HOME > アワガミファクトリーだより

【開催しました】CP+2017

こんにちは、クドウですエリザベス

 

「CP+2017」スタートしましたゆう★

アワガミファクトリーは「フォトプリントメディアゾーン」のM-04に位置していますわーい

P2230010.JPG

 

作品詳細は後日。

今日はざーっとご紹介しますちゅん

 

ブースでの展示にご協力頂いた作家の皆さんはこちらですおじぎ

http://awagami.jugem.jp/?eid=1321

 

B0サイズでつくった手漉き紙びざんでは、中村恵美さんのアフリカで撮影された作品をキラキラ

ぜひ近くでご覧頂きたい一点ですレッド

P2230009.JPG

 

A1サイズの額装4点。

この作品だからこの紙で、との思いを込めていますちゅん

P2230008.JPG

 

パノラマサイズのびざん(右)と、プラチナプリント(左)の個性派コーナー。

写真を向けて下さる方が多いのですカメラにっこり

FullSizeRender.jpg

 

こちらのパノラマびざんとプラチナプリント用の和紙は新製品でもあります。

製品詳細はぜひこちらもご覧下さい

bana_panorama.png

 

bana_plutinum.png

 

吉住志穂さんによる軸層は、軽やかでモダンで、1点でももちろんですが組作品として並べてもいい感じですちゅんきらきら

P2230007.JPG

 

個々の作品の魅力はまた次号にて手

 

さて、ブースではアンケートにご協力下さった方へ、A4サイズの和紙(楮 厚口 白×2枚、楮 薄口 生成×2枚)をお試しサンプルとして差し上げています!!

そして、お試し頂いた方でレビューにご協力下さった方へは、アワガミのオンラインストアでご利用頂けるポイント500点(500円分)もOK ビックリ!

ぜひご活用下さい手

 

 

そしてそして、連動企画でキャンペーンも実施中エリザベス!!

 

旗AIJPサンプラーを50%OFF(3/12まで)

旗AIJPのA4サイズ、A3・A3ノビサイズ、パノラマサイズが20%OFF(3/20まで)

 

ぜひこの機会にご活用下さい!

(実はサンプラーが常に好評で品薄につき、ただいまお届けまで少しお時間頂くかもしれませんがご容赦下さい・・・

 

 

それでは、まずはレポート第一弾でした

会場にて皆さまのご来場をお待ちしていますさようなら


【ご案内】「CP+2017」で見られるアワガミ情報 その2

こんにちは、クドウですエリザベス

 

「いよいよ迫ってきましたゆう★

(準備は大丈夫でしょうか...)

 

「CP+2017」

http://www.cpplus.jp

会期:2016年2月23日(木)〜26日(日)10:00〜18:00(最終日のみ17:00)

   ※2/23(木)10:00〜12:00はプレスタイム(特別招待者・プレス関係者・プレスタイム招待券持参者のみ)
会場:パシフィコ横浜
入場料:1,500円(税込)※ウェブ事前登録で無料

 

 

続けて、アワガミブース以外でアワガミが見られる情報をお届けします!!

 

旗その1

キヤノンさんのブース、右側のライトゾーン(ポートレート・スナップ)において、A2サイズのプレミオ楮を使われた作品が展示されますキラキラ

 

http://canon.jp/event/exhibition/cp2017/zoning.html

 

紙選びのご相談を受けて、被写体がポートレートエリザベスだということをお伺いして、では人肌をより美しく魅せてくれる(...と個人的に強く思っている)プレミオ楮をおススメさせて頂きましたちゅん

果たしてどんな感じに仕上げられているでしょうかきらきら


 

旗その2

前のブログでご紹介しましたSAMURAI FOTOのディレクターでもある写真家の吉田繁さんがSAMURAI FOTOメンバーと一緒にエプソンブースにて23日、24日とセミナーを開催されます!

 

▼セミナースケジュール

http://www.samurai-foto.jp/events/eve170220/pdf/2017schedule.pdf

 

セミナー中で、AIJPも作例として登場する予定です筋肉

両日ねらって頂きたいですひらめき

 

 

そして、もうひとつエプソンブースにてご案内手

 

アワガミファクトリーも参加しているFine Art Print JPのメンバーによるプリントセミナーが予定されていますちゅん

こちらもぜひご参加下さい!!

