HOME > アワガミファクトリーだより

藍染め教室がありました♪〜ろうけつ染め編〜

皆さまこんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

 

今日は、藍染め教室が行われました♪

 

 

今年度で早くも4回目となり…

今回は「ろうけつ染め」が行われました。

 

藍染めをした事がない方は、

「ろうけつ染め」って…??

と疑問に思われた方もいらっしゃるかもなので、

少しご説明をしますね♪

 

 

 

ろうそくのろうです!

溶かしたものを、筆などで…

 

 

このように布に描きます。

 

 

しっかり固まるのを待ってから

 

 

布を濡らします♪

 

 

これだけでも何故か美しい…

 

 

水が切れたあとは、いよいよ染めます!

布が中で折れ曲がらないように慎重に入れます…

 

 

そして五分後…♪

 

 

しっかり染まっていて、ろうで描いた部分だけが染まっていませんね!

そう、これが「ろうけつ染め」のろうの効果なのです(^^)

この原理を利用して…

 

 

洗い流すと緑色が鮮やかな藍色に…!

 

 

きれいです✨

 

 

不思議な模様ですが…

藍染めと縁のある由来が込められた文字だそうですよ。

素敵です!

 

今回初参加の方がいらっしゃったのですが、

気軽で楽しかったそうです(^0^)やったー

 

…皆様も、やってみたいですよね…!?

実は!藍染め体験教室を行います!!!

 

藍染め体験教室 〜藍染めを楽しむ〜

開催日時:2018年10月14日 10:00〜14:30

 

☆ろうけつ染めランチョンマット

参加費:1,300円(材料費込み、入館料別途)

講師:橋本順子氏、浅井陽子氏

 

☆藍の布でブローチを作ろう

参加費:1,000円(材料費込み、入館料別途)

講師:大倉敏江氏、田中利枝氏

 

上記コースをお選びください。

持ち物:お弁当、ゴム手袋、汚れても良い服装でお越し下さい。

対象:小学生のお子さまでもご参加いただけます。

定員:10名まで

 

〜ご予約・お問い合わせ先〜

阿波和紙伝統産業会館

TEL0883-42-6120

FAX0883-42-6085

 

もちろん、普段の藍染め教室も現在参加者さま募集中です。

藍染め教室を体験したい方必見です!

 

皆様のご参加お待ちしております。

 

 


日本画・水干(すいひ)絵の具を使って和紙に描いてみよう!ワークショップがありました♪

皆様こんにちは、阿波和紙会館 事務局です。

 

先日、

「日本画・水干(すいひ)絵の具を使って和紙に描いてみよう!」

のワークショップが行われました。

 

 

どんなワークショップになったのか、ご報告したいと思います(^^)ノシ

 

それでは見てみましょう…♪

 

 

 

 

参加者さまに、実物の花や果物、野菜などを持って来ていただきました。

実物にしか見られない花の表情や、色彩がとてもにポイントなのですね。

 

 

完成!

 

次はいよいよ、絵の具を作ります。

 

 

まずは中川先生の説明を。

皆様興味津々です…。

 

 

つぶして粉末になった水干に膠(にかわ)をまぜます。

そしてよーく指でときます。

最後に水も調整しながら加えます。

 

さぁ、参加者さまもチャレンジです!

 

 

実物の題材の色彩を確認しながら…

 

 

膠を入れてときます。

 

 

今度はいよいよ、着彩に入ります!

 

 

おぉ〜✨

鮮やかです。

 

 

本物みたいで美味しそう…(笑)

 

 

普段使っている水彩絵の具と違って、深みが見られます。

 

参加者さまに絵の具を実際に作った感想を聞いた所…

 

「めんどくさい!」😹笑

 

との意見がっ…!!

 

でも

 

「初めての体験で楽しかった」

 

とのお言葉をいただきました☺️

 

自分だけの素敵な作品が完成して良かったですね。

 

ぜひおうちで飾ってくださいね!

 

和紙会館では夏休みに向けてまだまだたくさん!なワークショップが開催されます。

詳しくはイベント情報まで♪

 

参加者の皆様お疲れ様でした。

また阿波和紙会館に遊びに来て下さいね✨

 

 

 


ワークショップ『カラフルなオリジナルの灯りを作ろう!』が行われました♪

皆さまこんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

 

先日、早渕太亮先生によるワークショップ『カラフルなオリジナルの灯りを作ろう!』が行われました。

 

ではいってみよー👍

 

 

 

この日は大雨でしたが、おかげさまで定員いっぱいとなりました☺️

 

灯りに使う和紙は民芸紙 白

にじみまないので使いやすいそう。

 

そして!透明絵の具の登場〜✨

 

 

 

 

ライトアップされて綺麗ですね〜♥️

 

 

 

 

梅皿に透明絵の具をとって…

 

 

 

 

和紙にデザインします!

