HOME > アワガミファクトリーだより

三好 愛さん(イラストレーター)和紙に描く

こんにちは。

 

今日は、イラストレーターの三好 愛さんの作品をご覧いただきたく、というか、単なる自慢です!

 

アワガミファクトリーの和紙を使っていただいており、その自慢がしたくてブログにアップさせて

いただきました♪

 

        

 

        

 

        

 

 

こちらの作品には、「白鳳」を使っていただいております。

 

三好さんの作品は、本の表紙などに使われているのをよく見させていただいていますが、

原画のよさは、ご覧いただいた通り、なんとも味わい深い作品ばかりです。

 

アワガミスタッフにもファンの多い三好 愛さんなのですが、この度、三好さんのグループ展

が開催されるとのこと。

 

                           

 

                         

 

3人3様のこのグループ展は、今月31日から始まります。

ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

三好 愛さん 

Twitter:  https://twitter.com/344ai

Instagram:  http://instagram.com/ai_miyoshi/


五美術大学交流展の学生さん「白鳳セレクト」を使った日本画作品 紹介

みなさん、五美術大学交流展というのをご存知でしょうか。

 

関東5つの美大(多摩美術大学・武蔵野美術大学・東京造形大学・女子美術大学・日本大学藝術学部)に在学する全学年の学生を対象に、展示・運営を行う学生団体です。

https://twitter.com/gobi_ko

 

アワガミでは、次世代を担う学生さんたちに、材料提供をすることで応援していこう、ということで、和紙の提供をさせていただきました。学生のみなさんには、和紙を使っていただき、生の声をお聞かせいただけるので、私たちとしても大変ありがたい機会となりました。

 

今回、五美大交流展の山田さんにアワガミエディショニングペーパーより「白鳳セレクト」をお使いいただくことができました。

 

 

 

▼アワガミエディショニングペーパー

http://www.awagami.jp/products/fine/editioning/index.html

こちらは、10種類の紙が選べるエディション制作のための和紙です。

 

山田さんには、この「白鳳セレクト」を使った2作品の感想をお聞かせいただきました。

 

 崟弔ぬ椶両女」S0号

少女の絵、透明水彩で着彩。滲みがとても綺麗に表現できました。通常の水彩紙と比べ、少し絵具の乾きが遅いような感じがしました。滲みの表現にはとても適していると思います。墨による線描も描きやすかったです。

 

 

◆Lemon Curd」F0号

猫の絵、日本画材で着彩。胡粉下地を塗った後の作業はとても快適で、厚みもあって丈夫なので日本画用の紙としても良いと思いました。絵具の乾きも、日本画用の和紙(雲肌麻紙など)と比べて大差ありませんでした。

 

「白鳳セレクト」は日本画にとても適していると思います。

今回は、無料で和紙をお送り頂き、経済的に厳しい学生としてもたいへん助かっております。

 

と、ご感想をいただきました。

 

アワガミファクトリーでは、学生のみなさんを応援する「学割サービス」を実施しております。登録費は無料です。

簡単なお申込みで、一部和紙が定価の2割引になります。ぜひ、学生のみなさん、また,教職員の方もご利用下さい。

 

▼アワガミ学割サービスのお申込みはこちら。

http://www.awagami.jp/service/edudation/index.html

 

 


竹和紙水彩画用の作例いろいろ

みなさまこんにちは、高田です。

先日、#アワガミギャラリー 第2弾として、twitter上でこんな募集を行いました。

前回は画仙紙/宣紙でしたが、今回は竹和紙水彩画用はがきサイズを50名様にお送りしました。

原料に竹を用い、250g/m2と厚手で、表面は滑らかな質感が特徴の和紙です。

たくさんの作例をツイートしていただいているので、ご紹介します!

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます!

作例はこちらのモーメントにまとめています。他にもたくさんの作品がありますので、ぜひご覧ください。

 

竹和紙水彩画用は全紙の他、持ち運びやすいアートパッドも取り揃えています。

 


「竹和紙水彩画用」プレゼントキャンペーン!

みなさまこんにちは。

本日は「竹和紙水彩画用」プレゼントキャンペーンのお知らせです!

 

<和紙に絵を描こう!竹和紙プレゼントキャンペーン>

和紙に絵を描いて見せ合いっこしませんか?抽選で30名様に「竹和紙水彩画用」はがきサイズをプレゼントします。
この和紙を使って絵を描かれた方は、ぜひアワガミファクトリー公式Facebookアカウントに、ダイレクトメッセージで作品の写真を送ってください。集まった絵はアワガミブログやSNSなどでご紹介させていただきます!

