HOME > アワガミファクトリーだより

こどものためのあとりえ ほほぶぶこども展

ただいま和紙会館では

こどものためのアトリエ ほほぶぶこども展を開催中です。

展示中作品の作家は3〜5歳のこどもたち!

先生は、和紙会館の夏休み子どもアート教室でもおなじみのアンファン・アユミ先生です^^

先生は普段徳島市にあるエミールさんで教室を開講中

今回の展覧会もその教室に通われている生徒さんが中心となって実現いたしました!

 

絵画から立体作品までジャンルも様々。とってもにぎやかな展覧会になりました♪

 

作品のそばには、制作の様子を写したお写真も一緒に飾られているので、

作品ができあがるプロセスをかいま見れます。

 

ほほぶぶこども展は今月末の30日(土)までです!

最終日はワークショップも開催しますよ〜!

 

ワークショップ

◆3原色にじみ絵であそぼう◆

日時:9/30(土) 12:00〜15:00(時間内であれば途中参加も可能です!)

場所:阿波和紙伝統産業会館

おとなの方でも参加できますよ♪ご予約は和紙会館まで!

ワークショップ詳細はこちら>3原色にじみ絵で遊ぼう。

 

前回のモダン似顔絵を描こう。のようすはこんな感じ。

ワークショップ企画当初は、描きあげた絵はそのままおうちに持ち帰って

飾ってもらう予定でしたが…

IMG_3598.JPG

みんな上手に描いてもらい、せっかくなので…

会期中は和紙会館でも飾らせてもらうことになりました^^

こどもアトリエ展.jpg

こどもたちの自由で元気な作品、

ぜひご覧ください〜!!

 

スクリーンショット 2017-08-29 18.45.32.png

IMG_3592.JPG

IMG_3641.JPGIMG_3639.JPGIMG_3638.JPGIMG_3637.JPGIMG_3634.JPGIMG_3633.JPG

 


柳田 友希さん「Waterscape」/プラチナプリント

みなさん、プラチナプリントって、知ってますか?

私は、恥ずかしながら知りませんでした。

 

アワガミでは、インクジェットプリント用の和紙「AIJP」を開発、販売してきましたが、

プリンターやインク、紙が、多彩に進化する中、プリントの原点とも言えるプラチナプリント

が、再び注目されるようになったのです。

 

アワガミでは、プラチナプリント用の紙を開発するにあたり、いろいろと試してご意見をいただきながら、

製品化にたどりつきました。

 

アワガミ・プラチナプリントペーパー

http://platinum-print.com

 

オンラインで販売すると間もなく、柳田 友希さんよりご注文をいただき、

プラチナプリントペーパーに対する貴重なご感想を柳田さんにお聞きすることができました。

 

 

 

こちらの作品は、「Waterscape」というシリーズで、

柳田さんには、プラチナプリントペーパーの中でも「三椏」を、お使いいただいています。

 

 

「プラチナペーパーは、デジタルネガ+サイアノタイプにて使用させていただいております。

独学で始めたばかりですので、あまり詳しい知識があるわけではないですが、

水彩紙を十数種類、和紙も数種類試用した中では、その中でもプラチナペーパーは、

コントラスト・シャープが強く、和紙の独特な質感も当然あり、用紙と和紙の良い部分を

いいとこ取りしたような、魅力的で素晴らしい商品だと感じております。

 

水彩紙だと、光沢を持った紙はないので、この光沢感も魅力の一つであると感じました。」

 

 

柳田 友希さんの、アワガミプラチナペーパー三椏でプリントいただいた小作品が9点、

9/15-18まで、六本木・アクシスギャラリーでのグループ展にて展示販売されることになりました!

http://www.axisinc.co.jp/building/eventdetail/604

 

プラチナプリントの世界を、ぜひ、ご覧ください。

 

 

柳田 友希さんHP

http://tomokiyanagida.wixsite.com/photograph

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存


【ご案内】「街の灯り展」民芸紙を使ったランプ

みなさまこんにちは、高田です。

本日は、和紙を使ったLEDランプの展示会のご案内です。

 

作家は早渕太亮さん。

以前にも徳島LEDアートフェスティバルで灯りの作品を作られていましたが、

今回は卓上サイズの灯りです。使用紙は民芸紙 白

和紙を通した灯りが柔らかく、優しい雰囲気を醸し出しています。

 

(会場は明るいのですが、写真に撮るとすごくムーディーな感じになってしまいました)

和紙の質感が、穏やかな家並みを引き立てています。

 

窓があるものも。

 

手前の赤い光のランプは、灯りがゆれて明滅するようになっていました。

 

 

街の灯り展 早渕太亮作品展

2017年9月1日(金)〜9月25日(月)

10:00〜17:00(火曜日定休)

会場:ギャラリー杣人

徳島県名西郡神山町神領字中津236-5

 

 

気候も穏やかな秋の日、ぜひ足をお運びください。

 


「飾れるアクセサリー」kissmi wakisaka

みなさまこんにちは、高田です。

徳島は朝晩ずいぶん涼しくなってきて、少しずつ秋を実感しています。

 

さて、本日は和紙を使った美しいアクセサリーをご紹介します。

アワガミの和紙を使ってアクセサリーを作られている、kissmi wakisakaさん。

まずはその作品をご覧ください。

(どうですか、、!)

