HOME > アワガミファクトリーだより

【ご案内】「田川梨絵 写真展 私の手の中に花を摘む」

こんにちは、クドウですエリザベス

早速ですが、AIJPより「手漉き紙 びざん」をお使い頂きました写真展をご紹介します。

 

田川梨絵 写真展 「私の手の中に花を摘む」

 

会期:2019年11月15日(金)〜27日(水)11:00〜19:00

会場:LUMIX GINZA TOKYO   https://lumix-ginza.jp

 

 

14歳の私は家のキッチンにいた。

土曜の昼下がり。

授業が終わり、家に帰ると誰もいなかった。

お昼ご飯を作ろうとコンロの前に立つ。

窓から入る光にまぶしさを感じた時、ふとある思いが頭をよぎった。

 

「今私が生きてるってなんで思ってるんやろう。

 実は私は死んでいて、今身の回りで起こっていることは全て私の想像なんじゃないか。」

 

14歳の私は玄関先で一息つく。

「さあ、笑顔でただいま!を」

 

どこかで周りの人たちに怒っていた。

私を見て。

笑顔の裏を見て。

 

その思いは違う形で今の私に存在する。

 

都市など撮っていない。

私はそこに投影した私の死生観をみている。

 

 

週末におじゃまさせて頂きましたエリザベス

会場に入ってすぐに、その作品の強さ、そして美しさに圧倒されましたちゅん

 

東京、パリ、シンガポールの3都市のシリーズから構成される本展では、田川さんのもつ死生観が情景として存在しています。

 

 

びざんは手漉き和紙ならではの四方の耳とラフなテクスチャーが独特の素材です。

田川さんの作品の強い個性と、びざんのマチエールとのバランス、素材と作品がただただシンプルにギャラリーの中に存在するという構成は絶妙で、深く引きこまれます。

 

 

 

1点1点の中にドラマがあり、映る人の表情やシルエット、構図に深く魅入られました。

 

 

 

また、田川さんはご自分で全ての作品プリントをされたとのことちゅん

びざんは実は耳があることで正確なサイズとは微妙な誤差がある場合があり、作品をセンターに合わせたり、ヘッドに擦らずに仕上げるという事にはちょっと手間を掛けたりする場合があるのです。。

様々ご苦労されたとのことですが、プリントもとても美しく拝見しましたキラキラ

 

 

「都市など撮っていない。

私はそこに投影した私の死生観をみている」

 

田川さんの作品を通じ、私もそれらに触れ、共有したような、ふしぎな心持ちで拝見しました。

 

 

普段は関西を中心に活動されている田川さん、ちょうど在廊日におじゃまできてよかったですエリザベス

 

とても見応えのある写真展です。

ぜひご高覧ください!!


【行ってきました】「平野淳子展 - 武蔵野 -」at Galerie412

こんにちは、クドウですエリザベス

アワガミ製品をいろいろお使い頂いた作品展が本日から開催されていますちゅん

 

平野 淳子 展 ー武蔵野図ー

会期:2019年11月8日(金)〜11月22日(金) 13:00〜18:30(日曜休廊)

会場:Galerie412

   渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館302

           http://www.galerie412.com

 

本展にて、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)「いんべ 薄口」のほか、SH-28、楮紙8匁 未晒、泰山(たいざん)などの各種アワガミファインアートペーパーをお使い頂きました。

早速おじゃましてきましたエリザベス

墨、和紙、胡粉、箔、版、裏打など伝統的な日本画材料と技法、そしてデジタルを融合させた作品が一堂に並びますキラキラ

 

 

国立競技場の跡地は一時、池ができ、草が植生し鳥が飛び交うサンクチュアリになっていたとか。

かつての武蔵野の野が甦ったようなその場所の取材を進められたとのこと。

 

 

写真をプリントし、その上に和紙を重ねることにより、深く見入ってしまう奥行き感を生み出されています。

 

 

国立競技場は神宮外苑にある。そこで、明治神宮の草原を取材して写真に収め、古今和歌集の無常観を歌った歌の世界を「武蔵野図」として表現した。

 

世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも知らずありてなければ

(世の中は夢か現実か、現実とも夢ともわからない。存在していて存在していないものだから)

 

 

画面には重ねた和紙だけでなく、箔や胡粉、砂子による手彩色も見受けられ、特に薄い和紙を重ねたことによる霞みがかったような情景が「武蔵野図」として沁み入るように感じられます。

 

 

和紙や種々の描画材料を丁寧に重ねることで生まれた作品は小ぶりながら、どこまでもひろがる世界観を感じました。

 

 

ぜひお立ち寄りください!!


