HOME > アワガミファクトリーだより

白鳳セレクトを使って日本画を描いていただきました!

 

皆さんこんにちは、和紙会館 事務局です。

 

アワガミファクトリーには、素材の組み合わせなどによりたくさんの和紙を製造しています。

一つの和紙に色んな技法を施すと、その和紙はどんな風に活かされるのか…。

これまでに木版画、シルクスクリーン、水墨画、水彩画などなど、

様々なアーティストさんたちにアワガミを使っていただき、素敵な作品が生み出されています。

 

 

そして今回は、

日本画家 中川敬先生にお願いして、

白鳳セレクトを使った日本画を描いていただけることになりました!

 

中川敬先生のプロフィールをご紹介。

 

中川絵画教室主宰

日本美術家連盟会員

徳島県美術家協会会員

世代美術展協会会員

徳島新聞カルチャーセンター講師

 

…と、毎日多忙に過ごされています。

そんなお忙しい中、描いていただけるので大変感激です!

 

 

今回使われる白鳳セレクトは、厚さ220g/m2、原料楮45%・コットン55%、ph7〜8。

そのまま化粧水をつけて使えてしまうような(笑)、お肌に優しい素材で出来ています。

アワガミ エディショニング ペーパー

今回はサンプラーA4サイズを使用。

白鳳セレクト サンプラー A4

(アワガミ オンラインショップ)

 

 

白鳳セレクトは、製造の段階でにじみ止めを施しており、

日本画にお使いいただけます。

 

今回は骨描きの後、表裏にドーサをしたそうです。

それではいってみましょう♪

 

 

 

 

奇麗き(*^^*)

 

 

骨描きのあと、薄く胡粉下塗り。

次に水干絵の具で下塗り。

絵の具の乗りが良く、ぼかしもしやすいそうです。

 

 

 

 

岩絵の具で空間がらを着彩。

しっかり乗っているそうです。

この時点で素晴らしいのですが、まだまだ完成ではありません!

後日、経過報告をさせていただきます♪

お楽しみに!

 

 

そしてそして…

中川敬先生に、12月24日に行われる

和紙会館のワークショップの講師をしていただいています!

 

◆スペシャルはがきを作って

第29回小学生によるデザインはがき展に

チャレンジしよう!

 

 

 水彩絵の具と和紙の端紙などを使ってはがきをデザインしてみましょう。
また、先生が用意したモチーフも皆で描いてみましょう。
ワークショップで作成したはがきはデザインはがき展に応募できます♪

開催日時:2017年12月24日(日) 13:30〜15:30(予定)
場所:阿波和紙伝統産業会館内 2F図書室
参加費:700円+入館料:一般:300円 学生:200円 小・中学生:150円
講師:中川  敬さん(日本美術家連盟会員・徳島県美術家協会会員)
対象:小学校低学年〜大人
持ち物:水彩絵の具セット・筆記用具・ぞうきん・はがきに描きたい題材・物などを持って汚れても良い服装でお越し下さい。

 

☆電話・FAXで事前にお申し込み下さい☆

[お問い合わせ、ご予約]
阿波和紙伝統産業会館 
〒779-3401  徳島県吉野川市山川町川東141
TEL:0883-42-6120   

FAX:0883-42-6085

E-mail:  hall84@awagami.or.jp
開館:  9:00〜17:00
休館日:   月曜日(祝日の場合は翌日に振替)

 

 

皆様のご参加お待ちしております!

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

検索する