HOME > アワガミファクトリーだより

【展覧会のお知らせ】Anczelowitz x Awagami

みなさまこんにちは、高田です。

本日は展覧会のお知らせです。

 

Anczelowitz x Awagami

art・craft・design

 

ニューヨーク生まれ日本在住のアーティスト、クレイグ・アンセロウィッツが

阿波和紙を使って制作したオーガニックペーパーの作品と、

アレゴリアル(寓意的)コラージュ作品の展覧会を開催します。

 

アンセロウィッツのファインアート、デザイン、クラフトを合わせた作品は、

東西の文化が融合することによって生み出される、芸術的感性を反映しています。

 

会期:2018年11月30日(金)〜12月4日(火)

会場:lieno(リエノ)

   鞍馬口本店

   工房・意匠室
   〒602-0898 京都市上京区相国寺門前町647
   Tel.075-451-5403 Fax.075-451-5401 
   13:00〜19:00 水木定休日

http://lleno.jp

 

藍染めや柿渋染めなどを施した手漉き和紙を用いたアートパネルや、

阿波和紙を使ったコラージュ作品などを展示いたします。

 

初日の11月30日(金)は、17時からオープニングレセプションが開催されます。

ぜひご来場ください。

 

facebookイベントページはこちらから

https://www.facebook.com/events/253382911916524/

 


ちぎり絵 体験イベント 開催中♪ 廣末いずみさん講師

こんにちは。

アワガミオンラインストアの山岡です。

 

 

こちらの素敵なちぎり絵、実は、オンラインストアのお客様、廣末いずみさんの作品なんです♪

これは、アワガミの「民芸紙」や「板締め紙」などを使って作られています。

 

廣末さんは、ちぎり絵や、染め紙などのワークショップを開催する講師をされていて、今回、

そのお手本の作品を送っていただきました。

 

私のお気に入りは、これ!

 

 

ぽっちゃりてんとう虫、とてもキュートです。

 

 

 

 

和紙のよさをいかしたデザインは、シンプルでおしゃれです。

 

こんな素敵な作品が、作れるそうです。

詳しくは、廣末さんのfacebookをご覧下さい。

イベントや情報をご覧いただけます。

 

株式会社グラッドシステムズが企画・主催するイベントや情報を配信中

ぐらっど・わん・でい facebook

http://www.facebook.com/gladoneday

 

イベントのご予約はこちらまで!

 

【お知らせ】

ホテルグラッドワン京都七条 館内にて文化体験を開催中。

 ♪利き酒師による日本酒利き酒体験

 ♪伝統的染物 ベンガラ泥染め体験

 ♪和紙ちぎり絵体験

 

 

 

 


<特別企画>阿波和紙のうちわプレゼント!@阿波おどり会館

みなさまこんにちは、高田です。

8月に入ってさらに暑くなっているような気が。。

(どうぞ熱中症にはお気をつけてお過ごし下さい)

 

そして、8月の徳島といえば、阿波おどり。

徳島市の阿波おどり、今年は8月12日(日)〜15日(水)に開催されます。

その最終日の15日、特別企画の開催が決定しました!

 

高級阿波和紙うちわをプレゼント! #阿波和紙うちわ キャンペーン
徳島市阿波おどりの最終日、阿波和紙のうちわを差し上げます!

 


日時:8月15日(水) 17時〜(なくなり次第終了)

 

場所:阿波おどり会館 正面入り口前(https://awaodori-kaikan.jp/access/

 

内容:

アワガミロゴTシャツを着たスタッフが阿波おどり会館 正面入り口前にいるので、

「うちわください」と声をかけてください。

その際、スタッフと一緒に写真を撮り、ご自身のSNS(twitter、instagramなど)で

「#阿波和紙うちわ」をつけて投稿してください。
※ご自身のお顔を投稿したくない場合は、スタッフとうちわの写真だけでも構いません。
※後ほどアワガミアカウントからフォロー、およびお礼のダイレクトメッセージをお送りする場合があります。

 

アワガミロゴTスタッフはこんな感じ。

 

色とりどりのうちわがスタンバイ中!

数量限定ですのでお早めにお越しください!

 

阿波和紙のうちわで涼を取りながら、阿波おどり最終日をお楽しみくださいね。

 

<8/9追記>

さらにさらに、アワガミスタッフと一緒に撮った写真を和紙会館の受付で提示いただくと、

写真1枚につき、2名様の入館料を無料とさせていただきます!

期限は今年いっぱい。ぜひ和紙会館にも遊びに来てくださいね!

※同じ人が複数枚の写真を提示されても、一組2名様までのご入館となります。

※おひとり様1回限り有効です。

 


抽選で当たる!「セゾン現代美術館招待券」

みなさまこんにちは、高田です。

本日は、抽選で当たるプレゼントのお知らせです!