【使ってみました】竹和紙スケッチノート

こんにちは、クドウですエリザベス

実はかなり無精者なのですが、今年アワガミの商品を使ってやってみたことがありますちゅん

 

使ったものは、「竹和紙スケッチノート」キラキラ

 

 

本文紙はなめらかな質感の竹和紙110g。

表紙には新いんべを用いた無地のフリーノートですきらきら

 

▼使い方事例はこちらからも

http://www.awagami.jp/products/stationery/watojicho/bamboo_sketch/index.html

 

 

その名の通りスケッチとか....というような絵心はワタクシにはないのですが、ふと思い立ち、6月に行った旅の記録をスクラップしてみました!!

飛行機のモチーフは実はマグネット式のしおり。

クマや吹き出しは付箋。

ステーショナリー売り場に行くと、使ったら楽しそうな付箋やシールがいっぱいありますよねーちゅん

 

旅の行程を記録し、行ったところのマップも切り抜いたり。

 

写真は、「スマホでチェキ」という、スマホで撮った写真をワイヤレスで送信してチェキフィルムにプリントすることができるプリンターを使っていますキラキラ

スマホ内でちょっとトリミングしたり画像を修正してからプリントできるのが気に入っていますエリザベス

 

シールが付いてて、貼れるポケットファイルを使ってマップなどはそのまま収納ひらめき

 

裏表紙にはポケットがあるので、貼りきれなかった写真とかパンフレットのストックができるのも意外と便利手

 

行った先々での思い出の写真はもちろんですが、もらったパンフから行ったところを切り抜いたり、食べたものをチェキプリントしてレシートと一緒に貼ったり。

楽しかった思い出は残っていても日々の小さな出来事は意外と忘れてしまっているもので、それはたいした内容ではないのだけれど、スクラップすることで思い出し、その思い出を編集して綴じるという作業はなかなか楽しいものでしたにっこり

 

そして近々、短い旅行を予定しているので色違いが待機中ですキラキラ

 

続編、どんどん増やしていきたいです筋肉

以上、クドウの竹和紙スケッチノートの使い方でした!!


平野 淳子 展-武蔵野図- アワガミを使って

 

 

      平野 淳子 展 ー武蔵野図ー

 

      Galerie412

      11月8日(金)〜11月22日(金)
      13:00〜18:30 日曜休廊

 

 

    平安時代から無常観の歌を詠む日本。


   「世の中は夢かうつつかうつつとも
             夢とも知らずありてなければ」
   (世の中は夢か現実か、現実ともわからない。

           存在していて存在していないのだから)

  
                            古今和歌集より

 

 

 

 

「SH-28」「 楮紙 8匁 未晒」「泰山」など、アワガミのファインアートペーパーや、

インクジェットプリント和紙「AIJP いんべ薄口」も使っていただきました。

 

ぜひ、みなさま、ご来場ください。

 

 

 

 

 


【ご案内】「中西敏貴写真講座一期生1stステージ修了展から1年、2ndステージ修了展」

こんにちは、クドウですエリザベス

本日連投していますちゅん

怒涛の夏が終わって呆けていましたが、いいかげんそろそろエンジンかけていきますよー!!

 

さて!!

本日より開催のこちらの展覧会にて、なんと3名の方がAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)を展示作品にお使い下さいましたキラキラ

 

「中西敏貴写真講座一期生1stステージ修了展から1年、2ndステージ修了展」

会期:2019年10月22日(火)〜10月27日(日)10:00〜19:00(最終日17:00)

会場:Nine Gallery     https://ninegallery.com

          港区北青山2-10-22

旗ギャラリートーク:10月26日(土)16:00〜

 

講師の中西敏貴さんとはたくさんのご縁を頂いてきていますが、折にふれてアドバイスの中でアワガミをお薦め下さりお願い、これまた素直な生徒さんがご相談下さるのですエリザベス

作品力があるのでどんな紙でもうまく使いこなされる事だと思われる中でAIJPを選んで頂けて嬉しい限りですきらきら

 

本日スタートキラキラ、まだたっぷり時間があるのでぜひ会場でご覧頂きたいですが、少しご紹介させて頂きます!!

