HOME > アワガミファクトリーだより

アワガミ版 藍作始終略書 その1

徳島で「おじさんが藍の葉っぱかき混ぜるやつ」と言うと、

染織に興味がない人でも、だいたい同じ映像が浮かぶと思う。

緑一面の藍畑や藍の葉っぱかき混ぜるやつ=すくも作りは、

春の大渦や夏の阿波踊りと同じくここの風物詩で、時期が来るとテレビや新聞で見かける。

 

2017年4月開講の和紙会館の染め織り教室は

(つまり今になって1年前のことを思い出している)

藍を種から育てて葉っぱを収穫する、「染める前」のプロセスを盛り込んだ。

振り返るとよい思い出で、撮りためた写真をここに公開したい。

 

4月20日 苗植え

※種は3月上旬(ツバメが帰って来る頃とも)に蒔き、このころまでに15〜20cmに育っている

IMG_3041.jpg IMG_3040.jpg

 

5月6日 乾ききった畑、アクシデントは早々に訪れる

そう言えば藍は植物、植物の栄養は水

藍は高価な肥料を好むと聞いていたが、それよりもまず水だろう

ここには水がない

IMG_3049.jpg

 

5月8日 水確保

藍農家さんが見るとギョッとするかもしれないが、それもよし

今ある知識を集約したベストな選択=散水機

IMG_3056.jpg

 

水を得た藍

IMG_3059.jpg

 

ここからびっくりするほどすくすく育つ

 

5月18日

IMG_3081.jpg

 

5月28日

IMG_3101.jpg

 

よく見る葉っぱらしくなる

IMG_3102.jpg

 

6月3日 一番刈り

ここでも戸惑う

確かによく育っている、しかしこれをすべて刈ってどこに保管するのか

(1年経って思うが、この疑問、気づきを持てたのはとても良いことだった

 こういう「ちょっと困ったこと」が新しい技術を産んだりする・・はず)

IMG_3114.jpg

 

とは言え、大昔から人々は「収穫」にこそ価値を求めてきた

世界中の新嘗の祭り然り、収穫してなんぼ

本を読むと、収穫は6月下旬とか梅雨明けごろと書いているが、早稲の藍だと割りきろう

欲を満たすべく3分の1刈ってみる

 

根元から少し離れたところを刈る

順調にいけば二番刈り、三番刈りぐらいまで可

 

6月15日 一番刈り(3分の2)

置き場がないという単純な動機で3回に分けた一番刈り

真ん中のはげがこの日刈ったところ

IMG_3148.jpg

 

6月3日に刈ったところ(手前)も二番刈りに向け伸びる

IMG_3149.jpg

 

アワガミ版 藍作始終略書 その2 へ続く

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

検索する