HOME > アワガミファクトリーだより

特別研修会 カンザス大学編 その3

こんにちは、クドウですエリザベス



研修会も4日目を迎え、今日は朝から紙漉きです筋肉



最初に藤森先生から、簀(す)にまつわるお話を。





漉く紙の厚さによって竹ヒゴの太さが変わることや、竹ヒゴを編む糸の太さやその間隔についてとか。

雁皮の紙は簀に紗を張って漉く事が多いので簀の目や糸の目が見えないんですよ、などなど。



こちらは
↓その紗に柿渋を塗った後に簀に糸で縫い付けた、雁皮用の簀ですねーびっくり





簡単なレクチャーの後は実技スタート
!!



黙々とひたすら鍛錬あるのみエリザベス





ちょっと肩に力が入って抜けないのですが、紙はきれいに漉き上げています
手





彼女も今晩は筋肉痛に違いありませんちゅん

途中で「1時間に1枚しかきれいな紙が出来ないー」と一時スランプに陥っていましたが、最後はまた復活しましたOK




きれいな紙が漉けたら紙床(しと)に伏せていきます。






お昼の後は息抜きに一閑張りのワークショップを
筆

今日は竹ザルに和紙を貼るところまでで、明日に乾燥が出来てから柿渋を3回くらい塗り重ねるそうです。





さてさて続きー
!





今日漉き上がった紙は枚数的にはわずかなのですが、ひとまず脱水をして、明日の午前中に乾燥をしてみます。


厚さは適当だったか等のチェックをして、続けての紙漉き作業に反映させます
レッド






みんな、途中で「何枚できたー?私まだ3枚ー」とか尋ね合ってかわいいんですよー
♪





そして作業中は真剣
ビックリ!





今晩は夜のレクチャーはお休みです。


お休みにしといて良かったかも
・・・



筋肉痛を感じながらもイメージトレーニングに勤しむではないかと思っていますちゅん



続く手
 

コメント
コメントする








   

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

検索する