HOME > アワガミファクトリーだより

【展示のご案内】「TOKYO2019」 山本まりこの写真の教室 Room5656 第11期写真展

こんにちは、クドウですエリザベス

早速ですが、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお使いいただいた展示のご案内ですちゅん

ただいま開催中!!

 

「TOKYO2019」
山本まりこの写真の教室 Room5656 第11期写真展 

 

 

会期:2019年7月11日(木)〜14日(日) 11:00〜19:00(最終日は16:00まで)

会場:ギャラリー・ルデコ 

   〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 高桑ビル3・4階
   
https://ledeco.net/

 

ギャラリー・ルデコの2フロアで展開されている「TOKYO2019」、3Fはエアリーコース供▲泪好拭璽魁璽垢寮古未気鵑砲茲訶玄─4Fは山本まりこ先生を筆頭にインストラクターによる展示で構成されています。

今回、展示作品の多くにAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお使いいただきましたきらきら

 

3Fの生徒さんの展示コーナーでは、皆さんが「楮 厚口 白」でプリントしたものを木製パネルに仕立てられている作品を多くご覧いただけますちゅん

入った瞬間、とてもすてきな空気感キラキラ

 

それぞれに個性あふれる工夫がされているんですよ〜エリザベス

作品イメージに合わせたファブリックを下地にされていたり

 

組み写真の構成もきれいで可愛らしくて見入ってしまいますねにっこり

 

パネル側面を、こちらはペイント!!

 

こちらは桜柄の和紙。イメージに合う和紙を求めて和紙屋さんを数件回られたとか。

 

拝見していてとても楽しい空間なのですちゅん

 

4Fは山本まりこさんとインストラクターのコーナーです!!

こちらはまた3Fとグッと印象が異なり、素材も手漉き紙びざんを多くお使い下さいましたお願い

 

まりこさんの展示では、パノラマサイズ(M)をリクエストさせて頂きましたちゅん

うーん、魅せますね....きらきら

組み写真として使われることをおススメすることが多いパノラマサイズですが、このレイアウトは新鮮です!!

 

そしてインストラクターの皆さんも、作品はもちろん美しく、そして見せ方も個々に趣向をこらされていて見応えたっぷりちゅん

 

びざんの面質を活かされ、皆さん大サイズにもトライ下さいました手

 

 

なんとオーダーメイドのフレームもひらめき

 

ここでは全容をお伝えしきれないのが残念...。

フォトブックやインスタ映えしそうなエリアも用意されていて、本当に見応えたっぷりですキラキラ

見る側としても存分に楽しませて頂きましたが、作品作りをされ、そして展示を仕上げられた皆さんの楽しさ感がたっぷりでのRoom5656ワールド満載のこの空間、会期はなんと7/14(日)まで!!

ぜひこの週末、会場に足をお運びいただきたいです!!


【WSのご案内】「New! 和綴じ製本を作ろう」at エプサイト

こんにちは、クドウですエリザベス

アワガミファクトリーが定期的にAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)を使ったワークショップを開催させて頂いてきたエプサイトセミナーですが、新宿から5月に移転を行い「エプソンスクエア丸の内」にても継続していますキラキラ

 

▼エプソンスクエア丸の内

https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/seminar/?rdct=/epsite/school/index.htm

 

7月に予定している講座では、これまでも開催してきた和綴じ製本によるアルバム作りをブラッシュアップしましたのでご案内させて頂きますちゅん

 【講座名】和綴じ製本を作成しよう!

 【開催日】7/26(金) 13:00〜16:00

 【参加費】4,000円(税別)

 

これまでの講座では、A4サイズに画像を2面つけて二つ折りをすることで、仕上がりはA5サイズの縦型でした。

 

何度か開催してきたところ横位置の作品を用意されてくる方が多く、本が縦型だと画像も必然的に小さくなってしまうことから、この機会に横型にシフトチェンジ!!

