HOME > アワガミファクトリーだより

ウィスコンシン大学手漉き和紙研修会(1日目)

2015年に続き2回目、アメリカのウィスコンシン大学より11名が到着。

6/20から6/24までの5日間で阿波和紙を一気にマスターします!

 

朝10時からオリエンテーションや自己紹介。

引率の小野寺先生がジュエリーデザインを教えていることもあり、学生の専攻も金工や立体造形が多い。

 

まずは紙の歴史や原料について理事長の藤森より説明。

毎度通訳泣かせのお話だけど、今回は(なぜか)すごく盛り上がった。

日本の神事にまで話は膨らみ、時折学生からの質問も飛ぶ。

 

 

このままではお昼に流れ込む。。と思いながらも、

和紙会館ギャラリーにて写真展開催中の阿部和剛さん在廊につき、インクジェット談義。

 

 

今年の徳島は雨知ラズ。

和紙作りの第1工程、黒皮剥きは屋外で決行!

一晩水に浸けておいた楮の皮(黒皮、青皮、白皮の3層構造)をナイフで削り「白皮」だけ残す。

 

DSC01390.JPG

真剣そのものに見えるけど、

DSC01393.JPG

good musicが流れ、

DSC01402.JPG 

笑い声が絶えず、

DSC01404.JPG

今回もまた時間切れか!?

DSC01408.JPG

と思わせるスローペース。

DSC01409.JPG

オリエンテーションのときに、

DSC01410.JPG

この作業をテキトーにやったら後悔するよふふっ。

DSC01411.JPG

と、牽制球を投げたことも相まってか

DSC01412.JPG

慎重。

DSC01414.JPG

慎重。

DSC01401.JPG

みんな丁寧。

そして16時にフィニッシュonpu03

剥いた白皮を束にしてささーっと水洗い、

沸騰したアルカリ水の中に放り込んで2時間ほど煮込む。(過去の研修会参照泣き

 

その間「藍」めぐりへ。

 

 

今年は自社の畑で藍を育てているアワガミ。

ついこないだも、成長した藍葉を刈り取って「生葉染め」をしたとこ。

(幼稚園児のおままごとのようにミキサーで藍の青汁を作ってそのジュースで布を染めた)

 

ところがこの藍染、とてもロジカルな理屈で成り立っていて、

「なぜ染まるのか?」のアンサーがややこしい。

 

DSC01438.JPG

 

DSC01436.JPG

 

一回聞いただけではわかったようなわからんような。

キーワードは「酸化」と「還元」

 

DSC01442.JPG

 

DSC01439.JPG

 

DSC01450.JPG

 

藍染の原理をモヤモヤさせたまま、第1日目は終了。

藍畑で草取りに精を出してもらったり、

隣の田んぼのタニシは not エスカルゴだと説明したり、

藍の葉っぱをむしって潰して wow indigo!と手を染めたり、

 

DSC01449.JPG

 

当然石原さんも混じりながら、楽しい時間が過ぎた。

 

明日は大雨だとかガーンネコ

 

 

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

検索する