HOME > アワガミファクトリーだより

【和紙作りの現場から】『日本料理 かんだ』の手漉き和紙酒ラベル

こんにちは、クドウですエリザベス

和紙会館に寄ると、何かおもしろそうなことやってないかなーと観察するのですが、タイミング良くやっていましたちゅん


「日本料理かんだ」のオリジナル酒ラベルを漉かせてもらっているのは同僚が書いたブログで知っていたのですが

 

▼『「日本料理かんだ」の手漉き和紙酒ラベルを制作いたしました』

http://awagami.jugem.jp/?eid=1237

 

漉く現場を初めて目撃レッド

オリジナルの透かしが入っているんですキラキラ

PB020067.JPG

 

流し漉き自体は珍しくも何ともなく

PB020046.JPG

 

オリジナルの透かしを漉くことも、そう多くはないけれど、まぁ時々あるかな

PB020112.JPG

 

とか思いながら見ていたら、1枚伏せた後で

PB020116.JPG

 

こんな帯状のものを重ねているのですゆう★

PB020088.JPG

 

何やってんのこれー!?と聞いたら、ラベルの文字が入る正面部分を、透かし部分よりちょっと厚くするために、その帯部分だけ2枚合わせで漉き合わせているのだそうなびっくり

 

PB020064.JPG

 

.....と先のブログにも書いてあったけれど、なるほど、こういう事だったのね・・・

 

PB020060.JPG

 

手間かけたことやってるのね....と、自社の仕事ながらちょっと感心ちゅん

ちなみにこちらのご依頼の取りまとめと現場指示は、先日、県の無形文化財の保持者として認定されました藤森洋一が担当しています。

 

和紙会館では、特注の手漉き和紙のご依頼を比較的多くお請けしているのではないでしょうか。

来館者が製造現場を見られるような作りになっているので、企業秘密も何も丸見え的なのがいいところというかえへ

 

また変わったことをしていたらレポートしたいと思いますエリザベス

以上、本日の和紙会館でした!!


コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

検索する