 

横向きの和綴じアルバムをつくりますよーエリザベス

表紙もこれまではアワガミが用意した何種類かの和紙を選んでもらっていましたが、本文紙と同じAIJPにテーマ写真1点を割り付け、タイトルなども入れてみますきらきら

 

写真は試作で作ってみたもので、仕上がりサイズは約164×241mm。

これまでのA5サイズより、少し大きくなっていますキラキラ

 


ページ数、28ページ(表紙、裏表紙含む)!!

最大で24点の作品を入れられますので、データは30点程度ご用意されることをお勧めしています。

ひらめき写真のデータ(TIFFまたはJPEG形式/RAWデータ不可)は、Windows(R)フォーマットのUSBメモリーまたはメモリーカードに入れてお持ちください。

 

画像等の割り付けは、エプソンのプリント専用ソフト「E-Photo」を使います。

プリント指導はエプソンスタッフが丁寧に指導させて頂きますので、「E-Photo」を使われたことがない場合でもパソコンの基本操作ができる方であれば大丈夫手

 

裏表紙の内側は、写真集っぽく奥付も入れてみますにっこり

 

上記イメージは横位置写真ばかりですが、縦位置でも使える割付レイアウトもご用意します!!

タイトル入ると一気に写真集っぽさが増しますねちゅん

「なかなかいいかも....」と試作作りも楽しみましたエリザベス

 

7/26に開催のこの講座、ただいま募集を開始しています!!

システムメンテナンスのため、現在講座のお申し込みはお電話にて承っています。

お手数ですが、こちらにお問い合わせくださいお願い

 

【お申込】TEL:03-6775-9481   受付時間:10:00〜18:00(日・弊社指定休日を除く)


【ご案内】小松由佳写真展「シリア難民の肖像 ー Borderless people ー」

こんにちは、クドウですエリザベス

AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)は「手漉き紙びざん」をお使い頂いた写真展が開催中です。

 

小松由佳写真展「シリア難民の肖像 ー Borderless people ー」

会期:2019年5月22日(水)〜6月3日(月) 10:30〜18:30(最終日:16:00)

会場:リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリー     火曜日定休 入場無料

ギャラリートーク:

*5/26(日)13:00〜 16:00〜  *6/3(月) 13:00〜 16:00〜

 

2011年から始まったシリア内戦。人口2240万人のうち50万人の死者、560万人の難民を生みながら、情勢は未だ混沌としている。周辺国に逃れた多くの難民にとり「シリア帰還」は今や遠い夢だ。
Borderless 、境界線の不毛。難民は「国境」の先に希望を見出そうとする。だが彼らが生きるのは、なお国境や国家、法が意味をなさない曖昧で不確実な世界だ。
シリアの歴史は繁栄と離散の歴史でもある。その一幕として、難民たちも異郷に根を張ろうとしている。
本写真展では一人一人の肖像から、激動の時代を生きる人間の姿を捉えた。じっと目を凝らさなければ見えないもの。それを写真の内側に表現したい。

 

旗小松由佳website    http://yukakomatsu.jp/Before/

 

*******

 

小松さんが初めてコンタクトをとってこられたのは今年の2月でした。

こちらでの展示が決定しており、プリントするメディアを和紙でしたいというご相談です。

ちょうど「CP+2019」の直前でしたので会場でプリントした現物などをご覧い頂いて、ご検討を進めて頂いたのですが、当初からの希望の手漉き和紙での展示をされることになり、出力ではアワガミ出力サービスをご利用頂きましたお願い

 

先日おじゃましてきました、会場の様子をご覧いただきますエリザベス

今回は手漉き紙びざん(中厚口)生成 をA1サイズでご利用頂きましたちゅん

 

 

なんと、会場内には難民キャンプのテントをイメージしたものが設営されています!!