 

 

 

 

するとあら不思議…

 

 

 

 

和紙が透けるのです✨

 

早渕先生に

「なぜ透けるのですか?」

と聞いた所…

「企業秘密です☺️」

とのこと(笑)残念!

 

灯りは100均のろうそく型LEDを使いました。

枕元に癒しを演出してくれますね!

スタッフもほしい〜〜〜

 

 

 

3さいの参加者さんの作品。

アーティスティックなデザインで素敵ですね☺️

とってもよくがんばりました🌸

 

 

参加者の皆様、ありがとうございました。

また阿波和紙会館へ遊びにきてくださいね!

 

和紙会館では今年も夏休み子どもワークショップを開催します!

詳しくは阿波和紙会館イベントをチェック👍

 

 


和紙ちぎり絵体験教室がありました♪

皆様こんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

 

昨日、和紙ちぎり絵体験教室がありました。

 

 

今回、多数応募があり大変賑やかなお教室となりました♪

和紙ちぎり絵の作品に囲まれながら、スタートです!

 

 

皆様、経験者の方でしょうか…非常にお上手です。

 

 

色合いが夏らしくて素敵ですね!

 

 

和紙会館でのお教室は、普段は奥に見える図書室で行っているのですが、

今回は展示室でお願いさせていただきました。

いつもとは違った雰囲気で良い感じです♥️✨

 

 

こちら和紙会館のお教室の生徒さまの作品。

年期が入って素晴らしい大作ですね…!

 

毎月2回、第1金曜日と第3金曜日の午後13時より、

和紙ちぎり絵教室を行っております。

詳しくはこちら↓

 

http://www.awagami.or.jp/hall/event/index.html

 

現在も受付中でございます。

ぜひぜひご参加くださいませ。

お申し込み先は阿波和紙伝統産業会館まで♪

TEL0883-42-6120

 

 

 

皆さまとっても素敵な和紙ちぎり絵が完成しましたね!

スタッフも習ってみたいです…☺️✨

 

ぜひおうちで飾ってくださいませ。

参加者の皆様、ありがとうございました!

また阿波和紙会館へ遊びにきてくださいね。


【レポート】阿波和紙特別研修会 〜 紙漉き編 〜

こんにちは、クドウですエリザベス

 

昨日に引き続き「阿波和紙特別研修会」の2日目開催キラキラ

今日は和紙会館にて紙漉きを体験してもらいます!!

 

はじめに作業内容の確認と、藤森理事長より和紙の歴史についてのお話を本

P1210001.JPG

P1210006.JPG

 

続けて現場へ走れー!

本当は昨日収穫した楮を原料にして紙漉きが出来たら良いのですが、時間的に無理があるため、あらかじめ用意した楮を用意させてもらいましたお願い

P1210035.JPG

 

希望者には、和紙への藍染めも手

こちらの指導は藤森美恵子が担当させて頂きましたエリザベス

P1210013.JPG

 

こちらは段染め。

 

子供チームは絞り染め。

思い思いの絞りを施した和紙を、藍の中に浸しながら染めていきます。

藍液の冷たさと独特のにおいがツラかった様子が伺えます・・・

P1210030.JPG

 

紙漉きも藍染めも水仕事なので、冬場の作業はツラいのですよちゅん

これもまた体験学習ということでえへ

しかし出来上がった自分だけの和紙には満足頂けたのではちゅん

P1210052.JPG

 

紙漉きチームきらきら

皆さん時間いっぱい、たくさん漉かれた様子ですOK

P1210049.JPG

 

いい笑顔、ありがとうございますわーい

 

あっという間でしたが天気にも恵まれ、比較的過ごしやすい2日間だったと思います晴れ

皆さん楽しんで頂けたでしょうか!?

 

初めて当地に来られた方、過去に手漉き和紙研修会に参加してくれたことのある方(なんと3名!)、和紙会館ショップに何度かお買い物に来られたことがある方などなど、様々な参加者の方がお集り下さいましたが、スタッフ一同も楽しい時間を一緒に過ごさせて頂きましたわーい

またぜひ何度でもお会出来るご縁が続けばいいなぁと思っていますにっこり

 

この企画、楮畑がある限り次年度以降も続く見込みですビックリ!