今回、皆さんの作品のプリント制作も、出力サービスにてさせて頂きました。

 

ひらめき新鞍真理子さん

プリント制作と額装をお手伝いさせて頂きました。

パノラマサイズのびざんを選ばれ、組み作品で構成されています。

 

新鞍さんとお隣のひらめき清水綾子さんは、プレミオ雲流をお選びになっています。

余白を美しいバランスで存分に生かした構図で、地模様の雲流模様を自然に吸収されています。

そしてパネルの背景の彩りもよく考えられて愛らしいですねにっこり

 

ひらめき磯崎直之さんは事務所まで紙選びでお越しになり、どう展示するかとか大きさとかも含めて打ち合わせさせてもらいました。

頑張って大きなプリントをご自分で貼り込まれていますよー筋肉

手漉き紙のびざんは、上記の新鞍さんのように四方の耳を生かして展示される場合が多いのですが、今回はこだわられて耳は断ち落とされています。

 

皆さま、ありがとうございました!!

AIJPをお使い下さった方をご紹介させて頂きましたが、展示全体で見応えのある力量のグループ展です。

ステイトメント、そして作品詳細のファイルもしっかり統一感持って準備をされている精度の高さにも感心しますちゅん

 

26日(土)にはギャラリートークも開催とのこと。

会期中、ぜひぜひお立ち寄り下さい!!


【出展のご案内】10/26・27 「京都アートめっせ2019」

こんにちは、クドウですエリザベス

今週末、京都で開催のイベントにアワガミファクトリーも出展いたしますキラキラ

 

京都アートめっせ2019

会期:10月26日(土)11:30〜17:00

   10月27日(日)9:30〜16:30

会場:みやこめっせ 1F 第二展示場

https://kyotoartmesse.com

 

出展メーカーの画材を体験できるコーナーが例年人気のアートめっせ、今年は「ブース内では必ず体験できるコーナーを作成するように」とのお達しが!!

....ということで困った絵心のないワタクシ_| ̄|○、アワガミ 美術部のみんなにお願いして、体験担当&展示用作例の準備を進めていますちゅん

 

今回の体験指導の担当は、加工・染色部門の班長を務める伊藤智子さんエリザベス

▼伊藤さん登場 アワガミブログ「竹和紙水墨画用に試し書き<アワガミスタッフ勉強会より>その1」より

http://awagami.jugem.jp/?eid=1506

 

会場で皆さんにも見てもらうための描画作例の準備も、みんなが手分けして準備してくれています筋肉

ユーザー目線で商品を改めて知ってみようということで、勉強会の開催や自主的に部活をしているのですキラキラ

 

もちろん即売もいたしますよ!!


ひらめきアワガミ アートパッド 

ひらめきアワガミ アートカード (耳付葉書&耳付色紙)

ひらめき竹和紙スケッチノート:帯デザインの変更により旧デザインの商品を得値にてご用意します!!

▼アートパッド 、スケッチノート、アートカード 

http://www.awagami.jp/products/hobby/sketch/

 

旗全紙でご用意するのはこちらー

ひらめき竹和紙 水彩用 (56×76cm)

ひらめき竹和紙 水墨用(56×76cm)

ひらめき水彩用和紙 白鳳 (56×76cm)

▼ファインアートペーパー

http://www.awagami.jp/products/fine/

 

旗まずは小さいサイズで見極めたい、という方のためにA4サイズのサンプラーもご用意しますちゅん

ひらめき竹和紙 版画用

ひらめき竹和紙 水墨用

ひらめき竹和紙 水墨用

ひらめき白峰

ひらめき白鳳

ひらめき楮紙

▼和紙の見本帳

http://www.awagami.jp/sample/

 

【ご来場の皆さまだけに無料配布】

そして、大判の和紙をお探しの方に手漉き和紙の「木綿麻紙(ゆうまし)」のA4サンプルを配布させて頂きます!!

木綿麻紙は楮と麻(苧麻)、そして竹パルプを配合した大判の手漉き和紙で、自然な生成色としっかりとした繊維感、やわらかな墨の滲みを特徴とします。

ぜひこの機会にお試しくださいちゅん

▼大判和紙

http://www.awagami.jp/products/fine/large/

 

会場にてお待ちしていますさようなら


素鵞神社〜神獣画御朱印〜

 

茨城県小美玉市の素鵞神社の御朱印帳にアワガミの和紙を使っていただきました。

https://www.sogajinja.com

 

 

 

 

こちらは、「神獣画御朱印」という特別な御朱印だそうです。

このような素敵な使い方をしていただき、大変光栄です。

 

ありがとうございます。

 


【展覧会のお知らせ】ダーク・ランブレヒツ 写真展「I am this」

みなさまこんにちは、高田です。

本日は、今月22日から始まる写真展のお知らせです。

展示作品全てに、AIJP(アワガミインクジェットペーパー)びざんをお使いいただきます。

 

