HOME > アワガミファクトリーだより

A.A.I.R.P.2016後期まとめ(ギャラリートーク:長嶋由季)

【ギャラリートーク(長嶋由季):11/26】

 

 

見よこのスケール感。

 

 

 

 

彼女のテーマは「自と他」

きっと頭に浮かんだイメージをすぐさま形に変えることができるんだろうと思う。

後になって言葉で説明するのがまどろっこしそう。

 

ここに並ぶ大型の手すき和紙は「えいや!」と2,3日で作り上げた代物。

インクジェットプリントしたスケッチは元々A3ほどの紙に描いたものを引き伸ばした。

元の質感(にじみやこすれ)がきちんと表現されてて、

一見するとプリントには見えないほど。

 

今は銅版の製作を再開し、帰京までにいくつか仕上がるよう。

展示替えもありうるかも。。

 

「ところでこれどうやって持って帰る?」

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(ギャラリートーク:Mara)

【ギャラリートーク(Mara):11/26】

 

 

Maraの言葉には観念的な表現が多分に含まれているようで、

通訳の新居さんもメモメモ。。

 

 

 

彼女の作品はビッグスケールだけど

間近で見るとむちゃくちゃ緻密です。(1センチほどの線描)

柿渋や藍の液、蜜蝋など天然の素材を使って描写。

 

 

「表現がわかりやすい。努力、努力、努力。。と描いてるようなもんだ」

とはある鑑賞者のコメント。

 

ラビリンス=迷宮、迷路

サークル=円

というキーワードを頻繁に口にするから、

きっと「輪廻」とか「回帰」というイメージで製作したものと思われるが、

 

「ちょうちんを上から見た感じ」

「うなぎの稚魚の群れ」など、思ったことをそのまま発する山川メンバー。

 

 

「なんか岩っぽい」「漢字が密集してるふう」と言葉が止まらない。。

 

 

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(ギャラリートーク:Wayne)

【ギャラリートーク(Wayne):11/26】

 

公式イベントはこれで最後、

「ギャラリートーク&ラボ見学ツアー」を開催しました。

 

 

今日の様子、近日中に動画公開します。(ただいま編集中)

 

 

 

本日の通訳・新居さん(吉野川市国際交流協会)

 

 

Wayneさんの作品は

写真をインクジェットプリント、

そこにコーヒーやニスで着色、漂白剤で脱色して完成させたもの。

 

The アート だけに、

「何か質問あれば?」と勧められても

「これは聞いていいことなのか??」と一同ためらいの雰囲気。。

 

一人が意を決して、

「コーヒーはインスタントか?」と。

 

 

場が和みました。

 

 

コーヒーで着色することは当初から計画していたようで、

アメリカからも豆を持参してたのだけど、

結局インスタントを使ったみたい。

 

作品をモノトーンに仕上げたかったから、

絵の具などで派手な色つけをするんじゃなく、コーヒーにした。

(水の多い少ないだけでトーンも簡単に調整できるしねー。とも)

 

 


【ご案内】KOUGEI-EXPO『全国くらしの工芸展』in 福井

こんにちは、クドウですエリザベス

 

みなさん!!

「伝統的工芸品」という言葉は聞いた事があると思いますが、その意味についてご存知でしたか!?

 

一般の「伝統工芸」などの呼び方とは別に、「伝統的工芸品」という呼称は、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」で定められました。「的」とは、「工芸品の特長となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、さらに、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされている工芸品」という意味です。

(伝統的工芸品産業振興協会 webより http://kougeihin.jp/association/about/

 

小学校では5年生が伝統的工芸品を学ぶ学年として、近くに工芸品産地がある場合は見学や体験実習などが授業の一環に取り込まれる場合もありますね手

そして今月、11月は伝統的工芸品月間で、その振興を目的とした一大イベントが開催されますビックリ!

 

伝統的工芸品月間国民会議全国大会は、伝統的工芸品に対する国民の理解とその一層の普及を目指して、昭和59年から毎年11月を伝統的工芸品月間と定め、毎年開催地を変えて、記念式典、全国伝統工芸士大会、伝統工芸ふれあい広場等の事業を全国規模で開催しています。

 

http://kougei-expo.com

 

会場:サンドーム福井  福井県越前市瓜生町5-1-1  http://www.sankan.jp/sundome/

会期:2017年11月25日(木)〜27日(日) 10:00〜17:00(最終日16:00まで) 

 

体験が楽しめる「伝統工芸ふれあい広場」、そして工芸品をお求め頂ける「全国くらしの工芸展」、伝統的工芸品の展示やステージイベント、福井のグルメコーナーなどなど、様々な趣向でお楽しみ頂けるイベントとなっていますちゅん