実際に使われているテントの中には、生活用品なども置かれて再現されています。

 

全てフィルムで撮られたという展示作品は、シーンは違えど一定の空気感で各々の肖像が映し出されていて、小松さんが彼らに向き合う視線を体感しているような気にさせられました。

 

 

 

展示はとてもシンプル。

個性の強い紙質も作品に馴染み、フレームがないことに物足りなさを感じないのは、小松さんの現す世界に力強さが介在するからではないでしょうか。

 

会場には作品のキャプションが別刷りで用意されています。

そこからも、難民たちの生活の風景を切り取ったのではなく、深い心をもって近しく彼らに接している小松さんの姿勢が垣間見えます。

 

 

難民という言葉からは、つい悲惨で苦しい印象を思い浮かべますが、実際は日本に住む私たちからの視点ではそのような環境に住んでいるのだと思いますが、小松さんの映す肖像は、それらを背景にしながらも受け入れざるを得ない状況を、そして日々を、家族と淡々と暮らしている人の暮らしです。

 

ニュースでしか見たことのないどこか遠い世界での出来事を、とても近く感じる空間でした。

小松さんは会期中は毎日在廊されるとのこと。

ぜひ足をお運びください。


【ご案内】写真展「模様」

こんにちは、クドウですエリザベス

なんと2ヶ月ぶりの更新です...ちゅん

....というのに半分個人的なお知らせで恐縮というか恥ずかしいというかなのですが、せっかくなのでお知らせですちゅん

 

写真のグループ展に参加しますキラキラ

 

写真展「模様」 清水政弘、四方伸季、松岡達也、工藤多美子

会期:2019年5月9日(木)〜14日(火) 11:00〜19:00(最終日 15:00まで)

会場:ヒルトピア アートスクエア http://hilartsq.com

   東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京B1F ヒルトピアショッピングアーケード内
 

『模様』は、ある物の表面に物理的に刻まれたり描かれた影等を指すだけでなく、現在進行形の変化の状況、あるいは時間や自然現象、人の行動心理など、多くの現象が『模様』に関連付けて表現されています。

今回、そんな様々な『模様』をテーマとして、映像のデジタル化によりWebやSNSでの作品発信があふれる中、物理的に存在する“紙”に定着した『写真の力』に魅力を感じ、インクジェットプリントによる写真作品の発表にこだわる4人が集いました。

“紙”もまた『模様』の集合体と言えます。模様の集合体である紙の表面には、個性的なテクスチャが『模様』として存在し、写真に対する大きな表現力の一つとなります。紙を用いて表すことで、写真の持つ表現は全く違ったものとなる・・・そんな共通意識持つ4人による“紙”の『模様』に定着された、それぞれの『模様』物語をお楽しみください。

 

 

4人それぞれの「模様」をご覧頂きますが、私が使うのはもちろんAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)エリザベス

今回は『竹和紙170g』を選びました。

プリント制作は、日頃業務用の印字見本的なプリントばかりなので、実は新鮮な作業だったりします...ちゅん

拙いですがパネル張りも自作にこだわりました筋肉

ぜひご覧いただけましたら幸いですお願い

 

また、会期中クドウの在廊時はAIJPのプリント体験(A4サイズ 無料)をさせて頂きます!!

ご自分のデータをSDカードまたはUSBにてお持ちください!

 *jpegデータ限定とさせて頂きます。

 *状況によりご対応に時間を要する場合がありますがご了承ください。

 

【クドウ在廊予定】 ひらめきサラリーマンにつき、平日は急な変更がある可能性があります。

旗9日(木)、10日(金)、13日(月):17〜19時

旗11日(土)、12日(日):11〜19時

旗14日(火):12〜15時

お待ちしていますさようなら


第30回 小学生によるデザインはがき展 人気投票 結果のお知らせ!