ダーク・ランブレヒツ 写真展「I am this」

会期:2019年10月22日(火・祝)〜11月10日(日)  11:00〜18:30 ※会期中無休

会場:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク2階展示室「花」

住所:〒605-0038 京都市東山区堀池町374-2

◉入館無料 

 

Dirk Lambrechts《Brenda》

 

本展覧会はヨーロッパを中心に活躍するベルギーの写真家・ダーク・ランブレヒツの写真展である。

人の持つ肌の色や美しさ、多様性を撮影したモノクロームのポートレート作品〈Mix〉、光と影に焦点を当て、人間の皮膚を抽象的に切り取った〈Skin〉、17世紀の絵画の巨匠たちにインスピレーションを与えたフランドルの空の光を捉えた作品〈Flemish Light〉の3シリーズを展示。

国内初個展である写真作品40点はすべてアワガミファクトリーの徳島の紙漉き場と工房で、手漉き和紙にプリントされている。

 

 

アーティストステートメント

 至高の美の表現を追求するベルギーの写真家ダーク・ランブレヒツ(1962生)は、自己を見つめる着実な制作過程と完璧な技術で、純粋イメージの到達点を目指しています。

 ダーク・ランブレヒツの写真は、芸術、歴史の反映であり、またその潮流からインスパイアされた個の反映でもあります。アントワープの芸術家たちは、とりわけダークが、歴史的芸術家たちの陰影法を、現代の芸術表現法のひとつである写真によって受け継いでいる、と唱えます。

 純粋性への深化は、ダーク・ランブレヒツの作品の重要な一面です。より深く深く、彼の抱くイメージの精髄に、自己を導いていくのです。彼はこのプロセスの頂点を、日本の造園家の到達点に喩えます。即ち、足るを知り、鑑賞者に委ねるのです。

 彼によれば、こうした到達は、長い熟成期間の後に完成に至った時こそ、成し遂げられるものなのです。着想から最初の撮影に到るまでの間に、写真家ダークは考え、洞察し、プロジェクトの最重要点を見出すまで探求を続けるのです。

 こうした細緻な過程は、最初のテスト撮影の検証から、その後渇望する結果を得るまで、繰り返し長い時間を費やして行われます。

 並々ならぬこの過程は、彼の写真作品で示される熟練の極みと、それでも尚その技術を高めたいという強い意志を、如実に表しています。

 彼は言います。「物事を見る際、時として脳は現実の単なる断片しか知覚しません。その失われたディテールを、私の作品から鑑賞者は発見するのです」

 ダーク・ランブレヒツは、普遍的で根源的な主題の、美のエッセンスを捉えるまで追求します。その捉え得たリアリティは写真家ダークの洞察と熟練技術で顕現化され、素晴らしい純粋性を有した芸術作品となるのです。

Dirk Lambrechts Selfportrait

 

協力:アワガミファクトリー

 

□オープニング・パーティ

10/22(火・祝) 13:00〜 作家を迎えオープニング・パーティを開催します。

ご多用中とは存じますが、ご高覧賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
なお、オープニング当日に数量限定で『Flemish Light』(サイン付き)を販売いたします。

 

□お問い合わせ

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク

〒605-0038 京都市東山区堀池町374-2

電話:080-5988-7720 Fax:075-746-2932 

E-mail:kyoto.japanesque@gmail.com Web:https://kyoto-muse.jp/japanesque/

 


竹和紙水墨画用に試し書き<アワガミスタッフ勉強会より>その2

みなさまこんにちは、高田です。

前回の記事に引き続き、スタッフの描いた作例を紹介していきます。

 

それでは早速、米田さんの試し書きから。

米田さんは和紙会館で働くスタッフで、現在伝統工芸士になるため流し漉きの特訓中。頑張って!

さらに彼女も絵を描く人。彼女の持つ穏やかな雰囲気どおりの、優しい色合いの油絵を描かれます。

 

竹和紙水墨画用170g/m2に描かれています。

米田さんっぽいわ〜

 

鉄黒で描かれた部分。

 

こちらはグラファイト。

 

墨で描かれています。

 

裏面。無サイズ(にじみ止めなし)の紙だということがよくわかりますね。

 

 

続いて臼木さん。

彼も絵を描きます。作品見せてもらったのですが、細密さがすごい!

