HOME > アワガミファクトリーだより

【作ってみました】木パネにテープを使って作品を貼ってみました。

こんにちは、クドウですエリザベス

自分でパネル貼りとかフレーミングをして作品展示する機会のある方も多いと思いますが、私も展示機会にはけっこう自作します筋肉

 

木製パネル(以降、木パネ)に作品を貼る方法をよく使うのですが、皆さん、何の糊材やテープを使って貼りますか?

私は、特に耳付きの和紙の端をパネルから出して付けたい時は、木パネと作品側とにそれぞれネオジウム磁石を貼って磁力で付けることで、作品をパネルから容易に取り外すことができるようにしていました。

耳が木パネのサイズより大きいので、特に移送中に傷んでしまったりするのを防ぎたい、ということもあります。

 

耳付きだと、例えばこんな感じ

作品と木パネにそれぞれ、ネオジウム磁石を養生テープなどで貼っています。

 

ネオジウム磁石、ネット通販などで様々な大きさや厚みのバリエーションがあるので、作品の大きさに合わせていろいろ使い分けていました。

......が、最近お気に入りの方法は、こちらです!!

 

じゃじゃーん!!

「GUDY DOT TAPE(グディ ドット テープ)」

こちらは、ルーニィ247ファインアーツさんで購入できます。

 

ネットショップはこちら

http://roonee247photo.ocnk.net/product/93

 

名前に「ドット」とあるように、テープの糊面がドット状。

触った感じ、粘着性はかなり弱そうな感じがするのですが、これが結構ちゃんと付くんですちゅん

長期で貼りっぱなしは未体験ですが、一時的な接着用として展示や見本市の会期中くらいの期間は問題ないです手

 

今回は耳付きの和紙ではなく、竹和紙170gを使って貼って、パネルとジャストサイズのところでカットするような仕立てをしようと思いますちゅん

ひらめきここで薄手の素材を選ぶとパネルの下地が透けるので注意ひらめき

 

パネルサイズは約356×432mm。

貼る面の四方ぐるりと内側に2本、テープを貼りました。

剥離紙を剥がし、作品を定位置に貼ります。

 

ひらめき粘着面がしっかり木パネに付くように、この時にしっかり擦るのもポイントひらめき

 

作品は木パネからはみ出た部分を後でカットするので、パネルより少し大きめにしておきますね。

作品を貼ったら、当て紙をして粘着部分としっかり密着させます!!

(画像では、作品パッケージに使われていたPP袋を裂いて当て紙代わりに使っています)

 

貼れたら作品面を下にして、カッター刃を木パネに添わせて丁寧にカットします。

カッター刃は事前に折って、切れやすいような下準備も忘れずに!!

 

こーんな感じキラキラ

簡単ですエリザベス

 

一般的な両面テープを使うのでもいいのですが、この「GUDY DOT TAPE」は弱粘着なので、作品を木パネに貼る時に落ち着いて位置合わせができるのもいい感じですにっこり

 

さて、展示が終わって作品をパネルから剥がしたい時も、弱粘着なのでペリペリときれいに剥がれやすいです。

試しに、紙の裏に「GUDY DOT TAPE」を貼ってみますね。

 

で、粘着部分を指で擦ると、消しゴムのカスみたいにポロポロと取れるんですちゅん

 

これがきれいに取れるかどうかは紙質にもよるのですが、今回の竹和紙170gは表面が比較的つるっとした感じなので、紙剥けが感じられないくらいきれいに取れました手

 

手漉き紙びざんでも同様に試してみましたが、こちらは面質が軟らかいのでちょっと剥けてしまいました_| ̄|○

 

磁石を使っていた時、実は作品側と木パネ側とで磁石位置をちゃんと合わせるのもちょっと手間だったので、これを知った時は目からウロコ...!!

50mもあるので、1本あるとかなりたっぷり使えますちゅん

 

木パネを使った貼り加工の際には、ぜひお試しください!!