皆さま、こんにちは。

阿波和紙会館事務局です。

 

1月19日より会期スタートした

第30小学生によるデザインはがき展。

 

本日、3月6日を持ちまして、無事会期終了となりました。

ご出展いただきました参加校の皆様、

並びに学校関係者の皆様、ご担当の先生方。

暖かい心でに子供達を応援いただきました保護者の皆様。

そして、子供達の素晴らしい可愛く楽しい作品を

ご高覧いただきました、ご来場の皆様。

デザインはがき展運営のご協力をいただきました、関係者の皆様。

この場をお借りしまして、深く御礼申し上げます。

 

そして!

お待ちかねの、デザインはがき展来場者による、人気投の票結果です!

 

今回は、合計937票(うち無効票20)の投票から6名の特別賞が決定しました。

 

一位 26票 鴨島小学校6年 勝占 凌太朗 さん

「立体感がすごい、イノシシが壁を突き破ってこっちにくるようだ」

「県知事賞を取るぐらい、努力したという事が伝わってくる」

「立体的でイノシシがすごくうまかった」

「紙粘土で紙を突き破ったイノシシがリアルでいいと思ったから」

「細かいところまで綺麗にできているから」

「すごく本格的で工夫している」

 

二位 25票 美馬小学校3年 荒岡 祐依 さん

「イノシシのとても活発さとパワーを感じたから

「どんぐり」を材料にして考えたところなるほど!と思いました。いい作品でした!」

「猪が猪突猛進している感じがすごく出ていて迫力があってよかったです」

「一つ一つ顔があるのがすごいと思った」

 

三位 14票 山瀬小学校6年 枝澤 澄空 さん

「和紙でリアルに作っていたから」

「たくさん材料を使っていてすごくうまかった」

「作り込みがすごい」

「手間がかかっている感じがしたから」

「四年連続入賞はズゴイです。和紙をきちんと使っていて、毛も

一本一本色を変えてすごく作り込んでいてとても素晴らしいです。」

 

四位 11票 山瀬小学校5年 尾形 菜生 さん

「手と足を動かせるイノシシが可愛いから」

「今、ブームだから」「立体感があって今流行りのUSAだから。綺麗。上手!」

「本物みたい」「USAが大好きだから」

 

五位 9票 久勝小学校5年 須美 冬士郎 さん

「とても工夫しているから」

「いい迫力があって尖がっとるところがすごいと思ったからです」

「迫力があってすごくいい作品だから」

「立体感がある」

 

五位 9票 伊沢小学校2年 木南 玲 さん

「イノシシの目がすごくこっていたから」

「かっこよくて躍動感がある」

「すごく工夫していてかっこいいし、アルミホイルで

たてがみやつのを作っていました」

などなど、たくさんのコメントをいただきました。

 

おめでとうございます!

入賞者には、賞状と賞品をお贈り致します。

 

また皆様にお会いできる日を、

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

いつでも遊びにきてくださいね!

 

ありがとうございました!

 

 

 

 


【ご案内】「JAPANSHOP2019」へ出展します

こんにちは、クドウですエリザベス

今週、アワガミファクトリーは「JAPAN SHOP 2019」、RICOHブースにてご一緒させて頂きます!!

 

▼JAPAN SHOP 公式サイト

https://messe.nikkei.co.jp/js/

 

RICOHブース内、コラボレーション企画における阿波和紙ゾーンにて、ラテックスインクプリンターにもお使い頂ける和紙素材をご紹介させて頂きますキラキラ

 

▼RICOH JAPAN SHOP情報

http://www.ricoh.co.jp/event/exhibit/japanshop/?sscl=eventPanel5

 

アワガミファクトリーではRICOH  Pro L4130を用いたラテックスプリントサービスも行なっています。

そのインクの特性から、和紙壁紙のように表面に撥水加工を施してあるようなメディアにもプリントが出来ますエリザベス

 

会場では、ラテックスプリントによるデザインウォールの展示のほか、和紙の見本の配布を行う予定です。

ぜひ足をお運びください!!

 


【CP+2019】ご来場ありがとうございました。

こんにちは、クドウですエリザベス

2/28〜3/3の「CP+2019」、無事に終了いたしましたキラキラ

会期中、アワガミブースにお越し頂きました皆さま、ありがとうございました!!