Fine Art Print JP

ファインアートフォトグラフィーにおいて、紙による多様な表現の可能性を伝えたいとの想いに賛同するメーカーが一つになり活動をするグループです。

年間を通じて、各種セミナーや、プリントイベントを行っています。

https://www.facebook.com/fapjp/


ひらめきEPSONセミナーコーナー(予約不要)
2/25(土)15:00〜15:40 プリントステップアップセミナー
2/26(日)15:00〜15:40 プリントステップアップセミナー
講師:エックスライト社 冨川丈司氏、プリンティングディレクター小島勉氏


【用紙選びの楽しみと作品作りのヒント】
「せっかく撮った写真をプリントして楽しみたいが、どうやって紙を選んだらいいかわからない」
「作品づくりのヒントがほしい」、「カラーマッチングとかいまいちよくわからない」
そんな方々にプロのカラーマネジメントスペシャリストとプリンティング・ディレクターが解説。
あなたの作品づくりのレベルアップに役立つ内容をご紹介します。

 

ホームページ詳細スケジュールはこちらからも!

http://www.epson.jp/ec/event/cpplus/

 

 

お待ちしています手

 


【ご案内】「CP+2017」で見られるアワガミ情報

こんにちは、クドウですエリザベス

「CP+2017」のアワガミ情報を一報しましたが、アワガミブース以外でもAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をご覧頂ける場所をご紹介します!!

 

旗その1

写真で世界のアート市場を目指すSAMURAI FOTOは会長の蓮見浩明さんによる桜の作品が、手漉き紙びざんに出力され、エプソンブースにて展示される予定ですビックリ!

その他、作例としてGANREFユーザーの作品を蓮見さんが加工、そして竹和紙にプリントされた作品展示もちゅん

 

▼エプソン CP+2017出展情報

http://www.epson.jp/ec/event/cpplus/

 

蓮見さんにはアワガミブースでも何度も作品を展示させて頂きましたねお願い

去年は軸層で魅せて下さいましたにっこり

 

SAMURAI FOTOは今週、まさにCP+会期中きらきら会場近くのギャラリーで展示をされますキラキラ

23〜26日は種々のセミナーが予定されているとのこと。

アワガミからも、作例用で素材を出させて頂きましたエリザベス

展示と併せてぜひお集り下さい!!

 

Emerging Visions of Japan 〜日本の写真作品を世界へ〜

会期:2017年2月20日(月)〜26(日) 10:30〜18:30(20日/13:00 open、26日/16:00 close)

会場:サブウェイギャラリーM(「みなとみらい駅」改札口より徒歩1分)

ひらめきhttp://www.samurai-foto.jp/events/eve170220.php

 

 

旗その2

「PHOTO! FUN! ZINE! Vol.5」にて香川美穂さんの、あの子グマとペンギン再び ゆう★きらきら

 

何度かご案内してきましたが昨年、各地での展示で好評を記した香川美穂写真展「Polar Smile」、CP+と連動して開催される「PHOTO! FUN! ZINE! Vol.5」に出展され、こちらで再び数点をご覧頂ける予定ですわーい

スクエアびざんで出力した作品より、子グマと子ペンギンの4枚エリザベス
ポストカード12枚セット、プリント4枚セットでは竹和紙でのプリントをご用意されるとかキラキラ
写真集「北極スマイル・南極スマイル」もご用意されるそうです手

「PHOTO! FUN! ZINE! vol.5」 http://pfzine.com 

会期:2017年2月23日(木)〜26日(日) 10:00〜18:00(最終日のみ〜17:00)

会場:BankART Studio NYK(CP+2017 PHOTO HARBOUR内)


 

いずれも併せてご覧下さいさようなら

 


【ご案内】「CP+2017」出展します

こんにちは、クドウですエリザベス

今年も出展します!!

 

「CP+2017」

http://www.cpplus.jp

会期:2016年2月23日(木)〜26日(日)10:00〜18:00(最終日のみ17:00)

   ※2/23(木)10:00〜12:00はプレスタイム(特別招待者・プレス関係者・プレスタイム招待券持参者のみ)
会場:パシフィコ横浜
入場料:1,500円(税込)※ウェブ事前登録で無料

 

 

あと1週間を切りましたゆう★

最終の展示の内容とブースの図面の確認・調整が出来たのが今週の月曜日でした汗

今年も写真家の皆さまによるすてきな作品展示により、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)のご案内をさせて頂く予定ですキラキラ

 

ということで、ご案内第一弾ちゅんビックリ!

