HOME > アワガミファクトリーだより

神原知美さま 和紙で「帯留め」づくり

こんにちは、オンラインストアの山岡ですニコニコ

 

今日は、和紙会館で開催中の「寄り合い作品展」に出展いただいていますaun mikotteさんの

素敵な作品をご紹介いたします。

 

aun mikotteさんは、以前、このブログにてかわいらしいペーパーバッグをご紹介させて

いただいた作家さんです ♪

 

今回、寄り合い作品展に、出していただいたのは、こんな作品です、、、。

 

 

IMG_1962 のコピー.jpg

 

かわいい!

 

和菓子?? お箸置き??

 

実は、こちら、「帯留め」なんです!!

 

 

寄り合い作品展は、和紙に限らず「手作り作品」を発表していただく作品展で、毎回、その

多彩でプロ顔負けの作品に驚くのですが、この「帯留め」は、土台に樹脂粘土を、その上から、

和紙を貼って作ってくださったそうです✨✨

 

 

 

 

 

 

私が一番気になったのは、こちら「そら豆」。

1,300円で購入も可能なのですが、すでに売約済みでした💦

 

 

ほかにも、こちらの赤い帯留め(1,300円)も売約済みです。

 

 

こちらは、藍染めの帯留めです。(藍染め和紙を使っていただいています。)

1つ1,500円だそうです。とてもモダンで素敵ですね、、、✨

 

さて、このかわいらしい「帯留め」の作り方が気になった私は、無理を言って、

どのようにして作っておられるのかを聞いてみました。

 

まず、「そら豆」は、雲流紙で作り、ヘタの部分はもみ和紙を使われたそうです。

そして、「赤い帯留め」は、民芸紙に銀もみ紙を貼付けて模様を付けられたそうです。

「藍染めの帯留め」は、藍染め和紙に、銀もみ和紙や白の民芸紙で模様をつけられたそうです。

模様も和紙を使われていることに感激しました…!

 

 

「葉っぱ」の帯留め。

板締め紙を使われています。濃淡がうまく活かされてますよね。。。

 

 

「青い帯留め」強制紙と小倉二層紙を使用。

小倉の麻の繊維が効果的に使われていますね。。。二種類の紙のつなぎ目も、とても

自然な感じです。

 

 

「兎」の帯留めは、友禅紙を使っておられるそうです。

やきもののようにも見えませんか?

 

 

aun mikotteさんのこだわりがギュッと詰まった素敵な帯留めをご紹介しました。

寄り合い作品展は、5月7日まで会期を延長して開催しております。

 

ぜひ、ゴールデンウィーク中、和紙会館まで足を運んでください。

手作りのよさがいっぱい詰まった作品を多数展示しております。

 

 

今日は、和紙を使った素敵なaun mikotteさんの作品をご紹介させていただきました。

また、新作を楽しみにお待ちしています ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真パネルワークショップ

晴れた週末は久々な気がします。

 

さて、

 

本日会館では、写真パネルワークショップを開催いたしました!!

 

今回は5名の参加者にお集まりいただきました^^

中には香川県の小豆島よりお越し頂いたお客さんも!!

 

木製パネルに、簡単に写真を貼り付ける方法をご紹介させていただきました。

額縁に入れよりも、和紙そのままの風合いを楽しめるお勧めの飾り方です!

参加していただきました方々に事前に画像を送っていただき、

アワガミ人気商品、AIJP(アワガミインクジェットペーパー)にプリントした写真をご用意。

ワークショップではその写真を木製パネルに貼っていくことから始めます。

 

まず、せっかくなのでAIJPのラインナップご案内もかねて

今までに使用いただいたお客さんの作品もスライドでご紹介。

最後にプリントのコツとして印刷の設定方法も少し説明させていただきました。

みなさん真剣にメモしていたので、ご自宅でもよく写真をプリントされるそうで^^

中には、AIJPをすでにためされているお客様もおじぎ

 

そしてお待ちかね、パネルづくりに入りました!