また来年、和紙作りにご関心のある多くの方々のご参加をお待ちしています手

 


【レポート】阿波和紙特別研修会 〜 楮・三椏刈取り編 〜

こんにちは、クドウですエリザベス

アワガミでは10数年前から小さいスペースですが楮と三椏を自家栽培をしていまして、安定的に育成するようになってきたことから、その楮と三椏の収穫をお手伝い頂きながら、2日目は紙漉き体験も楽しんでもらうという2日連続のワークショップを開催していますエリザベス

 

旗阿波和紙特別研修会

http://washi.awagami.or.jp/hall/event/browserecord.php?-action=browse&-recid=187

 

スタートした頃は、実はほぼ三椏の栽培をしていたため、その時に名付けた講習名が「三椏刈取り十字軍」ゆう★

現在の栽培の主体はほ楮ですが、なぜか通称はそのままで各所でご案内をしていますがご容赦ください・・・

 

本日はその1日目キラキラ

楮と三椏の刈取り、そして皮剥ぎ講習を行いました。

世界から(!)20名近い参加者が集まりましたきらきら

 

まずは楮畑に集合ー!!

P1200010.JPG

 

刈取り指導は、この研修には欠かせないアワガミスタッフの出葉(では)さん筋肉

出葉さんは年間を通じてこの畑の管理をしてくれています。

P1200013.JPG

 

根本から5cmくらい残した状態で、ノコギリなどで刈っていきます。

春には同じ株から芽が出て1年後にはまた収穫出来るくらい、楮は成長は早いのですすごい

P1200020.JPG

 

4m以上には成長していますびっくり

 

ある程度収穫出来たら、釜に入れるために一定の長さに切り揃えてもらいます。

P1200040.JPG

 

ここからは2人ペアで、押切でカット包丁


 

どちらもなかなかの重労働_| ̄|○

P1200046.JPG

 

カットした楮は縄でくくって蒸し器のある作業舎まで移動します。

軽トラで2往復くらいしたでしょうかちゅん

 

実はお正月休みの間に、理事長や出葉さんたちにより、畑の半分くらいは既に刈る作業が進んでいましたので、現在アワガミの畑で収穫できる楮はこの写真の4倍くらいはてな

 

そして釜入れ!!

ステンレスの箱状の蒸し器に楮を詰め、蒸気で蒸し上げていきます。

温度が上がってきたら1時間少々で蒸し上がります時計

 

蒸し上がりーOK

 

蒸すと楮の皮がキュッと縮まり、中の芯が浮き上がってきます。

この黄色っぽい芯と外側の茶色い表皮の間の靭皮(じんぴ)部分が和紙の原料となりますちゅん

P1200142.JPG

 

そして、芯と靭皮とが容易に剥がれやすくなるのです。

こう見ると、和紙の原料に使える部分って、ほんと僅かですね汗

P1200125.JPG

 

皮が剥けたら、柔らかいうちに茶色い表皮をかるく剥がしてもらいます。

出葉さん製、黒皮落とし機にてちゅん

P1200101.JPG

 

無心で剥ぎ、黒皮を落としますお願い

P1200116.JPG

P1200120.JPG

P1200122.JPG

 

今回参加された方々は、和紙作りや伝統産業に興味があり参加された方やご家族で来られた方などなど。

近くは隣町、遠くはオーストラリアからゆう★

P1200147.JPG

 

何度目かの蒸し上がりの釜を開けたら、何やら赤いものが...レッド

P1200132.JPG

 

芋でした ゆう★ 

P1200137.JPG

 

剥いだ皮は小束にして干して乾燥させ、適宜青皮部分を削って白皮作りをします。

アワガミではこの自家栽培の楮は、富士楮という名前の修復用和紙の製造に主に利用しています。

P1200150.JPG

P1200151.JPG

 

明日は和紙会館で紙漉き講習へと続きますキラキラ

お疲れ様でした!

 


デザインはがきワークショップ☆レポート

皆さんこんにちは!

和紙会館事務局です。

 

昨年12月24日に、

スペシャルはがきを作って第29回小学生によるデザインはがき展にチャレンジしよう!

のワークショップが開かれました。

 

 

クリスマスイブにも関わらず、

たくさんの参加者さまが集まって下さいました!