(べた褒めしていますが、純粋に便利グッズをお知らせしており回し者ではないです)


Awagami x Montblanc モンブランとアワガミのコラボレーションで生まれたノートブック

みなさまこんにちは、高田です。

本日は、万年筆などのステーショナリーや時計などで世界的に有名なMontblanc モンブランとのコラボレーション商品についてのご案内です。

 

ノートブック #149

https://www.montblanc.com/ja-jp/collection/refills/leather-refills/119924-notebook-149-modern-calligraphy.html

 

【ホームページより】

モンブランは新しいファインステーショナリーコレクションを導入し、筆記文化と書くことの楽しみの追究に向けて邁進しています。言語と文字を書くことの魅力と文化を伝えるカリグラフィーコレクション。最新のコミュニケーションテクノロジーが主流の時代において、カリグラフィーで書かれた言葉は、美的感覚に訴える唯一無二の魅力を放っています。3種のカリグラフィー ノートブックは、徳島県の和紙ブランドであるアワガミファクトリーとのコラボレーションにより誕生しました。そこでは熟練の職人たちによる、技術と知識がつまった最高クラスの和紙を製造する方法が受け継がれています。1825年から代々引き続いて伝えられてきた秘伝の技が、今なお守られているのです。各バリエーションはウエスタン風、イスラム風、東アジア風の3種のスタイルからなります。特別な筆記体験が、数世紀にわたるカリグラフィーの発展を物語ります。

 

新いんべしろ」と「レーヨンカラー雲流」をお使い頂きました。

 

表紙のカラーはシルバー、ゴールド、レッドの3種類。

https://www.montblanc.com/ja-jp/collection/refills/leather-refills/119922-notebook-149-ancient-calligraphy.html

 

https://www.montblanc.com/ja-jp/collection/refills/leather-refills/119923-notebook-149-classic-calligraphy.html

 

モンブランのオンラインストアなどでお買い求めいただけるようです。

アワガミとモンブランのコラボレーション、ぜひ手にとってご覧ください。


【ご案内】Timepeace「オリエントは日本の時計でござる」展

こんにちは、クドウですエリザベス

インフルエンザをはじめウィルスが心配な近頃ですが、皆さん、うがい・手洗い・マスク・換気でしっかり予防してくださいね!!

ちなみに私は乳酸菌の摂取にも勤しんでいますエリザベス

 

さて、ただいまAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)満載の展示が開催されていますのでご案内ですちゅん!!

 

Timepeace「オリエントは日本の時計でござる」展

 

■会場:エプサイトギャラリー https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/

■会期:2020年1月22日(水)〜2月12日(水)10:00〜18:00

    休館:日曜日 

    ※2月3日(月)〜5日(水)は休館、会期中の祝日、2月11日(火)は開館

 

あなたは「オリエント」をご存知でしょうか。
「オリエント」は、2020年に70周年を迎える日本の腕時計ブランドです。
1950年の誕生以来、高度成長の時代の波に翻弄されながら、いつの時代も「オリエント」の時計たちは、世界中の人々の平穏な日々に寄り添い共に歩んで参りました。

「オリエント」の作り手たちが紡いできた70年の時を、日常の浮世絵風あるある作品でInstagramをはじめ今話題のイラストレーター山田全自動氏により、よくある出来事をコミカルな描き下ろしイラスト作品にしていただきました。

時計の心臓であるムーブメントの音が聴けたり、プロジェクターで懐かしい歴史のアーカイブ映像が見れたり、みなさまと「オリエント」を感じる楽しい時間を過ごしていただける展示です。

70歳といえば、“ 人生七十古来稀也(七十年生きる人は昔から稀である)、古稀 ”とは申しますが、類い稀な経歴を持ち、胸が高まるようなものづくりを大切にしてきた「オリエント」。
本展覧会は、寿命の延びた現代人のように、まだまだ元気な未来を歩むための1歩となるでしょう。
日本の腕時計ブランドが繰り出す、みなさまの元気の源となるような時間、『Timepeace オリエントは日本の時計でござる展』をどうぞご体感ください。

(注)Timepeace:Timepiece(時計)にPeace(平和)をかけた造語

 

 

これまでもエプサイト ギャラリーAIJPをお使い頂いた展示はいくつかありましたが、イラストは初めてです...ちゅん

本展では、2タイプの展示でAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお使い頂きましたキラキラ

 

まずは巻物仕立てで2サイズ!!