 

最初に見本をお見せしたところ皆さんちょっぴり曇った表情。。。

しかし難しそうなこのワークショップ。。。

要領がわかれば、10分もかからないくらい簡単にできます。

IMG_2328.JPG

IMG_2322.JPG

 

それぞれのお写真も見ながら和気あいあいと♪

IMG_2341.JPG

 

最近は、写真をインターネット上に保存していつでも見れることもあり、

現像するということが減ってきたように思います。

それでも今回のワークショップをきっかけに写真を撮る楽しさ、印刷する楽しさ、飾る楽しさ。。。

写真の楽しさが増えたなぁと感じていただけたら嬉しいです✨

 

お家でもできるので、皆さんDIYに挑戦してみましょーうわーい

ご興味ある方は過去のブログよりどうぞ!

水張り写真パネル方法>http://awagami.jugem.jp/?eid=1015

 

 

 

 

 

 

 


AIJP(アワガミインクジェットペーパー)を使った写真展のお知らせ

みなさまこんにちは、高田です。

徳島でも桜が満開、そろそろ散り始めています。

昨日一昨日あたり、お花見に繰り出した人も多かったのではないでしょうか。

 

さて、本日は大阪で開催される展覧会のお知らせ。

AIJP(アワガミインクジェットペーパー)を使った写真展です。

 

存在 三宅智子

2017.4.17-2017.5.27

〒542-0086大阪市中央区西心斎橋1-8-4

はな酒バー(http://hanasakebar.com/about-bar_jp.html

休み:日曜または連休最終日

 

私たちはどこからやってきてどこに向かっていくのでしょう

ーーそれは自分が何者であるかを知ることでした

 

 

 

三宅さん、実は私がこっそりインスタグラムでフォローしていた方なのでした。

ある日、どうやら印刷できる和紙を探されている様子の投稿が!

これは!!と思ってお声がけさせていただいたのがきっかけで、AIJPを使っていただくこととなりました。

 

展示では、写真はもちろん、

三宅さん手作りのzine(日本語版・英語版)も展示/販売されるようです。

こちらは特装版にAIJP三椏二層紙をお使いいただいています。

 

それでは内容をちらりとお見せしましょう。

 

(私は個人的に絨毯の写真が好き。絨毯の凹凸が、ああーと思う)

 

全編は会場で。

お近くの方は是非、足を運んでみてくださいね。

 

 

 


寄り合い作品展2017 作品紹介

こんにちは。全国的にお花見日和になってきたようで、、

徳島も最近はぽかぽか陽気になってきました。

 

和紙会館前の桜も満開です!!

 

 

さて、只今会館では寄り合い作品展2017開催中です^^

本日は何名か作品をご紹介したいと思います!

一部、購入可能な作品もありますので合わせてご案内します!

 

展示室入ってすぐ机2連にわたってかわいらしいどんぐり達が並んでいますどんぐり

『野菊の里』のみなさんの作品です。

 

こちらのどんぐり達は、様々な場所で展示されてきたそうで、

どの会場でも好評とのこと!

和紙会館でも、観覧者から「かわいい〜」との声が多く、とても好評ですキラキラ

 

他にも、、藍染めハンカチ・タオル・ストール

 

牛乳パックの手漉きハガキ、

団扇、

ハンガーモップ。こちらはワイヤーハンガーのリサイクルで

毛糸を巻き付けたもの。カラフルで掃除も楽しくできそうですね〜

どんぐりさん以外は購入可能です^^どうぞお手にとってご覧ください目

 

 

つづいて、どんぐり達の上にはビーズのアクセサリーが額縁に入って

絵画のようにずらりと並びます。

 

松本加容子さんによるビーズ教室 生徒さんの作品です。

 

アクセサリー、身につけるだけでなく、

こんな風に飾るととってもアートな作品となるんですねびっくり

 

 

お次は、北谷愛子さん、正弘さんご夫婦の作品

愛子さんは和紙会館でかずらのワークショップの講師をしていただいたりと

お世話になっている先生です。

 

柱にかけられた花入れは、皮の種類によってやわらかさが違っています。

IMG_1155.jpg 

 

おおつづらの灯り

 

おおつづらのかご 取手がついていて持ち運びにも手

北谷さんのかずら作品は購入可能です^^

どれも素敵なので早めに足を運ばれた方がよいかも!?

