HOME > アワガミファクトリーだより

【レポート】阿波和紙特別研修会 〜 楮・三椏刈取り編 〜

こんにちは、クドウですエリザベス

アワガミでは10数年前から小さいスペースですが楮と三椏を自家栽培をしていまして、安定的に育成するようになってきたことから、その楮と三椏の収穫をお手伝い頂きながら、2日目は紙漉き体験も楽しんでもらうという2日連続のワークショップを開催していますエリザベス

 

旗阿波和紙特別研修会

http://washi.awagami.or.jp/hall/event/browserecord.php?-action=browse&-recid=187

 

スタートした頃は、実はほぼ三椏の栽培をしていたため、その時に名付けた講習名が「三椏刈取り十字軍」ゆう★

現在の栽培の主体はほ楮ですが、なぜか通称はそのままで各所でご案内をしていますがご容赦ください・・・

 

本日はその1日目キラキラ

楮と三椏の刈取り、そして皮剥ぎ講習を行いました。

世界から(!)20名近い参加者が集まりましたきらきら

 

まずは楮畑に集合ー!!

P1200010.JPG

 

刈取り指導は、この研修には欠かせないアワガミスタッフの出葉(では)さん筋肉

出葉さんは年間を通じてこの畑の管理をしてくれています。

P1200013.JPG

 

根本から5cmくらい残した状態で、ノコギリなどで刈っていきます。

春には同じ株から芽が出て1年後にはまた収穫出来るくらい、楮は成長は早いのですすごい

P1200020.JPG

 

4m以上には成長していますびっくり

 

ある程度収穫出来たら、釜に入れるために一定の長さに切り揃えてもらいます。

P1200040.JPG

 

ここからは2人ペアで、押切でカット包丁


 

どちらもなかなかの重労働_| ̄|○

P1200046.JPG

 

カットした楮は縄でくくって蒸し器のある作業舎まで移動します。

軽トラで2往復くらいしたでしょうかちゅん

 

実はお正月休みの間に、理事長や出葉さんたちにより、畑の半分くらいは既に刈る作業が進んでいましたので、現在アワガミの畑で収穫できる楮はこの写真の4倍くらいはてな

 

そして釜入れ!!

ステンレスの箱状の蒸し器に楮を詰め、蒸気で蒸し上げていきます。

温度が上がってきたら1時間少々で蒸し上がります時計

 

蒸し上がりーOK

 

蒸すと楮の皮がキュッと縮まり、中の芯が浮き上がってきます。

この黄色っぽい芯と外側の茶色い表皮の間の靭皮(じんぴ)部分が和紙の原料となりますちゅん

P1200142.JPG

 

そして、芯と靭皮とが容易に剥がれやすくなるのです。

こう見ると、和紙の原料に使える部分って、ほんと僅かですね汗

P1200125.JPG

 

皮が剥けたら、柔らかいうちに茶色い表皮をかるく剥がしてもらいます。

出葉さん製、黒皮落とし機にてちゅん

P1200101.JPG

 

無心で剥ぎ、黒皮を落としますお願い

P1200116.JPG

P1200120.JPG

P1200122.JPG

 

今回参加された方々は、和紙作りや伝統産業に興味があり参加された方やご家族で来られた方などなど。

近くは隣町、遠くはオーストラリアからゆう★

P1200147.JPG

 

何度目かの蒸し上がりの釜を開けたら、何やら赤いものが...レッド

P1200132.JPG

 

芋でした ゆう★ 

P1200137.JPG

 

剥いだ皮は小束にして干して乾燥させ、適宜青皮部分を削って白皮作りをします。

アワガミではこの自家栽培の楮は、富士楮という名前の修復用和紙の製造に主に利用しています。

P1200150.JPG

P1200151.JPG

 

明日は和紙会館で紙漉き講習へと続きますキラキラ

お疲れ様でした!

 


デザインはがきワークショップ☆レポート

皆さんこんにちは!

和紙会館事務局です。

 

昨年12月24日に、

スペシャルはがきを作って第29回小学生によるデザインはがき展にチャレンジしよう!

のワークショップが開かれました。

 

 

クリスマスイブにも関わらず、

たくさんの参加者さまが集まって下さいました!

その様子をちょこっとだけご紹介…!

