴じましたエリザベス

P6080007.JPG

 

横位置でA4サイズの写真集を作りたかったので、紙はA2サイズの「楮 薄口 白」を。

プリントはSC-PX3Vを利用しました手

P6080001.JPG

 

雑な作りで少々お恥ずかしいですが、楽しみながら作りましたので、来場の折りにはぜひお手にとって頂きたいですエリザベス

P6090042.JPG

 

安くて軽い木パネ大好きハート

レシピも置かせて頂いていますで、こちらもぜひ活用頂きたいですキラキラ

P6090039.JPG

 

P6090040.JPG

 

エプソンプロセレクションブログでは、搬入の様子がチラ見えできますので、こちらもぜひ!!

ひらめきhttp://proselection.lekumo.biz/epson_proselection_blog/2017/06/610-e2a5.html

 

そして初日、10日(土)は14時〜、16時〜の2回、本展のキューレーターであり、作品プリントも担われた本尾久子さんによるギャラリーが予定されていますので、ぜひ足をお運び頂きたいです手

 

お待ちしていますさようなら


【ご案内】第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」 at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

今週、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)関連の企画が続きますキラキラ

 

第三回アワガミ公募展「生きとし生けるもの」

 

この地球に暮らす動物たちを、ぬくもりのあるアワガミの和紙で展示いたします。
動物たちの息遣いまでも感じさせる数々の作品を、ぜひご覧ください。

 

会期:2017年6月11日(日)〜18日(日) 13:00〜19:00 (会期中無休/最終日は18時終了)
会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5−2−10 

 

【出展者一覧】
いしい めぐみ / 海老原 健吾 / 河原 英子 / 菊地 達治 / 木全 裕美 / 大木 基弘 / 小林 真佐子 /
zaki@仙台人 / すんこ / sumi / 高橋 みどり / Chika Matsumaru* / 長谷川 泰子 / 原田 佳実 /
Hitomi.I / Makiko Mizuno / 三嶋 裕子 / 八木 かおり / 結 / 吉沢 佐知子 / 渡邉 菜穂子 / corgi-love
香川美穂(ゲスト作家) / saorin

(敬称略)

 

ひらめき展示詳細

http://fotori.net/?p=14691

 

うーん、もう3回目なんですねちゅん

 

去年の2回目、テーマが「百花繚乱」のギャラリーの様子はこちらから再びどうぞーびっくり

http://awagami.jugem.jp/?eid=1239

 

 

そして今回、テーマは動物たち!!

楽しみ倍増なのは私だけではないはず...ゆう★

 

そして楽しみなのは公募作品だけではありませんエリザベス

香川美穂さんによる動物たち、4点が改めて公開されますキラキラ

 

香川さんといえば、去年のエプサイトでの展示でその作品に魅了された方も少なくありません手

今回は、AIJPより「手漉き紙びざん」はA2サイズに出力された作品4点を併せてご覧頂きますちゅん

 

香川さんは6/17(土)に上京され、ギャラリートーク&懇親パーティーに参加されますキラキラ

詳細こちらー!!

http://fotori.net/?p=14688

 

そして会期中にはイベントが目白押し!!!!

 

旗ワークショップ「水張りパネルor水切りパネル」

6/15(木)、16(金)18(日)

http://fotori.net/?p=14933

 

旗プリント体験『アワガミプリントコンシェルジュ』

6/17(土)

http://fotori.net/?p=14696

 

いろいろ楽しめる1週間ですちゅん

ぜひご来場下さいさようなら


【準備中】荒木経惟写真展「花遊園(かゆうえん)」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ今週10日(土)より開催です。

 

荒木経惟写真展『花遊園』

http://www.epson.jp/osirase/2017/170421.htm


■会期:2017年6月10日(土)〜6月29日(木)10:30〜18:30 最終日は14:00まで(日曜休館 祝日は開館)
          ※本展覧会期間中は、通常よりエプサイト開館時間を30分延長いたします。

■会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト    http://www.epson.jp/epsite/

 

 

本展ではAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)より「楮 厚口」を作品制作にご利用頂いておりますキラキラ

 

.....というご縁で、本展会期中、通常プリンター等の機器類の展示コーナーとなっているショールーム内にAIJPスペースが用意されますゆう★!!