(可愛いでしょう、、)

(繊細、、!)

(欲しい、、!)

 

kissmi wakisakaさんよりコメントもいただきました。

ーーーーーーーーーー

○主に使用している和紙...

レースパターン(数種類)

金和紙 W-15(耳切り)

民芸紙 未晒(M-60)

 

○製作方法...

・染料で染め、和紙同士を貼り合わせてからお花の形に形成しています。

 

○コメント...

ずいぶん前にどこかで買ってストックしていたレース和紙に似たものをずっと探していたのですが、

なかなか見つからず、、いろいろと調べるうちにAwagami factoryさんの繊細だけど丈夫なレース和紙と出会いました。

もちろんそのままでもずっと見ていたくなるほど美しいのですが、

レース和紙に特殊な加工を施したところ、ドライフラワーや花の葉脈のような不思議な表情をすることに気づき、

それ以来Awagami factoryさんのレース和紙に魅せられています。

 

○プロフィール…

文化服装学院卒業後、アトリエ染花にて8年間、染色やデザインに携わる。

独立後、2017年に''kissmi wakisaka''を本格的にスタート。

主に和紙を用いたアクセサリーのデザインや製作を行い、

展示やワークショップなど活動の幅を広げている。

 

「飾れるアクセサリー」をテーマに、ブランド”kissmi wakisaka”では主に和紙を用いたアクセサリーのデザイン・製作を行っている。

和紙を始め、レースペーパーやワックスペーパーなど日常に当たり前に存在する様々な“紙”に魅力を感じ、和紙でのものづくりがスタート。紙の持つ多様性を生かしつつひとつひとつ手作業でアクセサリーを制作。

 

HP : http://kis315.wix.com/kissmi

インスタグラム : https://www.instagram.com/kissmi_wakisaka/

FB : https://www.facebook.com/Kissmiacocoon

SHOP : https://kissmi.base.ec

 

ーーーーー

 

レースパターンは繊細な模様が綺麗で私も好きなのですが、

さらに素敵なアクセサリーに生まれ変わっていて驚きました。

金和紙民芸紙 未晒のナチュラルな素材感も、kissmi wakisakaさんの作られる植物の美しさを

演出できているのだと思うと嬉しいです。

 

実は、kissmi wakisakaさんの作品を拝見したのは、

最近開設したインスタグラム(https://www.instagram.com/awagami_online/)で

お話ししたのがきっかけでした。

kissmi wakisakaさんのインスタグラムは素敵な作品で溢れています。

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

 

kissmi wakisakaさん、ありがとうございました!

 


大野 希 写真展「ひなたぼっちゃん」9月8日から

こんにちはー。

アワガミオンラインストアの山岡です。

 

アワガミオンラインストアのお客さま、大野 希さんの写真展をご紹介します。

 

大野 希 写真展 「ひなたぼっちゃん」

   

9月8日[金]〜10月1日[日]                       

時間 11:00-17:00 木曜定休

会場 ギャラリー三日月

 

     

写真展は、函館市内の古い建物を改装してギャラリーをされてらっしゃる
「三日月工房」という場所で開催を予定しております。

 

ギャラリー三日月・みかづき工房 facebook
https://ja-jp.facebook.com/hakodatemikaduki/


大野さん曰く「内容に関しましては、全国各地で撮影した港町の風景写真を
アワガミ「びざん・手漉き和紙」にプリントした物を展示いたします。
使っているカメラのレンズの都合でA4とA5のプリントしか展示できないのですが、
それぞれの写真に合わせて、一閑張りを施した額縁を作っております。
今回、注文させて頂いた桜入りの和紙は、
桜並木のある漁港の写真の額縁に使用予定です。」
とのこと。

 

 

 

びざんの展示方法をいろいろ見ましたが、この「一閑張り展示法」は初めてです。

 

額と作品の相性がばっちりで、素敵です!

 

会場に飾られた「会場風景」も送っていただける、とのこと、楽しみにしています!

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存


【ご案内】松山裕一展「-Plants/Flow-」

こんにちは、クドウですエリザベス

 

こちらも既にスタートしています・・・

ようやくおじゃましてきました走れー!!