 

【応募方法】
この投稿に

 屬いい諭」をする
◆嶇損羇望」とコメントする

 

【応募締め切り】
2020年6月4日(木)23:59

 

【当選発表】
当選された方に、アワガミファクトリー公式Facebookアカウントよりダイレクトメッセージをお送りいたします。

 

【注意事項】
・賞品の発送先は日本国内に限ります。
・当選後の連絡が取れないなどの場合は、当選を取り消しとさせていただきます。
・発送後の賞品破損、紛失につきましては責任を負いかねます。予めご了承下さい。
・ 本キャンペーンは変更、中断、中止となる場合がございます。その際は公式Facebookアカウントに投稿することにより告知いたします。
・ 本キャンペーンはFacebook社の提供および協賛によるものではありません。
・お預かりした個人情報は、景品の発送および個人を特定しない統計的情報の形で利用させていただきます。

 

たくさんのご応募、お待ちしています!

 


【作例ご紹介】濱野裕理さんによる竹和紙水墨画用

こんにちは、クドウですエリザベス

 

今回は、美術家の濱野裕理さんの創作でお使い頂いた作品と和紙をご紹介したいと思います!!

濱野裕理 / Yuri HAMANO    http://hamanoyuri.net

 

タイムリーにご案内できずに恐縮ですが、今年1月末から開催された展覧会で発表された作品です。

その展示はこちらー

https://www.apj-exhibition.com/hamanoyuri

 

本展で、和紙を使われた作品がいくつかありましたが、それらの創作で竹和紙 水墨用をお使い下さいました

▼ 竹和紙 水墨画用

http://www.awagami.jp/products/fine/index.html#2135251

 

そのうちの1点が我が家に嫁入りしていますので、ちょっとご披露を...ちゅん

 

『祈りにも似た世界#4』(イメージサイズ:155×225mm)

 

作品についてのコメントを濱野さんが書かれているので転記させて頂きます。

 

 

ー束の間の休息 ー

絶え間なく移ろぐ心の景色を描きました。

 

「Landscape of may mind」という自分の心の内側の風景(心象風景)を描いたシリーズの作品です。

中心にある建物は確固たる自分自信を象徴する像。

反対に水面や空は絶え間なく移ろっていく社会や感情の変化などをあらわしています

 

この作品には「竹和紙」という吸水性のよい和紙を使用しています。

美しい滲みや暈しを生かした表現になりました。

中央の建物の部分は「メディウム転写」の技法を使っています。

自分の絵の画像を転写した上から、さらに絵具で加筆しています。

揺るぎない自分と、移りゆく世界を同時に見つめています。

 

 

美しい彩色はアクリル絵具、お家の部分は狹昭稔瓩竜史,鮖箸錣譴討い襪修Δ任

ひらめき転写についてはこちらで解説があります。 アクリル絵具 転写法

 

「最初に表面の少しざらざらした質感の方から、水で薄く溶いたアクリル絵具を染み込ませたところ、裏面にその滲みが現れるのを発見し、最終的に敢えて紙の裏側を見せるようにしました」とのこと。

 

作品に合う額とセットで出されていたのですが、実はちょこっと額から出して裏面を覗いてしまいましたちゅん

わぁ、ちゃんとサインが...きらきら

そして、こちらから絵具を入れられたというのがよく判りますね。

 

 

この額も含めて、全体で濱野さんの世界観を表現されているようでとてもしっくりします

 

クドウ家の階段に掛けて楽しんでいますエリザベス

 

昨今のStay Home事情でお家の中をより心地良くすごせるように、手作りしたり飾っているものを入れ替えたりちょこちょこしています。

アワガミを使って頂いた作品や作ったあれこれ、またご紹介したいと思います!!

乞うご期待さようなら

 


【行ってきました】「張 諒太展」(木版画展)at Oギャラリー

こんにちは、クドウですエリザベス

一昨日の夜中、アワガミファクトリーのオンラインストア宛にメールが入ったのです。

翌日から開催の個展で、アワガミの和紙を使った木版画作品の展示をされるとのお知らせを頂きましたちゅん!!

 

「張 諒太 展」

 

会期:2020年2月24日(月・祝)〜3月1日(日) 12:00〜20:00   日曜日 11:00〜16:00

会場:Oギャラリー 中央区銀座1-4-9 第一田村ビル3F 

   https://www4.big.or.jp/~ogallery/

 

 

2日目になってしまいましたが、早速おじゃましてきました!!