壁面を飾る長ーーーーいのは全長約8mあるんですよ〜ちゅん

巻物にお使い頂いたのは「楮 薄口 白」です。

 

小さいタイプは机上にて。

「へぇー」とか「あるある...」とかめぐらしながら見入ってしまいます。

見応え、そして読み応えある楽しい展示ですちゅん

 

そしてこれまた見応えある「オリエント」の製品のショーケースの上の“オリエントの時計職人あるある”は、手漉き紙びざんにて。

こちらも紙面のラフな質感とイラストはいい感じでコラボレートしているかと思うのですが如何でしょうかにっこり

 

会期中、なんと時計職人さんによる「ムーブメント分解組立実演」が予定されています

機械式時計を組み立てる匠の技を、実際に間近でご覧頂けるとか。

実演日:2月1日(土)、2月8日(土)   10:30〜17:30 自由観覧
    (注)11:00〜、14:30〜は解説付きでの実演を予定。(各回およそ30分)

    (注)都合により実演者が不在にしている時間帯もございます。

 

イベント開催日限定で、来場者に山田全自動さんデザインのマスキングテープをプレゼントしてもらえるそうです!!

 

「オリエント」への想いがあふれた、楽しい展示空間となっています。

 

 

2月12日まで。

ぜひぜひご来場くださいさようなら

 


第31回小学生によるデザインはがき展の審査が行われました!

 

皆さん、こんにちは!和紙会館 事務局です。

 

 

 

さて、今年もやってまいりました!

毎年恒例の、

「小学生によるデザインはがき展」

 

 

今年で31回を迎え、徳島県内の全小学校に参加を呼びかけ、

32校の小学校から4,400名が参加。

参加者1人1点、展示致しました!

 

 

 

今年も賑やかな、はがき達が勢揃いです。

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

そして、本日!審査会が行われました。

 

 

 

審査員は、今年もお馴染みの、

 

 

 

 

平木 美鶴 先生(版画家)

 

 

 

 

 

藤原 茂喜 さん(阿波和紙会館 理事)

 

 

 

アイデア賞 400名に、緑の丸のシール、

優秀賞 200名に、青い丸のシールを貼りました。

 

 

 

今年も、力作ぞろいで至難しまして…

それではお待ちかね、上位入賞者の発表です!

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

徳島県知事賞

 

 

土成小6年 阿戸 恵莉奈さん

 

【審査所感】

和紙の切り絵が上手く切り抜いており〔子〕の文字を上手く表している。

6年生らしい技法、色彩が優しく非常に上手い。和紙の風合いを上手く出している。

 

 

 

 

徳島県教育委員会教育長賞

 

 

鴨島小4年 勝占 莉渚子さん

 

ねずみやチーズのとろけた感じがリアルだった。

しっぽが〔2020〕をかたどっている表現力が良い。

緑と黄色の使い方や明るい色彩が非常に良かった。

 

 

 

 

 

吉野川市長賞

 

 

生光学園小5年 安藝 颯真さん

 

おせち料理を題材にした作品は他にもあったが、

この作品は食べ物の配置が工夫されており、

とても美味しそうで上手く表現されている。

 

 

 

 

 

 

知恵島小6年 阿部 心愛さん

 

新聞紙を細かくちぎってねずみの色を表現していたり、

ラップを使った表現は、他になく面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

飯尾敷地小6年 市村 優衣さん

 

優しく包まれている感じが、家族の団欒のようで、

見ている者を暖かい気持ちにさせてくれたのが良かった。

 

 

 

 

 

 

山川郵便局長賞

 

 

鴨島小6年 原田 琉禾さん

 