今回、35名の方のプリント体験をブース内でさせて頂きました。

和紙プリントは初心者に近い方も多かったようですが、ほとんどの方に楽しんで頂けたご様子で嬉しいですちゅん

 

和紙プリントに多くの反響を頂き、気軽にトライして頂ける機会をもっとつくりたいねーキラキラということで、徳島でのアワガミプリントラボではプリント体験会を4月、6月に計画中ちゅん

東京でも、ちょっと企画を考えていますエリザベス

 

今回も写真家の皆さまの魅力たっぷりの作品のおかげで、多くのお客さまから嬉しい反応をたくさん頂きました!!

全体のバランスや作品と紙との組み合わせなど1点1点じっくり考えているので思い入れがあるのですが、アワガミブースの展示、良かったですよね!!

 

そして、アワガミの作例展示のあるこちらへも「ちょっと時間ありますか?」と言ってお客さまをよくお連れしました。

「サイズとメディアの選択肢が、作品の可能性を広げる」

いい言葉ですねぇ...ちゅん

 

手漉き紙びざんに関心大の方には、香川美穂さん。

                               手漉き紙 びざん 生成

 

 

「モノクロに向いた紙って?」と相談を受けた時は、岡嶋和幸さん。

                                  楮 厚口 生成

 

ご来場頂いた皆さま、ご縁頂いた写真家の皆さまには、改めて御礼申し上げますお願い

今後ともアワガミファクトリーをどうぞ宜しくお願いいたします!!


【CP+2019】展示作品 後半

こんにちは、クドウですエリザベス

「CP+2019」も残るはあと1日となりましたキラキラ

お天気の土曜日、多くの来場者に恵まれました。

アワガミブースにお越し頂きました皆さま、ありがとうございました!!

それでは昨日に続いて、展示作品のご紹介 後半をお届けします!!

 

 

旗米津 光さん

https://www.akirayonezu.com

米津さんには掛軸仕立てで2点、展示させて頂いていますエリザベス

 

そうそう、米津さんには、2013年のCP+でセミナーをして頂いたことがあるのです。

楽しいお話でしたね。またあんなことやりたいなーちゅん

http://awagami.jugem.jp/?eid=830

 

 

 

旗川野 恭子さん

http://kyokokawano.com

アワガミブースでは、絶大な「きょんさん効果」が炸裂しています!!

来場者の女子率の高さ、そしてプリント体験コーナー(事前申込み制、満席)の参加者では、きょんさんのSNS等で知ったという方が続出という...。

 

きょんさんの作品は、手漉き紙びざんのパノラマサイズを用いた組写真です。

アワガミのラインナップの中でもびざんはその面質のラフさから雪景色なども得意だと思っていましたが、うーん見事にしっくりきらきら

比率の合わない余白部分はそのまま紙地を生かしています。

実は2017年のCP+でも同様のスタイルできょんさんにお願いしましたが、ご記憶にある方も多いのではひらめき

今年の作品との対比、おもしろいですねキラキラ

こちらは余白は黒ベタをプリントしています。

 

本日もプリント体験は10名様にご参加頂きましたにっこり

お楽しみ頂けましたでしょうか?

いよいよ残すところあと1日です!!

アワガミブースでは、アンケートと交換で和紙サンプル(2種類×2枚)を差し上げています。

▼「会場でアンケートにご協力ください」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1490

 

おかげをもちまして多くの方にご協力頂いていますちゅん

(友人知人にも「書こうか?」とささやかれるとか....)

たっぷりめに用意してきたつもりですが、順調にいけば終了前に終了となるかもしれませんので、ぜひお早めにお寄り頂きたいです。

それでは、明日も会場でお待ちしていますさようなら


【CP+2019】展示作品 前半

こんにちは、クドウですエリザベス

「CP+2019」、2日目でした!!

