HOME > アワガミファクトリーだより

ダニエルさん制作現場

気がついたらもうすぐ7月も半ばにさしかかろうとしていますね…

徳島ではまだ梅雨気候で雨の日も多々ありますあめ

 

さて、本日は先月末からアワガミに滞在中の

アメリカのアーティスト、ダニエルさんの制作現場よりレポート。

(ダニエルさんとは!?>http://awagami.jugem.jp/?eid=1360

 

7月に入り本日まで、ダニエルさん1日も休むことなく会館へ通われ、

会館の営業時間の朝から夕方まで制作に勤しんでおります。

作品も完成に近づいています!!

 

アワガミのスタッフにレクチャーを受けながらした

作品の土台となる大型和紙づくりも今ではお手のもの。

 

 

と、いうのも、、

今回、この大きさの作品を8枚制作したんです。

 

楮の繊維を巧みに操り絵を描いていきます。

だんだん生い茂っていく様が…ドキドキ

 

上からも迫力が!!

 

途中、山陽放送さんが和紙会館の取材に来られました。

そこでダニエルさんにも阿波和紙の魅力をぜひ取材したい!とのことで

ダニエルさんにお話しした所、快く取材を引き受けてくださいました!

 

取材されるダニエル氏。

取材の様子は7/26(水)17:00〜放送の「イブニング5時」の

「四国めぐり愛」というコーナーで放送予定!!です、

が、、

残念ながらここ、山川町では放送が見られないよう…

山陽放送さんよりDVDを送ります、とのお言葉感謝

岡山県、香川県にお住まいの方はぜひご覧ください〜♪

 

さて制作現場に戻りまして…

 

ダニエルさんが使用している楮の繊維、

一言に”黄色”と説明できないような色味であったり、微妙な色合いを使っているんです。

 

ダニエルさんより見本のカラーチップを元に話しながら

アワガミスタッフが希望の色味に染めます。

 

毎日(絵柄によって)使う色味も変わってきます。

 

 

土台となる和紙を漉き上げてからそのまま続けて描くので

当然、ペンを使っての下書きなんかは描き込めません。

一体どうやって進めていくのかというと…

軽く輪郭をこれまた楮の繊維でデッサンして、そこから色が載っていきますびっくり

 

 

出来上がった作品を並べてみて…

 

実は、

この作品、これから屏風に仕立てる予定なのです!!

 

ダニエルさん、全体図を見てちょっと迷われている様子。

 

来週、表具屋さんと打ち合わせで…

果たしてこの後は…!?滞在日も残すところあと数日Docomo_kao19

 

ではでは、本日はこの辺でDocomo88

 

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

検索する