HOME > アワガミファクトリーだより

A.A.I.R.P 2017 展覧会 オープニング アーティスト・トーク イベントのお知らせ

皆様こんにちは、和紙会館からお知らせです。

 

現在10月下旬頃から和紙会館に

4人の国内外のアーティストが滞在し、

創作活動を行っています。

 

Richelle Gribble(アメリカ)

 

和紙に色づけし、細やかな色彩を調合した大作や…

 

風間 直実(日本)

 

和紙と墨によるクールな作品たち…

 

Valerie Hammond(アメリカ)

 

藍染め和紙にちりばめられた美しい創造…

 

Pascale-Sophie Kaparis(フランス)

 

緻密で暖かみのある鮮やかな大作…など!

 

 

 

 

皆様、近くでご覧になりたいですよね…(*^^*)

 

それではご案内いたしましょう。

 

今回創作した作品の展覧会を開催致します!

 

 

アワガミ アーティスト イン レジデンス

プログラム 2017 〜展覧会〜

 

会期:11月25日(土)〜12月5日(火)

 

オープニング・アーティストトーク

 

日時:11月25日(土)14:00〜16:00

会場:いんべアートスペース(吉野川市山川町川東141)

   麻植郡農協倉庫

 

主催・お問い合わせ:0883-42-6120

   一般財団法人 阿波和紙伝統産業会館

 

 

皆様のご来場お待ちしております!

 


紫紺のしずく〜手づくりの藍づくり〜 藍染め作品展開催中☆

 

朝夕冷え込む季節になりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

 

只今和紙会館では、藍染め作品展を開催中です!

 

 

紫紺のしずく〜手づくり藍づくり〜

 

会期  11/7(火)〜11/30(木)9:00〜17:00

入館料:一般300円 学生200円 小・中学生150円

場所  阿波和紙伝統産業会館2階 展示室

 

 

 

 

アキヤマセイコ先生率いる和紙会館 藍染め教室による作品展です。

今年は和紙会館で育てた藍で染めた作品も並びます。

 

それでは少しだけ展覧会の様子をご紹介(^0^)ノ☆

 

 

立体作品の藍染めや…

 

 

大作も並びます…!

 

 

藍染めの鮮やかで素敵な衣装など、

素晴らしい作品達が集まりました。

 

掛け軸や浴衣、大判の作品など、

藍染めの無限大の可能性を感じます。

 

 

 

 

そして!

会期中にワークショップを開催いたします!

 

藍染めにご興味のある方はぜひご参加ください。

 

 

 

「はぎれで織物を作ろう!」

藍で染めた糸や布の端切れを卓上織り機を使って編みます。

3つのコースを用意しています

 

●日時:11/19(日)10:00〜15:00

●参加費:

Aコース タペストリー(小) 1,000円

Bコース アクセサリー    2,000円

Cコース タペストリー(大) 3,000円

(各コース材料費込/入館料別途)

●定員:計10名(要予約・先着順)

●講師:アキヤマ セイコ( 染織研究家)・大倉 敏江

●持ち物:お弁当

●場所:阿波和紙伝統産業会館

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

「藍染めをしてみましょう!」

手づくりの藍でスカーフやハンカチを染めます。

素材は綿・絹を用意しています。

●日時:11/26(日)10:00〜15:00

●参加費:綿/1500円(材料費込/入館料別途)

     絹/3000円(材料費込/入館料別途)

●定員:10名(要予約・先着順)

●講師:アキヤマ セイコ( 染織研究家)

●持ち物:お弁当

●場所:阿波和紙伝統産業会館

 

 

〜お問い合わせ先〜

阿波和紙伝統産業会館 

TEL:0883-42-6120 

開館 :9:00〜17:00

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日に振替)

 

 

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

 

 

 


【ご案内】全国くらしの工芸展 at 東京国際フォーラム

こんにちは、クドウですエリザベス

毎年恒例の行事がやってきましたキラキラ

 

▼KOUGEI-EXPO 伝統的工芸品月間国民会議全国大会

http://kougei-expo.com

 

11月は伝統的工芸品月間ですちゅん

 

【伝統的工芸品とは】

一般の「伝統工芸」などの呼び方とは別に、「伝統的工芸品」という呼称は、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」で定められました。「的」とは、「工芸品の特長となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、さらに、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされている工芸品」という意味です。

(伝統的工芸品産業振興協会 webより http://kougeihin.jp/association/about/

 

伝統的工芸品に対する理解とその一層の普及を目指した大会が毎年開催されていますが、今年の開催は東京!!