オリンピック開催ということもあり、ポスター的な表現が良い。

輪っかや富士山という日本らしい表現も良かった。

 

 

 

 

 

 

高志小6年 福良 成弥さん

 

糸をぐるぐると巻き込み、細かく精密な表現や

顔がない所も良かった。

また、バランを草に見立てているのも面白い。

 

 

 

 

 

 

飯尾敷地小2年 萩原 天晴さん

 

魚の骨を使った表現が大胆でインパクトがある。

触れると痛そうな所がハリネズミらしくて面白かった。

 

 

 

 

 

和紙会館賞

 

 

高原小1年 大浦 杏月さん

 

顔の表現が可愛く、耳を藁のような糸で表現している所や、

背景の色合いなど、1年生らしい表現が良かった。

 

 

 

 

 

 

三縄小2年 加藤 彪雅さん

 

面白い!!

(審査員の藤原さん、ニカッと一言、おっしゃっておりました😁)

 

 

 

 

鷲敷小2年 谷本 稀月さん

 

この歳でこのデザイン。とにかくすごい、デザインセンスに感心した。

色使いも非常に良かった。

どのようにして描いたのか知りたい。

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

以上、11名による上位入賞発表でした。

 

審査員の先生方は、とても感心しながら楽しそうに審査しておりました。

皆様、ぜひ実物をご覧に遊びに来てください!

 

 

そして、来館者による人気投票を行っています。

上位5名を、皆さんで決定します!

ふるってご参加ください。

 

会期 2020年1月26日(日)〜3月1日(日)

時間 午前9時〜午後5時

 

また、期間中 和紙会館より来場者全員にプレゼントをご用意しています。

(※無くなり次第、終了となります。)

 

そして!只今、LINEにご登録いただくと【端紙詰め放題】を無料でプレゼント!

 

 

皆様のご来場を心より、お待ちしております。

 

 

お問い合わせ先

阿波和紙伝統産業会館

TEL 0883-42-6120


100名様に版画用和紙プレゼント!【オンラインストアキャンペーン】

みなさまこんにちは、高田です。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

さて本日は、オンラインストアのキャンペーンのご案内です。

 

<抽選で100名様に!版画用和紙プレゼント>

オンラインストアでご注文いただいた方の中から抽選で100名様に、版画用和紙をプレゼントいたします!

サイズ:A4

内容:数種類の和紙が入っています。(一部参考商品を含む)

 

ご注文受付期間:1月10日(金)16:00 〜 2月29日(土)

 

※当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。

※ご注文いただいた商品に同梱いたします。

 

 

版画作品の制作などにお役立てくださいね。

今年もみなさまの制作のお役に立てるように頑張ってまいりますので、

アワガミファクトリーをどうぞよろしくお願いいたします!

 


【ご案内】中村晃写真展「縞 ZEBRA 馬」

こんにちは、クドウですエリザベス

いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました

早くお正月休みしたいところですが、もうひと頑張りというところでしょうかちゅん

 

さて、とても見応えのある展示のご案内ですキラキラ


「縞 ZEBRA 馬」

 

会期:2019年12月6日(金)〜 12月15日(日) 11:00〜18:00
会場:Gallery HAYASHI(ギャラリー林) 〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-16

 

中村さんは、写真作品の創作で日頃AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をご愛顧下さっており、今回の展示では「楮 厚口 白」と「手漉き紙びざん」をご利用頂きましたおじぎ

様々な動物の姿をとらえる中村さんですが、今回は縞馬に視点をしぼった作品展示となりますキラキラ


中村さんの作品はいつ見ても惚れ惚れするくらい格好良いのですが、今回も期待以上ですちゅん
 

光を受ける眼差しや毛並は本当に美しいですエリザベス
(心の中でため息つきながら拝見しました...)


2018年にされた個展での精度の高い展示表現にも感心しましたが、今回13点と展示数量としては少ないですが、吸い込まれる中村さんの世界観と作品の魅力を存分に満喫できます。


(あんまり美しくて、うちの紙じゃないみたい...)