印字見本類はアワガミ本社にお願いしているのですが、AIJPを使った制作物を、私がちまちまと準備していますちゅん

 

今日は、木製パネルを使った飾り方の一例を作り直しをしてみましたエリザベス

 

ひらめきまずはプリントした作品を水貼り

参考「パネルに飾る方法」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1015

 

こちらは水に強い顔料インクのプリンターで出力された場合にご利用頂けます。

私はSC-PX3Vを使ってみましたちゅん

P6060001.JPG

 

パネル貼りをする場合、エプソンのプラグインソフト「エプソン プリントレイアウト」の爛ャラリーラップ甬’修便利なので、最近はこちらを利用しています手

P6060003.JPG

 

何が便利って、パネルのサイズや厚みを設定することでパネルの大きさに応じたレイアウトを組んでくれ、端面(パネルの側面)の画像処理方法もいくつか選べるのですきらきら

トンボも付けられるので、位置合わせにも便利!

作品を濡らす時は裏面から刷毛で水を打ちますが、厚すぎない素材を選ぶと、濡れることでうっすら透けるのでトンボも見えるのですびっくり

 

この方法には「楮 厚口」が程良い厚みでおススメしていますにっこり

P6060027.JPG

 

P6060029.JPG

 

ひらめきもうひとつ、木パネを使った方法で、「染料インクのプリンターしか持ってないので水貼り出来ない・・・」方向けに、やはりパネルを使った飾り方をご提案!!

水切りの方法

http://awagami.jugem.jp/?eid=1013

 

上記ブログでは目打ちで筋を付ける方法を書いていますが、こうやって折り曲げた方がしやすいです↓

P6060010.JPG

 

水を含ませた筆で表と裏からなぞって、紙をふやかし、毛羽を出すように裂く、とOK

P6060013.JPG

 

見る人が見たら手千切りの耳というのは判りますが、パッと見で和紙っぽさを感じさせられる演出効果があるのです手

P6060015.JPG

 

木パネの下準備。

紙とか布を貼ってもいいのですが、私は紙を貼った後で、側面をアクリル絵具でペイントしてみましたえへ

木目を活かすのであれば、そのままペイントしなくてもOKきらきら

P6060017.JPG

 

乾いたら、スプレー糊の登場。

染料インクは水で濡れると画面が滲みますので、パネルに貼る時も水っぽい糊を使うのは避けた方がいいのです。

P6060023.JPG

 

で、貼るとこんな感じキラキラ

P6060024.JPG

 

どちらもチラ見せですが、いずれも「花遊園」会期中はエプサイトショールーム内にてご覧頂けますエリザベス

 

とーっても簡単で工夫次第でいろいろ楽しめるので、ぜひぜひお試し頂きたいです!!

 

準備はまだまだ続きますビックリ!

「花遊園」にお越しになったら、ぜひショールームにもお寄り下さいわーい

 

お待ちしていますさようなら

 


インクジェット用和紙に「筆文字描き」で裏打ち要らず!

オンラインストアの山岡です。

 

インクジェット用和紙を使って「筆文字」を描いている、という橋本 恵子さまに、AIJPに筆文字で描いた

場合、どのようになるのだろう、、、とお伺いしました♪

 

「実を言いますと、プリンタで印刷する目的で購入したのではないのです。

半紙に筆で書くと裏打ちしなければならないので、気軽に筆文字を楽しむため、

安価でしっかりした和紙はないかと探して見つけたのが御社の紙でした。

とても書きやすく、風合いも良く、私のような「なんちゃって筆文字描き」にはありがたい品です。」

 

「AIJPシリーズ」を使っていただいたそうですが、お使いいただいた感想をお聞きしました。

 

「横置きで描いた2枚は、群雲こうぞ(晒)を使用しました。
筆と墨汁で描きましたが、にじみはほとんど出ませんでした。色づけは顔彩です。

 

 

 

「大当袋」は以前、AIJPサンプルパック等を試しに購入していましたので、
その中の一枚を使いました。

 


購入した宝くじをしまっておくために袋状にして絵を描いたものです。
確か、こちらは筆ペンで輪郭を描き、色は顔彩だったと思います。」

 

AIJPを、インクジェットプリント以外に使うという発想がありませんでしたが、筆描きにも向くという

ことがわかりました。

 

橋本さんは「なんちゃって筆文字描き」とおっしゃってましたが、味のある文字と絵に落款、、、。

とても、温かみが伝わってくる作品を、ありがとうございます♪

 

また、新作をお待ちしています!