 

 

可愛く描けていますね〜

 

 

先生が用意したラメや綺麗な飾り付けをしてみたり…

 

 

お正月にちなんだ干支(戌)の作品が並びます。

 

 

皆さん思い思いの素晴らしい作品が仕上がりました。

楽しいお絵描き教室になりましたね。

ご参加いただきました小学生の皆さん、保護者の皆様、

ありがとうございました♪

 

 

 

 

 

そして!いよいよ今月27日(土)より、

 

第29回小学生によるデザインはがき展

 

スタート致します!!

 

お楽しみに♪

 

 

 

 


【ご案内】「クラブツーリズム フォトセミナー2018」

こんにちは、クドウですエリザベス

遅ればせながら、明けましておめでとうございますおじぎ

新春、アワガミも各地でイベントがスタンバイしていますちゅんキラキラ

本年もどこかで皆さまにお会いできるのを楽しみに活動してまいります。

引き続きどうぞ宜しくお願いいたします!!

 

さて、わたくし担当新春イベント第一弾のご案内筋肉

 

「クラブツーリズム 新春フォトセミナー2018」

年に1度の写真撮影の旅・新春フォトセミナーを2日間に渡って開催します!

今回のフォトセミナーのテーマは、「写真がもっと上達するために!」です。

2日間にわたり30講座(事前予約制)を豪華講師陣のもと、ご用意しております。

また、写真・カメラ初心者の方を対象にした講座も設けておりますので、『始めたばかり、これから始めたい』という方にもご満足いただける内容になっています。

その他、参加企業によるブースや、企業とのコラボ無料講座など、参加者が楽しめるイベント企画も盛りだくさん!

ぜひ気軽に足をお運びください!

これからの旅先や春の桜シーズンに向けて写真がもっと好きになるはずです。

 

会期:2018年1月13日(土)、14日(日) 

会場:クラブツーリズム本社 新宿アイランドウイング

講座時間:9:30〜18:30  *講座には事前の予約が必要となります

https://www.club-t.com/theme/culture/photo/tokyo/photoseminar/

 

それはもう豪華講師陣の30講座、なんて魅力的....ちゅん なイベント中、16Fのお祭り広場にてAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)もご紹介させて頂けることになりましたキラキラ

ブースにお寄り頂いた皆さまには、2種類(各2枚)入りのA4サンプルを無料で配布させて頂きますわーい

そしてもっといろいろな種類のアワガミにご興味の皆さまには、テストプリント用に各種をセットアップしたサンプラーを通常よりも特値で限定数をご用意いたしますので、ぜひこの機会のお試し頂きたいですにっこり

 

【限定販売 予定品】

旗サンプルパック ベーシック

機械抄き紙(厚さ0.13〜0.35mm以内の種類のみ)より13アイテムをセットいたしました。

A4プリンターをお持ちの方にお勧め致します。

 

旗サンプルパック プロ

手漉き紙びざんや厚手の紙を含む(厚さ0.13〜0.68mm)20アイテムをセットいたしました。

A3以上のプリンターをお持ちの方にお勧め致します。

 

そして、13日(土)は14:10より30分ほど、AIJPの魅力ポイントをちょこっと語らせて頂く時間も頂きましたえへ

丁度セミナーの隙間時間ですので、会場にお越しの方はぜひ覗いてくださいエリザベス

 

お待ちしていますさようなら

 


【竹和紙関連 ご案内】1/8 特別講座「墨・硯・水・紙の関係」at 富山県水墨美術館

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ年の瀬も迫ってまいりましたゆう★

皆さん、新年を迎える準備は順調ですか?

(私はもちろんこれからですーえへ

 

さて、新春のご案内ですキラキラ

アワガミファクトリーでは「竹和紙」という、竹パルプを主原料とした製品を作っていますが、そのシリーズの中で

旗滲みを活かした水墨用筆

旗滲みどめを施した水彩用パレット

の2種類を、こちらの講座で教材としてご利用頂きます手

 

特別講座「墨・硯・水・紙の関係」

日時:2018年1月8日(月・祝)14〜16時

場所:富山県水墨美術館

講師:青木芳昭氏(京都造形大学 教授)

定員:20名

http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/3044.htm

 

