HOME > アワガミファクトリーだより

【展覧会のお知らせ】ダーク・ランブレヒツ 写真展「I am this」

みなさまこんにちは、高田です。

本日は、今月22日から始まる写真展のお知らせです。

展示作品全てに、AIJP(アワガミインクジェットペーパー)びざんをお使いいただきます。

 

ダーク・ランブレヒツ 写真展「I am this」

会期:2019年10月22日(火・祝)〜11月10日(日)  11:00〜18:30 ※会期中無休

会場:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク2階展示室「花」

住所:〒605-0038 京都市東山区堀池町374-2

◉入館無料 

 

Dirk Lambrechts《Brenda》

 

本展覧会はヨーロッパを中心に活躍するベルギーの写真家・ダーク・ランブレヒツの写真展である。

人の持つ肌の色や美しさ、多様性を撮影したモノクロームのポートレート作品〈Mix〉、光と影に焦点を当て、人間の皮膚を抽象的に切り取った〈Skin〉、17世紀の絵画の巨匠たちにインスピレーションを与えたフランドルの空の光を捉えた作品〈Flemish Light〉の3シリーズを展示。

国内初個展である写真作品40点はすべてアワガミファクトリーの徳島の紙漉き場と工房で、手漉き和紙にプリントされている。

 

 

アーティストステートメント

 至高の美の表現を追求するベルギーの写真家ダーク・ランブレヒツ(1962生)は、自己を見つめる着実な制作過程と完璧な技術で、純粋イメージの到達点を目指しています。

 ダーク・ランブレヒツの写真は、芸術、歴史の反映であり、またその潮流からインスパイアされた個の反映でもあります。アントワープの芸術家たちは、とりわけダークが、歴史的芸術家たちの陰影法を、現代の芸術表現法のひとつである写真によって受け継いでいる、と唱えます。

 純粋性への深化は、ダーク・ランブレヒツの作品の重要な一面です。より深く深く、彼の抱くイメージの精髄に、自己を導いていくのです。彼はこのプロセスの頂点を、日本の造園家の到達点に喩えます。即ち、足るを知り、鑑賞者に委ねるのです。

 彼によれば、こうした到達は、長い熟成期間の後に完成に至った時こそ、成し遂げられるものなのです。着想から最初の撮影に到るまでの間に、写真家ダークは考え、洞察し、プロジェクトの最重要点を見出すまで探求を続けるのです。

 こうした細緻な過程は、最初のテスト撮影の検証から、その後渇望する結果を得るまで、繰り返し長い時間を費やして行われます。

 並々ならぬこの過程は、彼の写真作品で示される熟練の極みと、それでも尚その技術を高めたいという強い意志を、如実に表しています。

 彼は言います。「物事を見る際、時として脳は現実の単なる断片しか知覚しません。その失われたディテールを、私の作品から鑑賞者は発見するのです」

 ダーク・ランブレヒツは、普遍的で根源的な主題の、美のエッセンスを捉えるまで追求します。その捉え得たリアリティは写真家ダークの洞察と熟練技術で顕現化され、素晴らしい純粋性を有した芸術作品となるのです。

Dirk Lambrechts Selfportrait

 

協力:アワガミファクトリー

 

□オープニング・パーティ

10/22(火・祝) 13:00〜 作家を迎えオープニング・パーティを開催します。

ご多用中とは存じますが、ご高覧賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
なお、オープニング当日に数量限定で『Flemish Light』(サイン付き)を販売いたします。

 

□お問い合わせ

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク

〒605-0038 京都市東山区堀池町374-2

電話:080-5988-7720 Fax:075-746-2932 

E-mail:kyoto.japanesque@gmail.com Web:https://kyoto-muse.jp/japanesque/

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

検索する