 

松山裕一展「-Plants / Flow- 」

会期:8月28日(月)〜 9月2日(土) 12:00〜19:00(最終日17時まで)

会場:巷房  中央区銀座1-9-8 奥野ビル  http://gallerykobo.web.fc2.com/index.html

 

今回の巷房での展示は、3F・地下1F・地下1F階段下の全スペースにて展開されています手

アワガミファクトリーの出力サービスをご利用下さり、用紙はAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)より竹和紙をお選び頂きましたちゅん

 

作品はジクレー版画ですキラキラ

IMG_0069.jpg

IMG_0067.jpg

IMG_0058.jpg

 

前回は2015年にも巷房で展示をされていましたが、色彩がかなり豊かに変化してきていますねエリザベスきらきら

 

「松山裕一 版画展 〜 Plant 〜」(2015)

http://awagami.jugem.jp/?eid=1153

 

3Fでは額装仕立てを。

地下では、作品の存在感と竹和紙の素材感を身近に感じて頂けますキラキラ

IMG_0050.JPG

 

小品も精度高く見応えあります!!

IMG_0055.jpg

 

 

階段下には、縁を黒でグッと締めた作品の存在感が際立っていましたびっくり

IMG_0049.jpg

 

手彩色のような表現ですキラキラ

 

前回の作品も格好いいなぁと思いながら拝見しましたが、色彩の華やかさも加わり、とても印象深い展示ですエリザベス

美しさに見入り、楽しませて頂きましたキラキラ

9/2(土)まで!

ぜひお立ち寄り下さいさようなら

 


【ご案内】中西敏貴写真展「Design」

こんにちは、クドウですエリザベス

 

もはやスタートしていますが・・・

ご案内です!!

 

中西敏貴写真展「Design」

会期:2017年8月29日(火)〜9月3日(日) 11時〜19時(最終日17時まで)

会場:弘重ギャラリー  http://hiroshige-gallery.com/

 

ホームページ中西敏貴website

http://toshikinakanishi.com

 

 

中西敏貴さんには様々なシーンでご縁頂いていますが、昨年は竹和紙をお使い頂いたのが記憶に新しいところですちゅん

▼中西敏貴写真展「ORDINARY」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1190

 

そして今回の展示の中では、短冊のように吊るした組作品で「楮(厚口)白」をお使い頂きましたちゅん

 

だいたんなトリミングですゆう★

 

 

会期中は中西さんは在廊されており、日々イベントが予定されていますキラキラ

私は初日のファンミーティングを覗かせてもらいましたが大盛況でした手

 

これから間に合うイベントではこちら↓が予定されています!!


旗8/31(木) 16時〜  KANS&ROSESのメンバーとトーク
旗9/2(土) 17時〜  ファンミーティング
旗9/3(日) 14時〜 アートディレクター 三村漢さんとのトーク

 

圧巻にして精緻な作品が存分に堪能できる空間となっていますびっくり

ぜひお立ち寄り下さい!!


【アワガミ国際ミニプリント展2017】審査会レポート

こんにちは、クドウですエリザベス

 

「アワガミ国際ミニプリント展2017」では多くの方からのご応募を頂きまして誠に有難うございましたおじぎ!!

9/5の審査発表に向けて、8/26に審査会を開催致しました。

その様子をちらりとレポートしまーす手

 

今回の出展は、世界各国より1010名、総数1337点となりましたちゅんキラキラ

前回の2015年での出展者は799名でしたので、大きな伸びとなりましたゆう★

P8260006.JPG

 

応募は世界各国より頂き、トップ10では....

数字日本  408名

数字アメリカ 92名

数字イギリス 57名

数字オーストラリア 46名

数字台湾  31名

数字韓国  22名

数字ドイツ 18名

数字カナダ 18名

数字中国  16名

数字スペイン 16名

などなど、日本を含め54ヶ国からのご応募をいただきました!

 

P8260014.JPG

審査員の先生方、一同に丁寧に審査を進めていきます。

P8260018.JPG

P8260021.JPG

審査員の先生方にも毎回「レベル高いよねぇ」と言って頂くのですが、ほかの公募展の内容をほとんど知りませんが、私たちもそう思いますちゅんきらきら

P8260002.JPG

 

徳島県立美術館、主席学芸員の竹内さん、ライト持参でじっくりチェックびっくり

P8260049.JPG

スタッフをしていてちょっと残念なのが、ご応募も確かに増えたのですが、エントリーされたけれども期日までに届かなかった作品も多かったのです涙

P8260070.JPG

厳正なる審査を終了し、審査発表は9月5日、HP上にて行いますエリザベス

P8260065.JPG

 

また、ご応募の全作品は10月7日(土)〜29日(日)、阿波和紙伝統産業会館及びいんべアートスペースにて展示公開を行いますひらめき

 

会期中は様々なイベントの併催を計画しており、近々に詳細を公開させて頂きますちゅん

乞うご期待さようなら


【ご案内】町田良太作品展「虚空の庭」at space 2*3

こんにちは、クドウですエリザベス

 

ご案内がすっかり遅くなりました・・・

なんとあと3日!!