本講座では京都造形芸術大学教授の青木芳昭氏をお迎えし、日本の伝統絵画に古くから用いられてきた墨と硯、水、紙の関係についてお話しいただきます。

実際に硯で墨を磨り、その感触を体感したり、墨で描くときの発色やにじみの違いなどを体験していただきます。これらは水墨画、日本画においては基本的な素材ですが、その種類や製造過程はさまざまで、見た目以上に複雑です。奥深い材料の世界をのぞいてみませんか。

 

【お問い合わせ・お申し込み】

富山県水墨美術館

Tel:076-431-3719

 

画材の素材学の研究の第一人者である青木先生には、素材関係のいろいろな相談をちょこちょこさせて頂いていまして、いつも実に判りやすく、実に的確に答えを返してくれるのです手

私の中で「困った時の青木先生」でもあります...ちゅん

 

竹和紙は、用途に合わせて4種類の用意があります。

ひらめき竹和紙 水墨用:滲みを活かした素材そのまま

ひらめき竹和紙 水彩用:強めの滲み止め加工紙

ひらめき竹和紙 版画用:中くらいの滲み止め加工紙

ひらめきAIJP竹和紙:インクジェット専用紙

 

などの種類を用意しています。

ぱっと見は和紙としての素材感は薄いのですが、やわらかな使用感と肌理細かさ、柔軟性のある手触り感などに定評頂いていますちゅん

ぜひ用途に合わせて一度お試し下さい!!


今年も卒業証書体験が行われました♪

 

 

皆さんこんにちは、和紙会館 事務局です。

 

今年も来年3月に卒業を迎える、和紙会館近隣の小学6年生による

卒業証書体験が行われました!

 

 

☆徳島新聞に掲載されました☆

 

この卒業証書体験、なんとおよそ30年ほど前から行われており、

川田のこども達には親しみ深い恒例行事となっております。

 

今年も山瀬、川田、川田中、川田西の6年生の皆さんが

来てくれました。

山瀬以外の川田、川田中、川田西小学校さんは

来年美郷地区の種野小学校と統合し、高越小学校になります。

なので最後の卒業証書体験でした。

名残惜しいですが、来年度もお待ちしています笑顔

 

 

それでは、レポートをお送りしましょう〜♪

 

 

12月中旬ということもあり、

こども達は寒そう…

 

しかし!

冬の寒い時期こそ、

綺麗な和紙ができるのです。

 

 

 

手漉き職人のさとみさんの指導を受けるこども達。

興味津々…笑顔

 

 

 

 

「冷たい〜!」

「気持ちいい!」

「(えっ!?)」byスタッフの心の中(笑)

 

 

 …寒さよりも、楽しさが勝ったこども達矢印上

 

 

証書作りを忘れて楮とたわむれたり…

楮でおにぎりを作ってみたり…

証書の完成度をどこまでも追求したり…!

 

こども達の感性の素晴らしさに感動ヤッタv

 

 

 

その後脱水をして…

 

 

 

 

自分たちの証書を板張り、ローラーをかけます。

 

 

お湯を用意して

一仕事終えたこども達の

温泉タイム…ちゅん

 

 

 

 

なかなか離れられない!(笑)

 

 

この工程を三回繰り返し、完成!

…といっても、この後さらに乾燥、

にじみ止めを施し、印刷などの工程を行います。

 

 

こども達、とってもよくがんばりました!

後は和紙会館の職人さんにお任せして、

安心して卒業式を迎えてくださいね。

 

 

卒業体験参加校の皆さん、

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 


白鳳セレクトを使って日本画を描いていただきました!

 

皆さんこんにちは、和紙会館 事務局です。

 

アワガミファクトリーには、素材の組み合わせなどによりたくさんの和紙を製造しています。

一つの和紙に色んな技法を施すと、その和紙はどんな風に活かされるのか…。

これまでに木版画、シルクスクリーン、水墨画、水彩画などなど、

様々なアーティストさんたちにアワガミを使っていただき、素敵な作品が生み出されています。

 

 

そして今回は、

日本画家 中川敬先生にお願いして、

白鳳セレクトを使った日本画を描いていただけることになりました!

 

中川敬先生のプロフィールをご紹介。

 

中川絵画教室主宰

日本美術家連盟会員

徳島県美術家協会会員

世代美術展協会会員

徳島新聞カルチャーセンター講師

 

…と、毎日多忙に過ごされています。

そんなお忙しい中、描いていただけるので大変感激です!