今年ご協力頂く作家の皆さまをご案内させて頂きますゆう★

 

こちら、昨年の展示風景レッド

もうもうマンネリなのですが、ブースは今年も色も形もこのスタイルで展開しますえへ

構成とか変えたいなーと思いながら、制限あるスペースなので、壁も確保しながらあれこれを置ける台もほしい...となるとベストな作り込みというか・・・

このマンネリな形をカバーして下さるのが写真家の皆さまの作品というわけですが、わたくし、作品のセレクトには自信があるのです筋肉!!

去年はお客さまから、「(作品見るのにブースが)狭すぎる」と文句も言われたという....ゆう★

ええ、そうでしょうともエリザベス!!

 

今年もどうぞご期待ください手

 

旗中村恵美さん http://www.eminakamura.jp

実は中村さんに初めてお会いしたのは去年のCP+。

それも、その後でエプサイトで展示をされる予定だった香川美穂さんがアワガミを使ってくれることが決まっていたので『どんな展示されているか見てきてほしいと頼まれまして』とちゅん

▼香川美穂写真展「Polar Smile」at エプサイト  http://awagami.jugem.jp/?eid=1233

その後、中村さんの作品を拝見する機会があり、動物の毛並みと肌感をぜひAIJPで表現させて頂きたいな、と思った次第ですちゅん

 

旗中西敏貴さん http://toshikinakanishi.com

よく竹和紙をご愛顧下さり、昨年の「ORDINARY」は写真界を一世を風靡しました。

昨年はアワガミのフォトコンテストの審査員でもご協力下さり、この中西さんには4点並べるA1の作品として出展をお願いしました。

中西さんの作品は、実は4点の中では最後にセレクトさせて頂いたのです。

場に映える、いい作品を選ばせて頂いたと思っています!

 

旗内田民子さん http://arietta25.com

その、中西さんが審査員をして下さった去年のアワガミのフォトコンの優秀賞に輝いたのが、内田民子さんです祝い

その受賞作品は、フォトコン記念の和紙会館での展示ではびざんで出力させて頂きましたが、今回は素材を替えてご覧頂きますにっこり

 

旗鹿野貴司さん http://blog.tokyo-03.jp

鹿野さんにもA1の作品をお願いさせて頂きました。

鹿野さんと言えば、昨年はこちらでたっぷりのAIJPをご利用下さいました手

 

▼「山梨県早川町 日本一小さな町の写真館」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1272

昨年は迫力ある男性を魅せて頂きましたが、今回は凛とした女性美をご覧頂きますキラキラ

 

旗MOTOKIさん http://www.k-motoki.com

ずっと公言させて頂いています!!

私が愛する愛MOTOKIさんにも、今年も公私混同で出展頂きますわーい

MOTOKIさんのシリーズの中でも大好きな「NORA」より1点選ばせて頂きました。

 

旗吉住 志穂さん http://www.geocities.jp/shihoyoshizumi/

昨年、オリンパスギャラリーにて美しい和装仕立ての作品展をされた吉住さんきらきら

本当にいい展示でうっとり拝見したのですが、それがずっと心に残っていたことから、その時の展示作品より軸層を2点お借りしますおじぎ

また多くの方にご覧頂きたいです!!

 

▼吉住志穂写真展「花時間」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1252

 

旗川野 恭子さん http://camera.na-watashi.com

きょん♪さん、こと川野恭子さんにも何度もご縁頂いています

去年、写真企画室ホトリで開催された個展「When an apple fell,the god died」は記憶に新しい方も多いかと思いますきらきら

今回きょん♪さんにはパノラマサイズのびざんにて、4点を組み作品でご覧頂きますちゅん

 

パノラマサイズ、この細長い構成が面白くもありますが、うまくトリミング出来ない作品も多いですよね。

そこをきょんさんのアイデアで、効果的な方法でご覧頂く予定です手

 

 

そして、昨年アワガミではオルタナティブプリント用の和紙「アワガミ プラチナペーパー」を新しいラインナップとしてご用意しましたキラキラ

その作例として、清家正信さんにご協力頂き、花の作品にプラチナプリントをしたものをご覧頂きます。

 

▼清家さんがAIJPを展示の一部で使われた、2013年の写真展の様子より

 

プラチナプリントの制作は、田村写真さんにお願いしました。

本当に本当に、美しいのですエリザベス

 

選りすぐりの作品をご覧頂きますキラキラ

ご期待下さい!!


