HOME > アワガミファクトリーだより

【ご案内】「田川梨絵 写真展 私の手の中に花を摘む」

こんにちは、クドウですエリザベス

早速ですが、AIJPより「手漉き紙 びざん」をお使い頂きました写真展をご紹介します。

 

田川梨絵 写真展 「私の手の中に花を摘む」

 

会期:2019年11月15日(金)〜27日(水)11:00〜19:00

会場:LUMIX GINZA TOKYO   https://lumix-ginza.jp

 

 

14歳の私は家のキッチンにいた。

土曜の昼下がり。

授業が終わり、家に帰ると誰もいなかった。

お昼ご飯を作ろうとコンロの前に立つ。

窓から入る光にまぶしさを感じた時、ふとある思いが頭をよぎった。

 

「今私が生きてるってなんで思ってるんやろう。

 実は私は死んでいて、今身の回りで起こっていることは全て私の想像なんじゃないか。」

 

14歳の私は玄関先で一息つく。

「さあ、笑顔でただいま!を」

 

どこかで周りの人たちに怒っていた。

私を見て。

笑顔の裏を見て。

 

その思いは違う形で今の私に存在する。

 

都市など撮っていない。

私はそこに投影した私の死生観をみている。

 

 

週末におじゃまさせて頂きましたエリザベス

会場に入ってすぐに、その作品の強さ、そして美しさに圧倒されましたちゅん

 

東京、パリ、シンガポールの3都市のシリーズから構成される本展では、田川さんのもつ死生観が情景として存在しています。

 

 

びざんは手漉き和紙ならではの四方の耳とラフなテクスチャーが独特の素材です。

田川さんの作品の強い個性と、びざんのマチエールとのバランス、素材と作品がただただシンプルにギャラリーの中に存在するという構成は絶妙で、深く引きこまれます。

 

 

 

1点1点の中にドラマがあり、映る人の表情やシルエット、構図に深く魅入られました。

 

 

 

また、田川さんはご自分で全ての作品プリントをされたとのことちゅん

びざんは実は耳があることで正確なサイズとは微妙な誤差がある場合があり、作品をセンターに合わせたり、ヘッドに擦らずに仕上げるという事にはちょっと手間を掛けたりする場合があるのです。。

様々ご苦労されたとのことですが、プリントもとても美しく拝見しましたキラキラ

 

 

「都市など撮っていない。

私はそこに投影した私の死生観をみている」

 

田川さんの作品を通じ、私もそれらに触れ、共有したような、ふしぎな心持ちで拝見しました。

 

 

普段は関西を中心に活動されている田川さん、ちょうど在廊日におじゃまできてよかったですエリザベス

 

とても見応えのある写真展です。

ぜひご高覧ください!!


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

検索する