今回はTwitter上のみでの募集となります。

 

セゾン現代美術館 招待券プレゼント>

セゾン現代美術館さまの招待券を、2名様にプレゼントいたします。

 

 

【応募期間】

2018年8月1日〜8月3日 17:00まで

 

【応募方法】

 アワガミファクトリー公式アカウント(@AwagamiFactory)をフォロー

対象のツイートをリツイート

※ 当選された方には、個別にダイレクトメッセージをお送りします。

 

【注意事項】

・招待券は2018年開館期間中にご利用いただけます。

・賞品の発送先は日本国内に限ります。

・当選後の連絡が取れないなどの場合は、当選を取り消しとさせていただきます。

・発送後の賞品破損、紛失につきましては責任を負いかねます。予めご了承下さい。

・ 本キャンペーンは変更、中断、中止となる場合がございます。その際は本記事に追記および公式アカウントに投稿することにより告知いたします。

・本キャンペーンはTwitter社の提供・協賛によるものではありません。

・本キャンペーンには、Twitter社の利用規約及び本注意事項に同意頂いたうえでご応募ください。

・ Twitter社の利用規約に違反する行為、第三者の権利を侵害する行為、公序良俗に反する行為等はされないようにお願いいたします。

・お預かりした個人情報は、景品の発送および個人を特定しない統計的情報の形で利用させていただきます。

 

9月からは「網膜と記憶のミトロジー」という展覧会が始まるようです。

(この展覧会に出展される、依田洋一朗さんは、アワガミの理事長藤森洋一とお知り合いだそう)

緑が美しい庭園もあわせて、お楽しみください。

 


アワガミアーティストトークのお知らせ

皆様こんにちは、阿波和紙会館 事務局です。

 

来週末に行われる、アーティストトークのお知らせです。

 

今回滞在されるのはこの方!

 

Galina Manikova ガリーナ マニコーヴァ氏 ノルウェー在住)

 

 

 

ガリーナさんの生まれは、樺太諸島。
今回、自分のアイデンティティや生い立ちを知るため、樺太を訪れる。

 

日頃は、写真を様々な平面に写し出すインスタレーションが主な作品だが、

今回の滞在では和紙を使った自分の人生を綴る本を製作されます。

 

ガリーナ・マニコーヴァさんによるアーティストレクチャー 
 

7/8 (日)

午後14時開始です!

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

〜会場・お問い合わせ先〜
阿波和紙伝統産業会館 営業時間 9:00〜17:00
〒779-3401    徳島県吉野川市山川町川東141
TEL:0883-42-6120 FAX:0883-42-6085

入館料:一般300円、学生200円、中・小150円


芽かき講習会がありました!

皆さまこんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

梅雨が本格的にじめじめして参りましたが、皆さまお変わり有りませんでしょうか。

 

先日、7/16(日)に例の鹿事件の現場で…

「芽かき講習会」を行いました。

はて、芽かきとは、なんぞや?…ですよね。

 

では行ってみよー!(笑)

 

 

 

ここは阿波和紙会館から少し離れた山里…

のどかでゆったりとした時間の流れる暖かな場所です。

 

 

参加者さまと一緒にいざ楮畑へ!

冬の楮・三椏刈り取り時期とは打って変わって緑が生い茂っています。

 

 

この日は良いお天気に恵まれ、絶好の芽かき日和でした。

しかし!!

 

 

蚊がお多い💧

富士製紙のお父さんこと、出葉さんが蚊取り線香を用意してくれました。

出葉さんありがとうございます☺️

 

 

さあ気を取り直して楮畑の中へ…

 

 

先週よりずいぶん延びてる!!

楮の成長スピードはめちゃ早いです。

一週間で10cm延びるそうですよ。

 

…っとなにやら見つけた模様。

 

 

白い斑点のある

カミキリムシです!

 

コイツは楮の葉っぱの裏に隠れていて、紙となる茎をかじります。

すると、かじられた楮はそこからポキンと折れたり、赤いスジができてしまい良い和紙が作れなくなってしまうのです。

なので厄介者…

あれ?カミキリムシの名前の由来ってもしかして…!!☺️

 

そしてこの後、出葉さんの手によって天にめされましたとさ、おしまい。

 

ってまだ終りません!笑

 

 

 

さて!いよいよ芽かきをします!

 

↑の中央にある小さめの茎や葉が「芽」です。

楮の茎と葉っぱの脇目から延びてくるのです。

 

さて、何故取る必要があるのでしょうか。

 

その理由は…

 

芽かきがなされなかった楮は、芽に栄養を取られてしまい、楮の茎が細くなってしまいます。

そのため良い楮が育たず、良い和紙ができなくなるそうです。

つまり、品質が落ちてしまう。

しかも、成長が早く先端が1週間おきに10cmのびますから、どんどん芽も作られてしまう。

なので取り除かなければならず、今時分芽かきが必要なのです。

 

では!取ってみましょう!

