HOME > アワガミファクトリーだより

【作ってみました】ダンボール織りで和紙コースター

こんにちは、クドウですエリザベス

手作り試行錯誤、続いています!!

今日はダンボール織りというものにトライしてみましたキラキラ

大人と子供とで一緒に作ってお家や学校のテーブルで使ったら楽しいかも、、と思っていたのですが、ちょっと細かい作業もあったので小学生なら高学年向きかもしれませんちゅん

爛瀬鵐棔璽訖イ雖についてはネットで検索するといろいろな方法が出ていますので参考に見てみてくださいね。

 

はい、どうでしょう!!

まぁまぁかわいく出来ましたちゅん

 

【使った材料】

ひらめき和紙:今回はもみ染め15色セットを使っていますきらきら

ひらめき糸:100均で買いました

ひらめきダンボール:白いダンボールを使っていますが、もちろん茶色いのでもOK

ひらめきこんにゃく粉:なくても形としてはコースターになりますが、仕上げに使うとしっかりしますのでぜひ!!

ひらめき木工用ボンド(普通の澱粉糊でもOK)

 

 

旗まずは下ごしらえ!!

ダンボールに縦糸となる紐をセットします。

 

今回、約90×90mmのコースターを作りましたが、その場合のダンボールの大きさと図面はこんな感じです。

後で縦糸は2本ずつ結ぶので、両端の切り込みは偶数にして下さい。


 

旗ダンボールの切り込み部分に縦糸をかけていきます。

糸は何でもいいのですが太いと凸凹してしまうので、まずは細めのものでやってみましょうにっこり

 

糸をかけ終えました。

 

旗横糸となる和紙を用意します。

材料はもみ染め15色セットを使いました。

1枚の紙の中でぼかした感じの染め色になっているので、自然なグラデーションが楽しめますキラキラ

 

旗もみ染め紙を5mm幅にカットしていきます。

 

旗もみ染め紙を、縦糸を張ったダンボールに織り込んでいきます。

1本おきに、上、下、上、、と交互に和紙を通していきますよ。

 

この時、3cm幅くらいに切った厚紙の端にテープでちょこっと和紙をとめて紙送りをしました。

 

旗次に通す和紙は、今度は下、上、下、、というように、先に織り込んだ和紙と交互に通す位置をずらして下さい。

最後まで通したらテープを外して、和紙だけ残して厚紙を取り除いて、この作業を繰り返します。

 

旗隙間を細い棒で整えながら織り込みます。

私は編み棒の先を使いましたが、爪楊枝とか竹グシでもいいですね。

 

決めた位置まで織り込みます。

 

旗和紙が飛び出ている端の始末をします。

1cm幅にカットしたもみ染め紙にボンドを塗り、縦糸の端にそって飛び出ている和紙の端の上に貼ります。

両側貼って、はみ出た和紙はハサミでカットしてください。

端っこはちょっと斜めにカットして下さいね。

 

旗和紙を貼った部分を裏側に折り返し、その折り返し部分の裏にボンドを塗って貼って下さい。

 

旗縦糸の始末をしましょう。

ダンボールの切り込み部分で糸をハサミでカットしたら、2本ずつ二重結びをして下さい。

 

旗その後、好みの長さで糸をカットして整えて下さい。

 

試行錯誤しながら調子にのって4つ作りましたちゅん

もみ染め紙をたくさん切っておいて、次はどの色にしようかなーと考えながら配色していくのも楽しいですねエリザベス

 

.....で、ここで終わってもいいのですが、もう一手間かけてみましょう!!

こんにゃく糊を塗ってみましたきらきら

こんにゃく糊は、こんにゃく芋からできたこんにゃく粉を炊いてできた糊状のものなのですが、紙にそのこんにゃく糊を塗ると、このような効果があるのです。

耐水効果:水に濡れた時の強度が増す。和紙に藍染めをする際、染色前の和紙には必ずこんにゃく糊を塗ります。

強度の向上:固さも増しますがハリ感が出て、摩擦堅牢度も向上します。

 

つまり丈夫になるのです!!

そこで、まだヘニャ感のあるコースターにこんにゃく糊を塗ってみました。

1回塗って自然乾燥させてからもう1回。計2回塗りました。

 

こんにゃく糊の炊き方もHPに掲載がありますのでご参照下さい。

▼こんにゃく粉 http://www.awagami.jp/purpose/tool/index.html

 

ちょこっとしか使わないとしてもたっぷりめの水で炊いて下さいね。

お水が少ないと溶けるまでに煮詰まってしまうので、ここポイントひらめき

ただ、あまり保存は効きませんので、作ったら冷蔵保存をして数日内で使い切って下さい。

 

はい、塗って自然乾燥させてみたBefore&Afterです!!

左がこんにゃく前、右がこんにゃく後。

パリッと感じが全然違いますちゅん

 

いくつか作って手が慣れてきたら、大きめの敷物やランチョンマットにもトライしてみたいですねちゅん

その時は15cm角のもみ染めセットではちょっと短いので、ぜひ大判でトライください!!

▼もみ染め紙 http://www.awagami.jp/products/colorful/momizome/index.html

 

大きいものだったら、強制紙は無地ですが厚みもしっかりしているので一押しです手

▼強制紙 http://www.awagami.jp/products/colorful/kyousei/index.html

 

作りながら、次はこんな材料で作ったらどうかなー?とか想像するのも楽しいですよねキラキラ

ぜひトライくださいさようなら


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

検索する