丸の内エリアにて、展示や展示即売、実演や体験など、伝統的工芸品の魅力が発信されますキラキラ

 

阿波和紙は各催事の中で「全国くらしの工芸展」に出品し、藍染め和紙などの展示即売をいたします手

 

「全国くらしの工芸展」

http://kougei-expo.com/34/list?genre=kurashino

 

会期:2017年11月4日(土)〜6日(月) 11時〜19時(最終日:17時)

会場:東京国際フォーラム B5ホール

 

本日、搬入でしたエリザベス

畳1枚分くらいの小さーいスペースなのですが、こんな紙を持って来ていますきらきら

 

阿波和紙といえば藍染和紙

http://www.awagami.or.jp/indigo/

 

藍染め和紙は小判を用意しました。

 

手漉き和紙の、ちょっと格好いい系手

 

これからのシーズンでは、年末年始のしつらえにいかがでしょうかにっこり

 

金銀メタリックの紙

http://www.awagami.jp/products/colorful/metallic/index.html

 

強制紙に金彩をほどこした3パターンキラキラ

 

強制紙 金彩

http://www.awagami.jp/products/temporary/winter_kinsai.html

 

同フロアでは各種工芸品が出店を行い、展示即売をいたします。

日頃、直近では各種お目見え出来ないものなどもたーくさんちゅんビックリ!

また、階下フロアの5Fでは、各種工芸品の実演や体験ができる「伝統工芸ふれあい広場」が開催されます手

 

伝統工芸ふれあい広場

http://kougei-expo.com/34/list?genre=fureai

こちらへは、和紙産地からは福井県の越前和紙が出展されており、和紙の墨流しが体験出来ますひらめき

 

子供から大人までが見て、触れて、体験して楽しめるイベントとなっていますわーい

連休の合間、ぜひご家族連れでもお越し下さいさようなら


【ご案内】CIAO PANIC COUNTRY MALL × 阿波和紙

こんにちは、クドウですエリザベス

本日から開催していますキラキラ

 

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2017

https://jtcw.jp

 

「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK」 は、衣食住を扱うライフスタイルショップを通じて日本各地の伝統的工芸品のPRや展示販売をするイベントです。
開催期間中、東京エリアのインテリアショップ、ファッション店、セレクトショップ等が伝統的工芸品産地とコラボレーションした伝統的工芸品の展示販売や実演等を行います。また、各店舗を巡るスタンプラリーの実施や、メイン会場において製作実演やワークショップ等を実施します。

 

今年参加の伝統的工芸品産地は31産地!!

阿波和紙は、原宿にあるショップ「CIAO PANIC COUNTRY MALL」とのコラボで参加していますちゅん

 

CIAO PANIC COUNTRY MALL × 阿波和紙

https://jtcw.jp/03-awawashi/

 

「CIAO PANIC COUNTRY MALL」、実は今回の企画で初めて店内を覗きましたレッド

通りからの外観では「こちらで和紙...?」と一瞬思ってしまったのですが、店内を拝見すると、それはもうスタイリッシュな様々なファッション雑貨の中に、とても洗練された和のクラフトや雑貨がしっかり存在するのですちゅん

今回、とてもすてきな設えで展示下さいましたエリザベスきらきら

 

PA270818.JPG

 

店内入ってすぐのスペースにレイアウト頂きましたわーい

 

PA270796.JPG

 

阿波と言えば「藍染め和紙」

藍染め和紙のフレーム&アートパネルの他、オリジナル手漉き和紙を使った照明や版画作品を出品させて頂きましたキラキラ

版画作品は、過去ブログでもお目見えの3名よりそれぞれ4作品をご覧頂けます。

 

ひらめき【使い方のヒント FAP編】北方セレクト - 川村紗耶佳さん -

http://awagami.jugem.jp/?eid=1242

 

ひらめきSG版画用紙『白樺』 by 栗田ふみかさん

http://awagami.jugem.jp/?eid=1182

 

ひらめき【使い方のヒント FAP編】竹和紙 版画用 250g - 前田愛美さん -

http://awagami.jugem.jp/?eid=1241

 

そして、阿波和紙を用いた照明器具は、かねてよりインテリア用和紙でコラボワークをさせて頂いている(株)ノミックさんによる、オリジナル手漉き和紙をシェードに使われた灯りです。

http://www.nomic-material.com/andon.html

PA270805.JPG

 

藍染め和紙によるアートパネル、初お目見えです手

PA270821.JPG

PA270822.JPG

 

他にも和紙会館のshopから、個性ある手漉き紙を持ってきましたにっこり

PA270803.JPG

 

美しく展示して下さっていますちゅん

 

PA270819.JPG

PA270814.JPG

 

いずれも今だけ、ここだけ的な品揃えです!!

ぜひぜひ会期中、お立ち寄り頂きたいですわーい

 

なんといっても、ほんとーーーーにすてきなお店なのですハート

個人的にもほしくなるものばかりで困りました・・・

眼福というか、目の毒というか、いやいやぜったいプライベートで通おう筋肉!

