HOME > アワガミファクトリーだより

斎藤 隆仁さん「樹の写真」アワガミ和紙との一体感

オンラインストアの山岡です。

今日は、「樹の写真」を撮影されておられる斎藤 隆仁さんをご紹介します。

 

作品を見せてくださいとお願いしたところ、

 

●窓ガラスにひっつき虫でつけて撮ったもの

●黒の台で撮ったもの

●寄りで撮ったもの

 

の3パターンの比較写真を送ってくださいました!

 

 

 

             「瀧原宮のヒノキ」(三重)

 

 

 

                                           

 

             「加茂の大楠」(徳島)

 

 

                                               

 

            「宝生院のビャクシン」(香川)

 

 

                                   

 

 

すべて「A.I.J.P. 雲流」のA4サイズにプリントしていただきました。

 

斎藤 隆仁さんが、和紙をお使いいただいた感想を聞かせてくださいました。

 

 「樹の写真」と「アワガミの和紙」との一体感があり、「自然を表現する」ことに適していると思っています。

 また「雲流」の繊維が良い感じで、「樹の肌」や「背景の空」の雰囲気を創り出してくれます。

 そして写真の後ろから光を当てることで、光を透かして違った表情をしてくれるので、面白いと思います。

 実際に飾ると、1日を通して違った表情を楽しめます。

 

 そんな理由で、アワガミさんの和紙を使っています。

 自分の中では、「和紙にプリントする」以外は考えられないです。

 

樹を表現するのに、雲流繊維のやわらかさがより一層、温かみをもたせているように思います。

ぜひ、今後も「樹のぬくもり」を和紙で表現してください。

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

検索する