HOME > アワガミファクトリーだより

芽かき講習会がありました!

皆さまこんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

梅雨が本格的にじめじめして参りましたが、皆さまお変わり有りませんでしょうか。

 

先日、7/16(日)に例の鹿事件の現場で…

「芽かき講習会」を行いました。

はて、芽かきとは、なんぞや?…ですよね。

 

では行ってみよー!(笑)

 

 

 

ここは阿波和紙会館から少し離れた山里…

のどかでゆったりとした時間の流れる暖かな場所です。

 

 

参加者さまと一緒にいざ楮畑へ!

冬の楮・三椏刈り取り時期とは打って変わって緑が生い茂っています。

 

 

この日は良いお天気に恵まれ、絶好の芽かき日和でした。

しかし!!

 

 

蚊がお多い💧

富士製紙のお父さんこと、出葉さんが蚊取り線香を用意してくれました。

出葉さんありがとうございます☺️

 

 

さあ気を取り直して楮畑の中へ…

 

 

先週よりずいぶん延びてる!!

楮の成長スピードはめちゃ早いです。

一週間で10cm延びるそうですよ。

 

…っとなにやら見つけた模様。

 

 

白い斑点のある

カミキリムシです!

 

コイツは楮の葉っぱの裏に隠れていて、紙となる茎をかじります。

すると、かじられた楮はそこからポキンと折れたり、赤いスジができてしまい良い和紙が作れなくなってしまうのです。

なので厄介者…

あれ?カミキリムシの名前の由来ってもしかして…!!☺️

 

そしてこの後、出葉さんの手によって天にめされましたとさ、おしまい。

 

ってまだ終りません!笑

 

 

 

さて!いよいよ芽かきをします!

 

↑の中央にある小さめの茎や葉が「芽」です。

楮の茎と葉っぱの脇目から延びてくるのです。

 

さて、何故取る必要があるのでしょうか。

 

その理由は…

 

芽かきがなされなかった楮は、芽に栄養を取られてしまい、楮の茎が細くなってしまいます。

そのため良い楮が育たず、良い和紙ができなくなるそうです。

つまり、品質が落ちてしまう。

しかも、成長が早く先端が1週間おきに10cmのびますから、どんどん芽も作られてしまう。

なので取り除かなければならず、今時分芽かきが必要なのです。

 

では!取ってみましょう!

 

 

 

脇目の芽をつかんで、下にひねると

 

 

ぽき!

かんたんに取れました!

楽しい〜〜♪

 

 

芽がなくなった所から楮の液体が…

じつはコイツも厄介者で(もともと中にあったのに、笑)

この液体がついてしまうと、仕上がった和紙に透明のような点々ができてしまうそうです。

デリケートですね!楮!

 

そうそう、

 

 

実は自生している楮もいるんですよ〜〜

↑中央に赤い実のような物が生っていますね。

これ楮です。

 

 

これも。

仲間なので葉っぱがそっくりですね。

 

かなり詳しい博士のようなことを語ってしまいましたが…

全て出葉さんから教わりました。笑

 

無知だったスタッフがこれだけ詳しくなれるのですから、

「芽かき講習会」勉強になりますね!

 

 

最後に葉っぱの重みで降りてしまった楮をまっすぐ天に向かって伸びさせるために、ヒモでしばります。

これをしないと、根元から折れてしまうんですね〜。

 

どの作業もとっても大切であり、欠かせない工程です。

和紙が必然と高級な物になってしまうのもわかりますね。

 

「芽かき講習会」では、午前に芽かき、午後からは紙漉をします!

 

 

 

参加者さまの作品♪

今回は普段の体験にはない「未晒」を用意しました。

 

 

可愛い♥️

おうちで飼っているうさぎだそう。

背景が未晒なので、白が映えて綺麗ですね…!

 

 

染色した楮の繊維やパルプでデザインされています。

このまま額に入れて飾りたいですね…素敵です♥️

ご参加ありがとうございました。

 

さて、「芽かき講習会」まだまだ開催します!

詳しくはイベント情報欄をご覧下さい。

次回は明日6/24(日)です。

ご参加ご希望の方はお電話ください☺️

 

阿波和紙伝統産業会館 TEL:0883-42-6120まで!