特に2018年に開催された個展後、国内外での作品発表での活躍には眼を見張るものがあります。

会期中の中村さんの在廊日は以下とのこと。
12月6日、7日、8日、13日、14日、15日(上記載日の全日11:00-18:00)

ぜひお立ち寄り下さい!!


 
旗2018年の個展の様子

中村晃 写真展「ZOO OF LIGHT AND SHADOW  - 光と影の動物園 - 」

http://awagami.jugem.jp/?eid=1465


【ご案内】「田川梨絵 写真展 私の手の中に花を摘む」

こんにちは、クドウですエリザベス

早速ですが、AIJPより「手漉き紙 びざん」をお使い頂きました写真展をご紹介します。

 

田川梨絵 写真展 「私の手の中に花を摘む」

 

会期:2019年11月15日(金)〜27日(水)11:00〜19:00

会場:LUMIX GINZA TOKYO   https://lumix-ginza.jp

 

 

14歳の私は家のキッチンにいた。

土曜の昼下がり。

授業が終わり、家に帰ると誰もいなかった。

お昼ご飯を作ろうとコンロの前に立つ。

窓から入る光にまぶしさを感じた時、ふとある思いが頭をよぎった。

 

「今私が生きてるってなんで思ってるんやろう。

 実は私は死んでいて、今身の回りで起こっていることは全て私の想像なんじゃないか。」

 

14歳の私は玄関先で一息つく。

「さあ、笑顔でただいま!を」

 

どこかで周りの人たちに怒っていた。

私を見て。

笑顔の裏を見て。

 

その思いは違う形で今の私に存在する。

 

都市など撮っていない。

私はそこに投影した私の死生観をみている。

 

 

週末におじゃまさせて頂きましたエリザベス

会場に入ってすぐに、その作品の強さ、そして美しさに圧倒されましたちゅん

 

東京、パリ、シンガポールの3都市のシリーズから構成される本展では、田川さんのもつ死生観が情景として存在しています。

 

 

びざんは手漉き和紙ならではの四方の耳とラフなテクスチャーが独特の素材です。

田川さんの作品の強い個性と、びざんのマチエールとのバランス、素材と作品がただただシンプルにギャラリーの中に存在するという構成は絶妙で、深く引きこまれます。

 

 

 

1点1点の中にドラマがあり、映る人の表情やシルエット、構図に深く魅入られました。

 

 

 

また、田川さんはご自分で全ての作品プリントをされたとのことちゅん

びざんは実は耳があることで正確なサイズとは微妙な誤差がある場合があり、作品をセンターに合わせたり、ヘッドに擦らずに仕上げるという事にはちょっと手間を掛けたりする場合があるのです。。

様々ご苦労されたとのことですが、プリントもとても美しく拝見しましたキラキラ

 

 

「都市など撮っていない。

私はそこに投影した私の死生観をみている」

 

田川さんの作品を通じ、私もそれらに触れ、共有したような、ふしぎな心持ちで拝見しました。

 

 

普段は関西を中心に活動されている田川さん、ちょうど在廊日におじゃまできてよかったですエリザベス

 

とても見応えのある写真展です。

ぜひご高覧ください!!


【行ってきました】「平野淳子展 - 武蔵野 -」at Galerie412

こんにちは、クドウですエリザベス

アワガミ製品をいろいろお使い頂いた作品展が本日から開催されていますちゅん

 

平野 淳子 展 ー武蔵野図ー

会期:2019年11月8日(金)〜11月22日(金) 13:00〜18:30(日曜休廊)

会場:Galerie412

   渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館302

           http://www.galerie412.com

 

本展にて、AIJP(アワガミ インクジェットペーパー)「いんべ 薄口」のほか、SH-28、楮紙8匁 未晒、泰山(たいざん)などの各種アワガミファインアートペーパーをお使い頂きました。

早速おじゃましてきましたエリザベス

墨、和紙、胡粉、箔、版、裏打など伝統的な日本画材料と技法、そしてデジタルを融合させた作品が一堂に並びますキラキラ

 

