HOME > アワガミファクトリーだより

【竹和紙関連 ご案内】1/8 特別講座「墨・硯・水・紙の関係」at 富山県水墨美術館

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ年の瀬も迫ってまいりましたゆう★

皆さん、新年を迎える準備は順調ですか?

(私はもちろんこれからですーえへ

 

さて、新春のご案内ですキラキラ

アワガミファクトリーでは「竹和紙」という、竹パルプを主原料とした製品を作っていますが、そのシリーズの中で

旗滲みを活かした水墨用筆

旗滲みどめを施した水彩用パレット

の2種類を、こちらの講座で教材としてご利用頂きます手

 

特別講座「墨・硯・水・紙の関係」

日時:2018年1月8日(月・祝)14〜16時

場所:富山県水墨美術館

講師:青木芳昭氏(京都造形大学 教授)

定員:20名

http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/3044.htm

 

本講座では京都造形芸術大学教授の青木芳昭氏をお迎えし、日本の伝統絵画に古くから用いられてきた墨と硯、水、紙の関係についてお話しいただきます。

実際に硯で墨を磨り、その感触を体感したり、墨で描くときの発色やにじみの違いなどを体験していただきます。これらは水墨画、日本画においては基本的な素材ですが、その種類や製造過程はさまざまで、見た目以上に複雑です。奥深い材料の世界をのぞいてみませんか。

 

【お問い合わせ・お申し込み】

富山県水墨美術館

Tel:076-431-3719

 

画材の素材学の研究の第一人者である青木先生には、素材関係のいろいろな相談をちょこちょこさせて頂いていまして、いつも実に判りやすく、実に的確に答えを返してくれるのです手

私の中で「困った時の青木先生」でもあります...ちゅん

 

竹和紙は、用途に合わせて4種類の用意があります。

ひらめき竹和紙 水墨用:滲みを活かした素材そのまま

ひらめき竹和紙 水彩用:強めの滲み止め加工紙

ひらめき竹和紙 版画用:中くらいの滲み止め加工紙

ひらめきAIJP竹和紙:インクジェット専用紙

 

などの種類を用意しています。

ぱっと見は和紙としての素材感は薄いのですが、やわらかな使用感と肌理細かさ、柔軟性のある手触り感などに定評頂いていますちゅん

ぜひ用途に合わせて一度お試し下さい!!


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

検索する