HOME > アワガミファクトリーだより

フォトコンテスト&セミナー「子供部屋に飾る写真を探せ!」レポート

お盆休みの余韻もたちまち薄れてきましたが、通勤電車はまだ心持ち空いているような気がするのは私だけでしょうか。

こんにちは、クドウです。
ちなみに、お盆休み中は私は徳島本社で手漉き和紙研修会に参加させられてしていました。
そのレポートはまた後ほど! 


さて、昨晩は東京企画室から程近い「アップルストア銀座店に、とあるセミナーの聴講に行ってきました


「飾る写真を探せ!」フォトコンテスト&セミナー

http://ganref.jp/common/contest/kazaru/


デジタルカメラマガジンとGANREFが合同で、デジタル写真をもっと楽しむイベントを開催します。名づけて“飾る写真を探せ!”。一軒の家を仮定して、各部屋に飾る写真を考えるコンテストです。トイレやキッチン、子ども部屋などに、あなたならどんな写真を飾りますか? 選者と一緒に考え、ご投稿ください。



6カ月連続で毎月トークショーとプリントセミナーも開催されるとのことですが、惜しくも私は1回目を見逃してしまいました

しかーし、挽回の2回目!
AIJPを使っていただいて、入選作を実際に「飾る写真」に仕立てられていました


今回のテーマは「子供部屋」。
講師は、鉄道写真家の中井精也さんです。

子供部屋に飾ることを考えた場合、大きく分けると、

1) 子供が好きそうな写真
2) 情操的に、子供に見せたい写真

を意識したセレクトになるそうです。

応募(なんと500〜600通!)の中から、中井さんセレクトによる佳作10点、入賞3名の作品が発表されます!





かわいい〜

こんな遊び心も楽しいですよね。

こういうのは、ドーン!と大きくプリントしたら面白いそうです。
その場合、飾るのは、ピンとかで簡単にで可。





こちらは、中央のバラはチョコレートですって

オリジナルは、クシャッとした包装紙にちんまり咲くようなイメージで、もっと引いた写真でしたが、トリミングでギュッとアップに。

そして、なーんと、この背景部分だけ、実際に揉んでいるんですよ〜
その作り方まで教えてもらえます




実はこれ、AIJP楮(白)薄口にプリントされたものを、実際にお使いいただきました!

揉んで使うなんて、やわらかさがある和紙ならではのチョイスですよねー。

作って楽しめ、見て楽しめます




こちらは入賞作より。
こちらはパネルに貼り込みますが、その場合の部材や、実際に中井さんが作った時のエピソードも交えながら、どんどん楽しく進行していきます。



そしてこちらは、AIJP雲流を、既製品のランプシェードのシェードを交換して使った事例。

雲流は楮の繊維がちらほらたなびく様に漉き込まれた素材ですが、透かしてこそこの素材感が判るだけに、ナイスなご提案です!




写真って、いざ飾ろうと思った時、意外とイメージや寸法に合うフレームが無かったりして、そのうち探すのも面倒になっちゃったりすることってありますよね。。

そういう場合、最初から飾り方や飾る場所を考えた上で、ベストな1枚を撮影する、という方法もアリ、ということです。

フレームやパネルも安いものでもたーくさん選択肢があるし、高いものを買わなくても、ちょっとした工夫や手作りで子供と一緒に手作りしてみるということも、大いにカメラライフを楽しめる要素の1つのようですよ


中井さんのお人柄がにじみ出る楽しいセミナーで、とっても楽しく参加できました!
ぜひぜひ皆様も、楽しく身の回りに自作を素敵に飾ってみて下さい!

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

検索する