HOME > アワガミファクトリーだより

【レポート】手漉き和紙研修会2日目☆ウィスコンシン大学 スタウト+3

こんにちは、クドウですエリザベス


研修会も2日目に突入しましたビックリ!



まずは昨夕に煮熟をした楮を釜揚げ。

P6082200.JPG


かるくアク抜きを行い、水より作業に進みます。

煮熟により柔らかくなった楮の皮に残る傷や芽など塵となる部分を取り除く、という作業です
OK


P6082208.JPG



慣れない作業は腰にきますねー
・・・


P6082220.JPG



お昼までに終るかしら...と思っていたのですが、皆さん手際が良くて昨日からどんどん作業が前倒し出来ています
手


P6082209.JPG


「近頃の若い者は...」とかいう言葉がありますが、アワガミに研修にくる学生さんはみんな真面目で熱心で可愛らしいんですよー
ちゅん


P6082217.JPG



順調に水よりも終了したところでランチタイム
ランチ



続いて午後は打解に進みます!!


P6082225.JPG


晴れてたら外でしたかったところですが、あいにくの雨天につき館内でパカパカ 
パカパカ パカパカ パカパカ。


アルカリによる煮熟で繊維同士をくっ付けている物質を溶かし出された状態の楮の皮は、打解により衝撃を与えられる事で、1本1本にほぐれるのですエリザベス


P6082224.JPG



これも順調に進行ー
ビックリ!

優秀ーーーーキラキラ手




旗みんながパカパカしていた本日、手漉きの現場では西川さんが何やら皮剥ぎ。

まだ青皮が青々としているのは雁皮ですねー
びっくり


雁皮は栽培が難しいため山野に自生しているものを生剥ぎして皮の収穫をするそうですが、これは剥いでまだ日がさほど経っていない状態なのでしょうか。

いつもももっと乾いた雁皮しか見た事がなかったので、珍しくてパチリ
レッド

P6082235.JPG




そして作業はトントン進み、ブレイクタイムからいきなり理事長の講義に突入し
ゆう★


P6082239.JPG



その流れのまま、紙漉きのデモンストレーションが始まりました 
ゆう★ ゆう★ ゆう★


P6082246.JPG



何名かには実際にトライしてもらいました
!


P6082301.JPG



初めてなので手が慣れるまでは少々ぎごちないですが、すぐ慣れるハズです
手



P6082290.JPG


明日からはいよいよ全体で紙漉きがスタートします
わーい


お疲れさまでしたビックリ!




......と言いたいところでしたが、体力を使った本日は夜もセミナーがあったんですねーえへ


皆さんの宿まで追いかけていき、夕食後に集合ですちゅん

(アワガミは働くのもなかなかハードですが、研修生にも容赦ありません)




これまでの復習と予習
勉強

そして紙に使われる繊維と紙の保存性についてを、ざっくりとワタクシから約1時間お話させてもらって、ようやく本日の研修は終了です!!


今日は皆さんよく寝れそうだということですちゅん



続くさようなら

 

コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

検索する