 

町田良太作品展「虚空の庭」

20689569_1458127270940985_8702909482519936933_o.jpg

 

「虚空」とは、色もなく形もないが全てのものが存在しうる場所という、仏教思想の概念です。

矛盾しているように見えるこの概念と虚空という空間の中に、物質がどのように存在しえるのだろうということをテーマに、町田良太は長年取り組んできています。

「虚空」の中の庭の花を表現した作品で、作家自らが和紙に手焼きをした、プラチナパラジウムプリントの写真を展示いたします。


会期:2017年8月22日(火)〜8月27日(日)  入場無料 会期中無休
開場時間: 火〜金曜日 12:00〜19:30 土日 12:00〜18:00 
会場:Space 2*3  東京都中央区日本橋本町1-7-9

 

町田さんはAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)もご愛顧下さっているのですが、この度の展示では「アワガミプラチナペーパー」をご利用下さいましたちゅん

P8230002.JPG

 

雁皮と三椏、2種類あるのですが、こちらはうっすらと生成色が残った雁皮。

P8230003.JPG

 

P8230009.JPG

 

画像で判りにくいのですが、フレームの背面にLEDを仕込み、ほんのりとした透過光を活かした町田さんオリジナルの演出ですちゅん

P8230011.JPG

 

こちらは雁皮に比べ、やや漂白して白い表情。

表情の差を使い分けしてご利用されています手

P8230010.JPG

 

町田さんが繰り広げる世界観にはファンも多く、私も個人的に大好きなのですエリザベス

探究心も人一倍高く、いつも精度の高い展示をされていることにも注目ですひらめき

 

今回の制作の多くは田村写真さんにて、町田さんご本人がプラチナプリントをされたとのこと。

http://www.tamurasyasin.com

田村さんにはアワガミプラチナペーパーの開発時にもいろいろご協力頂きました。

様々なオルタナティブプリントのワークショップを定期的に開催されていますので、ご関心のある方はぜひ。

もちろん、プラチナプリントによる作品制作サービスもご利用下さい

 

展覧会は27日(日)18:00まで!!

ぜひお立ち寄り下さいさようなら


【第35回手漉き和紙研修会】3日目、紙漉きスタート。

こんにちは、クドウですエリザベス

 

手漉き和紙研修会、3日目レポートキラキラ

いよいよ紙漉きスタートしましたちゅん

P8180183.JPG

はじめは水の汲み方、簀桁(すけた)の動かし方に戸惑う人が多かったですが、半日で次第に慣れた様子です手

 

紙漉きでは勤務22年目のベテラン、原田賢美(はらだ さとみ)もサポートで登場。

P8180128.JPG

 

P8180171.JPG

 

1台の漉き舟を2人ペアで利用してもらいますので、ペアの動きもよく観察してお互いにアドバイスする光景もよく目にしましたエリザベス

P8180173.JPG

 

P8180192.JPG

 

P8180208.JPG

 

今日はとにかく練習筋肉

明日は自分たちで処理をした楮を原料とした紙漉きをしてもらいます!!

 

1日漉いたらさすがに疲れたのではないかと思いますが、やはり容赦なく夜も講座が続きますちゅん

本日は、スタッフの高田友季子による「和紙の染め」きらきら

 

雪の花の結晶のをイメージさせられる雪花染め(せっかぞめ)という折り染めを体験してもらいますキラキラ

P8180241.JPG

 

1人7枚、染めてもらいます。

まずは和紙を蛇腹に折り畳んで、

P8180265.JPG

 

染料液に浸けて染めていきます。

P8180250.JPG

 

折った和紙を広げると幾何学的な模様が出来ている、というわけです手

P8180283.JPG

 

この中から1枚は、明日の和帳作りの講座で、表紙用として使います本

P8180307.JPG

 

P8180274.JPG

 

皆さん、納得のいく染めが出来たでしょうか!?

P8180300.JPG

 

出来たみたいですわーいきらきらキラキラ

P8180304.JPG

 

いいですねー、壮観ですねーキラキラ

P8180310.JPG

 

P8180313.JPG

 

紙漉きは明日までで終了し、明後日は乾燥まで仕上げてもらいますゆう★

あと2日ビックリ!

 

続くさようなら

 


| 1/131PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

検索する