 

 

 

脇目の芽をつかんで、下にひねると

 

 

ぽき!

かんたんに取れました!

楽しい〜〜♪

 

 

芽がなくなった所から楮の液体が…

じつはコイツも厄介者で(もともと中にあったのに、笑)

この液体がついてしまうと、仕上がった和紙に透明のような点々ができてしまうそうです。

デリケートですね!楮!

 

そうそう、

 

 

実は自生している楮もいるんですよ〜〜

↑中央に赤い実のような物が生っていますね。

これ楮です。

 

 

これも。

仲間なので葉っぱがそっくりですね。

 

かなり詳しい博士のようなことを語ってしまいましたが…

全て出葉さんから教わりました。笑

 

無知だったスタッフがこれだけ詳しくなれるのですから、

「芽かき講習会」勉強になりますね!

 

 

最後に葉っぱの重みで降りてしまった楮をまっすぐ天に向かって伸びさせるために、ヒモでしばります。

これをしないと、根元から折れてしまうんですね〜。

 

どの作業もとっても大切であり、欠かせない工程です。

和紙が必然と高級な物になってしまうのもわかりますね。

 

「芽かき講習会」では、午前に芽かき、午後からは紙漉をします!

 

 

 

参加者さまの作品♪

今回は普段の体験にはない「未晒」を用意しました。

 

 

可愛い♥️

おうちで飼っているうさぎだそう。

背景が未晒なので、白が映えて綺麗ですね…!

 

 

染色した楮の繊維やパルプでデザインされています。

このまま額に入れて飾りたいですね…素敵です♥️

ご参加ありがとうございました。

 

さて、「芽かき講習会」まだまだ開催します!

詳しくはイベント情報欄をご覧下さい。

次回は明日6/24(日)です。

ご参加ご希望の方はお電話ください☺️

 

阿波和紙伝統産業会館 TEL:0883-42-6120まで!

皆様のご参加お待ちしております。

 

 

 


【出展します】「紙博2018」in 東京

こんにちは、クドウですエリザベス

ちまたでは盛り上がっているこのイベント、いよいよ今週末に開催です!

 

http://kamihaku.jp/2018_summer/


「紙博 in 東京 vol.2」
開催日:2018年6月9日(土)、10日(日)
時間:9日(土)10:00〜17:00、10日(日)9:00〜17:00
会場:
東京都立産業貿易センター台東館 4階、5階展示室(東京都台東区花川戸2-6-5)
入場料:500円(小学生以下無料)

 

 

アワガミ、今年も出展いたします

掘り出し物というかアウトレットというか何というか...?

...な素材をただいま出荷準備中ー!

IMG_5719.jpg

 

 

第1回目の開催の去年、同じく東京会場は1フロアでの開催でしたが、好評につき、なんと2フロア

去年、あまりの来場者の多さに「空気足りない...」という声を何度となく耳にしました...。

IMG_1116.JPG

IMG_0537.jpg

 

紙モノ好きな方が大挙してこられる紙博、一般小売店には置いていないものを大半で取り揃えていますちゅん

何のために作ったんだろう、これ?的なものもアリちゅん

 

IMG_5730.jpg

 

この端紙セット(大)は去年も大好評で早めに完売しましたので、今年も用意しました!

たっぷり500g入り、中身の端紙はアソートです

アウトレットな素材や、通常紙単体では販売していないもの(加工製品用で染めた紙の資材とか)なども入っていますので、一期一会的なモノですねー。

awa_336.jpg

 

awa_730.jpg

 

7月には京都でも開催されますが、まずは今週末は東京にて

お待ちしています手


日本画ワークショップのご案内

皆様こんにちは。阿波和紙会館 事務局です。

 

ワークショップのお知らせです!

 

日本画・水干(すいひ)絵の具を作って和紙に描いてみよう!

 

 

 

 

日本画ってどんなものでしょう?

 

 

 

 

 

日本画と聞きますと…美人画…屏風…花鳥風月…

日本らしい古の風景が目に浮かぶのではないでしょうか。

 

 

 

 

実は!

日本画は鉱物(ラピスラズリなど原石)や土、貝殻などの自然の物や、膠(動物の油)を使って自分で絵の具を作り、和紙などに描くこと…

 

 

※膠と混ぜる前の水干絵の具。

 

 

なので、対象となる”描く物”は自由なのです。

 

 

 

 

とはいえ、やはり描いて美しい物となりますと、”花”が代表的ですね。

 

 

難しそう?敷居が高そう?

そんなことはありません!この機会にチャレンジしてみましょう!

