HOME > アワガミファクトリーだより

伊部京子氏来館・製作☆

夕方4時には空腹でうめいてますこにちはマキタです

さあ食欲の芸術の秋まっさかり、京都から伊部京子さんが来館して作品づくりをされました!


どんな様子か、レポートレポート。

メイン原料はこれ、雁皮です。
これがどんな風に変身しますか〜?


これは、古い書物を細かくちぎったものです。
結構な年代物だと思います。いやー、惜しげもなくー・・・






さて、伊部先生登場。
巨大金網の上に黒いメッシュをしき、おもむろに杓子でびゃーっとかけているのは
金や銀の粉が入った原料です。

黒メッシュなのでわからないですが、藍色の原料とかもびゃーっとなってます。
実は、藍で染めた原料です。


小さくちぎった書物をところどころへレイアウトします。

先生曰く、「ここまで!」てところで止めないと、「やかましい作品」になってしまうそうです。


レイアウトできたら、小さく区切ってベースとなる雁皮原料を流していきます。




そして、脱水して、板に丁寧に貼り付けていきます。
椿の葉っぱで、全体をまんべんなく撫でます。


紙の四方にのりをして、乾かしている間に剥がれ落ちないようにします。
万が一に備えまして。。


2枚できあがったところです。
今回は、4枚柄続きの作品が2点、6枚柄続きが1点製作されました。

上の方の、青っぽいところが藍で染めた原料です。
金粉と混じると緑っぽくなり、それもまたきれいな色です。

屏風状に仕上げられて、ニューヨークの展示会で披露されるそうです


芸術の秋にぴったりの光景でした


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

検索する