HOME > アワガミファクトリーだより

徳島LEDアートフェスティバル2016

みなさまこんにちは、高田です。

今朝の山川町は大霜でした。いつのまにか、うんと寒くなったもんです。

 

さて、徳島県徳島市では、現在「徳島LEDアートフェスティバル2016」というイベントが開催されています。

 

LEDアート作品の展示・ワークショップなどの交流イベントが企画され、

2010年より3年に一度のトリエンナーレ形式で開催されているイベント。

今回は、徳島市出身の猪子寿之氏率いるチームラボのデジタルアート作品展示を中心に、

一般公募などさまざまな作品を徳島市内で見ることができます。

オフィシャルサイトはこちら>http://tok-led-artfest.net

 

出展作品のうち、公募作品「街の灯り」に阿波和紙が使用されています。

作家は早渕太亮さん。

使用紙はW-1 典具帖民芸紙 白です。

 

木枠で組まれたビルや家々が連なる街並みに和紙が貼られ、LEDの光に照らされています。

接着剤はボンドや糊を使用。特に典具帖は紙が薄いので、きちんと貼るのに苦労したとのこと。

それでも繊細な和紙の風合いを出すために、この紙を選んでくださったようです。

 

人影が浮き上がり、どこか温かい雰囲気。

LEDは色味の違う2色が使用されています。

 

画面真ん中あたりの、手前に出てきている三角屋根がW-1 典具帖、その横の四角い建物が民芸紙 白です。

民芸紙の方は簀の目が見えますね。

典具帖の方が薄いので、民芸紙よりもより光を透かしています。

 

全体像。背後と側面の鏡に、周囲の街の灯りも写り込みます。

一番目と二番目の写真は横から覗き込んで撮影したので、

鏡に映って延々と街並みが続いているように見えているのです。

 

鑑賞する人たち。

 

そしてお気付きの通り、野外に展示された作品です。

野外で和紙?!という感じですが、防水スプレーをかけて湿気の対策はしているそうです。

(それでも雨がまともに降るとダメージを受けるので、雨の日は屋根がかかる予定とのこと。)

 

コンセプトなど、作品の詳細はこちら

会期は今月25日まで!18時から22時までの開催です。

暖かくしてぜひお出かけくださいね。


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

検索する