皆様のご参加お待ちしております。

 

 

 


「ネイチャー紙 かや」を使った影絵作品

オンラインストアのお客様、高田 美優さまにお願いして、作品のお写真をいただきました。

 

高田さんは、卒業制作で、「ネイチャー紙 かや」を使っていただきました。

 

    

 

 

こちらが、高田さん制作の『影絵と影絵のためのシアター』

入り口から、わくわくしますね〜!

 

 

     

 

 

【茨木童子】という作品で、地元である茨木市に古くから伝わる民話をもとに、制作されたものだそうです。

 

 

     

 

     

 

     

 

 

光を当てた時の「かや」の独特の質感がとても美しく、制作しながら惚れ惚れしておりました、、、。

 

と嬉しいコメントもいただきました。

こちらの卒業制作で、高田さんは奨励賞を受賞されたそうです♪

 

保存保存

保存保存


「SH-16 北方」を使用した蔵書票 EXLIBRIS

アワガミで長年「SH-16 北方」をご愛用いただいている涌田さんに、

無理いって、作品のお写真を送っていただけることができました。

 

 

   

 

 

とても繊細な線を幾重にも重ねて作られております。

木版でつくられたこれらの作品は、この繊細な線を表現するため、紙の表面が

フラットでないといけないそうです。

 

「蔵書票」ということは、本よりも小さなサイズということになり、これらの作品が

どれだけ細い線から構成されているかということがわかるかと思います。

 

 

         

 

 

      

 

 

   

 

 

保存保存

保存保存


ワークショップ『カラフルなオリジナルの灯りを作ろう!』が行われました♪

皆さまこんにちは!阿波和紙会館 事務局です。

 

先日、早渕太亮先生によるワークショップ『カラフルなオリジナルの灯りを作ろう!』が行われました。

 

ではいってみよー👍

 

 

 

この日は大雨でしたが、おかげさまで定員いっぱいとなりました☺️

 

灯りに使う和紙は民芸紙 白

にじみまないので使いやすいそう。

 

そして!透明絵の具の登場〜✨

 

 

 

 

ライトアップされて綺麗ですね〜♥️

 

 

 

 

梅皿に透明絵の具をとって…

 

 

 

 

和紙にデザインします!

 

 

 

 

するとあら不思議…

 

 

 

 

和紙が透けるのです✨

 

早渕先生に

「なぜ透けるのですか?」

と聞いた所…

「企業秘密です☺️」

とのこと(笑)残念!

 

灯りは100均のろうそく型LEDを使いました。

枕元に癒しを演出してくれますね!

スタッフもほしい〜〜〜

 

 

 

3さいの参加者さんの作品。

アーティスティックなデザインで素敵ですね☺️

とってもよくがんばりました🌸

 

 

参加者の皆様、ありがとうございました。

また阿波和紙会館へ遊びにきてくださいね!

 

和紙会館では今年も夏休み子どもワークショップを開催します!

詳しくは阿波和紙会館イベントをチェック👍

 

 


【開催中】第四回アワガミ公募展「街角」 at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

すでに開催しておりますが、ご案内ですキラキラ

 

第四回アワガミ公募展「街角」

http://fotori.net/?p=17728

 

なんとホトリでのアワガミ公募展も4回目!!

今年のテーマは「街角」ですちゅん

 

会期:2018年6月17日(日)〜24日(日) 13:00〜19:00 (会期中無休/最終日は18時終了)
会場:写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5−2−10 

http://fotori.net

 

【出展者一覧】
荒木えす / Mei-Wei  / 菓子 京子 / 金子 明美 / 金子 美香 / ガミ・ロジオ / かわはら ひでこ / 菊地 達治 / 小林 真佐子 /

坂本 敦子 / zaki@仙台人 / しおざきゆか / 高橋 みどり / omeco / NiNi / 風雅 / 細田 葉子 / Mayumi Nakamura /

三嶋 裕子 / moritani kazusuke / 結 / yumiaceae / 吉川 明子 / 芳村 麻里 / rieky

ゲスト作家:鹿野 貴司 / saorin

 

では、ちょこっと会場をご案内ー!!

 

IMG_2643.JPG

 

アワガミ公募展皆勤賞の方も初めての方も、ありがとうございますおじぎ

 

IMG_2648.JPG

 

それにしてもテーマによって雰囲気が全く変わるものです。

去年の動物テーマの「生きとし生けるもの」とはまた趣きが...。

 

 

ひらめき第三回 アワガミ公募展「生きとし生けるもの」レポート(写真企画室ホトリ)

http://fotori.net/?p=14996

 

IMG_2647.JPG

 

動物の撮影への思い入れとはまた違い、牾抗儉瓩寮擇蠎茲衒や解釈に、ちょっとパーソナルな部分が垣間見れるような気がしましたエリザベス

 

IMG_2646.JPG

 

フォトブック置き場も!