ちなみにこちらの作品はAIJP(アワガミインクジェットペーパー)いんべ厚口に印刷されています。

 

そして試し書きはこちら。

竹和紙水墨画用170g/m2に描かれています。

同じ画材を使っても、人によって全く雰囲気が違うのが面白いですね。

いろんな図形をコレクションしてるように見える。

 

 

グラファイトと鉄黒。

 

 

松煙墨と油煙墨。

 

裏面はこんな感じです。

 

こちらも竹和紙水墨画用170g/m2

 

ところどころ、「わんぱう」を使ってるの分かりますでしょうか。

「わんぱう」を水滴のように落としてたり、筆で一筋描いたりした上に墨で描くと、

「わんぱう」の部分がマスキングされて、墨の色が薄くなっていたり、墨が全く乗っていなかったりします。

 

 

裏面。

 

そしてこちらは竹和紙水墨画用250g

 

完全に裏に抜けているのがわかります。

 

 

最後に私、高田の試し書きです。

竹和紙水墨画用250g

わんぱう」を使って白抜きしたあと、「絵墨」で着色しました。

 

 

右上の2色はおもて面から色をつけ、

 

あとの2色は裏面から着色しました。裏彩色ですね。

 

裏面。(画像が横向きになってるのはご容赦ください、、なぜかこうなる)

 

ということで、竹和紙水墨画用の試し書きを2回にわたってご紹介しました。

多彩な表現が可能な和紙の魅力、少しでもお伝えできたでしょうか。

別の紙に試し書きしたものも、またブログでご紹介しますね。


竹和紙水墨画用に試し書き<アワガミスタッフ勉強会より>その1

みなさまこんにちは、高田です。

先日、京都造形芸術大学の青木芳昭先生を講師にお招きして、

アワガミの若手社員を対象にした勉強会を開催しました。

テーマは「描画材料と和紙」で、教材となる紙はもちろん阿波和紙。

墨や顔料などの画材を使い、和紙でどのような表現ができるか探りました。

 

みんな真剣。

 

いろんな和紙を試しましたが、まず竹和紙水墨画用での作例をご紹介します。

まず竹和紙水墨画用とはどんな紙か。

 

竹和紙のしなやかな手触りは絹と似ており、コットン紙と比べると柔らかい風合いが特徴です。

この特徴を活かしながら環境に優しい竹を原料にすることで、エコロジーに意識の高いアーティストやデザイナーにとって興味深い素材に仕上がりました。

竹和紙水墨画用は、このアワガミ竹和紙をベースにして、水墨画用に特化して仕上げた和紙です。

無サイズで吸水性に富み、画仙紙のように豊かで独特なにじみの表現が味わえます。

厚さは170g/m2と250g/m2の2種類あります。

170g/m2はロールサイズ、250g/m2は平版と、アートパッドのラインナップがあります。

 

 

それでは、各自が描いた試し書きをご覧いただきましょう。

まず最初は伊藤さんの試し書き。

伊藤さんは、アワガミの加工・染色部門の班長を務めているかたわら、

和紙会館で水彩画の講師をしたり、寄り合い作品展に自分の作品を出品したりと、マルチに活躍しています。

↓は、手漉き和紙研修会で和綴じ帳の講師をつとめているところ。

 

で、試し書き。

竹和紙水墨画用170g/m2に描かれています。

無サイズ(にじみどめなし)だということがよくわかります。

 

油煙墨で描いたところ。

 

鉄黒で描いた部分。

 

グラファイトは粒子感があります。

 

裏面。裏彩色ができるのがよくわかりますね。

 

 

次は竹和紙水墨画用250g/m2

 

白抜きは「わんぱう」という白抜き剤を使っています。

 

「わんぱう」に顔料を混ぜて黄色や緑に色付けしています。

 

偏光パール顔料もきれい。

 

裏面。裏にもしっかり色が出ています。

 

 

次は樫原さんの試し書き。

和紙会館スタッフとして日々働く彼女も絵を描く人。日本画やパステル画を描かれます。

昨年はパステルアートの個展を開催していました

 

まず竹和紙水墨画用170g/m2から。

左側の水色はパステルですね。

他は墨などが使われています。

 

墨の断面を直接紙に押し当てています。

 

裏面。水分を含んだ描画材料は裏に抜けています。

 

こちらは竹和紙水墨画用250g/m2

 

油煙墨。筆先を置いただけで、墨がじわりと丸く染み込んでいきます。

 

鉄黒で描いた部分。

 

裏面。こちらもしっかり抜けています。

 

、、という感じで楽しみながら描きました。

他の参加者の作品はまた次回お見せしますね。

 

私たちスタッフは、製品には日々触れていても、なかなか実際に使ってみる機会は多くありません。

今回のような勉強会は、自分たちがどんな製品を作っているのか知る良い機会になります。

紙の特徴を知って、お客様の求める商品を的確にお勧めできるよう、

これからも学び続けていきたいと思います。


| 1/143PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

検索する