 

4/22(土)にはかずらで作るフォトフレームのワークショップがあります♪

まだ少し空きがございますので、気になる方は和紙会館までご連絡ください〜 

http://washi.awagami.or.jp/hall/event/browserecord.php?-action=browse&-recid=155

 

 

まだまだ作品続きますが、

本日はこの辺で手

 

 

 

 

 

 


2017藍染め教室始まりました!

ちょっと遅ればせながらのレポートとなります…

長年、和紙会館で開催していただいているアキヤマセイコ先生の「藍染め教室」

今期よりリニューアルされ、昨日がその初日でした!

 

11名の受講生の方にお集まりいただきました。

今までの生徒さんも何人かいらっしゃいますが、半数が今回からというメンバーになりました✨

中には今回のために大阪から車を走らせてきたという方もくるま

 

ここから月一で教室が開かれ、12月までの9ヶ月間をこのメンバーで学んでいきます!

この日来れなかったという方があと3名程いるのでもう少しメンバーが増えます!

初日の昨日はまず、9ヶ月間どんなことをするか先生より説明。

 

今回の講座、最大の目玉は、葉っぱ藍を育てること葉っぱ

 

先生も講座の中でお話しされていましたが

染める技術はアワガミでも伝えられてきたけど、

それより前の段階、藍を育てるところからできる人材を育てたい。

藍をつくる人があってこそ染めることができる。

この講座が修了する12月には、

1人1人が自宅でも藍を育てて染める知識が身に付く。そんなプログラムになっています。

 

先生の藍に対する熱い思いがこの教室開講に繋がっています!

 

 

お昼前に、これから藍を育てる畑にする場所を下見に行きました。

先生によると、今年は寒かったのでもう少し温かくなってから植え込みを行ったほうがいいとのこと。

なので、4月後半に畑を耕してそれから苗を植えることになりました。

 

 

先生は長年草木染めの染色研究をされてきて、

その研究成果は立派な本になっています。

『阿波の草染涙色』

今回の講座の中でも、先生が回ごとに抜粋して配られます。

限定版は様々な素材の染め見本が入っていて見入ってしまいます。

 

 

和紙会館にも先生より寄贈いただき図書室に保管しています。

気になる方は、会館へ来られた際には図書室にも立ち寄ってみてくださいね^^

 

藍を植えてからの藍葉の成長過程も、こちらのブログでお伝えしていきます♪

どうぞお楽しみに〜ちゅん

 

和紙会館教室案内<藍染め教室>

http://www.awagami.or.jp/hall/event/index.html#indigo

 

 


【ご案内】出展します、「紙博」。

こんにちは、クドウですエリザベス

 

先週から本格的に桜便りが聞かれはじめましたわーい

新年度を迎えて皆さんいかがお過ごしでしょうかにっこり

 

さて、この4月に楽しいイベントに参加します!!

 

「紙博」

ホームページhttp://kamihaku.jp/201704

 

会期:2017年4月15日(土)10:30〜17:00、16日(日)10:00〜16:00

会場:東京都立産業貿易センター台東館 7F展示室 

入場料:500円(小学生以下無料)

     

“紙”から広がる無限の世界を旅してみませんか?

古今東西、私たちの身近にあり続けた“紙”。デジタルが主流になった現代でも、その絶対的な立ち位置は変わることはありません。一体どうして、人々はこれほどまでに紙に惹きつけられるのでしょうか?