 

阿波和紙からはワタクシが出張し、「全国くらしの工芸展」にて阿波和紙製品の展示即売を行いますエリザベス

http://kougei-expo.com/33/list?genre=kurashino

 

お馴染みの他の工芸品産地の方々に会えたり、お客様が途切れた合間でダッシュで会場廻りも楽しみなところですが、今年の個人的な注目は26日(土)のステージイベントひらめき

「湯島のこばやし」の折り紙様こと小林社長の折り紙講座や、越前和紙による書道パフォーマンス、くまモンによる熊本PR、などなどなどちゅん

(ステージ、うちのブースから近いといいな...)

 

ほかにも日替わりで各種イベントが予定されていますきらきら

ご近在の方、今週末、サンドーム福井にてお待ちしています手

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(展覧会オープ二ング)

【展覧会オープニングパーティー:11/22】

 

始まりましたーき

きらきら展・覧・会きらきら

 

 

 

長嶋 由季

 

Mara Tegethoff

 

Wayne Montecalvo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一点一点はあとでみっちりレポートするとして。。

会場いっぱいにスケールのでかい作品が並んでますァンパンマン

 

 

オープニングではアーティストと一緒に会場ツアー。

想像を働かせながら回る美術館も楽しいけれど、

作家の言葉や熱量を感じながら鑑賞するのはとても贅沢な気分きらきら

 

 

 

 

そ・こ・で!!

11/26の14時からギャラリートークを再び開催します手

 

アーティストによるギャラリートーク

日時:2016年11月26日(土)14時〜

会場:いんべアートスペース(徳島県吉野川市山川町建石116番地)

 

 

今日とはまた違った言葉もでてくるはず。。

皆様ぜひお立ち寄りくださいあ

 

 

 

 

展覧会は11/30まで開催中♪

 

A.A.I.R.P2016展覧会

会期:2016年11月22日(火)〜11月30日(水)

   9:00〜17:00 ※11/28はお休みです

会場:いんべアートスペース(徳島県吉野川市山川町建石116番地)

 

お問い合わせ:阿波和紙伝統産業会館(0883-42-6120)

 

 

 


眞本 尚二さん 日本の象徴「富士山」を、日本の和紙で表現。

オンラインストアの山岡です。

 

AIJPを長年お使いいただいている眞本 尚二さんのグループ展のご案内を

いただきました。

 

 

 

          ゆる友写真文化祭 2016

 

        滋賀県草津市 図書館 3F

        〒525-0036滋賀県草津市草津町1547

        077-565-1818

 

   12/3(土)12/4(日)の二日間、滋賀県草津市にて開催

 

 

 

 

眞本さんは、今回のグループ展で12点の作品を展示。

そのうち5点がアワガミの「AIJP竹和紙 A3ノビ」にプリントされ、

その5点ともが富士山の作品だそうです。

 

    

「竹和紙の落ち着いた感じの色合いに、富士山がぴったりはまりました。

 日本の象徴である富士山に、日本の文化遺産である和紙…

                 日本に生まれてよかったです。」

 

眞本さんよりいただいた嬉しい言葉に、朝から嬉しい私でした…。

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存


【ご案内】川野恭子写真展「When an apple fell,the god died」at 写真企画室ホトリ

こんにちは、クドウですエリザベス

 

やっと行ってきましたちゅん

ぜひ皆さんにもお寄り頂きたいですキラキラ

 

川野 恭子 写真展 ~ When an apple fell, the god died

http://fotori.net/?p=12736

 

会期:2016年11月16日(水)〜12月2日(金)13:00-19:00 (※月・火 休廊 ) 入場無料
会場:
写真企画室ホトリ 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5−2−10 
TEL 03-5809-3813(営業日以外はつながりません)

 

きょん♪さん(川野恭子さん)には2年前にもホトリで開催された個展でAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)をお使い頂きましたにっこり

 

ひらめき『行ってきました♪ゆるかわ写真展そこここ」at 写真企画室ホトリ』

http://awagami.jugem.jp/?eid=1088

 

今回は【旅先で偶然に、そして運命的に出会った「りんご園」を舞台に、哲学的視点で、そして絵画的作風で撮りためた作品】より、きょん♪さんの内面にある葛藤を表現される試みとのことひらめき

PB208582.JPG

 

今回はAIJPより「楮(厚口)生成」をお使い頂きました。

生成って、写真プリントにはちょっと考えてしまう色目かと思うのですが、それをとてもとても魅力的に使って下さいましたちゅん

PB208595.JPG

 