本日もたくさんの皆さまにお越し頂きましたちゅん

ありがとうございました!!

 

ご協力いただいた写真家の皆さまの作品力のおかげで、じっくり、そして何度もお寄りくださる方が多いのですキラキラ

お客さま:「いいですね」

クドウ:「でしょーエリザベス

....を繰り返していますちゅん

嬉しいですきらきら

 

すてきな作品に恵まれているアワガミブース、ちょこっとですがこちらでもお届けします。

本日は前半ですキラキラ

 

 

旗中村晃さん

http://akiranakamura.jp

 

たくさん候補をいただいた中から選ばせて頂きました。

 

搬入の時、設置できてから「ちょっとちょっと!」と離れたところにいた同僚を連れてきて2人で「ほおおーーー!!

 

やっぱりねー、会場で本物を見て頂きたいですねぇ。。

 

 

そしてブースの中へどうぞーキラキラ

 

旗故島 永幸さん

http://p-a-k.jp

ブライダルのお仕事の多い故島さんには「ウエディングのシーンで女性が映っているのだけど、ちょっと俯いているとかベールを被っているとかで顔がしっかり映っていない、やわらかい感じ」とリクエストさせて頂きましたが、見事に応えて頂きましたちゅん

紙はプレミオ楮。

私はポートレートにはこちらをお勧めさせて頂くことが多いのですが、本当にいい感じです

 

旗並木 隆さん

https://kittgogo.com/takashi-namiki/

並木さんのこの美しい彩りとボケの特徴的な作品には、プレミオ雲流を。

楮の筋が強い特徴であるこの紙は、思いきって大きなプリントをしてこそさらに魅力を発揮すると信じています!!

いかがでしたでしょうかにっこり

 

旗鹿野 貴司さん

http://www.tokyo-03.jp

鹿野さんだけに鹿....ちゅん

....という理由でこの作品を選ばせていただいたワケではないのですが(完全に私が気に入っただけというのが真実ですが)、いやぁやっぱり良かったですよねキラキラ

情景的で、絵画風にも感じられます。

 

旗長瀬 正太さん

https://syouta.jimdo.com

連日会場のどこかで活躍されている長瀬さんですが、花火の作品をプリントで拝見したのは初めてです。

竹和紙を好んで使ってくださる長瀬さん。

色が素直に出て使いやすい、と定評頂く竹和紙ですが、ここはやはり王道で竹和紙でプリントさせて頂きました!!

 

ブース内の写真を撮っていかれる方が多いのが、アワガミブースの自慢でもあります筋肉

あと2日!!

皆さまのお越しをお待ちしています!!

 

後半、明日に続きますさようなら


【CP+2019】はじまりました!

こんにちは、クドウですエリザベス

「CP+2019」、はじまりました!!

 

早速ですが、アワガミファクトリーブースの展示風景をお届けしますキラキラ

やはり会場で現物をご覧頂きたいですねちゅん

 

 

ご協力下さった写真家の皆さま、ありがとうございますエリザベス

 

 

本日は一般公開は12時から。

あいにくの雨模様でしたが、多くの方にご来場頂きましたお願い

 

 

事前お申し込みで既に満席となっておりますが、プリント体験もさせて頂いています。

こちらはアワガミプリントラボより高田が担当させて頂きます筋肉

 

アワガミファクトリーブースでは、アンケートにご協力頂いた方へサンプルの配布を行っております!!

http://awagami.jugem.jp/?eid=1490

展示作品の詳細はまた追々お届けしていきたいと思いますちゅん

 

そして、エプソンブースにおいてもAIJPがご覧頂けますので、ぜひお忘れなく!!

草原のこぐまは香川美穂さん。

4月から発売予定のバラエティパックには楮(厚口)をセレクト頂きました手

こちらは岡嶋和幸さんの作品でご覧頂けます。

 

会期は3/3(日)まで!!

ぜひお立ち寄り下さいさようなら


| 1/141PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

検索する