ひな祭り展 オープニングセレモニーにお越し頂きありがとうございました

大変遅れて申し訳ございません。。が。。。

 

よんかいめのひな祭り、無事にオープングセレモニーを迎えることができました!!!!

 

当日は雪がたくさん降り、朝から会場駐車場の雪かきから始めました。

 

雪かきを手助けするように、次第におひさまが出てき雪を溶かしてくれました。

雪で気温もがとても低くなってしまったので

お客さんがきてくれるだろうかと心配していました。。。。が、

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_def.jpg UNADJUSTEDNONRAW_thumb_df5.jpg

たくさんの人たちが寒い中会場へ足を運んでくれ、

会場全体が人で埋まるほどお集まりいただけました!!

 

今回のオープニングの目玉は、

和紙会館の裏にある川田学童クラブのこどもたちの合唱

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_dfb.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e2d.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e06.jpg

 

子供達のダンスや歌の完成度がすごく高く、毎日頑張って練習したんだなぁと

頑張りが伝わり感動しました。

 

そして、

四国大学書道サークル、かぜまーるのみなさんのライブ書道のパフォーマンス。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e34.jpg

書道の風まーるの皆さんのパフォーマンス書道の迫力もすごく

鳥肌が立つほどでした!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e4c.jpg

会場内、こちらのおひな様両脇の書も、今回よんかいめのひな祭り展のために

風まーるさんに書いていただいたもの。

 

 

雪の中集まってくださった皆さんが帰り際に「来てよかったなー」などとちらほら聞こえて来て、

いろんなひとと力を合わせてできたイベントがたくさんの人に認められ、楽しんでもらえて本当に

よかったなあとしみじみ思いました。

 

ボランティアで何度もお手伝いに来ていただいた方々、

雛人形や綺麗な花々を寄付していただいた方々、

皆様のお力でひな祭り展盛大にオープンすることが出来ました。

本当に本当にありがとうございました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e2f.jpg

 

今週2/19の日曜日の「箏や尺八の演奏会〜15:00開演〜」を始め、

3/12まで色々なイベントを行いますので、

みなさんぜひぜひ遊びに来てくださいね!!

お待ちしておりマーーーース!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_e4b.jpg


理事長を祝う会レポート

こんにちは、クドウですエリザベス

昨年、我らが理事長におめでたいことが続きました!!

 

▼阿波手漉き和紙製造技法 県の無形文化財指定

http://www.awagami.or.jp/info/mukeibunkazai.html

 

▼県卓越技能者「阿波の名工」に

http://www.awagami.or.jp/info/awanomeiko.html

 

 

遅ればせながら、アワガミ従業員一同でお祝いの席を設けさせて頂きましたエリザベス

本当にささやかではありましたが、笑いの多い楽しい席でしたのでちょこっとお届けしまーすキラキラ

 

アワガミが休みの土曜日の夕刻より、徳島市内のホテルにて。

 

アルバイト時代から途中インターバルを経て現在オンラインストア担当の20年選手の山岡、神戸より駆けつけました走れー!

道中のバスで乾杯の挨拶をメールで指名されて怒りながらたどり着いたものの、笑いも取る安定のベテランスタートちゅん

P2110117.JPG

(理事長の悪口を私と2人で言い合いながら「明日もがんばろうねっ!」と支え合ってきたという、アワガミが縁でできた固い絆も披露するという・・・

 

上板風神太鼓の皆さんによるお祝いらしい賑やかな演奏をいただきましたわーい

P2110152.JPG

 

私から、和紙会館で探したり奥さんに提供してもらった昔の写真から、現在の理事長の活動までを集めたスライドをエリザベス

タイトルは「藤森洋一の歩み」キラキラ

ちょっとだけ披露しますちゅん

 

子供時代の理事長。映ってる男児は1人なのでお分かりですねにっこり

IMG_2084.JPG

 