 

国立競技場の跡地は一時、池ができ、草が植生し鳥が飛び交うサンクチュアリになっていたとか。

かつての武蔵野の野が甦ったようなその場所の取材を進められたとのこと。

 

 

写真をプリントし、その上に和紙を重ねることにより、深く見入ってしまう奥行き感を生み出されています。

 

 

国立競技場は神宮外苑にある。そこで、明治神宮の草原を取材して写真に収め、古今和歌集の無常観を歌った歌の世界を「武蔵野図」として表現した。

 

世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも知らずありてなければ

(世の中は夢か現実か、現実とも夢ともわからない。存在していて存在していないものだから)

 

 

画面には重ねた和紙だけでなく、箔や胡粉、砂子による手彩色も見受けられ、特に薄い和紙を重ねたことによる霞みがかったような情景が「武蔵野図」として沁み入るように感じられます。

 

 

和紙や種々の描画材料を丁寧に重ねることで生まれた作品は小ぶりながら、どこまでもひろがる世界観を感じました。

 

 

ぜひお立ち寄りください!!


【使ってみました】竹和紙スケッチノート

こんにちは、クドウですエリザベス

実はかなり無精者なのですが、今年アワガミの商品を使ってやってみたことがありますちゅん

 

使ったものは、「竹和紙スケッチノート」キラキラ

 

 

本文紙はなめらかな質感の竹和紙110g。

表紙には新いんべを用いた無地のフリーノートですきらきら

 

▼使い方事例はこちらからも

http://www.awagami.jp/products/stationery/watojicho/bamboo_sketch/index.html

 

 

その名の通りスケッチとか....というような絵心はワタクシにはないのですが、ふと思い立ち、6月に行った旅の記録をスクラップしてみました!!

飛行機のモチーフは実はマグネット式のしおり。

クマや吹き出しは付箋。

ステーショナリー売り場に行くと、使ったら楽しそうな付箋やシールがいっぱいありますよねーちゅん

 

旅の行程を記録し、行ったところのマップも切り抜いたり。

 

写真は、「スマホでチェキ」という、スマホで撮った写真をワイヤレスで送信してチェキフィルムにプリントすることができるプリンターを使っていますキラキラ

スマホ内でちょっとトリミングしたり画像を修正してからプリントできるのが気に入っていますエリザベス

 

シールが付いてて、貼れるポケットファイルを使ってマップなどはそのまま収納ひらめき

 

裏表紙にはポケットがあるので、貼りきれなかった写真とかパンフレットのストックができるのも意外と便利手

 

行った先々での思い出の写真はもちろんですが、もらったパンフから行ったところを切り抜いたり、食べたものをチェキプリントしてレシートと一緒に貼ったり。

楽しかった思い出は残っていても日々の小さな出来事は意外と忘れてしまっているもので、それはたいした内容ではないのだけれど、スクラップすることで思い出し、その思い出を編集して綴じるという作業はなかなか楽しいものでしたにっこり

 

そして近々、短い旅行を予定しているので色違いが待機中ですキラキラ

 

続編、どんどん増やしていきたいです筋肉

以上、クドウの竹和紙スケッチノートの使い方でした!!


平野 淳子 展-武蔵野図- アワガミを使って

 

 

      平野 淳子 展 ー武蔵野図ー

 

      Galerie412

      11月8日(金)〜11月22日(金)
      13:00〜18:30 日曜休廊

 

 

    平安時代から無常観の歌を詠む日本。


   「世の中は夢かうつつかうつつとも
             夢とも知らずありてなければ」
   (世の中は夢か現実か、現実ともわからない。

           存在していて存在していないのだから)

  
                            古今和歌集より

 

 

 

 

「SH-28」「 楮紙 8匁 未晒」「泰山」など、アワガミのファインアートペーパーや、

インクジェットプリント和紙「AIJP いんべ薄口」も使っていただきました。

 

ぜひ、みなさま、ご来場ください。

 

 

 

 

 


| 1/143PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

検索する