その様子をちょこっとだけご紹介…!

 

 

可愛く描けていますね〜

 

 

先生が用意したラメや綺麗な飾り付けをしてみたり…

 

 

お正月にちなんだ干支(戌)の作品が並びます。

 

 

皆さん思い思いの素晴らしい作品が仕上がりました。

楽しいお絵描き教室になりましたね。

ご参加いただきました小学生の皆さん、保護者の皆様、

ありがとうございました♪

 

 

 

 

 

そして!いよいよ今月27日(土)より、

 

第29回小学生によるデザインはがき展

 

スタート致します!!

 

お楽しみに♪

 

 

 

 


【第35回手漉き和紙研修会】3日目、紙漉きスタート。

こんにちは、クドウですエリザベス

 

手漉き和紙研修会、3日目レポートキラキラ

いよいよ紙漉きスタートしましたちゅん

P8180183.JPG

はじめは水の汲み方、簀桁(すけた)の動かし方に戸惑う人が多かったですが、半日で次第に慣れた様子です手

 

紙漉きでは勤務22年目のベテラン、原田賢美(はらだ さとみ)もサポートで登場。

P8180128.JPG

 

P8180171.JPG

 

1台の漉き舟を2人ペアで利用してもらいますので、ペアの動きもよく観察してお互いにアドバイスする光景もよく目にしましたエリザベス

P8180173.JPG

 

P8180192.JPG

 

P8180208.JPG

 

今日はとにかく練習筋肉

明日は自分たちで処理をした楮を原料とした紙漉きをしてもらいます!!

 

1日漉いたらさすがに疲れたのではないかと思いますが、やはり容赦なく夜も講座が続きますちゅん

本日は、スタッフの高田友季子による「和紙の染め」きらきら

 

雪の花の結晶のをイメージさせられる雪花染め(せっかぞめ)という折り染めを体験してもらいますキラキラ

P8180241.JPG

 

1人7枚、染めてもらいます。

まずは和紙を蛇腹に折り畳んで、

P8180265.JPG

 

染料液に浸けて染めていきます。

P8180250.JPG

 

折った和紙を広げると幾何学的な模様が出来ている、というわけです手

P8180283.JPG

 

この中から1枚は、明日の和帳作りの講座で、表紙用として使います本

P8180307.JPG

 

P8180274.JPG

 

皆さん、納得のいく染めが出来たでしょうか!?

P8180300.JPG

 

出来たみたいですわーいきらきらキラキラ

P8180304.JPG

 

いいですねー、壮観ですねーキラキラ

P8180310.JPG

 

P8180313.JPG

 

紙漉きは明日までで終了し、明後日は乾燥まで仕上げてもらいますゆう★

あと2日ビックリ!

 

続くさようなら

 


【第35回手漉き和紙研修会】スタートしています!(1〜2日目)

こんにちは、クドウですエリザベス

 

お盆休み明け、和紙会館では早速に夏の恒例「手漉き和紙研修会」を開催していますキラキラ

今年の開催は16日から20日までの5日間。

まずは初日、2日目の様子をレポートしますエリザベス

 


旗1日目

13時集合、まずはオリエンテーションからスタートしますにっこり

理事長の藤森よりまずはご挨拶。

そしてスタッフ紹介、参加者の自己紹介などなど。

P8160003.JPG

 

今年は12ヶ国から20名の参加者が募りました手

しかも日本人はただ1人という・・・

ローカルにしてインターナショナルなのですちゅん

オリエンテーション後は早速に作業にうつりますDocomo119

 

まずは表皮の残った楮の黒皮、その下の青皮をナイフで削り取っていきます。

P8160010.JPG

 

この青皮をどこまで落とすか、または残すかで出来上がる紙の風合いは異なりますが、この研修会では白皮が見えるまで削ってもらいます。

P8160020.JPG

P8160025.JPG

 

1人500gを分配し5時までに終了する予定が少し残ってしまいました_| ̄|○

しかしこの後すぐに別の行程があるので、出来高で進みます!!