ホトリのしつらいを存分に活かした創意あふれる会場構成に「ほぉ...」という感じエリザベス

 

PB208608.JPG

 

会場では、Steidl Book Award Japanのロングリストにノミネートされた、ホトリ室長のsaorinさんときょん♪さんとの合作写真集「When an apple fell, the god died」も展示されています

ひらめきhttp://fotori.net/?p=12889

PB208617.JPG

 

そしてオリジナルカレンダーやポストカードセット、パネル仕立ての作品なども♪

PB208605.JPG

 

ホトリ室内全体がこの世界観に色付いていますキラキラ

 

PB208611.JPG


作品はもちろん、あらゆる演出がいちいちフォトジェニックカメラキラキラ

しゃがんでファインダーを覗く人が後を絶ちませんゆう★

PB208623.JPG

 

写真集同様、『川野恭子×saorin』のペアでこそのとても個性的ですてきな空間となっています!!

 

左:きょん♪さん   右:ホトリ室長 saorinさん

 

会期中は各種イベント満載にて、皆さまのご来場をお待ちしています手

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(その5)

和紙にはいくつかの漉き方があります。

(たびたびご紹介してますがあ

 

これぞ和紙、が始めにチャレンジした「流し漉き」

黙々と漉きあげる職人を見ていると

背筋がスッと伸びるような、凛とした気持ちになります。

 

対して「溜め漉き」と呼ばれるものもあります。

和紙会館の体験コーナーでもトライできることで、

初めて紙を漉く子供でも失敗しない簡単な技法のように錯覚しがちですが、

やたら奥が深く、アーティストには断然こっちが人気です。

 

原料を溶いた水をザルで受け、乾いたら紙になる理屈

 

 

紙そのものをあーやこーやすることで自己を表現したい人にとって、

厚さや大きさ、形が柔軟に変えられる「溜め漉き」はこの上なく魅力的だと思います。

 

今回もやはりこのスタイルがしっくりきたようで、

流し漉きがひと段落するや否や

Wayneは1×1m、Maraは1×2mの溜め漉きの紙を量産しました。

版画用の既製の和紙を試していたYukiも終盤で2×3mの大桁を取り回しペコちゃん

 

3人ともどっしりとした大判の紙を漉き、それぞれの製作へと進みました。

 

 

 

 

【 11/22 AIR展覧会まで 気づけばもう1日 】 

 

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(あぁ明日は展覧会)

【お知らせ】

 展覧会オープニングパーティーを開催します。

 1ヶ月の活動成果、ぜひご覧になってください。

 

 ☆日時:11月22日 18:00〜19:00

 ☆会場:いんべアートスペース(吉野川市山川町建石116番地)

 

 

 

ただいま設営中。

11/21午前のいんべアートスペース。

 

みんながんばれ!

 

 

 


A.A.I.R.P.2016後期まとめ(その4)

さて紙漉き。

 

原料の収穫から始まっていくつかある和紙作りの工程のうち、

いきなり本丸の「紙漉き」を攻めます。

 

【紙漉きのいろは(原料の配合とか):10/26】

即席ホワイトボードに藤森式が並ぶ

 

伝統工芸 矢印 匠の技 矢印 長年の経験や勘 と連想されることが多いけれども、

何事も基礎があってこそ。

そしてその基礎は想像以上に化学的です。

「桶1杯の原料に対して、水はどれくらいの割合で入れるか?」

「出来上がりの紙重を原料ベースで換算するには?」

 

 

 

【流し漉き:10/26〜】

これぞ和紙、テレビでよく見る光景、が「流し漉き」

薄いけれど強い紙に仕上がります。

3人が使った原料は楮(こうぞ)

和紙原料のうち最もポピュラーなものです。

書道半紙や障子紙の風合いを想像してくださいkyu

 

 

 

 

 

3人とも器用です。

すっす、すっす進みます。

 

 

 

【 11/22 AIR展覧会まで あと2日 】 

 

 

 

▼ご案内

アワガミが夏に行う手漉き和紙研修会は、

和紙作りの工程に沿ってスケジュール組みしてるので

「今日やること」をこなせれば、最終日には素敵な和紙を持ち帰ることができます。

 

ひらめき現在参加者募集中ひらめき

 2017.8/16〜20 第35回 手漉き和紙研修会 http://www.awagami.or.jp/hall/event/images/2017_schedule.pdf

 

 

 


| 1/122PAGES | >>

最近の記事

検索する

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

検索する