HOME > アワガミファクトリーだより

「阿波紙と版表現展2009 - プリント工房から −」 エディション・ワークス&津上みゆき編

出展作家の津上みゆきさんを担当下さった工房は、エディション・ワークスさん。



今回の企画のテーマは「工房から」。
パリの展覧会では、4つの工房に協力いただいたということで、その巡回をしようというところから日本での企画もスタートしましたが、会場が日本なので、日本の工房にも参加してもらいたい、ということで、どちらの工房に依頼をするかがまず課題。

展示スペースの都合もあり、日本では2つの工房を探すことにしたのです。

これまでお付き合いいただいた何件かの作家さんにご意見をいただき、いずれからも定評のあったエディション・ワークスさんにお声掛けをし、津上さんを推挙いただいたのです。




津上さんについては、エディション・ワークスさんのHPに、オープニングの様子を含めて早速upされていますので、そちらをご参照いただくのが一番わかりやすそうです見る




それでは、こちらURLをどうぞー!

個々の作品についての情報は、パー 


今回のコラボについて津上さんは、

コンセプトから制作までを通常は一人でするところ、(工房とのコラボということで)自分の作品を鏡みたいに客観視しながら一緒に作りこんでいくという部分でおもしろかった。

というようなことをちょこっと。




私は自分で創作をしない(出来ない...)ので、創作に関わる話は、大変興味深いものでです。






今日は津上さんのファンが大阪から来場。
津上さんの、これまでの図録を注文されていきましたラッキー






ちょっとノスタルジックな空気感で、創作と作品について語られる姿が、個人的に印象的な女性です。

作品からも、そんな雰囲気が感じられています。
ぜひ会場でどうぞ。


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

検索する