皆さん、趣向を凝らして創作されていて、ちょっとマネしてみたい作り方ばかりですよーちゅん

へえぇーーと思いながらじっくり拝見びっくり

 

IMG_2650.JPG

 

14日(日)は18時まで

13日(土)までは13〜19時のオープンですきらきら

仕事帰りにも寄れそうですよねわーい

 

ぜひ、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)による様々な「街角」をご高覧下さいさようなら


どうなる和紙の未来?!

先週の土曜日のこと、朝一番に一本の電話。

「ドロボーにやられた!!」

 

電話主の口調から警察にお世話になる「泥棒」でないことはわかってるけども、

「えーーっ、どしたん😱今すぐ行く」と山を駆け上がり楮畑に向かう。

 

茫然自失。

奥が日々成長する楮(こうぞ)

手前が事件現場

 

全部かじられている

 

しっかりと足跡を残している

 

 

鹿に食べられた。

 

楮はクワ科の植物で1年草、春に芽を出し、すくすくと育ちます。

収穫できるのは年が明けた1月頃、だいたい3mほどに成長し、和紙の原料となります。

 

立派な枝に育てるべく、4〜9月頃は無限に出てくる脇芽を摘み続け、まわりの雑草を刈り取り、

それはそれは手間暇かけて面倒をみています。

 

はて、その愛情をたっぷりかけた楮が鹿に。

チクショーです。

 

徳島のこのあたりも鹿や猪が多く出没していて、食害の話はよく聞いていますが、

自分ごととなるとやっぱりショック。。

 

 

 

 

 

 


木綿麻紙に日本画を描いていただきました

みなさまこんにちは、高田です。

本日は「木綿麻紙(ゆうまし)」に描かれた日本画の作品をご紹介します。

 

まず木綿麻紙のご説明を。

しなやかで強靭な繊維感を有する麻と楮が配合された和紙です。

素材の持ち味を存分に活かした素材感があります。

サイズは100x200cmと大判なので、大作の制作にもお使いいただけます。

 

この木綿麻紙という名前の意味はなんぞや?と思われる方もいらっしゃると思うので、そのご説明を。

 

阿波和紙の始まりは今から1300年前に遡ります。

朝廷に仕えていた忌部族という人たちが、現在の徳島県吉野川市に入り、

楮や麻を植え、紙や布の製造を盛んにしたという記録が古語拾遺に残っています。

そして昔は、楮のことを木綿(ゆう)と言っていたそうです。

また、吉野川市にそびえる高越山(こうつざん)はその昔、木綿麻山(ゆうまやま)と呼ばれていました。

楮と麻を配合し、阿波和紙の由来を体現したようなこの和紙は、それで「木綿麻紙」と名付けられたのです。

 

さて、それでは作例をご覧いただきましょう!

和紙会館でもワークショップなどでご協力いただいている中川敬先生に、

木綿麻紙を使った日本画作品をたくさん制作していただきました。

 

 

素材感を活かして薄塗りに仕上げられた空間部分と、

ぽってりと存在感のある厚塗りで仕上げられた、花の部分の対比が美しいですね。

パネル張りされています。

 

こちらは前回の「寄り合い作品展」にも出品していただいたもの。

 

使用感のコメントも頂いています。

紙肌が綺麗なので、かなり薄塗り(10回くらい)で仕上げました。

描く前にドーサをしましたが、濃いめの膠で塗っていけばドーサはなくてもいいかもしれません。

紙の表面がよれたりすることもなく、扱いやすかったです。

とのことでした。ありがとうございます^^

 

こちらはハガキサイズくらいの大きさに描かれています。

 

木綿麻紙はオンラインストアでご購入いただけます。→こちらから

A4サイズのサンプラーもあります。木綿麻紙だけでなく、他の大判サイズの和紙もセットになったサンプラーです→こちらから

 

7月1日には、中川敬先生のワークショップも開催されます!

「日本画・水干(すいひ)絵の具を作って和紙に描いてみよう!」→詳細はこちらから


「#AIJP和紙プリント twitter投稿キャンペーン」開催中!