家族旅行の風景とか。

おじいさん、おばあさん、若いゆう★

IMG_2082.jpg

 

昔の工場の風景もありました。

P2090073.JPG

 

P2090068.JPG

 

今の機械抄きの工場の基礎を鉄骨で作っている光景だとか。

IMG_2086.JPG

 

P2090050.JPG

 

海外でも何度も手漉き和紙研修を開催してきました。

この時からの活動が、今の海外販売のきっかけになっているのは間違いありません。

P2090005.JPG

 

かなり時代や内容が偏ってしまったのですが、従業員の多くは見たことがない写真ばかりなので、新鮮で楽しめたのではないでしょうかにっこり

まだまだこれからも集めていきたいと思いますエリザベス

 

あいにく都合が付かないメンバーもいましたが、参加出来たみんなの顔をお届けしまーす手

P2110165.JPG

 

P2110169.JPG

 

P2110170.JPG

 

P2110176.JPG

 

P2110181.JPG

 

P2110218.JPG

 

P2110221.JPG

 

理事長の長女の静ちゃんからの心のこもった電報披露に続き、記念品は出荷場チームの小野君より。

いい笑顔ですねー笑

P2110185.JPG

 

最後に理事長より一言頂きました。

P2110196.JPG

 

万歳三唱は機械抄きチームの下(しも)君、本日司会進行は営業の中島君が担当。

滞り無い進行で、帰路のバスの時間が迫っていた山岡もギリギリおさまることが出来ました手

P2110216.JPG

 

次女の彩ちゃんとだんなさんのCraigよりお花も。

笑顔がいっぱいだった宴席にぴったりの明るいお花でしたねーきらきら

P2110223.JPG

 

理事長の歩み、まだまだ続きます!!

 

アワガミスタッフ一堂も、共に歩んでいきますDocomo119Docomo119Docomo119

これからの活動にもぜひご支援、そしてご期待下さい筋肉

 


よんかいめのひな祭り展が始まります!

今年もひな祭り展を開催しますき

あっという間に4年目。

 

コンクリートグレーに紅白が映えるkyu

 

 

いんべアートスペースで行うイベントの中でも

ミニプリント展やフォトコンテスト展は

ピリッとしたDocomo5

カッコつけて言うならばDocomo5Docomo5

アワガミのコンセプトを具現化させるイベントですが、

ひな祭りは文字通り「お祭り」です♪

 

 

皆様、ぜひ遊びに来て下さいァンパンマン

 

 

「よんかいめのひな祭り展」

  会期:2017年2月11日(土)から3月12日(日)までの土日祝

     朝10時から午後5時まで ※平日入場は要予約

  会場:いんべアートスペース(吉野川市山川町建石116)

 

 


【ご案内】「ツツミアスカ個展」at 十一月画廊

こんにちは、クドウですエリザベス

早速ですがご案内ですひらめき

 

2013年の『阿波紙と版表現展 - 和紙とTechnology - 』より創作の一部にアワガミもご利用頂いておりますツツミアスカさんが、本日より銀座で個展を開催されています。

 

ツツミアスカ個展|The Silent Drama 

会期:2017年2月6日(月)〜2月18日(土)

時間:12:00〜19:00(土曜日/17:00)※日曜日休廊

会場:十一月画廊 http://juichigatsu-g.com

〒104-0061 東京都中央区銀座7-11-11長谷川ビル3階

Tel.03-3289-8880

 

ホームページツツミアスカ web site  

https://www.asuka-tsutsumi.com

 

初日、早速おじゃましてきましたーわーい

IMG_0083.JPG

 

ツツミさんと言えば、何枚もの和紙を重ねられ、木版の拓刷りによる独特の創作手法が際立った個性として知られていますが、イメージのベースとなる部分は写真をインクジェットされたものを使われることが多く、最近ではAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)より竹和紙170gをよくお使い下さっていますおじぎ

IMG_0068.JPG

 

インクジェット層、そして雁皮は二層でこの部分は木版で拓刷り。

そしてパラフィンを塗布することで透明感を出し、パールやパステルなどでによる手彩色も施される等、多様な技法と工夫が凝縮されて、この世界観が生み出されているのです。

 

IMG_0081.JPG

 

『阿波紙と版表現展 - 和紙とTechnology - 』の頃に精力的に制作されていた多肉植物イメージの作品から、屋久島や真鶴などの風景へと展開されていますちゅん

