HOME > アワガミファクトリーだより

栗林隆さんと紙の木 その1

東京はしばらく気持ちの良い快晴でしたが、今日はあいにくの雨模様

こんにちは、クドウです。


今日、このような画像がメールで届きました


どなたかと言いますと....。


現代美術アーティストの、栗林隆さんです!
 栗林隆 HP http://www.takakuri.net/


山形からのホットな画像でした

そして背負っているのは唐松。。


なぜ山形で唐松を背負っているかと言いますと、こちら↓の展覧会での作品作りのため、自ら伐採に行かれていたのです!



ネイチャー・センス展:吉岡徳仁、篠田太郎、栗林 隆
日本の自然知覚力を再考する

会期:2010年7月24日(土)〜11月7日(日)
会場:森美術館  http://www.mori.art.museum/jp/index.html

地球環境問題へのグローバルな対応が求められる現代、「ネイチャー・センス展」では日本の自然観をあらためて見つめます。「自然」は「万葉集」や「源氏物語」の時代から日本文化の一部であり、美術や工芸、建築においても「自然」の存在は頻繁かつ多様に作品へ取り込まれて来ました。
この「自然」という概念を現代の日本人クリエイターはどのように知覚し、アートやデザインに活かしているのでしょうか。本展では国際的に活躍する栗林隆、篠田太郎、吉岡徳仁の3名が、その壮大なインスタレーション空間のなかに私たちを招き入れ、自然現象や自然環境に対する原初的な知覚力を喚起してくれます。情報化、都市化の進んだ現代、ともすればリアルな感覚が失われかねない時代に、人間を超越した自然の力を感じ、自然と人間の新しい関係について考察します。

(森美術館のサイトより抜粋)




栗林さんはこの展覧会で、紙で作られた森をイメージしたインスタレーションをされるのでです。


この企画にアワガミファクトリーもお手伝いさせてもらえることとなり、現在和紙会館では「紙の木」作りが日々行われています。


成形には型を必要とするのですが、これが本物の唐松から取る必要があり、木の増産に向けて型も増やす必要性から、唐松採取に本人が行かれたというワケでした




このご縁は、ある日シンガポールから巡り巡ってやってきました。


和紙会館にも来られたことのある、シンガポールの『タイラー・プリント・インスティトゥート』の刷り師である小川栄太郎さんから、“紙を使った展示の構想に協力してもらいたいアーティストがいる”というメールがきっかけで、東京での打ち合わせ1回を経て、徳島の和紙会館での創作開始に、あれよあれよと進んでいきます。



会期までさほど時間がないこと、スケッチからイメージは判るけれども、具体的にどのように作り上げていく必要があるのかなどは、実際に現場で素材を前にしながら打ち合わせをしないとなかなか進みにくいということもあり、既に栗林さんと森美術館のキューレーターさんには2度、和紙会館まで足を運んでもらっています。





そして今週、3度目の栗林さんの来館が予定されています!


和紙会館では、藤森理事長の指揮のもと、着々と(コツコツと?)宿題が進められているハズ。

今回の栗林さん、車に唐松を積んでフェリーで徳島入り、しかもアシスタント付き!

時間も押していますが、かなり気合いが入っています



今度の滞在では、前回・前々回とは違った展開も予定されており、私は今回の同行ができなくて残念〜

和紙会館チームからの報告を楽しみに待つことにしています。。



まずは次回のブログでは、私から2回目までの様子をお届けしまーす!


乞うご期待!





コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

検索する