HOME > アワガミファクトリーだより

金和紙をコンサートの舞台で使っていただきました

皆様こんにちは、高田です。

ゴールデンウィークまっさかり、いかがお過ごしですか?

アワガミは5/3からお休み。私も頭の中であれこれ予定を考えているところです(と言いつついつも通りに過ごすような気も)。

 

さて、時は遡って2017年12月31日のこと。

兵庫県立文化センターにて「ジルウェスター・コンサート ロマンティック・ガラ!」というコンサートが開催されました

その舞台装飾に、アワガミの金和紙をお使いいただいていたのです。

 

舞台上部、白く幅の広い短冊状のものがたくさん垂れ下がっていますよね。

この部分がなんと金和紙なのです!シンプルながら、すごい迫力だと思いませんか?

照明によってその印象ががらりと変わりますね。

これはプロジェクションマッピングというやつでしょうか。

 

残念ながらアワガミスタッフはコンサートには伺えなかったのですが、送っていただいたパンフレットには以下の言葉が。

「コンサートのテーマであるドイツ・ロマン派の「ロマン」という言葉は、実はずっと幅広い意味を持っています。

非理性的、非現実的、神秘的、夢想的、感傷的、古代的、民衆的、童話的、不気味なもの、身の毛もよだつ恐ろしいもの・・・

このように、まったく異なる要素が混在しているのです。

本日のプログラムは、この「ロマン」という言葉がもつ幅の広さの一端を照らし出してくれるでしょう。」

きっと会場でコンサートをお聴きになった皆様は、その複雑な世界を楽しまれたと思います。

アワガミの金和紙もその演出の一部になれたと思うと、嬉しい限りです。

 

この舞台には、通常の金和紙に防炎処理を施したものを使用していただきました。

舞台美術の担当の方には、和紙の可能性を感じていただき、和紙の持つ質感や温かみの虜になったと

お褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます。

 

お客様がいろんな可能性を追求してくださることで、私たちも和紙の魅力を改めて知ることができます。

関係者の皆様、この度はありがとうございました!

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

検索する