 

張さんは、現在京都精華大学の学生さんです。

プレス機を用いた木版画制作の作品制作を追求されています

1版、そして墨1色。

大胆かつ繊細な表現にまず魅入られましたちゅん

 

 

本展では、ギリシャ、そしてデンマークでの滞在中の風景や情景からの創作が多いとのこと。

画像では判りにくいのですが、木版の印影と掘りによる表現が相成り表現される立体感からは、実際にその景色が岩場であるという臨場感が伝わってきます。

 

ギャラリー内では多様な世界観が見られるのですが、個人的にはやはり動物系が...エリザベス

 

(クドウ家のにゃん子ちゃんみたい....)

 

ダイナミックな線と、これ木版?と思わせられるようなふしぎな線描から出来上がっている作品は、スケッチのようでもありますちゅん

 

本展では、ロール紙の白峰と楮紙をお使い頂いています!!

 

白峰はグレーや黒の表現の中の階調をしっかり出しやすく、楮紙は白峰ではしっかり出てしまう描写をやわらかく表現できるということで、絵柄によって使い分けをされているとのことでしたキラキラ

 

一見シンプルな墨1色の作品群ですが、見れば見るほどに作品の世界観に惹かれるものがありました。

敢えてプレス刷りでできる表現の展開にこだわり続けて研鑽してこられた張さんの作品の魅力、

ぜひご覧いただきたいですちゅん

 

会期中は在廊される予定とのこと。

23日(日)は16時まで!!

ぜひお立ち寄りくださいさようなら


100名様に版画用和紙プレゼント!【オンラインストアキャンペーン】

みなさまこんにちは、高田です。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

さて本日は、オンラインストアのキャンペーンのご案内です。

 

<抽選で100名様に!版画用和紙プレゼント>

オンラインストアでご注文いただいた方の中から抽選で100名様に、版画用和紙をプレゼントいたします!

サイズ:A4

内容:数種類の和紙が入っています。(一部参考商品を含む)

 

ご注文受付期間:1月10日(金)16:00 〜 2月29日(土)

 

※当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。

※ご注文いただいた商品に同梱いたします。

 

 

版画作品の制作などにお役立てくださいね。

今年もみなさまの制作のお役に立てるように頑張ってまいりますので、

アワガミファクトリーをどうぞよろしくお願いいたします!

 


平野 淳子 展-武蔵野図- アワガミを使って

 

 

      平野 淳子 展 ー武蔵野図ー

 

      Galerie412

      11月8日(金)〜11月22日(金)
      13:00〜18:30 日曜休廊

 

 

    平安時代から無常観の歌を詠む日本。


   「世の中は夢かうつつかうつつとも
             夢とも知らずありてなければ」
   (世の中は夢か現実か、現実ともわからない。

           存在していて存在していないのだから)

  
                            古今和歌集より

 

 

 

 

「SH-28」「 楮紙 8匁 未晒」「泰山」など、アワガミのファインアートペーパーや、

インクジェットプリント和紙「AIJP いんべ薄口」も使っていただきました。

 

ぜひ、みなさま、ご来場ください。

 

 

 

 

 


竹和紙水墨画用に試し書き<アワガミスタッフ勉強会より>その2

みなさまこんにちは、高田です。

前回の記事に引き続き、スタッフの描いた作例を紹介していきます。

 

それでは早速、米田さんの試し書きから。

米田さんは和紙会館で働くスタッフで、現在伝統工芸士になるため流し漉きの特訓中。頑張って!

さらに彼女も絵を描く人。彼女の持つ穏やかな雰囲気どおりの、優しい色合いの油絵を描かれます。

 

竹和紙水墨画用170g/m2に描かれています。

米田さんっぽいわ〜

 

鉄黒で描かれた部分。

 

こちらはグラファイト。

 

墨で描かれています。

 

裏面。無サイズ(にじみ止めなし)の紙だということがよくわかりますね。

 

 

続いて臼木さん。

彼も絵を描きます。作品見せてもらったのですが、細密さがすごい!

