HOME > アワガミファクトリーだより

行ってきました☆女子美で紙漉 2014

こんにちは、クドウですエリザベス



レポート遅くなりましたがお届けしますキラキラ



7月25日、26日と、女子美術大学の授業で紙漉きのワークショップに参加してきましたわーい


前回伺ったブログを探してみたら、2009年でしたびっくり

2009年て、もう5年前ですねぇ...ちゅん



旗女子美で紙漉き
http://awagami.jugem.jp/?eid=334


旗女子美で紙漉き The Movie!
http://awagami.jugem.jp/?eid=341

むむむ...・・・

矢印ムービーの載せ方を覚えたとか書いているけれどこの記事を書いた事自体覚えていないだりあ




この時は、オープンキャンパスに合わせての授業でしたが、今回は版画&日本画の合同授業でした手

そして、今回も指導は理事長の藤森洋一が務めさせて頂きました筋肉



前のブログにも書きましたが、女子美の設備は商品が作れてしまいくらい機材も整っていて、驚いてしまうのが、流し漉きの道具がいきなり二三判(約97×64cm)でバーンと用意されているところなんですねー。。

和紙会館でする手漉き和紙研修会ではこの半分のサイズなのですが、それでも四苦八苦する研修生は多いのです大泣き



しかーし!

見て実践することに長けている女子美の皆さん、今年も覚えは早かったビックリ!



藤森先生も熱が入っておりますゆう★


意識して頂きたいのは、ひらめき水を汲んだら簀(す)の上に平均に水を行き渡らせることですね。




ひらめき水を汲み込む角度も大事です。




ひらめき手前で汲んだ水は、簀の上で揺りながら徐々に前へ前へ腕を伸ばしながら向こう側へ移動させて、次の動作に移ります。








ちょっと休憩。

こういう見所が随所にあって、美大行くの大好きエリザベス





我らが休憩の間も、生徒さんは頑張って漉いておりましたよーキラキラ

上手に漉けたら、どんどん伏せ重ねていきまーすOK





間に紐を挟めて、そのヒモに各自の名前を書いた札を付けて、あとでどの紙が誰のものかが判るようにします。





2日目経つと、漉けた紙を伏せた紙床(しと)もだんだん高さを増してきました。


そして、ジャッキを使って少しずつ圧をかけて、ゆっくり脱水していきます。





私たちの授業はここまでおじぎ

週が明けてから、脱水出来たものを皆さんが板張り乾燥される予定です。

追って状況を伺ってみましたら、上手に出来上がっている様子でした手





女子美のワークショップは藤森理事長にもどうやら楽しいらしく、「疲れた。あんた見といて」」とか行って行方不明になることもなくゆう★、2日間ほぼ現場に居っぱなしで、少々覚悟してついていってたのでちょっとビックリわーいわーいわーい



しばらくは今回覚えられた皆さんが精進を重ねながら、後輩にも指導されていかれることと思います。


今回は、版画科学科そして日本画学科の先生および助手の皆さんには、たくさんのお気遣いを頂きまして本当にありがとうございましたおじぎ



年月経って忘れてしまった頃に、またぜひお声掛け下さいませーさようなら !!








 

コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

検索する