HOME > アワガミファクトリーだより

【レポート】第32回☆手漉き和紙研修会 1日目

こんにちは、クドウですエリザベス



徳島の夏といえば阿波踊りですが、


アワガミの夏といえば、手漉き和紙研修会
ちゅん!!




いよいよ本日からスタートしました!

今年は16名の参加者のうち12名が海外からという、超国際的な研修会となりましたゆう★



連日夜まで予定ぎっしりなので、ざっくりレポートとさせてもらいますえへ



13時に集合の後、まずはオリエンテーション。

先生は今回も理事長の藤森洋一が務めさせて頂きます
筋肉






自己紹介等の後は、早速作業に移りますよー
!!


徳島はここのところ雨続きでしたが、今日はようやく回復の兆しお願い

今日と明日の作業はテントの下で行います。






1人500gの楮の黒皮が支給されます。

これを自分で原料処理をして、紙漉き、乾燥までの行程を体験して頂きます。





まずは黒皮削り。

ナイフで表皮の黒皮と青皮を削り取り、白皮づくりをしてもらいます。





みなさん、ただ黙々と削るの図。





雑にすると後で水より(塵取り)の時に手間がかかるし、削り過ぎると紙漉きに使う原料がどんどん少なくなっていくので、ここは加減が難しいところ。






次なる行程の煮熟のお釜がスタンバイ中
ひらめき





今日は途中何度か雨にも降られましたが、なんとかテントの下で作業が出来る程度で済みました
・・・





ちょこっと延長しましたが、手が早い人が他の人をサポートしながら、無事に本日の予定終了ー
わーいわーい



.....ではなく、宿に戻って夕食をサーっと食べてもらったら、19時から続けて夜の講習があるんですねーちゅん

ええ、毎夜 ゆう★



ワークショップの日は夕食後に和紙会館に戻って来てもらうのですが、今日は座学なのでスタッフが宿まで追いかけました走る走る走る


本日の担当はクドウにより、和紙の原料や漉き方の技法、明日からの行程の説明を中心にお話&質疑応答させてもらいましたエリザベス


今年の研修生は積極的な人が多く、話をしている最中から質問がバンバン飛んで来ておりますだりあ



明日からの行程も楽しみなところですちゅん



明日は、本日の楮をアルカリの液で煮熟するところからスタートですビックリ!



続くさようなら


 

コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

検索する