 

 

今回使われる白鳳セレクトは、厚さ220g/m2、原料楮45%・コットン55%、ph7〜8。

そのまま化粧水をつけて使えてしまうような(笑)、お肌に優しい素材で出来ています。

アワガミ エディショニング ペーパー

今回はサンプラーA4サイズを使用。

白鳳セレクト サンプラー A4

(アワガミ オンラインショップ)

 

 

白鳳セレクトは、製造の段階でにじみ止めを施しており、

日本画にお使いいただけます。

 

今回は骨描きの後、表裏にドーサをしたそうです。

それではいってみましょう♪

 

 

 

 

奇麗き(*^^*)

 

 

骨描きのあと、薄く胡粉下塗り。

次に水干絵の具で下塗り。

絵の具の乗りが良く、ぼかしもしやすいそうです。

 

 

 

 

岩絵の具で空間がらを着彩。

しっかり乗っているそうです。

この時点で素晴らしいのですが、まだまだ完成ではありません!

後日、経過報告をさせていただきます♪

お楽しみに!

 

 

そしてそして…

中川敬先生に、12月24日に行われる

和紙会館のワークショップの講師をしていただいています!

 

◆スペシャルはがきを作って

第29回小学生によるデザインはがき展に

チャレンジしよう!

 

 

 水彩絵の具と和紙の端紙などを使ってはがきをデザインしてみましょう。
また、先生が用意したモチーフも皆で描いてみましょう。
ワークショップで作成したはがきはデザインはがき展に応募できます♪

開催日時:2017年12月24日(日) 13:30〜15:30(予定)
場所:阿波和紙伝統産業会館内 2F図書室
参加費:700円+入館料:一般:300円 学生:200円 小・中学生:150円
講師:中川  敬さん(日本美術家連盟会員・徳島県美術家協会会員)
対象:小学校低学年〜大人
持ち物:水彩絵の具セット・筆記用具・ぞうきん・はがきに描きたい題材・物などを持って汚れても良い服装でお越し下さい。

 

☆電話・FAXで事前にお申し込み下さい☆

[お問い合わせ、ご予約]
阿波和紙伝統産業会館 
〒779-3401  徳島県吉野川市山川町川東141
TEL:0883-42-6120   

FAX:0883-42-6085

E-mail:  hall84@awagami.or.jp
開館:  9:00〜17:00
休館日:   月曜日(祝日の場合は翌日に振替)

 

 

皆様のご参加お待ちしております!

 


〜和紙会館 2017年12月ワークショップのご案内〜

皆さんこんにちは。

和紙会館 事務局です。

 

12月のワークショップのご案内です!

 

来年の1月27日から、

 

第29回小学生によるデザインはがき展が開催されます。

 

 

今月のワークショップは、デザインはがき展とコラボしたワークショップです。

 

◆スペシャルはがきを作って

第29回小学生によるデザインはがき展に

チャレンジしよう!


 水彩絵の具と和紙の端紙などを使ってはがきをデザインしてみましょう。
また、先生が用意したモチーフも皆で描いてみましょう。
ワークショップで作成したはがきはデザインはがき展に応募できます♪

開催日時:2017年12月24日(日) 13:30〜15:30(予定)
場所:阿波和紙伝統産業会館内 2F図書室
参加費:700円+入館料:一般:300円 学生:200円 小・中学生:150円
講師:中川  敬さん(日本美術家連盟会員・徳島県美術家協会会員)
対象:小学校低学年〜大人
持ち物:水彩絵の具セット・筆記用具・ぞうきん・はがきに描きたい題材・物などを持って汚れても良い服装でお越し下さい。

 

☆電話・FAXで事前にお申し込み下さい☆

[お問い合わせ、ご予約]
阿波和紙伝統産業会館 
〒779-3401  徳島県吉野川市山川町川東141
TEL:0883-42-6120   

FAX:0883-42-6085

E-mail:  hall84@awagami.or.jp
開館:  9:00〜17:00
休館日:   月曜日(祝日の場合は翌日に振替)

皆様のご参加お待ちしております!

 

 

 


収蔵作品〜凧展〜

 

 

「皆さんこんにちは!」

 

 

 

凧です!

 

 

凧だくさんです!!