 

IMG_0072.JPG

 

右の作品、パッと見て「ゴッホ風!」と言ったら、関東ではゴッホと言われるけれども、関西ではムンク(の叫び風)と言われるのだとか叫び

IMG_0060.JPG

 

かつての、形があるものから、形が明確ではない空や水の動きを木版で表現する事に試行錯誤をされ、多くの画集なども観ながら研究されたそうです。

水や空の色彩からの情景が新鮮で、何度も見入ってしまいましたびっくり

IMG_0064.JPG

 

ツツミさん、最終日まで長期で東京に滞在されるとのことですキラキラ

(在廊日は毎日ではありません)

IMG_0084.JPG

 

ぜひ会期中、お立ち寄り下さい!!

 

 

過去にツツミさんが登場されているブログちゅん

こちらもどうぞーきらきら

 

▼『阿波紙と版表現展2013 - 和紙とTechnology - 』at 和紙会館

http://awagami.jugem.jp/?eid=912

 

▼ギャラリートーク2本開催☆「阿波紙と版表現展」&「ミニプリント展」

http://awagami.jugem.jp/?eid=913


【1/28 トークイベントレポート】「阿波紙と版表現展2016」

こんにちは、クドウですエリザベス

先週開催していました「阿波紙と版表現展2016」、1/28(土)をもちまして終了いたしましたキラキラ

徳島展に続きましての開催でしたが、ご来場頂きました皆さま、ありがとうございましたお願い

 

最終日の1/28は出展の皆さまによるアーティストトークも開催させて頂きました手

タイムリーに来日されていたRISDのダニエル先生とWei-Ming-Leongさんもお越し頂け、Wei-Ming-Leongさんは

なんとシンガポールからご両親も来場!!

 

お集りの作家の皆さんより、各作品についてをお話頂きましたエリザベス

P1280106.JPG

 

生嶋先生とダニエル先生には、ご不在の皆さんの創作について知り得る部分をコメント頂きましたちゅん

P1280131.JPG

 

ダニエル先生は1月初旬からの長旅の最終日でかなりお疲れのご様子でしたが、たくさんのフォローを頂きました。

作品は犲由に感じてくれればいい瓩箸い作家さんも多いですが、やはり背景などを伺うと、より深く感じ入りながら鑑賞することが出来ますよねエリザベス

P1280119.JPG

過去の「阿波紙と版表現展」に2回ご参加頂いた湯浅克俊さん(左)に、通訳をお手伝い頂きましたおじぎ

 

ダニエル先生の作品きらきら

紙は「楮 未晒セレクト」をご自分でドーサ引された水性木版画、もちろんバレン摺り手

P1230144.JPG

 

RISDの出展作品の中で水性木版画が目立ちましたが、ダニエル先生が指導されていらっしゃる影響ですねちゅん

P1280109.JPG

 

ひらめき市野悠さん

P1280121.JPG

 

ひらめき下山健太郎さん

P1280141.JPG

 

ひらめきWei-Ming-Leongさん

もう数日ご両親と日本を旅行され、シンガポールに一度帰国されるそうです。

お母様も絵を描かれるとの事、すてきなご家族でしたにっこり

P1280145.JPG

Wei-Ming-Leongさんのイメージは宇宙。

実は原画が別にあり、それはカラーでの作品とのことでした。

原画も見てみたかったなエリザベス

P1280099.JPG

 

今回参加して頂いた出展者の皆さまわーい

時期的に本当に多忙な中でのお繰り合わせをありがとうございました!!

実は風邪が蔓延していまして、何名かの方には大事を取って頂きました汗

(皆さん、回復に向かっているでしょうか...)

P1280147.JPG

 

最後までお付き合い下さった皆さまとご一緒にDocomo68

(本当はもっといらっしゃいました!

P1280151.JPG

長時間お付き合い頂きましてありがとうございましたわーいわーいわーい

 

 

そーしーてー...。

しつこいですが、只今、この「アワガミエディショニングペーパーシリーズをオンラインストアにて20%引きキャンペーンをしています!!