みなさまこんにちは、高田です。

 

突然ですがみなさま、ツイッター、やってますか?

私は結構好きで、ちょくちょく見てはいろんな情報を仕入れています。

アワガミについてのつぶやきを見つけるとテンションあがりますね。

 

そう、そしてアワガミにもツイッターのアカウントがあるんです。ご存知でした?

 

本日はツイッター投稿キャンペーンのお知らせです!

 

 

<#AIJP和紙プリント twitter投稿キャンペーン>

1)アワガミファクトリーのツイッターをフォロー

2)AIJP(アワガミインクジェットペーパー)に印刷したご自分の作品(発表・未発表問いません)の写真を

「#AIJP和紙プリント」をつけてツイート

 

していただくと、抽選で10名様に

AIJP白峰はがき(5枚入り)をプレゼントいたします!

 

こんな感じで、気軽に作品をパシャッと撮って、ツイートしてください^^

 

締め切りは6月30日(土)23:59まで。(お届け先は日本国内に限ります)

みなさまのご応募、お待ちしています!

 


【ご案内】手作り好きのあなたに「にほんの紙で切りはり絵」

こんにちは、クドウですエリザベス

和紙をつかった手作りの、すてきなアイデア本をご紹介しますキラキラ

 

「すぐに作れる 日本の紙で切りはり絵」

IMG_2492.JPG

http://www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=37541

■著者:渡辺 順子

■出版:グラフィック社

 

日本の伝統工芸「和紙貼り絵」。

切る・ちぎる・貼る、薄い和紙の扱い方を学びながら、ワークショップで人気 のモチーフを作ります。
ラッキーモチーフ、季節のモチーフ、癒しのモチーフ100種掲載。

高級和紙と和紙専用糊付き。

 

 

犢盖蚣損罎....瓩箸△蠅泙垢ちゅん

ええ、アワガミの板締染め和紙を3種類、巻末に教材としてセットされているのですキラキラ

IMG_2496.jpg

 

あー、こんなの作りたいかも.....なかわいいモチーフが満載ちゅん

 

個人的に関心度が高かったのは、スズメとか

IMG_2499.jpg

 

お寿司とかちゅん

えー、お重に入った握り(上かな?)とか私も作ってみたい...。

IMG_2498.jpg

 

へぇーーーー、とか思いながら見るのもまた楽しい1冊になっていました!!

 

ちぎり絵、貼り絵など、ちょっと年配の女性の趣味というイメージがあったのですが、こんなかわいくて楽しい手工芸でもあるのですね。

それも様々な色合いの和紙が少しずついろいろあったら、すぐ出来そうなものがいっぱいです手

 

自分で楽しんでも、お子さんと一緒にあれこれ手を動かすのも楽しそうですエリザベス

ぜひお手にとってご活用ください!!

 


ミュージアムSHOPよりお知らせ☆夏の〈涼〉入荷しました♪

ミュージアムSHOPからお知らせです。

 

もうすぐ父の日ですね…!

そしていよいよ夏目前となりました。

 

贈り物を何にしようか迷われていませんか?

この時期の贈り物にぴったりの商品を入荷しましたよ!

 

 

 

 

 

 

団扇と扇子です!!

 

 

それではご紹介いたしましょう♪

 

 

 

 

団扇 藍染 半月 ¥2,700(税抜)

 

今年新デザイン、半月をイメージされたうちわです。

これで阿波踊りを観に行ったら目立ちますね〜

かっこいいです!スタッフも個人的にほしい!

 

 

 

 

新京清堂 涼風とんぼセット紺 6000円(税抜)

 

浴衣に扇子…

日本の美しい文化を代表するものですよね。

 

こちら、冬場でも問い合わせが多かったのです〜!

もちろんアワガミが使用されております。

 

画像以外にも多種類そろえております。

SHOP数量限定となりますのでお早めに!

 

 

 

 

 

 

阿波和紙伝統産業会館ミュージアムショップでは、様々な和紙を取り揃えております。

クラフトを楽しまれる方、業務用に使用される場合など、適切に合った和紙をご提案させていただいております。

ぜひミュージアムショップへお越し下さい!

 

 

 

 

 

また、手漉き商品も充実しております♪

現品限りの手漉き和紙やショップ限定品もありますので、ぜひご覧ください!

 

皆様のご来店お待ちしております♪

 


| 1/136PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

検索する