HOME > アワガミファクトリーだより

和紙で寿司!?!?

こんにちは!
山岡です。

アワガミの和紙は、いろんなところで、いろんな用途で使われています。
今日はアワガミを使ったちょっぴりユニークな「実例」をご紹介させていただきますね。
寿司

こちら、和紙で作った「お寿司」です!

実は、アワガミのお得意先のNミックさまより、依頼をいただき、「回転寿司屋さんのディスプレイに使いたい」とのことで、お寿司を作ることになったのです。
なぜ、素人の私に〜?と、びっくりしましたが、なんとかなるだろう、とありがたく引き受けました。

ところが、甘かったあせあせ まずは、資料集め。配達される寿司屋のちらしを片っ端から集め、寿司の研究見る
まず、中身=しゃりは、発泡スチロール。なぜ、発泡スチロールなのか、というと、「軽いから」。お店の壁面に貼るので、重いと落ちてしまうだろう、と発泡にしました。

しゃりは、ネタで隠れて見えなくなるので、適当に削って作りました。問題はネタ!
ネタは、紙粘土(これまた軽いので)を使いました。ちらしを片手に、紙粘土に和紙を切っては貼り、丸めては貼り、美味しそうに見えるように、ニスを塗ったり、、、と四苦八苦して作った寿司を見て、主人にひとこと、「まずそう…」
それでは、いかん!美味しそうでなければならないのです!
息詰まった私を見て、寿司好きの主人は、「寿司食いに行こう。研究、研究。」と私の寿司作りに便乗して何度か寿司屋に通いました。

その甲斐あってか、ようやくコツが掴めてきて、難関だった「えび」「たこ」を終え、10点近くの和紙寿司が出来上がりました祝

寿司2

めでたく、大阪難波シティにあるお寿司屋さんに飾っていただきました。
オープニングの日、お招きいただき、たらふく食べたお寿司の味は忘れられません
悲しい

私のお寿司だけでなく、(本当はこっちがメイン?)アワガミの和紙も店舗内装に使われました。


アクリルの柱の中に、透かし模様が入った和紙を貼り込み、中からライトを当てて、透かし模様を浮かびあがらせています。お店の開店とともに、灯りをつけると、ぽっひらめきと明るく照らされる光りの柱です。


コメント
こんにちは。前にそちらで、和紙を購入させて頂き、とても素敵なお茶券が出来上がりました。
有り難うございました。

今回、紙粘土に和紙を貼った作品を、私(荒木)も製作したいと考えていますが、お寿司の作品が上手で驚きました。
すみません、和紙の注文ではないのですが、
・紙粘土は、何が使いやすかったか?
・粘土に和紙を貼る前に何かニスなどを塗ったか?
・糊は何を使用したのか?

等、お暇な時に、教えて頂けたら嬉しく思います。
お店で、数人を集めて箸置きを製作したいと思っているんですが。。

よろしくお願いします。

芙蓉堂 荒木
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

検索する