 

削った白皮をよーく洗ってもらい、この後でアルカリの薬品による煮熟を行います。

IMG_5354.JPG

削りたての白皮は水分を含んでおり、今回約12Kg。

この皮の乾燥重量の目分量で約15%のソーダ灰で煮熟します料理

 

アルカリの薬品で炊くことで、繊維同士をくっつけている繊維以外の物質を水に解かし出すのです。

すると、繊維の1本1本を取り出すことが出来るというわけですOK

IMG_5362.JPG

 

白皮以外の青皮部分も、白皮とは別で煮熟して原料として利用するので捨てませんよーエリザベス

IMG_5360.JPG

 

1日目は釜入れまでで昼間の研修は終了。

 

そしてハードワークでは従業員だけでなく研修生にも容赦がないアワガミ、夜もみっちり講習を行いますゆう★

今晩はスタッフのクレイグによる、和紙とアワガミファクトリーの活動についてのレクチャー。

皆さんの宿まで追いかけていって開催しましたちゅん

このペースで最終日まで続きます!!

 

 

旗2日目

煮熟が出来た白皮楮の塵取りを行います!

煮熟後の楮は柔らかくなっているので、扱いは丁寧に、細かい塵や固い傷跡などを取り除いていきます。

P8170009.JPG

P8170029.JPG

 

塵取りはけっこう手早く、お昼までを予定していたところ、11時には終了しました手

P8170031.JPG

 

よって、行程を前倒しして、続けて打解に!!

 

繊維同士をくっつけている物質はなくなっている状態なので、叩いて刺激を与えることで繊維が1本1本が離解するのですびっくり

今では多くの紙漉きではナギナタビーターで機械化している作業ですが、こだわりの一品には犲蠡任銑瓩鬚気譴觧挫呂篝宿覆發△蠅泙后

P8170070.JPG

この作業中、和紙会館周辺では楮を打つパカパカという音が高らかに鳴り響いています♪

P8170041.JPG

なかなかいい音ですが、けっこうなハードワークなのです筋肉

P8170052.JPG

 

これもスムーズに終了し、ようやく作業は和紙会館の中に移ります。

休憩を挟み、いよいよ藤森先生による紙漉きデモンストレーション!!

P8170080.JPG

この後には1人ずつ漉いてみて、明日へ向けての心構えを体感してもらいましたちゅん

P8170090.JPG

 

5時過ぎには現場は終了ーわーい

そしてこの日はこのまま和紙会館に留まってもらい、夜ご飯はお弁当で済ませてもらい19時より絵手紙の講座を開催。

指導は、和紙会館で絵手紙教室の指導もしていただいている絵手紙工房やじろべい主宰、嘉納美知子先生ですきらきら

 

まずは筆使いの練習から。

P8170094.JPG

P8170098.JPG

いい味の線描が出せたところで、まずは葉書を2枚。

P8170104.JPG

P8170105.JPG

P8170115.JPG

 

そして最後は、描いた和紙を団扇に貼ってもらいましたゆう★

P8170123.JPG

 

ええー、みんな初めてなのにすごい〜と先生も絶賛の仕上がり手キラキラ

P8170125.JPG

従来の絵画の描法とはまた違う技法、そして、気持ちを込めて描くという絵手紙にとまどわれた人もあったようですが、楽しんで集中してもらいましたわーい

P8170126.JPG

 

こんな感じの夜までコース、まだまだ続きます!

 

明日はいよいよ紙漉き本番!!

頑張ってもらいます!!!!


ウィスコンシン大学手漉き和紙研修会(夜のお楽しみ)

手漉き和紙研修会は5日間の凝縮プログラム。

スケジュールは夜までびっしりです。

 

6/22(木)3日目の夜は「雪花染め」をしました。

薄手の和紙を蛇腹にし、三角形に織りたたむ。

その頂点や辺を色染めすると、幾何学模様の色鮮やかな和紙のできあがり!

 

DSC01590.JPG

 

DSC01579.JPG

 

DSC01596.JPG

 

DSC01604.JPG

 

DSC01600.JPG

 

DSC01606.JPG

 

DSC01602.JPG

 

DSC01599.JPG

 

DSC01584.JPG

 

DSC01592.JPG

 

6/23(金)4日目の夜は徳島の夏、阿波踊り見学に行きました。

地元・高越連の練習に参加。

 

DSC01643.JPG

 

DSC01645.JPG

 

DSC01646.JPG

 

DSC01650.JPG

 

DSC01657.JPG

 

DSC01660.JPG

 

DSC01658.JPG

 

徳島ならでは、田舎ならではのイベントを増やしたいなぁ・・

 

 

ウィスコンシン大学の皆さん、弾丸スケジュールお疲れ様!

また徳島に遊びにきてくださいあ

 


| 1/4PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

検索する