 

 

 

只今和紙会館では…

 

収蔵作品〜凧展〜

 

開催中です(^^)☆

 

和紙を使った伝統的な凧や、わんわん凧などもありすっかりお正月気分です。

 

そう…わんわん凧といえば…!

 

来年1月にワークショップを開催します☆

 

〜和紙会館 ワークショップ〜

ミニわんわん凧をつくりましょう!

 

 わんわん凧は江戸時代から鳴門市に伝わる伝統凧です。

模様は用意してありますので、竹ひごと糸を付けて完成させましょう。

そのあと場所を移動して、水辺の楽校山バンブーパークで凧をあげます!

 


開催日時:2018年1月6日(土)13:30〜15:30(予定)
場所:阿波和紙伝統産業会館
            徳島県吉野川市山川町川東141
講師:藤中梅雄さん(鳴門大凧保存会会長)
参加費:700円+入館料:一般300円・高大学200円・小中学生150円

☆電話・FAXで事前にお申し込み下さい☆

[お問い合わせ、ご予約]
阿波和紙伝統産業会館 
〒779-3401  徳島県吉野川市山川町川東141
TEL:0883-42-6120   

FAX:0883-42-6085

E-mail:  hall84@awagami.or.jp
開館:  9:00〜17:00
休館日:   月曜日(祝日の場合は翌日に振替)

 

皆様のご来場、ご参加お待ちしています!


楮・三椏刈り取り講習会 《阿波和紙特別研修会》

スクリーンショット 2017-11-28 17.23.13.png

 

皆さんこんにちは、和紙会館 事務局です。

 

夏の研修会のように数日間お休みが取れない方へ。

和紙の原料である楮(こうぞ)三椏(みつまた)の刈り取りが行われる、

1月の終わりから3月初旬にかけて、二日間の研修会があります。
和紙の原料を刈り取りからはじめる研修会なので、和紙のつくりかたがイチからわかります。

 

 

1日目は皆さんで三椏の原料を処理。
2日目はその原料を使って自分だけの紙を漉きましょう!

 

日時:2018年1月20日(土)・21日(日)
    午前9時〜午後5時(作業により修了が多少遅くなることがあります。)
    ※午前8時30分より和紙会館にて受付開始
内容:1日目 楮・三椏の刈り取り、蒸し、皮剥ぎ作業、白皮作業
    2日目 紙漉き体験実習
場所:山川町三椏楮産業組合作業舎
費用:2日間で、2.000円(昼食代)
募集人数:15名 高校生以上、2日間継続講習が可能であること
持参物:1日目のみ軍手、ゴム手袋、タオル等、雨天時:雨合羽・長靴

 

両日とも汚れてもよい動きやすい服装で、寒さ対策を十分にしてお越し下さい。

皆さんのご参加、お待ちしています!

 

問い合わせ:阿波和紙伝統産業会館

TEL 0883-42-6120 FAX 0883-42-6085


A.A.I.R.P 2017 展覧会 オープニング アーティスト・トーク イベントのお知らせ

皆様こんにちは、和紙会館からお知らせです。

 

現在10月下旬頃から和紙会館に

4人の国内外のアーティストが滞在し、

創作活動を行っています。

 

Richelle Gribble(アメリカ)

 

和紙に色づけし、細やかな色彩を調合した大作や…

 

風間 直実(日本)

 

和紙と墨によるクールな作品たち…

 

Valerie Hammond(アメリカ)

 

藍染め和紙にちりばめられた美しい創造…

 

Pascale-Sophie Kaparis(フランス)

 

緻密で暖かみのある鮮やかな大作…など!

 

 

 

 

皆様、近くでご覧になりたいですよね…(*^^*)

 

それではご案内いたしましょう。

 

今回創作した作品の展覧会を開催致します!

 

 

アワガミ アーティスト イン レジデンス

プログラム 2017 〜展覧会〜

 

会期:11月25日(土)〜12月5日(火)

 

オープニング・アーティストトーク

 

日時:11月25日(土)14:00〜16:00

会場:いんべアートスペース(吉野川市山川町川東141)

   麻植郡農協倉庫

 

主催・お問い合わせ:0883-42-6120

   一般財団法人 阿波和紙伝統産業会館

 

 

皆様のご来場お待ちしております!

 


| 1/132PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

検索する