HOME > アワガミファクトリーだより

【開催中】「阿波紙と版表現展2016 - 東京造形大学×RISD - 」

こんにちは、クドウですエリザベス

 

開催しました!!

 

「阿波紙と版表現展2016   - 東京造形大学×RISD - 」

http://printshow.awagami.jp

 

この度、アワガミファクトリーでは「阿波紙と版表現展2016 — 東京造形大学×RISD」を開催致します。

私共は、アートの素材としての和紙の可能性を探り、より幅広い層、幅広い表現へ向けた素材の開発と周知をひとつの柱としながら、中でも教育機関との連携を通じ、若手アーティストに和紙がより馴染み深い存在となることに期待を込めた活動にも注力してまいりました。

この度は、東京造形大学及びRISD(Rhode Iland School of Design)の関係の気鋭のアーティストによる「アワガミ エディショニングペーパー」を用いた版表現をご覧頂きます。 

 

本展は1期として徳島の和紙会館、2期に東京の文房堂ギャラリーを巡回致しますが、まずは1期がスタートしましたキラキラ

 

【第1期】
会場:一般財団法人 阿波和紙伝統産業会館 展示室 
 

会期:2016年12月17日(土)〜2017年1月9日(月・祝)
開館時間:9:00〜17:00  休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

 

搬入からオープニングに際して、東京造形大学より生嶋順理先生をはじめ出展の皆さんがはるばる和紙会館までお越し下いましたちゅん

PC181237.JPG

 

オープニングやワークショップなどにもご協力頂きましたが、その様子はまた追々エリザベス

まずは会場風景を少しご案内しますひらめき

 

「アワガミエディショニングペーパー」シリーズは、伝統的な和紙の主原料のほか、竹やコットンなどの非木材繊維も用い、素材の違いによる表情と風合で10種類のラインナップで構成しています。比較的小振りな規格に統一したことで、選びやすさと気軽さイメージし、エディション制作に使われることへの思いから「アワガミエディショニングペーパー」と名付けました。

 

PC181351.JPG

 

PC181322.JPG

 

比較的小振りな紙なシリーズなので寂しくないかな...と少し気掛かりだったのですが、心配無用でした手

 

PC181356.JPG

 

今回、東京造形大学からは8名、RISDからは11名が出展下さいましたおじぎ

 

PC181336.JPG

 

今回、日米2校による出展ですが、レイアウトは敢えて分けずに、バランスを見ながら調整されています。

 

PC181342.JPG

 

そして年をまたぎまして1月後半の2期、文房堂ギャラリー(東京)での最終日には、RISDのダニエル先生も参加の出展アーティストによるゲストトークの開催も予定していますちゅん


【第2期】
会期:2017年1月23日(月)〜1月28日(土) 10:00〜18:30(最終日 17:00)

会場:文房堂ギャラリー  101-0051 千代田区神田神保町1-21-1
http://www.bumpodo.co.jp

■1/28(土)15:00〜16:30:出展アーティストによるゲストトーク

 

ぜひいずれかの会場に足をお運び頂きたいですビックリ!

こちらでも、第オープニングイベントの様子や出展作品についてを続けてレポートしていきたいと思いますさようなら

 

 

最後になりましたが、本展開催にあたり、アーティストの人選及び各種調整について、東京造形大学の生嶋順理氏、RISDのDaniel Heyman氏に多大なご協力を賜りました。

この場をかりて厚く御礼申し上げます。

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

検索する