ざらざら、つるつるといった触り心地。印刷したての用紙や、それに染み込んだインクの匂い。手にした時に、ほのかに感じる重さとぬくもり。紙にしか存在しない、五感に訴えかける魅力が、そこにあるからかもしれません。一本の線が描かれた時、デザインが施された時、ただの真っ白な紙が、暮らしに彩りを与えるアイテムに変わる、その魔法のような姿に心がときめくからかもしれません。

“素材”としての紙、“雑貨”としての紙、“作品”としての紙。世界中から、素晴らしき紙の数々が集います。最高峰の紙の博覧会・「紙博」の歴史の始まりに、あなたも同席してください。

 

....とのメッセージが主催の手紙社さんからちゅん


旗 手紙社ホームページ 

http://tegamisha.com

読み物もイベントもとても魅力的で、今回の企画のご案内を頂いてすぐに飛びつきましたキラキラ

 

旗出展者ブログ『アワガミファクトリー』

http://kamihaku.jp/201704/awagamifactory/

 

すごくざっくばらんな出展内容ですが(私がテキスト書きました...)、只今まさに...

....なのですゆう★

 

スタイリッシュなグッズは得意にしてらっしゃる出展者さんがたくさんあるので(そもそもそういうモノがないで...)、アワガミからは試作とか特注の残りとかが楽しいかなー えへ ということで、徳島本社や和紙会館で何か捜してもらっていますエリザベス

 

他のブースもすごく楽しそうでじっくり見に行きたいゆう★

きっとあれこれ買ってしまうかもーハート

 

皆さまのお越しをお待ちしています!!さようなら

 


寄り合い作品展2017はじまりました!

寄り合い作品展、

昨日で搬入が完了し皆様のおかげで無事この日を迎えることができました拍手

 

IMG_1152.JPG

今年は37名の方に参加いただきますkyu

実は、会期中の途中参加もOKとのことで、

ありがたいことにお問い合わせのお電話をいただいたりして、

まだここから追加で数名ご参加いただける模様🌸

 

本当に思い思いの作品、技法、表現のされ方…

中には阿波和紙を日頃より購入いただき、作品に反映いただいている方もおじぎ

 

素敵な作品たち、少しずつこちらで紹介できたらと思います。

販売されている作品もありますので気になる作品がございましたら

どうぞお気軽に和紙会館までご連絡ください^^

 

ひとつずつのご紹介はまた改めて…

本日は画像でいくつかお届け。。

 

 

IMG_1966.JPGIMG_1962 のコピー.jpgIMG_1968 のコピー.jpgIMG_1980.JPG

IMG_1965.JPGIMG_2009.JPG

 

寄り合い作品展2017

会期:2017/4/1(土)〜4/27(木)

会場:阿波和紙伝統産業会館 2階展示室 

9:00〜17:00(月曜休館)

 

ぜひ足をお運びください^^

 

最後になりましたが、この度ご参加いただいた皆様、

御協力いただき、誠にありがとうございました。


【ご案内】第三回アワガミ公募展『生きとし生けるもの』at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ4月目前ですきらきら

 

そして、なんとこれが今月1本目の(そして今月最後の)ブログとは・・・

(弱いんです、年度末...._| ̄|○ )

桜もちらほら咲きだし、そろそろ気を取り直しかけていますエリザベス春

 

ではでは、早速ご案内!!

今年も開催いたします手

 

第三回アワガミ公募展

『生きとし生けるもの』

会期:2017年6月11日〜18日

会場:写真企画室ホトリ http://fotori.net

主催:写真企画室ホトリ

 

応募についての詳細はこちらをご覧下さい

ひらめきhttp://fotori.net/?p=14061

 

応募条件はいたってシンプルにっこり

 

アワガミファクトリーの和紙を使用し、かつ動物が被写体の写真作品であること。
※人間、魚類は不可。哺乳類、鳥類、爬虫類、虫はOK

 

いいですねぇ動物ちゅん

10数年前に1人暮らしをしている時に猫を飼いだしてから、全ての動物は皆家族か友達になりましたえへ

どんな作品が揃うのか、今からとっても楽しみですわーい

 

そして今年のスペシャルは、写真家の香川美穂さんがゲスト作家として出展することゆう★ ビックリ!

