HOME > アワガミファクトリーだより

天利道子個展

天利道子個展
5月29日〜6月3日、天利さんの個展が銀座の藍画廊で開催されていたのにお邪魔しました。

天利さんは以前に手漉き和紙研修会に参加されたことがあったとか。
和紙会館の友の会にもいつもご入会下さり、最近はAIJP(アワガミインクジェットペーパー)も創作に使っていただいています。

DMも、こんな目玉デザインでした。

「楮(白)」を使って出力されました。
これ、本当の目玉を接写して撮られたとか。。
5つの目玉がありましたが、これはこの藍画廊のオーナーの目玉だそうです。

よーく見てください。
眼球には、オーナーの瞳に写る銀座の街並みだとか。
目玉の輪郭はグラフィックで処理されているようですが、瞳の色などは自然のままだそうです。

5人の5色のどの目玉にも、その時、その人の瞳に写った景色があり、それを私たちは見ることができます。
この目玉を見てる私の瞳を撮ったら?
瞳を通じて、銀座と徳島が重なることもこともありえるということですね。
何かフシギ。

[写真下]天利さんです。
Tシャツまで...(^^;)

作品は、特殊なシートを張ったアクリルをフレームとして飾られていました。
このアクリルを通して作品を見ると、スモークがかかるというか、ボヤーっとにじんで見えて、リアルな目玉も幻想的に見えます。

天利さん、また次の創作を楽しみにしています!

コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

検索する