....と思った次第ですエリザベス

 

お待ちしていますさようなら


【始まりました】「アワガミ国際ミニプリント展2017」

 

 

アワガミ国際ミニプリント展2017開催中です!

 

今回で3回目を迎えることが出来ました。

幸いなことに回を重ねるごとに参加応募は増加志向にあり、

おかげを持ちまして世界54カ国より1010名の応募があり、

作品総数は約1347点となりました。

 

 

 

 

和紙会館2階で入賞作品を展示しています。

素晴らしい作品をご堪能いただけます!

 

 

 

 

 

そしていんべアートスペースでも1000点余りの作品を展示。

どの作品も見応えがございます。

 

 

 

 

 

開催初日から三日間、ギャラリートークショーや版画の実演、

リトグラフのデモンストレーションが行われました。

 

 

 

現在、いんべアートスペース内では、

〜第14回徳島版画展 阿波和紙会館賞 受賞記念〜

手塚てる子様の版画展が開催されております。

鮮やかで美しい手塚先生の作品をぜひご高覧ください。

 

 

 

アワガミ国際ミニプリント展2017は今月29日(日)まで開催しております。

ミニプリント展の作品が購入できますので、ぜひお越しくださいませ!

 

 


素敵な「型染め」の世界 / 松本 治子さま

型染め教室の講師をされている松本 治子さんに、新作作品をご紹介いただきました。

今回も「耳付き葉書 無地」を使っていただきました。

 

まずは、百聞は一見に如かず、作品の数々をご覧ください♪

型染めの温かみが、伝わってくるやさしい作品たちを、お楽しみください…。

 

「ひなまつり」

 

 

 

 

「干支」

 

 

 

 

 

「獅子舞」

 

 

 

「一寸法師」

 

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存


こどものためのあとりえ ほほぶぶこども展

ただいま和紙会館では

こどものためのアトリエ ほほぶぶこども展を開催中です。

展示中作品の作家は3〜5歳のこどもたち!

先生は、和紙会館の夏休み子どもアート教室でもおなじみのアンファン・アユミ先生です^^

先生は普段徳島市にあるエミールさんで教室を開講中

今回の展覧会もその教室に通われている生徒さんが中心となって実現いたしました!

 

絵画から立体作品までジャンルも様々。とってもにぎやかな展覧会になりました♪

 

作品のそばには、制作の様子を写したお写真も一緒に飾られているので、

作品ができあがるプロセスをかいま見れます。

 

ほほぶぶこども展は今月末の30日(土)までです!

最終日はワークショップも開催しますよ〜!

 

ワークショップ

◆3原色にじみ絵であそぼう◆

日時:9/30(土) 12:00〜15:00(時間内であれば途中参加も可能です!)

場所:阿波和紙伝統産業会館

おとなの方でも参加できますよ♪ご予約は和紙会館まで!

ワークショップ詳細はこちら>3原色にじみ絵で遊ぼう。

 

前回のモダン似顔絵を描こう。のようすはこんな感じ。

ワークショップ企画当初は、描きあげた絵はそのままおうちに持ち帰って

飾ってもらう予定でしたが…

IMG_3598.JPG

みんな上手に描いてもらい、せっかくなので…

会期中は和紙会館でも飾らせてもらうことになりました^^

こどもアトリエ展.jpg

こどもたちの自由で元気な作品、

ぜひご覧ください〜!!

 

スクリーンショット 2017-08-29 18.45.32.png

IMG_3592.JPG

IMG_3641.JPGIMG_3639.JPGIMG_3638.JPGIMG_3637.JPGIMG_3634.JPGIMG_3633.JPG

 


柳田 友希さん「Waterscape」/プラチナプリント

みなさん、プラチナプリントって、知ってますか?

私は、恥ずかしながら知りませんでした。

 

アワガミでは、インクジェットプリント用の和紙「AIJP」を開発、販売してきましたが、

プリンターやインク、紙が、多彩に進化する中、プリントの原点とも言えるプラチナプリント

が、再び注目されるようになったのです。

 

アワガミでは、プラチナプリント用の紙を開発するにあたり、いろいろと試してご意見をいただきながら、

製品化にたどりつきました。

 

アワガミ・プラチナプリントペーパー

http://platinum-print.com

 

オンラインで販売すると間もなく、柳田 友希さんよりご注文をいただき、

プラチナプリントペーパーに対する貴重なご感想を柳田さんにお聞きすることができました。

 

 

 

こちらの作品は、「Waterscape」というシリーズで、

柳田さんには、プラチナプリントペーパーの中でも「三椏」を、お使いいただいています。

 

 

