HOME > アワガミファクトリーだより

三椏講習会 [紙漉き編]

三椏講習会 [紙漉き編]
こんにちは、クドウです。

三椏講習会、今日は紙抄きです。
楮と三椏の両方を使ってもらいます。
三椏は、もちろん昨日の収穫より。
昨日炊けた三椏を、流水でアクを抜きながら、ざっと塵取りをしてもらいます。
時間がなくて、本当にざっとしてもらっただけになってしまいました。
これをきれいにしてもらおうと思ったら、もう1日かかってしまいます。。


夏の「手漉き和紙研修会」では、楮を手打ちして繊維の打解をしてもらいますが、今日はやはり時間がないのでビーターを使います。
水を張って入れるだけですが、みんなにも試してもらいます。

これで20分くらいで、きれいに繊維が離れて紙料となります。




三椏講習会
講義は館長が、実技は上田さんより指導させていただきました。

上田さん、教えるの好きなんだなぁー、って感じ(^^)

各自が漉いたものは持ち帰ってもらうので、鉄板乾燥で仕上げます。
たくさん漉けたかなー?

夏の研修会くらい長期でできれば、もう少し大きい道具で板張り乾燥してもらえるんですけどね。

この日は紙漉きは3時まで。
その後、片づけを手伝ってもらい、無事終了しました。

今年は、例年よりも早く次々と応募をいただきました。
県内の方々に関心を持っていただくのも嬉しく、県外からわざわざ来ていただくのもまた嬉しいものです。
2日間、熱心に通ってくださり有難うございました!

----
スタッフでは、私はほとんど何もしませんでしたが、理事長様が出張の中、牧田が頑張りました!

今後の予定は、4月には折り紙講習、そしてそろそろ8月の研修会の募集もかけなければ!
好評の栗山さんの講習も、今年もまたアイデア膨らませて続く予定です。
ぜひまたご参加下さい!









コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

検索する