2月15日までゆう★

ご覧頂いて、良さそうなものがあればぜひご利用下さいキラキラ

http://www.awagami.jp/products/fine/editioning.html

 

 

そうそう、個々の作品のご案内が出来ていませんでした・・・

遅ればせながら、続けて改めてご紹介しますので乞うご期待手


28回小学生デザインはがき展 上位受賞者発表!

今週半ばからはじまりました、和紙会館展示、

今年もこの季節がやってきましたきらきら
第28回小学生によるデザインはがき展

先日審査があり、上位受賞者が決定!

今年も審査員はお馴染みの藤原さん(和紙会館理事会)と平木美鶴先生(版画家)です!

毎年ながら、時間をかけて一枚一枚じっくり見て審査してくださいました。

 

 

審査員の先生方のコメントを交えながら、

さっそく今年の上位受賞者を発表メガホン

 

徳島県知事賞 

川田中小学校6年 佐藤 優さん

IMG_1238.jpg

やさしい顔のおんなの子はトナカイさんで、

角を木の枝に見立てたかのように小鳥がとまっています。

トナカイさんの毛並み、角に毛糸を使用していてとても温かみのある作品です。

また、この毛糸が奥行きをだしていて、手描きのイラストもぐっと前に出て見えます。

この手法は面白い!と審査員の先生絶賛でした^^

 

 

徳島県教育委員会教育長賞

久勝小学校2年  市原 颯さん

IMG_1239.jpg

みかんの皮や、木の実など自然の素材で鳥を描いた力作!

羽の部分もなん枚にも重ねられています。

みかんの色も効いていて、なんとも元気のある作品。

特に平木先生のお気に入りでした。

 

 

 

吉野川市長賞(3名)

山瀬小学校4年 枝澤 澄空さん

IMG_1240.jpg

今年は人気者のピコ太郎にかけて、ピヨ太郎もたくさん見受けられました。

その中でもひときわ目立ったのがこちらの作品。

その迫力は審査員の目にもしっかり飛び込んできました。

 

 

藍畑小学校6年 安井 大晟さん

IMG_1241.jpg

ハガキ全体をトリの体として使っているところ、くちばしに羽と、トリの要素をしぼって

素材を貼付けているデザイン性が評価されました。

また、鋭い目つきの表情が他になく、審査員の目にとまりました。

 

 

 

論田小学校4年 貝島 光美さん

IMG_1242.jpg

様々なリボンやレースを使ってトリが描かれています。

背景の赤も効いています!こちらも沢山のトリの中から

他にない表情が出ていると好評でした。

 

 

 

 

山川郵便局長賞(3名)

高川原小学校 3年 勝間 慎さん

IMG_1245.JPG

実は、手形のトリさんは何点か作品があったのですが、その中でも

こちらの作品は奇麗に手形が出ている所が評価されました!

 

 

 

 

森山小学校4年 大石 陽輝さん

IMG_1244.JPG

切り絵のような手法、他に見ない表現作品であったことが好評でした。

切り絵の背景に使われた様々な模様の和紙が夜空に浮かび上がる花火みたいにきれいに浮かび出ている作品です。

 

 

久勝小学校6年 藤本 玖流樹さん 

IMG_1243.jpg

紙粘土をキレイに貼付けています。

ビビットな赤や黄色、背景に少しグレートーンの落ち着いた色。

配色センスがとても目引きました!

 

 

和紙会館賞(3名)

鴨島小学校4年 大石 拓海さん

IMG_1246.jpg

和紙をふんだんに使っていて、色使いもユニークで

目を引きました。羽や尾っぽに柄ものの和紙を使ってるのがまたよいですね!

 

 

 

三庄小学校6年 丹田 友弥さん

IMG_1247.jpg

真っ青な青を背景に存在感のある兜がとにかく目立ち

審査員の心をがっちりつかみました!

 

 

 

鷲敷小学校4年 板垣 亭さん

IMG_1248.jpg

鷲の鳴き声が聞こえてくるほどの画力と、

器用に折られた折り紙のトリが審査員お気に入りの作品です。

 

 

以上11名が今年の上位賞です!

おめでとうございます!

 

この他にも素敵な作品をたくさん展示しております!

1点1点みていて面白く、本当に毎回、審査員は絞り込むのに悩まされているのです。。


展示期間は3/4(土)17:00まで
※月曜日は休館日です

是非、和紙会館まで足をお運びください^^

 

 

 


| 1/125PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

検索する