 

講師は中川 敬さん。(別HPに移動します)

 

これまでのワークショップや日本画のブログ↓↓ご覧ください♪

 

白鳳セレクトを使って日本画を描いていただきましたその2

白鳳セレクトを使って日本画を描いていただきましたその1

デザインはがきワークショップ☆レポート

 

今回は水干(すいひ)絵の具阿波和紙を使って、色紙(しきし)に日本画を描きます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

開催日時:  2018年7月1日   13:00  〜  15:00
参加費:  1,000円(入館料別途)
入館料:一般300円、学生200円、中・小150円

 

講師:中川  敬さん(日本美術家連盟会員・徳島県美術家協会会員)
対象:小学校3年生〜大人
持ち物:鉛筆(2B以上)・消しゴム・
描きたい物(例:実物の花・果物など、写真不可)
筆・ぞうきん・筆洗いバケツ
※紙と水干絵の具はこちらでご用意致します。汚れても良い服装でお越し下さい。

 

〜会場・ご予約・お問い合わせ先〜
阿波和紙伝統産業会館 営業時間 9:00〜17:00
〒779-3401    徳島県吉野川市山川町川東141
TEL:0883-42-6120 FAX:0883-42-6085

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

皆様のご参加をお待ちしております!

 

 


5月3日開催フランスパンとparis、子どもデッサン会がありました♪

皆様こんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

 

来る5月3日、

「フランスパンとparis、子どもデッサン会」の

ワークショップが行われました☺️

 

ではいってみよ〜👍

 

アンファン・アユミ先生と、お菓子のお庭藍Clubさんとの

コラボレーション企画で、クロワッサンを

和紙バッグにデッサンします!

 

 

ベレー帽をかぶって、エプロンを付けた子ども達♥️

 

 

クレヨンが走る走る〜〜

 

 

真剣です…!

 

 

本物そっくりなおしゃれな和紙バッグが出来てきましたね…!

 

 

完成〜🎉

和紙バッグの下に見えるのは、巨大フランスパン!😹

 

そしてお楽しみの…

 

 

お茶会です♥️✨

お母さん達と一緒に…いただきまーす♪

 

藍Clubさんのクロワッサンたち、本場フランスで修行されて

そのままの味を再現しているそう。

スタッフもいただきました所…風味が素晴らしくおいしかったです😍

 

 

 

最後に先生のアコーディオンを聞きながら…♪

素敵なフレンチ子どもJAZZが流れます。

 

 

参加者の皆様からは

「楽しかった!!」との

笑顔いっぱいの子ども達✨

 

スタッフも子どもに戻って

アユミ先生のワークショップに参加したいです!!(笑)

 

とってもおしゃれな和紙バッグになり、

子ども達よくがんばりました💮

また阿波和紙会館へ遊びにきて下さいね☺️

 

 

 


フランスパンたちとParis、子どもデッサン会。

皆様こんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

 

ワークショップのお知らせです!

 

 

 

 

パンです!!

食べたいですか??☺️ふふふ

 

 

 

 

しかも!

お菓子のお庭 藍Clubさんのパンなのです😍

 

 

 

 

アユミ先生と子ども達。

何やら手を合わせて、

いただきますのポーズ…

 

そう!食べられるんです!

しかも…??

 

 

 

 

ベレー帽が可愛い♥️

気分もすっかりアーティストです!

 

 

 

 

フランスパン…

 

 

 

本物そっくりなフランスパン…!?

 

 

皆様気になりますよねぇ…

 

今回のワークショップ、その名も…

 

フランスパンたちとParis、

子どもデッサン会。

 

〜和紙バッグにフランスパンを描いてみよう!〜
アンファン・アユミ氏とお菓子のお庭藍Clubとのコラボレーション企画。
クロワッサンやバケットを観察して描き、フレンチ子どもjazzを聴いて、
アコーディオンを触ってみたり、おやつをいただきましょう。

講師:アンファン・アユミ(Atelier  pour  les enfants  Hoho  Bubu.
こどもたちのためのあとりえ  主宰)
日時:2018/5/3(木・祝日)13:00〜15:00
対象:3〜5歳、小学生(※お子様だけの参加も可能)
定員:10組(※アレルギーのある方は、事前にご相談ください。)
参加費:  子ども1,300円+(入館料+教材費540円+お茶菓子代540円+和紙バック代200円は別途)
大人、付き添いのお子様要250円(入館料別途。藍Clubのお茶菓子付き)
入館料:一般300円、学生200円、中・小150円


〜お問い合わせ先〜
阿波和紙伝統産業会館 営業時間 9:00〜17:00
〒779-3401    徳島県吉野川市山川町川東141
TEL:0883-42-6120 FAX:0883-42-6085

 

ゴールデンウィークにいかかですか?

ぜひぜひご参加お待ちしております!

 

 

 

 

 


| 1/23PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

検索する