「プラチナペーパーは、デジタルネガ+サイアノタイプにて使用させていただいております。

独学で始めたばかりですので、あまり詳しい知識があるわけではないですが、

水彩紙を十数種類、和紙も数種類試用した中では、その中でもプラチナペーパーは、

コントラスト・シャープが強く、和紙の独特な質感も当然あり、用紙と和紙の良い部分を

いいとこ取りしたような、魅力的で素晴らしい商品だと感じております。

 

水彩紙だと、光沢を持った紙はないので、この光沢感も魅力の一つであると感じました。」

 

 

柳田 友希さんの、アワガミプラチナペーパー三椏でプリントいただいた小作品が9点、

9/15-18まで、六本木・アクシスギャラリーでのグループ展にて展示販売されることになりました!

http://www.axisinc.co.jp/building/eventdetail/604

 

プラチナプリントの世界を、ぜひ、ご覧ください。

 

 

柳田 友希さんHP

http://tomokiyanagida.wixsite.com/photograph

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存


【ご案内】「街の灯り展」民芸紙を使ったランプ

みなさまこんにちは、高田です。

本日は、和紙を使ったLEDランプの展示会のご案内です。

 

作家は早渕太亮さん。

以前にも徳島LEDアートフェスティバルで灯りの作品を作られていましたが、

今回は卓上サイズの灯りです。使用紙は民芸紙 白

和紙を通した灯りが柔らかく、優しい雰囲気を醸し出しています。

 

(会場は明るいのですが、写真に撮るとすごくムーディーな感じになってしまいました)

和紙の質感が、穏やかな家並みを引き立てています。

 

窓があるものも。

 

手前の赤い光のランプは、灯りがゆれて明滅するようになっていました。

 

 

街の灯り展 早渕太亮作品展

2017年9月1日(金)〜9月25日(月)

10:00〜17:00(火曜日定休)

会場:ギャラリー杣人

徳島県名西郡神山町神領字中津236-5

 

 

気候も穏やかな秋の日、ぜひ足をお運びください。

 


「飾れるアクセサリー」kissmi wakisaka

みなさまこんにちは、高田です。

徳島は朝晩ずいぶん涼しくなってきて、少しずつ秋を実感しています。

 

さて、本日は和紙を使った美しいアクセサリーをご紹介します。

アワガミの和紙を使ってアクセサリーを作られている、kissmi wakisakaさん。

まずはその作品をご覧ください。

(どうですか、、!)

(可愛いでしょう、、)

(繊細、、!)

(欲しい、、!)

 

kissmi wakisakaさんよりコメントもいただきました。

ーーーーーーーーーー

○主に使用している和紙...

レースパターン(数種類)

金和紙 W-15(耳切り)

民芸紙 未晒(M-60)

 

○製作方法...

・染料で染め、和紙同士を貼り合わせてからお花の形に形成しています。

 

○コメント...

ずいぶん前にどこかで買ってストックしていたレース和紙に似たものをずっと探していたのですが、

なかなか見つからず、、いろいろと調べるうちにAwagami factoryさんの繊細だけど丈夫なレース和紙と出会いました。

もちろんそのままでもずっと見ていたくなるほど美しいのですが、

レース和紙に特殊な加工を施したところ、ドライフラワーや花の葉脈のような不思議な表情をすることに気づき、

それ以来Awagami factoryさんのレース和紙に魅せられています。

 

○プロフィール…

文化服装学院卒業後、アトリエ染花にて8年間、染色やデザインに携わる。

独立後、2017年に''kissmi wakisaka''を本格的にスタート。

主に和紙を用いたアクセサリーのデザインや製作を行い、

展示やワークショップなど活動の幅を広げている。

 

「飾れるアクセサリー」をテーマに、ブランド”kissmi wakisaka”では主に和紙を用いたアクセサリーのデザイン・製作を行っている。

和紙を始め、レースペーパーやワックスペーパーなど日常に当たり前に存在する様々な“紙”に魅力を感じ、和紙でのものづくりがスタート。紙の持つ多様性を生かしつつひとつひとつ手作業でアクセサリーを制作。

 

HP : http://kis315.wix.com/kissmi

インスタグラム : https://www.instagram.com/kissmi_wakisaka/

FB : https://www.facebook.com/Kissmiacocoon

SHOP : https://kissmi.base.ec

 

ーーーーー

 

レースパターンは繊細な模様が綺麗で私も好きなのですが、

さらに素敵なアクセサリーに生まれ変わっていて驚きました。

金和紙民芸紙 未晒のナチュラルな素材感も、kissmi wakisakaさんの作られる植物の美しさを

演出できているのだと思うと嬉しいです。

 

実は、kissmi wakisakaさんの作品を拝見したのは、

最近開設したインスタグラム(https://www.instagram.com/awagami_online/)で

お話ししたのがきっかけでした。

kissmi wakisakaさんのインスタグラムは素敵な作品で溢れています。

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

 

kissmi wakisakaさん、ありがとうございました!

 


| 1/131PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

検索する