 

 


6月の藍染め教室

6/1(木)

 

本日は生葉染めを行います!

まずは二手に分かれて…

数人、は藍畑へ。次回行う予定の沈澱藍染め。それ用の葉っぱを刈ります。

藍畑の藍葉は1ヶ月で随分育ちました!

5/11の藍畑                

6/1の藍畑

IMG_2673.JPG

 

和紙会館に残ったチームは生葉染めの準備。

先生のおうちから刈ってきた藍の葉(東北で育てられている品種だそう)を、

茎と葉っぱにわけていきます。藍畑にいた方も合流してみんなで1時間ほど葉っぱをむしる作業。

 

IMG_2676.jpg

 

葉っぱだけのコンテナが2つ分できました。

IMG_2693.JPG

今からこれをミキサーにかけてジュースにします。

茎は土にさしておくとまた葉っぱが生えてくるそうです!なので茎も大事に持ち帰って植え直すそう。

IMG_2684.jpg

 

続いて、、生葉染めの液を抽出していきます。

ミキサーに氷水を1/2くらい(500ccほど)いれます。

※冷たい水のほうが、澄んだキレイな色に染まるのだそう。

次にミキサーに山盛り一杯、葉を入れます(およそ300g)

IMG_2685.JPG

ミキサーにかけると嵩が減るので葉っぱを100gほど追加。

ジュースになったらチャック付きの洗濯ネットに入れて漉します。

IMG_2688.JPG

 

見た目はまさに青汁。

助手さんが「薬品を使ってないから食べれるのよ〜」と。

先生も「胃ガンの人の薬にもなる」と。試しに指につけて舐めさせてもらいました!

思ったより青臭さはなく、ほんの少し苦みがある、そんな味でした。なるほど、体に良さそう。。

 

さて、これで生葉染めの準備は完了。

この緑の液の中に、絹の布をつけてみます。じっくりと5分。

IMG_2694.JPG

 

 

その後、外で空気にさらします。

IMG_6304.JPG

酸化させることで青色に発色していくのが藍染めのおもしろいところ。

水で洗うと緑色から藍色に。

絹の種類によって染まり具合がこんなに違ってきます。

 

 

お昼ちょっと過ぎまで思い思いに生葉染めをしました。

 

午後には生葉染めで使用した液をひとつに集めて

石灰(漆喰用の消石灰)、ハイドロを入れて「化学建て」した藍染めを実践。

木綿等、それぞれで持ち込んだ布を染めました。

 

 

そして、、

次回の沈澱藍染めにむけた葉がもっと必要!ということで全員で藍畑へ。

夕方、トラック荷台に一杯藍葉を積んで会館へ戻ってきました。

刈たてで土がついているのでよーく洗って…

100ℓポリバケツに水でたっぷりつけ込みます。

200ℓバケツ、100ℓ×2つ分水につけ、重しをのせます。

これで丸2日間寝かせて自然発酵させます。

本日は朝から夕方まで、重労働な1日となりお疲れ様でしたおじぎ

 

今回沈澱藍用にバケツにつめたのは、すべて教室の皆さんで育ててきた本日刈りたての藍の葉。

さてさて、2日後果たして…

続きはまた後日…ちゅん

 

ちょっとだけ次回、7月の回の予告です♪

 

沈澱藍の藍で絵を描きます!

 

前回絞り染めを施した布や和紙を染めます!

 

いよいよ自分たちで育てた藍で染めますよー!!

 


<< | 2/129PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

検索する