ちなみにこちらの作品はAIJP(アワガミインクジェットペーパー)いんべ厚口に印刷されています。

 

そして試し書きはこちら。

竹和紙水墨画用170g/m2に描かれています。

同じ画材を使っても、人によって全く雰囲気が違うのが面白いですね。

いろんな図形をコレクションしてるように見える。

 

 

グラファイトと鉄黒。

 

 

松煙墨と油煙墨。

 

裏面はこんな感じです。

 

こちらも竹和紙水墨画用170g/m2

 

ところどころ、「わんぱう」を使ってるの分かりますでしょうか。

「わんぱう」を水滴のように落としてたり、筆で一筋描いたりした上に墨で描くと、

「わんぱう」の部分がマスキングされて、墨の色が薄くなっていたり、墨が全く乗っていなかったりします。

 

 

裏面。

 

そしてこちらは竹和紙水墨画用250g

 

完全に裏に抜けているのがわかります。

 

 

最後に私、高田の試し書きです。

竹和紙水墨画用250g

わんぱう」を使って白抜きしたあと、「絵墨」で着色しました。

 

 

右上の2色はおもて面から色をつけ、

 

あとの2色は裏面から着色しました。裏彩色ですね。

 

裏面。(画像が横向きになってるのはご容赦ください、、なぜかこうなる)

 

ということで、竹和紙水墨画用の試し書きを2回にわたってご紹介しました。

多彩な表現が可能な和紙の魅力、少しでもお伝えできたでしょうか。

別の紙に試し書きしたものも、またブログでご紹介しますね。


竹和紙水墨画用に試し書き<アワガミスタッフ勉強会より>その1

みなさまこんにちは、高田です。

先日、京都造形芸術大学の青木芳昭先生を講師にお招きして、

アワガミの若手社員を対象にした勉強会を開催しました。

テーマは「描画材料と和紙」で、教材となる紙はもちろん阿波和紙。

墨や顔料などの画材を使い、和紙でどのような表現ができるか探りました。

 

みんな真剣。

 

いろんな和紙を試しましたが、まず竹和紙水墨画用での作例をご紹介します。

まず竹和紙水墨画用とはどんな紙か。

 

竹和紙のしなやかな手触りは絹と似ており、コットン紙と比べると柔らかい風合いが特徴です。

この特徴を活かしながら環境に優しい竹を原料にすることで、エコロジーに意識の高いアーティストやデザイナーにとって興味深い素材に仕上がりました。

竹和紙水墨画用は、このアワガミ竹和紙をベースにして、水墨画用に特化して仕上げた和紙です。

無サイズで吸水性に富み、画仙紙のように豊かで独特なにじみの表現が味わえます。

厚さは170g/m2と250g/m2の2種類あります。

170g/m2はロールサイズ、250g/m2は平版と、アートパッドのラインナップがあります。

 

 

それでは、各自が描いた試し書きをご覧いただきましょう。

まず最初は伊藤さんの試し書き。

伊藤さんは、アワガミの加工・染色部門の班長を務めているかたわら、

和紙会館で水彩画の講師をしたり、寄り合い作品展に自分の作品を出品したりと、マルチに活躍しています。

↓は、手漉き和紙研修会で和綴じ帳の講師をつとめているところ。

 

で、試し書き。

竹和紙水墨画用170g/m2に描かれています。

無サイズ(にじみどめなし)だということがよくわかります。

 

油煙墨で描いたところ。

 

鉄黒で描いた部分。

 

グラファイトは粒子感があります。

 

裏面。裏彩色ができるのがよくわかりますね。

 

 

次は竹和紙水墨画用250g/m2

 

白抜きは「わんぱう」という白抜き剤を使っています。

 

「わんぱう」に顔料を混ぜて黄色や緑に色付けしています。

 

偏光パール顔料もきれい。

 

裏面。裏にもしっかり色が出ています。

 

 

次は樫原さんの試し書き。

和紙会館スタッフとして日々働く彼女も絵を描く人。日本画やパステル画を描かれます。

昨年はパステルアートの個展を開催していました

 

まず竹和紙水墨画用170g/m2から。

左側の水色はパステルですね。

他は墨などが使われています。

 

墨の断面を直接紙に押し当てています。

 

裏面。水分を含んだ描画材料は裏に抜けています。

 

こちらは竹和紙水墨画用250g/m2

 

油煙墨。筆先を置いただけで、墨がじわりと丸く染み込んでいきます。

 

鉄黒で描いた部分。

 

裏面。こちらもしっかり抜けています。

 

、、という感じで楽しみながら描きました。

他の参加者の作品はまた次回お見せしますね。

 

私たちスタッフは、製品には日々触れていても、なかなか実際に使ってみる機会は多くありません。

今回のような勉強会は、自分たちがどんな製品を作っているのか知る良い機会になります。

紙の特徴を知って、お客様の求める商品を的確にお勧めできるよう、

これからも学び続けていきたいと思います。


| 1/10PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

検索する