何回思い起こしてもいい展示だったなぁ...としみじみの展覧会レポートはこちらー↓

 

▼香川美穂写真展「Polar Smile」at エプサイト

http://awagami.jugem.jp/?eid=1233

 

今度は何をどう見せてくれるでしょうかちゅん

 

そして(私の独断で決定する)爛▲錺ミファクトリー賞瓩發△蝓△海舛蕕砲AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)製品があたりますキラキラ

皆さま、こぞってご参加ください!!

 

昨年の第二回アワガミ公募展の様子はこちらからどうぞーさようなら

http://awagami.jugem.jp/?eid=1239


今年も開催【寄り合い作品展2017】

さて、今年も開催しますはーと
【寄り合い作品展2017】

恒例イベントとなりました!
皆さんの作品をギャラリーに展示、お披露目してみませんか?

そこから新たな繋がりも生まれるかもしれません!
自分で作って眺めるだけなんてもったいない
是非是非ご参加ください!

 

過去の様子はこんな感じです!

20160401_1307377.jpg

20160401_1307375.jpg

 

和紙会館近所の学童クラブより、小学生も参加してくれました^^

20160401_1307376.jpg

 

大人だけに限りません!ご家族での参加も大歓迎です♪

 

参加ご希望の方は以下申込書ご記入の上、

FAXまたはお電話にて申し込みください〜

 

申込書はこちら

 

詳しい事、もっと詳細が知りたい方
お気軽にお電話ください
電話 0883-42-6120

 

 


28回小学生デザインはがき展 特別賞受賞者発表!

先日3月4日に終了いたしました「第28回小学生によるデザインはがき展」。
たくさんのご来場、誠にありがとうございましたkyu

 

さて当展では、審査員による入賞の他、来場者の投票による「特別賞」があります。
お待たせいたしましたkyu今日はこの特別賞を紹介させていただきます!!

 

1月25日〜2月28日の投票期間中、524票の投票がありました。

この中から上位5名に特別賞を授与いたします。

 

今回は4位が同票にて2名でしたので5位に1名、計6名を受賞とさせていただきましたちゅん

さっそく発表します!

 

祝第1位 論田小学校4年 貝島 光美さん 

IMG_1120.jpg

良いと思う所:レースが何層にもなっていてかわいい。目と足がすごくかわいい。目がきれい。デザイン力がすごい!

ニコ貝島さんは、吉野川市長賞も受賞されていてダブル受賞となりましたき

 

祝第2位 川島小学校4年 曽川 由とさん

IMG_1125.jpg

良いと思う所:とりの王というかんじがしていてかっこいい。おながどりが上手だった。

 

 

祝第3位 久勝小学校1年 正木 亜門さん

IMG_1121.JPG

良いと思う所:鳥の羽を使っておもしろい。センスが良い。かっこいい。

 

 

祝第4位 山瀬小学校3年 佐竹 美織さん

IMG_1122.JPG

良いと思う所:にわとりがうきでていてすごかった。立体的で迫力があった。羽がよかった。

 

 

祝第4位 山瀬小学校4年 枝澤 澄空さん

IMG_1124.jpg

良いと思う所:立体的で迫力があった。としとピコ太郎とのかけあいアイディアがおもしろい。

ニコ枝澤さんも、吉野川市長賞も受賞されていてダブル受賞となりましたき

 

 

 

祝第5位 高志小学校3年 森 茜さん 

IMG_1589.JPG

良いと思う所:いっぱい花があっておしゃれ。ひよこがかわいい。「幸せがとんできますように」というのがよかった。

 

 

以上、今年の特別賞発表でした。

 

ここでは発表しきれなかったアイディア賞、優秀賞を受賞されたみなさんにも

各学校に賞状をお送りさせていただきました。

残念ながら受賞には至らなかった方々も、大人では思いつかないようなアイデアやユニークな技法など、

注目されている作品もたくさんありました!

どの作品もひとつひとつ、会期中訪れたたくさんの来館者を楽しませてくれましたき
また来年も、自由な発想をもって、創造豊かな作品が届くことを楽しみにしています。


最後に、ご協力いただきました参加校の先生方、誠にありがとうございました!

 

 


| 1/126PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

検索する